<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

世界に一つだけの花

f0020662_1124795.jpg

 午前中、相原に行きました。雨が降って、新緑になりかけた木々はしっとりと濡れ、小さな葉っぱが芽吹いている銀杏の街路樹は、春の終わりをつげ、初夏の準備をしているようです。桜の季節は心が急いて、大好きな季節だけれど、やがて夏が来るんだなあといつも思います。暑さが苦手の私には夏に向かうには心の準備が必要なのです。
 我が家のベランダにも、ようやくチューリップが咲きました。色とりどりのチューリップは、スマップの歌のように一つ一つが、世界に一つだけの花だよと言っているようです。
 昨日、今日と、相原地域の皆さんと3人の方に仲間になっていただきました。戦争は二度といや・・・、障がい者福祉の充実を…それには政治を変えるしかありません。強い思いに励まされました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-26 22:12

京都の春、桜・さくら・サクラ

f0020662_2392785.jpg

 17日から20日まで、京都に行ってきました。遅咲きの桜を見たくて、ぽこっと空いた今週、思い切って一人旅。
 早めに京都に着いてまず訪れた三十三間堂は、修学旅行以来。京都駅に近い割には行く機会ががありませんでしたが、整然と並ぶ1000体の観音様と、中央の千手観音様に圧倒されました。京都の歴史の奥深さを感じながら、三十三間堂の向かいにある京都国立博物館へ。おりしも、「王朝文化の華 陽明文庫名宝展」宮廷貴族近衛家の一千年が始まったばかりで、国宝8件、重要文化財140件に及ぶ、当時の宮廷の生活を知る上で貴重な資料が展示されていました。
 野点のサービスもあり、美味しいお菓子とお茶に癒されましたが、震災復興のための茶会ということで、募金箱になにがしかの募金をすることになっていました。

 午後から、観たかった都をどりを観に、祇園甲部歌舞連場に。圧倒的に団体客ばかり。祇園といえば、すぐ近くで、車の暴走で、通行人が7人なくなり、街中、バスの中などでもその話で持ちきりでした。
 華やかな踊りを観ることができて満足。一日歩きすぎて、夜は早々に休みました。
 
 翌日は、桜の名所。世界文化遺産醍醐寺に。JR,地下鉄を乗り継いで駅前の市営住宅街をを抜けて、以前会派の視察で訪れたことのある醍醐時は豊臣秀吉の醍醐の花見で有名な桜の名所ですが、残念ながら、枝垂れ桜以外はもう葉桜でした。
 
 次の日は、定期観光バスを予約して、比叡山延暦寺と大原三千院へ。標高800メートル以上あるので、東京でいえば、高尾山くらいのたかさ、枝垂れもまだで、ソメイヨシノが咲き始めたばかり。琵琶湖を眺めながら、桜を堪能。ここも修学旅行で来たのに、記憶はほとんどありません。
 大原の里は桜満開。のどかで、三千院は浄土信仰の聖地とされていますが、阿弥陀如来が、極楽浄土に導いてくれるのではないかと思うほど、しっとりとしたお寺でした。

 4日目は雨。まず広隆寺の弥勒菩薩様に会いに。小さな弥勒菩薩を前にして、何時間でも見ていたい気持になりました。観光客も、震災後、減っていた外国人が増えているのでしょうか、中国語、英語、朝鮮語とガイドさんの言葉もいろいろです。
 仁和寺の御室の桜を見たくて帷子の辻から電車に乗り、古風な駅舎に驚きながら、仁和寺へ。桜のお庭を観るには入場料が必要ですが、あまりに有名なため、人の波が続きました。
 樹の高さが低い御室桜はこの季節、遅咲きの桜として有名です。桜の根元が痛まぬよう、簾の子が敷き詰められていました。

 念願の桜を観ることができてラッキーでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-21 23:09

最後の芽吹き

f0020662_22281512.jpg

午後から議員研修会が行われました。
 市役所の、駐車場側からいつも 入るのですが、築山には大きな欅や、モミジ、楢の木があります。季節季節で表情を変え市役所に来庁する人を和ませてくれます。
 今年も新緑の季節を迎え、柔らかな若草色の葉が目にしみるようです。この新緑も、来年は見ることができなくなりそうです。
 7月に現在の庁舎は、森野に移転しますが、現庁舎はすぐに解体に入ることになっています。更地にすることとなり、植栽などはどうなるのか…隣の町田第一小学校の父母たちからは、市役所の緑は残してほしいという声が上がっているそうです。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-16 22:28

相原中央公園のお花見のつどいで・・

f0020662_95872.jpg

昨日は気温も上がり、春爛漫の相原中央公園で、相原地域の皆さんとお花見をしました。市内より数度気温が低い相原地域。桜も満開で、暖かな日差しの下、思い思いの食べ物を持ち寄り宴となりました。
 お酒はなくても、おいしい桜鯛のお吸い物、色々なおにぎり、鳥の空揚げ、野菜の炒め物、フルーツゼリー等々・・・
 参加者の最高齢は90歳のWさん。シルバーカーを押して歩いて参加してくださいました。5年前までは踊りをやっていたそうで、張りのある大きな声で「下田港の唐人お吉~」と語ってくださいました。
 武蔵岡にお住まいの4人のお子さんを育てているYさん、目が不自由ですが、「点字赤旗」を購読してくださっていて、3月号の“被災地の赤ちゃんに椅子のプレゼント”という記事を読んでくださいました。
 私も初めて点字赤旗を見ました。
 地域の皆さんが、体が不自由な方々にさりげなく気を配りながら、心温まるお花見のつどいとなりました。

 相原中央公園は、スポーツ広場や、子どもセンター「ぱお」の開設に伴って、自然の里山を整備して植栽や遊歩道などを作り、雑木林を生かした緑豊かな、とてもいい公園になりました。
 学童クラブの一年生たちや、相原小学校の子どもたちが、一斉に雑木林に入って行きました。

 交通の便が悪いところから、車での来園者が多いのですが、先日の3月議会では、駐車場の有料化が決まってしまいました。
 本当に受益者負担の名のもとに、有料化ありきの条例提案をする市長の方針は許せないと思います。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-13 09:58

花筏の恩田川

f0020662_23584355.jpg

雨模様の一日でした。今日は、成瀬にオープンする特別養護老人ホーム「まちだ正吉苑」の開所式に出席させていただきました。
 市が土地を提供し公募で選ばれた、社会福祉法人正吉福祉会が、六苑目の特養ホームとして建設した施設です。
 理事長さんは85歳になられるそうですがお元気で、まだまだ特養を待っている方がいるので、これからも数苑造りたいとおっしゃっておられました。
 正吉という名前の由来を理事長の奥様からお話ししていただきました。理事長のお母様がつくられた「人の世の正しき道を踏みゆかば福徳至り吉事ありなん」という歌の中の縁起の良い文字からとったそうです。90床の特養と10床のショートステイからなる、ユニット型の個室の特養です。
 開所式は和やかに進み、デイサービスの広間の目の前が、恩田川の桜並木で、花見の人が遊歩道を行きかっていました。雨交じりの強い風に、一瞬さーっと花びらが舞い散り、それはそれは夢のように美しく、借景とは言いながら、本当に素敵な桜の苑でした。

 恩田川のさくらは見たことがありませんでしたので、帰りに川沿いの公園で、桜を眺めて帰りました。川の水面には、舞い散ったさくらが、花筏になって流れていきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-11 23:58

新庁舎見学会がありました。

f0020662_23141047.jpg

230億円の市役所新庁舎。市民が建て替えてくださいと言って建てたわけではないけれど、市民ホールの隣に、豪華な庁舎の全容が見えてきました。
 市民の皆さん、口をそろえて、「すごいねー」の一言です。そして、「こんなに豪華にする必要があるのかしら。誰のための市役所何だろう」と続きます。
 今日は、市議会議員のための新庁舎見学会がありました。1階はワンストップサービスができるフロア。まだ広いがらんとしたフロアだけですが、カウンターや机が入って、行政窓口や、税金の支払い、相談、生活保護の相談申請等々の窓口サービスがおかれます。コンシェルジュという人たちが、案内係として配置されるそうですが。そして、コンビニ、喫茶室が入ることになっています。
 2階はレストラン。本庁舎に集められた職員の皆さん。昼飯難民にならなければいいのですが…。3階までエスカレーターで上がると、そこは議会スペース。本会議場をはじめ4常任委員会室、会議室など細々とした、工夫が凝らされていましたが、全体的に無機質な感じがしました。
 一貫して新庁舎建設反対、」税金は市民の暮らし優先に!を訴えてきた 日本共産党市議団も60%の断捨離をして、7月半ばには引っ越しです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-10 23:14

新しい中学校の入学式

f0020662_2230580.jpg

今日は市内の中学校の入学式。ご案内をいただいていたので、今春開校した小山中学校に伺いました。
先日の落成式には参加させていただいていますが、改めて、中学生が校舎の中にいるのといないのでは、学校らしさが違います。
 一年生は、5クラス191人。転校してきた二年生は2クラス71人。三年生はわずか24人ということでした。

 新設校の大変さはよくわかります。息子が一年生になる時に、和光鶴川小学校は一年生だけの学校を経験しました。何もかも手探りの体験。でも希望に満ちていました。学校は教員と、子どもたちと、保護者と、そして、地域に支えられて存在します。
 小山中学校を選んで入学した、2・3年生の気持ちに応えるためにも、春の陽がさんさんと降り注ぐ、素晴らしい校舎での学びが充実したものになることを見守りたいと思います。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-09 22:30

今日は花見日和でした。

f0020662_2283437.jpg

さくらまつり二日目は、忠生・小山地域の後援会のお花見の会場へ。
 黄色い後援会ののぼりと、幸せの黄色いハンカチがはためき、昨日とは打って変わって温かな春の日差しの中、持ち寄りのごちそうが所狭しと並び、ラジカセからは、歌声のメロディーがながれ、花はまだまだ5分咲きといったところですが、本当にゴマやあんこのお団子があって、花より団子(?)で盛り上がりました。
 尾根緑道のお花見のいいところは、東西に長い会場で、気兼ねなくそれぞれのシートごとに楽しめるところです。
 花も尾根緑道入口から種入まで種類が違うために、時期がずれて咲くことです。咲き始めから長い期間楽しめます。
 今年はまだしだれ桜が咲いていませんから、これから、枝垂れ、山桜、八重桜と移っていき、小山田桜台の外周道路の八重桜まで、まだまだ楽しめます。
 
 昨年は震災直後で、さくらまつりは中止となりましたので、今年のさくらまつりは2年振り。いつも開花時期には悩まされるのですが、今年はどこも開花が遅くて、都内では満開だそうですが、これから静かにさくらを楽しめそうです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-08 22:08

町田さくらまつり初日は寒さの中で

f0020662_21291156.jpg

今日から町田さくらまつりが始まりました。2日ほど前から尾根緑道には青と白のいつものテントが並び、準備は進んでいましたが、桜の開花は今一つ。今日も朝から寒く、風も強くて、時折パラパラと雨も降るというお天気の中、地元の後援会がお花見をするというので、いつも席を設ける、小山田小学校の上の指定場所(?)に行きました。
 土曜日で、仕事という人も多く、いつものメンバーはそろいませんでしたが、熱々のおでん、福島から避難してきているSさん手作りのおいなりさん、などなどのごちそうは変わらず、それでもビールは冷たくて、いつまでたってもぬるくならないくらい寒いお花見になりました。
 もうしまってしまったダウンコートが必要でした。小さく丸められるユニクロのダウンパーカーが一枚残してあったのは正解で、それを着てなおかつ春のコートを羽織っても冷えてきて、とうとう二時前には、本日のお花見は終了。
 
 各テントを眺めながら。ぐう糸館まで歩き、またもどりましたが、いつになく人出が少ないように感じました。遅い桜の開花だったので、まだまだ1週間は楽しめそうです。 他に恩田川や、せりがや公園でもさくらまつりが分散化して行われるようになり、尾根緑道は少し歩きやすくなりました
 
 総選挙がいつになってもおかしくないという情勢の中、各陣営の衆議院選挙の予定候補者の方々は、こまめに握手戦術で、会場を回っていました。もちろんわが陣営の松村りょうすけ予定候補も来たのですが、お座敷の撤収が早かったため会わずじまい。

[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-04-07 21:29