<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暑さに負けずがんばれゴーヤ!

f0020662_1311347.jpg

熱い(?)暑い日が続いています。
 この時期は植物への水やりが大変です。私のうちの植物たちは、南・東・北の3か所のベランダにプランターで育てています。
 丈夫なのはゼラニューム。暑くても次々と赤い花を咲かせます。サボテンが、真っ白い花をつけましたが一夜限りでしぼんでしまいました。
 カサブランカは合計10本くらい咲きました。切り花にして、部屋や、玄関・仏壇に飾ったり供えたり…香りをいっぱい楽しみました。
 一番気を使うのは、青シソ、ハーブ。水が切れるとすぐぐったりしてしまいます。ダリアに、つぼみがつき始めました。

 3時過ぎに、リサイクルセンターに行きました。多くの課が、新庁舎に移転し、なんだかがらんとなってしまいました。緑のカーテンのゴーヤも黄色い葉っぱが目立ちます。何本か食べられそうな実がなっています。暑さに負けず頑張れゴーヤ!
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-27 13:01

放射線測定器の鉛の扉はおもかった。

f0020662_181180.jpg

かねてより、健康福祉常任委員会として、視察が計画されていた、相模原市衛生研究所にあるゲルマニウム半導体検出器についての視察に参加しました。相模原市は、福島第一原発事故の直後、着くい地域の、水道水の汚染を憂慮し、いち早く昨年3月補正で予算を組み、6月より測定を行っています。
 セイコー・イージーアンドジー(株)社製のGEM20P4-70という方式の器械で、購入価格は12,558,000円だそうです。
 緑色の器械は扉の厚みが10センチ、鉛でできているために、重く、1,5トンとか。下には、液体窒素のボンベがあり、冷却するのだそうです。
 市民の安全・安心を守るために、即購入を市長が決断されたようですが、青山学院大学、北里大学という研究機関の存在も大きかったようです。
 市民から、放射線測定機購入の請願が上がり、多くの市民が望んでいることに、背を向け続けている町田氏とは対照的です。購入に踏み切らない市の考えが市民に伝わってこないのはなぜか…疑問です。

 (写真が大きくなってしまいました。十分重さが分かると思います。)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-24 23:08

17万人の思いの外に、さらに広がる原発はいらないの声

 朝、真っ先に新聞を広げました。しんぶん赤旗の一面は代々木公園を埋め尽くす人人人…炎天下の17万人をチャーターしたヘリコプターから写しています。おそらく史上最高の参加者でしょう。安保闘争以来といわれますが、若い子ども連れが多数参加している点では、異例の集会かもしれません。昨日の17万にもの人々が集まった「さようなら原発10万人集会」を報じなかった新聞は、マスコミの役割をどのように考えているのか・・意図的と言わざるをえません。
  
 さまざまな理由で参加できなかった人もいっぱいいます。その人たちの思いも一緒です。7.16はたたかいのスタート。息の長い戦いになります。「原発再稼働反対」の声を、「大きな音だね」としか感じない政府に対して、政治を変えるほどの大きな声を集め、原発がなくなるまで頑張らねば…


 きょう17月17日。町田市森野2-2-22に新市役所が開庁しました。朝8時から短時間、正面玄関前で開庁式が行われ参列しました。1階フロアは広すぎて、一目で、何がどこにあるのか見渡せず、コンシェルジュさんが市民の皆さんに、丁寧にご案内していましたが、我々議員も、3階の議員会派室に行くにも大変です。昼間、議会事務局前を通る時はいいのですが、そのほかの入り口を通るときには、個人用ICカードをかざさないとドアがあかない仕組みになっています。必要以上のセキュリティーのような気がしますが、構造上、議会事務局の目が届きにくい設計になっているからかもしれません。

 開庁式を終えて、前日までの連休3日間で運び込まれた荷物を片づけながら、「会派室が広くなったけれど、なんだか落ち着かないのは、慣れないからなのかな?」とふと思いました。


 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-17 23:15

1922年 7月 15日  90年前日本共産党は誕生しました

f0020662_2233340.jpg

 今日は朝から気温が上がり、33度だったとか。九州では豪雨で、大きな被害が出ています。数年前訪れた事のある熊本市内、美しい阿蘇の町が河川の氾濫でまるで泥沼のようになっている映像を観るにつけ、この豪雨が、「今までに経験のない大雨」であったことを物語っています。犠牲者がこれ以上でないことを祈るばかいです。

 そして今日は日本共産党の誕生日です。創立90年の今日は感慨深いものがありました。戦争中も党名を変えず、命がけで、平和と、人々の幸せ、民主主義を実現するために頑張りぬいた90年。
 次の100年まで、元気で生きていたいものです。

 そして今日はお盆。ことしは提灯も飾り、13日にはお迎え火も焚きました。お盆に合わせるかのようにベランダで育てた、カサブランカが咲きました。早速、息子の仏壇に供えました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-15 22:33

引っ越しは一人あたりダンボール5箱(?)

f0020662_2362416.jpg

 午前中、多摩丘陵病院へ。先月30日の予約を、変えてもらったので、今日は初めての先生でした。
「運動してますか?」「いいえ」
「体重を減らしてくださいね。血圧がいつもより高いですよ」「すみません」

いつもの医者と患者の会話。血液検査で、注射針が入って、紫色になっている腕をみるたび、「がんばらねば」と思うのですが、決意はせいぜい1週間。注射のあとが消えるとともに、元の黙阿弥です。

 午後からは会議のため市役所に行きました。14日から連休の3日間で引っ越しをするので、我が会派の部屋のものも、不用品は処分し、棚の書類なども、一人あたり5箱という支給品の、ダンボールに収められました。古い議会資料、予算書、決算資料、視察の資料等々思い切って処分しました。何とか5箱におさまったから不思議です。

 新庁舎は一部業務が始まっています。すでに、レストランは満員だとか…17日以降、お昼ごはん難民が生まれなければいいのですが。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-10 23:06

ねじ花咲いて七月になりました。

f0020662_13425374.jpg

午前中、桜台のSさんと一緒に一人暮らしのWさんを訪問。自費出版された、画集を見せていただきながら、これからの人生を共に社会進歩のために頑張りましょうと話しました。Wさんは20歳で選挙権を得た時から、ずっと日本共産党を支持してくださったとか…そういう方々の変わらぬ支持があるからこそ、ここまで頑張ってこれたのだと思います。今月15日には、日本共産党が誕生して90年の日を迎えます。

 今日は30度を超えるような暑さになりましたが、家の中は、網戸にしておけば、風は涼しく、クーラーなしです。あちこちの芝生や雑草に交じって、ねじ花がいっぱい咲いています。らせん状にピンクの花が昇っていくように咲く不思議な花です。

 お昼前に、 近所のdocomoショップに行きました。携帯電話が、通話不能となって数日。着メロが鳴るので出ても通話できず…困っていましたが、お店の店員さんは一言、「つなぎ目の不具合ですね、修理しますか?」
 
 新しいのに変えようかどうか迷いましたが、まだ保証期間内で無料というので、修理をお願いしました。
 「代ケータイ」を渡されました。
 いつもものすごく混んでいるショップなので、今日みたいに待つことも無く対応できたのはラッキーでした。店員さんに聞いたら、この間の7月1日の日曜日は、最後のお客さんが帰ったのが夜の11時だったといいます。
 「バスがなくなるので、自腹で駅に行かなくてはならないんですよ」長時間労働で大変だなあと思います。若い人の働き方も本当に厳しい世の中です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-07-04 13:42