町田ダリア園 今年もオープン

f0020662_22534173.jpg

10時から、町田ダリア園の今年度オープンの式典が行われ、出席しました。新たに、昔の施設をリニューアルし、誰でも立ち寄れるカフェを作ったので、その施設のオープンも兼ねての式典となりました。利用者さんが司会進行を行い、開会、閉会宣言も立派に務めていました。
 
 町田ダリア園は、1985年の開設で、山形県川西町の「川西ダリヤ園」の協力、指導のもと、始められました。 1万5000㎡の高低差のある敷地に500品種4000株のダリアが花を咲かせています。年間1万人の入場者がいるとのこと。今年は開花が遅れていたのに、この間の暑さで見事に開花したそうです。色とりどりのダリアに囲まれて、作業をする障がい者も、かなり高齢の方が目立ちました。

 午後からは小山地域の後援会の方々を車に乗せて、暑さの中、訪問活動をしました。
 久しぶりにお会いする皆さん方もまだまだお元気。消費税増税と原発問題は大いに盛り上がり、何も決められない野田内閣への”裏切られた”思いは相当なものでした。
 

 昨日の首相官邸前を埋め尽くした人々の力が、政治を変える原動力になりうると信じたいと思います。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-30 22:53

もう赤ちゃんゴーヤじゃないよ

f0020662_18524481.jpg

梅雨の晴れ間の、ちょっと動くと暑い日が続いています。もう今月も終わり、なんと今年も半分終わったことになります。
 午前中、リサイクルセンターへ。先日紹介したゴーヤはぐんぐん大きくなり、20センチくらいに成長し、葉っぱは、緑のカーテンまでは行きませんが、のれんくらいには蔓を伸ばしています。

 小山田桜台にある城南信用金庫に行きました。脱原発を宣言し、東電からは電気を買わない、PPS(特定規模電気事業者)に切り替える、節電に努める(実際に店舗では扇風機を使っています)。太陽光発電を購入する人がローンを組む際、最初の1年は、金利をゼロにするなど経営上も、原発依存からの脱却に努めているそうです。小山田店の店舗の壁の下のプランターにも、4本のゴーヤが植えられていました。

 昨日は、さようなら原発町田の会で、城南信用金庫の吉原毅理事長の講演会があり、200人もの市民が集まったそうです。私はいけなかったので残念でしたが、企業のあり方を示したお話が、「通販生活」の落合恵子さんとの対談からもよくわかりました。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-29 18:52

非核平和都市宣言碑がこんなところに

f0020662_23223729.jpg
6月26日。この日は、我々の暮らす日本にとって、歴史的に記録される日になりました。
消費税増税法案が衆議院で可決されたのです。当面8%とはいえ、どれだけ大きな影響が及ぼされるか…先日、某テレビ局が、「消費税が10%になったら、中小業者は、工場をたたまなければならなくなる人が続出するでしょう」といい、あるアルミ金型の工場の経営者を映し出していました。マスコミの無責任さに腹がたちます。なぜ、増税の影響について早くに報道しないのか…申し訳のような採決直前の報道に、マスコミが世論誘導をしていると思わざるをえません。民主党の内紛劇ばかり流し、小沢氏がなぜ消費税増税に反対しているのかは伝えません。

 町田市の、新庁舎落成式が23日に行われ、市民8700人が見学に訪れたそうです。私の知り合いにも行ってみた人が何人もいました。
 「トイレに入ったら、物をかけるところが高くて届かない」「一階のロビーに、時計がない」「迷路のよう」「ペーパークラフトを一枚づつもらったけど、作るのは大変。勿体ない。ごみになるだけ。」「屋上庭園の手入れをボランティアにだけさせるのは問題」 などなど・・・様々な意見が寄せられました。

 私は気になっていた、移転させた、「町田市非核平和都市宣言碑」を真っ先に見に行きました。
 なんと、それは新庁舎の裏手の、隅っこに据えられていたではありませんか。町田市の憲章碑と向き合うように。ここまで見に来る市民がどれほどいるでしょう。がっかりです。

 新しい庁舎が出来て、「今までの賃貸借をしていた建物がいらなくなって、6億円のお金が節約できます」と市は宣伝しています。230億円の新庁舎。借金の利子は約6億円。これって節約になっているのか、どうなのか疑問です。
 来月17日に新庁舎は開業します。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-26 23:22

「原発は止めてほしいです。 」 中学生の声に励まされ・・・

f0020662_04552.jpg

 今日は一日雨の予想が外れ、午前中から晴れてきて、雨上がりの湿気が強く、ムシムシした一日になりました。
 お昼から小山田桜台センターで忠生・小山田地域九条の会の定例宣伝を行いました。参加者は五名でしたが、「原発からの撤退を求める署名」を中心に、ハンドマイクで交代で訴えました。
 
 部活帰りの中学生が、「署名してもいいですか」と近づいてきてくれてお友達同士で2名、自転車に乗った少年が署名、そのあと中学生が一人、続けざまに4筆の署名が集まりました。
 「大飯原発どうしても再稼働しないといけないんですか。僕は、原発には反対です。原発を止めた国があるって聞きました。」子どもたちも真剣にこの国の行く末を考えているのだと、胸が熱くなりました。

 4時からは、地元の共産党支部の宣伝に参加。消費税増税反対署名、「増税に頼らなくても社会保障の充実、財政危機の打開ができます」という日本共産党の提言パンフの配布を行い、これも交代で、マイクを握りました。
 パンフを配っていると、自分から「ください」と受け取りに来た男性が2名。ある女性は、「自分は定年まで、公務員でしたが、娘は教員で、子育てするにも保育園が不足しているし、教育費が大変。若い人たちがこれから大変になる社会はおかしいでしょ。みんなが幸せになるようにするのが政治でしょう。あなたたちももっと頑張って。」と励ましてくれました。

 今日は桜台商店会は、スーパーのほかは、肉屋さん、花屋さん、クリーニング屋さん、学習塾、美容院だけしか開店していなくて、買い物客も少なく、閑散としていましたが訴えれば反応があることを実感しました。

 車を日曜出勤の息子に貸したので、2回とも、歩いてセンターまで行きました。汗だくになり、なんでこんなに暑いのかと思ったら、30度を越していたんだそうな…

 夜、ご飯を食べていたら、電話。車いすの障がい者の方でした。町田市内のバス停や、ぺデストリアンデッキに行くのに、どれだけ車いすで行きにくいかと切々と訴え、「あんな豪華な市役所を作るお金があるなら、もっと、障がい者が移動しやすい街にしてください。」とおっしゃっておられました。

 今日はたくさんの市民の声を聞くことができ、一人一人の市民の声を市政に反映させるためにこそ市議会議員の役割があることを再認識しました。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-17 23:04

ゴーヤの赤ちゃん

f0020662_11144676.jpg

昨日は午前中、議会改革特別委員会が行われました。継続審査となっている、「議員定数の大幅な削減を求める請願」審査を行いましたが、どの資料からも、特別町田市議会の議員数が多すぎるという根拠はなく、むしろ同等の自治体では、法定数(旧)に対して現行36名の議員数は削減率2位です。それぞれの思惑もあり、簡単には結論を出せず、また継続審査となりました。今年の9月以降は、委員会審査もネット中継されることになっています。
 市民にとって開かれた議会改革の一つになりそうです。

 午後からは、新聞を配りにあちこちに…。
リサイクルセンターの管理棟にはゴーヤが植えられていて、ずいぶん大きくなりました。よく見ると、黄色い花のもとに小さなゴーヤが。ちゃんとイボイボをつけています。赤ちゃんゴーヤの時から、存在をしっかりと主張していました。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-16 11:14

紫陽花 咲く

f0020662_23492965.jpg


昨日の夜はデスクトップのパソコンがうんともすんとも言わなくなり、原因不明のストライキ。
急きょワードの文書を作らなくてはならず、仕方なくあまり好きじゃないノートパソコンで文章を作り、USBメモリーに保存。印刷は市役所に行ってからと思いましたが、今朝、電源を入れてみると動くではありませんか!キーボードもマウスもワイヤレスなので、どうなるかと電池を変えたりしていたのですが、どうやらそんなことは関係なかった模様。
 無事印刷もできました。

 今日は午前中小山田桜台の近くの住宅に地域の後援会の方たちと訪問。大きなお屋敷と庭のお家には、白い柏葉アジサイや色とりどりのルピナスが咲き、どこのお宅もお庭が本当にきれいでした。「消費税が増税されたら10万くらいの年金じゃやっていけないよ!」「原発はなんとしてもやめてほしいわね。何も行動はできないけど、赤旗を読むことで、勉強させていただきます」と対話になりました。7月から新たにしんぶん赤旗を読んでくださることに…

 午後は、市議会の「新庁舎市議会議場の内覧式」があり、まだがらんとした1階を抜けて、3階市議会議場へ。議長席の後ろの化粧板にはすでに市章がとりつけられていました。電子表決のテストも行いました。新議事堂への引越しのこと、6月23日の新議場開所式についてなど、事務局の説明を受け、新しい会派室へ。今度は、会派控室へのドアには3か所もの関所があり、インターホンでないと通じない仕組みになっています。われわれもIDカードを持っていないとなかなか入れません。安全に配慮したのでしょうが、一般市民のみなさまにとって議員が遠くなってしまわないよう十分気をつけなければなりません。

 夕方は東京土建町田支部の幹部の皆さんと懇談会を行いました。住宅リフォーム助成の拡大や、家具転倒防止器具の新たな予算化、市内業者優先になどについて詳しくお話しさせていただきました。

家に帰ると、紫陽花が迎えてくれました。ベランダで育てた、
  アジサイです。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-14 23:49

市民の皆さんの声を聞く…

 6月議会の常任委員会審査が昨日終わったので、健康福祉常任委員会として、今日は午前10時から「町田市障がい者福祉懇談会」、午後1時から公益社団法人東京都柔道接骨師会町田支部町田市接骨師会」との懇談会を行いました。
 福祉懇の皆さんは、町田の障がい者の当事者の団体や、特別支援学校のPTAの皆さん、すみれ会というすみれ教室にかかわる保護者の皆さん、知的障がい児・者の保護者の皆さん等々、町田市の障がい者の様々な団体の方々で構成され、普段お目にかかる機会も多く、顔見知りの方々ばかりでした。すみれ教室の拡充、レスパイト事業への補助増額、ヘルパー派遣の時間増大、町田の丘学園の増築など課題と要求はいっぱいでした。

 午後においでいただいた、町田市接骨師会の皆さんとは、初めての懇談でした。接骨師というものがどのようなものか、抱えておられる様々な問題を実に丁寧にお話していただき、規制緩和で、きちんと社団法人となっている接骨師会こそが、保険診療をしっかり行い、保険請求もできる団体なのだということを教えていただきました。接骨師さんとは、全く縁がなかったので、規制緩和で、資格さえ取れば個人で開業し、、儲かればいいという人が増え、市民にとっても本当に正しい治療をできるのは、地域貢献に努力している法人会を置いてないのだということがよく分かりました。

 新人議員5名、女性議員が4名という、フレッシュ・しとやか(?)な健康福祉常任委員会、来月は、放射線測定器を、近隣自治体に見に行くことになりました。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-12 23:44

健康福祉常任委員会 議案は1件

 常任委員会2日目。今日は総務常任委員会、健康福祉常任委員会が行われました。
議案の数も全体に少なく、私の所属する健康福祉常任委員会は今回条例が一件あっただけでした。
 
 都条例改正に伴う、登録手数料条例ですが、身欠きふぐの取り扱いを、ふぐ調理師免許を持たないものでも取り扱うことができることとなったため、町田市が、登録手数料を定めることとなりました。いわゆるふぐの取り扱いに対する規制緩和です。
 安全が保障されているものだけを取り扱うとしていますが、都議会でもかなり安全に対しては石原知事ですら懸念を示したそうです。結果は都議会でも可決、委員会では我が会派の池川委員が反対したのみで、可決されました。

 そのほかは、「訴訟問題について」、「秋から解禁となる、ポリオ不活化ワクチンについて」、「健康福祉会館分館の解体と駐車場にして有料となることについての報告」、「市民病院中期計画について」の行政報告が行われました。それでも12時には終了しました。

 梅雨に入ったらしく、季節がくれば、雨も降り、アジサイが水色の大きなてまりのような花を咲かせ、大地をしっとりと潤してくれます。

 国会では、社会保障と税の一体改革委員会が開かれています。消費税がどれほどひどい税か…
 大手企業の下請けの零細企業の経営者のある方の話、バブル崩壊後経営が苦しく、震災でより一層の打撃を受けたそうですが、自らの給料は支払わなくても従業員には給料を払い続け、消費税もきっちり納めていたそうですが、商売がいよいよ立ち行かなくなった日の夜、今まで世話になった方々にお礼のあいさつをして回り、翌日、工場で首をつっているところを発見されたそうです。
 日本のほとんどの企業は中小・零細企業です。消費税を消費者に転嫁できない弱い立場の中小零細企業にとって、消費税10%は、命を削れと言っていることに等しいのです。世論調査でも、60%の方が、増税反対です。党利党略で、増税談合は許されないと思います。

 
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-11 23:48

ウィズ町田入所式おめでとう

f0020662_037117.jpg

 昨日のよい天気と打って変わり、朝から雨の1日でした。出勤する旦那を唐木田まで送り、田んぼや、畑の残る小山田の道を帰りました。町田市内でも貴重な緑の残っている地域です。空気が違う気がします。

 お昼からは、ラポール千寿閣で行われた、ウィズ町田合同入所式に出席させていただきました。
 あじさい作業所、あらぐさ作業所などの小さな作業所が一緒になり、いまや、なないろ、赤い屋根、スワンベーカリー、ケアホーム、学童保育などを束ねる社会福祉法人ウィズ町田という大きな組織になり、利用者さんは230人、スタッフも130人とのことです。1000人近い後援会に支えられ、障害者が働ける場を作り、収益を上げられる経営を求めて頑張っていることには本当に頭が下がります。お願い型の障害者団体のありかたをやめて、運動と学習、提案で、政治状況に働き掛け、切り開いてきたこの10年余、自立支援法のひどさに怒りの声を上げ続けてきました。
 今日の合同入所式に一人一人の利用者さんが、本当にうれしそうで晴れやかであったのが印象に残りました。
 
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-09 23:37

遥かなるエルミタージュ美術館・・・国立新美術館へ

f0020662_1842841.jpg
議会も一般質問、質疑と終わり、今日は、建設、文教社会常任委員会が行われました。私は月曜日に健康福祉常任委員会が行われるので、思いきって、六本木の国立新美術館で開催中の、「大エルミタージュ美術館展」を見に行きました。地下鉄千代田線乃木坂駅を降りて、そのままエスカレーターで、美術館につながっているのにはびっくり。大きなガラス張りの美術館は、中年の人々でいっぱいでした。観覧料は1500円。町田の版画美術館は65歳以上は割引になりますが、ここは割引なしなのもなるほどという感じでした。
 ロシア帝国の時代に収集されたエルミタージュ美術館の収蔵品は、300万点に上るそうです。そのうちの16世紀ルネサンスから20世紀マティス、ルソー、ピカソなどまでの400年の代表作品が約90点展示されています。広い会場の展示作品への誘導はとてもよくできていて、動線の無駄がなく、一気に400年を楽しむことができました。
 帝政ロシアが崩壊したとき、これらの文化財が破壊されることなく残ったのはなぜなのか、サンクトペテルブルグというところに行ってみたい、本物のエルミタージュ美術館に行きたいという思いが大きく膨らんできました。
 7月16日まで開催しています。
[PR]

# by yoko_sato_jcp | 2012-06-08 23:04