<   2012年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小山田のたんぼでは今年も田植えが終りました。

f0020662_23344663.jpg
今日は市議会は条例や、予算に対する質疑日。全体にボリュームがないので、質疑を行ったのは、5人だけでした。明日からは常任委員会が開かれます。
 早めに終わったので、赤旗日曜版を配りながら、小山田へ。本当に少なくなってしまった田んぼでは、小山田の米、コシヒカリをつくっています。
 水を張った田んぼには田植えが終わって夕方の風にそよぐ、苗が秩序正しく並んで植えられていました。先日の夜に通ったら、蛙がゲコゲコ鳴いていました。
 残したい風景です。

 今日の市議会最後に、町田健康と生活を守る会が提出した「餓死、孤立死をなくすために社会保障を充実することを求める意見書」が全会一致で採択されました。歴代社会保障を削ってきた政党の議員であっても市民のくらしの深刻さに目をそむけるわけにいかないということの表れではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-06-07 23:34

一般質問がおわりました。

f0020662_22383917.jpg

6月1日一般質問初日第1番目に一般質問を行いました。今回は2項目だったので、少しゆっくりと議論ができるかと思ったのですが・・・
 
 壇上10分。残りの50分を半分づつの予定だったのです。1項目目の「市民の健康・いのちを守る市政を求めて」では、成人健診、がん検診の拡充と無料化を求めて質問。町田市のがん検診は、他自治体と比較しても極端に受診率が低く、肺がんでは1.1%、胃がんは2.0%となっています。受診場所の拡大、指定医療機関での受診ができるようにすることや、申込方法をはがきだけに限定せず、電子申請、電話での申し込みなど工夫する必要があります。また田ではほとんど無料となっている受診費用が町田市はすべて有料です。無料化を求めましたが、「健康に自ら意識してもらうために有料を変えるつもりはありません。」という答弁が帰ってきました。メンタルヘルスについては重要課題と受け止めているとの答弁。がん検診の受診方法については今後改善していく趣旨の答弁がありました。

 2項目目の「 憲法25条を生かして、貧困のない社会の実現を求めて」の再質問に移った時は残り15分。市民の貧困実態についての認識はあるものの、具体的にどうすれば市民の貧困をなくすことができるかについての答弁はなく、貧困と密接に関係する孤独死・孤立死をなくすために、見守りネットワークを増やしていくとの答弁に終始して、消化不良のまま終わった気がします。
 深いところでの貧困についての論議が不足しました。次回再チャレンジです。

 初日が金曜日だったので、質問が終わってしまい、土・日久々にゆっくりできました。夏仕度に取り掛かり、ストーブをしまい、扇風機を出しました。ベランダの植物たちの手入れ。冬用の布団をしまい、少し薄手に切り替えました。傘入れのクローゼットを点検したら、三分の一は、いらない傘でした。これらは、今度リサイクル広場にもっていきます。

 ベランダには今ゼラニウムが満開です。球根から育てたカサブランカに小さなつぼみがつきました。クジャクサボテンが赤い花をもうじき咲かせます。水やりと肥料をしっかりしてやれば、植物たちは応えてくれます。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-06-03 22:38