小山田のたんぼでは今年も田植えが終りました。

f0020662_23344663.jpg
今日は市議会は条例や、予算に対する質疑日。全体にボリュームがないので、質疑を行ったのは、5人だけでした。明日からは常任委員会が開かれます。
 早めに終わったので、赤旗日曜版を配りながら、小山田へ。本当に少なくなってしまった田んぼでは、小山田の米、コシヒカリをつくっています。
 水を張った田んぼには田植えが終わって夕方の風にそよぐ、苗が秩序正しく並んで植えられていました。先日の夜に通ったら、蛙がゲコゲコ鳴いていました。
 残したい風景です。

 今日の市議会最後に、町田健康と生活を守る会が提出した「餓死、孤立死をなくすために社会保障を充実することを求める意見書」が全会一致で採択されました。歴代社会保障を削ってきた政党の議員であっても市民のくらしの深刻さに目をそむけるわけにいかないということの表れではないでしょうか。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-07 23:34

一般質問がおわりました。

f0020662_22383917.jpg

6月1日一般質問初日第1番目に一般質問を行いました。今回は2項目だったので、少しゆっくりと議論ができるかと思ったのですが・・・
 
 壇上10分。残りの50分を半分づつの予定だったのです。1項目目の「市民の健康・いのちを守る市政を求めて」では、成人健診、がん検診の拡充と無料化を求めて質問。町田市のがん検診は、他自治体と比較しても極端に受診率が低く、肺がんでは1.1%、胃がんは2.0%となっています。受診場所の拡大、指定医療機関での受診ができるようにすることや、申込方法をはがきだけに限定せず、電子申請、電話での申し込みなど工夫する必要があります。また田ではほとんど無料となっている受診費用が町田市はすべて有料です。無料化を求めましたが、「健康に自ら意識してもらうために有料を変えるつもりはありません。」という答弁が帰ってきました。メンタルヘルスについては重要課題と受け止めているとの答弁。がん検診の受診方法については今後改善していく趣旨の答弁がありました。

 2項目目の「 憲法25条を生かして、貧困のない社会の実現を求めて」の再質問に移った時は残り15分。市民の貧困実態についての認識はあるものの、具体的にどうすれば市民の貧困をなくすことができるかについての答弁はなく、貧困と密接に関係する孤独死・孤立死をなくすために、見守りネットワークを増やしていくとの答弁に終始して、消化不良のまま終わった気がします。
 深いところでの貧困についての論議が不足しました。次回再チャレンジです。

 初日が金曜日だったので、質問が終わってしまい、土・日久々にゆっくりできました。夏仕度に取り掛かり、ストーブをしまい、扇風機を出しました。ベランダの植物たちの手入れ。冬用の布団をしまい、少し薄手に切り替えました。傘入れのクローゼットを点検したら、三分の一は、いらない傘でした。これらは、今度リサイクル広場にもっていきます。

 ベランダには今ゼラニウムが満開です。球根から育てたカサブランカに小さなつぼみがつきました。クジャクサボテンが赤い花をもうじき咲かせます。水やりと肥料をしっかりしてやれば、植物たちは応えてくれます。
 
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-03 22:38

今年も緑のカーテン ゴーヤに黄色い花が


一般質問が明日に控えている今日は、一日議事整理日で空いたので、準備に充てることができました。といっても、午後は市役所に行き答弁に立ってくださる方に質問の意図を説明に。そのあとは、新聞の配達にあちこちへ。リサイクルセンターの南側に、今年もゴーヤの苗が植えられ、50センチくらいに育っています。元気なとてもいい苗のようで、早くも黄色い花が咲いていました。緑のカーテンはとても効果があるようです。

 昨日は新藤兼人監督が100歳の天寿を全うし旅立たれました。生涯を戦争反対で貫いた方でした。最後の作品一枚のハガキをゆっくりと観たいと思います。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-31 20:20

朝早く田植えをしました

f0020662_103159.jpg

 今朝は、6時前に起きて、お弁当を作り、昨日から、水を張っていたバケツの田んぼに、田植えをしました。頼りなげな苗が、青いバケツの中でそよいでいます。この苗は、産直野菜を届けていただいている船橋の農産物供給センターの産直ボックスに入っていたものです。成長を時々ブログでお伝えしたいと思います。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-31 10:03

新緑の五日市に憲法のルーツを訪ねて・・・

 5月最後の日曜日、快晴の空のもと忠生・小山田地域九条の会、相原・小山九条の会合同で、五日市憲法草案の発祥の地、あきる野市をマイクロバスと、自家用車で、訪れました。
 
 5月6日に事前学習した、五日市憲法草案が、新緑の一面の緑とともに現地に近付くとともに、目の前に迫って見えてきました。
 
 今日も、元あきる野市議会議員だった鈴木さんに案内していただきました。資料館、憲法草案の碑、学校跡、青年たちが新しい時代を熱く語り学んだお寺、東京都の指定文化史跡となっている深沢家のあった屋敷跡で、お昼を食べ、当時の青年たちが、16歳から20代であったことなどにもみな驚きながら、五日市憲法の様々な条文が、現在の日本国憲法に脈々とその精神が流れていることを学び、日本国憲法は決して占領軍の押し付け憲法ではないことを再確認しました。

 6月議会準備で、ちょっと大変だったのですが、初夏のさわやかな空気をいっぱい吸い込んで、リフレッシュできました。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-27 23:51

食品放射線測定器稼動中

f0020662_2136033.jpg

5月もあと5日で終わり。24日に一般質問通告を行いました。午後からは質問の枠の各会派の抽選があり、共産党は、1番を引き当てた(?)ので、私が6月1日1番目の質問を行うことになりました。

 6月議会は、2項目の質問です。通算42回目。

1、市民の健康・いのちを守る市政を求めて
  ①健診の意義をどのように考えるか
  ②町田市のがん検診の受信状況をどのように考えるか
  ③市民のメンタルヘルスにどのように取り組むのか
  ④健診・がん検診の充実と無料化を求めるがどうか

2、憲法25条を生かして貧困のない社会実現を求める
  ①市民の貧困実態をどのようにとらえているか
  ②子ども・女性の貧困実態をどのようにとらえているか
  ③孤立死、孤独死を防ぐための積極的な支援を求めるがどうか
  ④介護、医療などが必要でも利用していない人の実態調査はどうなっているのか
  ⑤地域センターにくらしの相談窓口を設けるべきだがどうか
  ⑥夜間市民相談窓口を設置すべきだがどうか
  ⑦地域の住民の情報の共有化についての認識を問う


 この間、14日から16日まで健康福祉常任委員会の行政視察に静岡市、大垣市、豊橋市に行きました。
 
 放射線問題はどこでも大きな市民的な関心ごとになっていて、静岡市では、市民放射線測定室があり、市民、生協関係の生産者などに利用されていました。
 
 器械を見学させていただき、運営している、NPOプラムフィールド代表の馬場利子さんからお話を伺いました。この器械何と30年物です。上の鉛の蓋を開けて、食品をミキサーでかくはんしたものをいれて、線量を測定するのです。チェルノブイリ事故の時に購入したそうですが、まだ現役。
 
 大垣市では、学校給食センターに、市が約400万円で測定器を購入し、毎日給食食材を調理前に、3種類測定しています。
 
 市民の不安にこたえ、子どもたちの健康を真っ先に考えるのが、行政の役割だと思います。町田市に測定機購入を求める請願が採択されているのですから、1日も早く市民の不安にこたえるべきではないでしょうか。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-26 21:36

今日は6月議会一般質問通告日

 22日に、6月議会が告示され、早くも今日は一般質問通告日となりました。議案も少なく、健康福祉常任委員会所管の部分は1件、条例だけです。
 
 一昨日から、またNLPが始まり、騒音に対する苦情が1500件も周辺自治体に寄せられているそうです。今朝、早く市民から、メールが届きました。相原付近を超低空で航空機が飛び、騒音がひどかったということです。原因究明要請のメールでした。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-24 07:54

町田リサイクル文化センター懇談会

f0020662_016182.jpg

 今週は毎日不安定な天気が続いています。日曜日にはつくば市などで、竜巻で大きな被害が出ました。連日、晴れていてもにわかにかき曇り雷が鳴り、ゲリラ豪雨のような雨が降り、場所によっては雹が降る。予測もつかないことが待ち受けているのかもしれません。一気に低気圧が通ると、頭痛持ちの私は頭が痛くなり、バッファリンのお世話になることがたびたびです。

 この間、だいぶ家の中が片付いたので、今日は燃えないゴミの日、緑色の袋を4個も出すことになりました。
 写真はこの前に書いた、パッチワークのラグです。本当はもっと藍色が強くて美しいのです。

 今日は夕方から、リサイクル文化センター研修室で、地域の町内会、個人参加もできる、リサイクル文化センター(環境資源部)主催の懇話会が行われ参加しました。種々な環境資源部の報告があり、最新の宮城県女川町のがれき処理の問題についてのDVDを視聴しました。東京都の受け入れに伴って町田市も受け入れる予定になっています。
 
町田市は2020年稼働を前提に新たな施設建設が計画され、検討委員会が持たれ、市民への周知が始められました。参加したのは地元の町内会の会長など、約20名。それ以外は約30人が市の職員で、懇話会というには厳しい質問も出ていた割には、施設建設の具体的な話がなかったという印象でした。熱回収施設はどういう方式の施設か、生ごみメタン化施設でできるメタンの使い道、生成物以外に出る残渣はどうするのか…
 
 帰りがけに、町内会 自治会連合会の出席者の方々は「市はもう方針を決めているのに、いまさら型どおりの懇話会をやったってしかたないよなー」という声が出ていました。

 丁寧に、ていねいに進めてほしいと思います。
 
 
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-10 23:16

断捨離にはげんだ連休

  今日は久しぶりに市役所に行きました。駐車場側から入ると、非核平和宣言碑と、市役所開庁の記念に相原地域から寄贈された男性のブロンズ像があったのですが、いち早く、新庁舎にお引っ越し。60%削減で新庁舎に行かなければならず、山のような書類などはどうするのか、悩みの種です。

 この連休は、ひたすら断捨離に徹しました。天気も悪かったりで、憲法記念日も外に出なかったので、十分時間ができ、思い切って片づけに徹することに…片づけても片づけても減らないモノの多さに自分でも驚きました。
 モノに支配されているに等しい暮らしと決別して、シンプルに暮らしたいと思うのですが…

 一度着たらきつくて着心地の悪かったショートコート。生協のカタログで買った靴、使い勝手の悪いバッグ。それは私と縁がなかったということですから、足のサイズが同じ22.5センチの、弟の連れ合いの美智子さんに使ってもらうことにしました。

 未使用のカーテンなどは、これから行われるバザーに。
 リビングルームのソファーの前のラグを変えました。ずっとお蔵入りしていた、岩手の義母の手づくりのパッチワークを敷いてみました。紺と水色を基調にした、一針一針刺した見事な2畳ほどのタペストリーなのですが、しまいこんでおくより、ラグとして楽しんでみることにしました。部屋の雰囲気が変わってすがすがしい気分になりました。これも断捨離効果です。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-08 23:38

忠生・小山田地域九条の会第5回総会  「五日市憲法草案に学ぶ」

f0020662_23222722.jpg

 大型連休の最後の日、忠生市民センターで、第5回の「忠生・小山田地域九条の会総会」を行いました。
参加者は少なかったものの、改めて、九条を守る運動というものは、ゆっくりとした歩みのもとでも息ながく続けていくものだと思いました。
 
 毎月の事務局会と街頭での署名宣伝活動。これだけは頑張ってきました。
 
 いま、自民党などが主張し始めている、「憲法を変えて、天皇を象徴から君主に、自衛隊を軍隊に」というような動きがある中で、今日は憲法を守ることの意義を改めて自らに問いなおす日でもありました。

 記念講演を、「五日市憲法草案に学ぶ」と題して、元あきる野市議会議員の鈴木富雄さんにお願いしました。
 自由民権運動の高まりの中で、1881年に五日市憲法草案は起草されました。このころ各地に憲法草案(私擬憲法)ができ、その数は最近の調査で、99あるといわれているそうです。
 日本の民主主義は欧米の借り物だと思われているようですが、どっこい、明治初期に、多摩の奥地、五日市で、草の根の民主主義が生まれていたのです。
 そして、その運動は、町田でも…
 現行憲法をアメリカのマッカーサーからの押し付けだとする主張がありますが、五日市憲法草案には、現行憲法に通じる様々な民主主義と権利についての先駆的な条文が盛り込まれていることが分かりました。「目からウロコ」とはこのことです。
 もっともっと学びたくなりました。と同時に、町田市の誇る、すばらしい「自由民権資料館」にも行ってみようということになりました。

 今月27日には、マイクロバスで、五日市に行き、憲法草案に携わった、深澤権八の家の土蔵や、郷土館などを見学することになっています。忠生農協前8時40分出発です。興味のある方はご連絡ください。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-05-06 23:22