<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

町田市立博物館にいきました。

f0020662_12425877.jpg
 
 1月24日から3月11日まで、町田市立博物館では「裁縫ひな形と布への想い」の展示をしています。一月末の午後のひと時、ちょっと時間をつくって、見に行きました。
 町田市立博物館は、かつて、裁縫を学ぶために作られた、労働着であるはんてんや股引き、学校の体育着、単衣物や袷の長着などの小さな型見本のような試作を大切に収蔵しています。今回の展示は、これらの収蔵品と、神奈川大学の復元展示作品がありとても興味深いものでした。
 布が貴重だった昔、大切に大切に使われて、着物から夜具、座布団の側に、さらに炬燵の中掛けに、雑巾や、細く裂いて、縦糸に木綿糸を使い、裂織という布に仕上げていくなど、布は最後まで無駄にされることなく、その役目を果たしました。

 いま放送されているNHKの朝の連続テレビドラマ「カーネーション」では、戦中戦後の衣服の歴史を知ることができて、いつの時代も美しいもの、新しいもの、機能的なもの、は普遍性があるのだということを実感します。
 私が子どものころは、母親が洋服や下着をミシンを踏んで作ってくれました。また近くに住む、母の妹が、戦後、高校を卒業してから、ドレメ女学院(今の杉野女子大)に通い、家族・親戚・近所の人の洋服を縫ってくれました。
 小学校の入学式の服は、薄いみかん色のセーラー服とスカートの上下、夏につくってもらった秋の草花をちりばめたワンピースとボレロは忘れられません。中学に上がる時は、紺色のジャンパースカートと上着。制服のない高校だったので、入学式にはグレーの縞のツーピースで出席しました。
 そんなふうに、大事に着たものは忘れないのですが、昨今、使い捨て、大量消費の時代になり、衣類も、布も大切にされなくなりました。

 先日「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」という本を読みました。本当に大切なものを見る目を養う、心地よい暮らしのために余計なものを捨てる。
 そう、大切なものに囲まれて暮らすことが幸せになる道なんだそうです。
 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-31 23:42

人々に希望の灯を点す灯台のような日本共産党の89年の歴史

f0020662_14242285.jpg

 月末になってきました。まだまだ地域の新春のつどいは続き、今日もお昼から木曽森野後援会の新春の集いに参加しました。集会所に新たに椅子席用のテーブルが入り、高齢になって座るのが困難になった方も安心して集まれるようになりました。トイレが和式なので、これは、今後洋式に替えるよう要望していかなければなりません。
 いつもお世話になっている皆さんに市政のことなど、お話させていただき、要望も伺いました。
 どこでも手作りのごちそうがおいしくて、つい食べ過ぎて、一月は新年会太りになってしまいますが、一年で一番多くの皆さんとお会いできる機会です。
 消費税増税が皆さんの大きな関心となり、「これ以上増税になったら生きていけません。お金に困らない人たちで勝手に決めないでよね。」との声が上がりました。
 多くの皆さんは非課税の方々です。でも消費税だけは待ったなし。否応なしに日常の買い物に課税され、納税者になっているのです。税率が今の倍になったらその負担感は重いものがあります。庶民を苦しめる消費税増税は中止をの声を大きくしていかなければなりません。
 つどいの最後は、Oさんの美しいおわらの踊りで締めくくられました。2月の男女平等フェスティバルでも踊られるそうです。

 今日は息子に車を貸したので、バスや電車の移動となりました。
夜は相原に出かけました。一月早々、共産党に入党を決意された若い方の、歓迎会を兼ねた集まりが行われました。熊本から東京に一人出てきて、派遣の仕事をしながら、頑張っている青年に、地域の党の皆さんが、母親、父親代わりとなって温かく迎えて、入党記念にと、最高齢のSさんが、ご自分で描かれた、額装された油絵をプレゼントされました。「犬吠埼灯台を描きました。日本共産党は、いつも灯台の灯のように、国民にとって歴史の道しるべとなっているということを表現しているんです。」とおっしゃってみんなを感動させました。
 原則的に活動に参加され、コツコツと自分の周りの人に語り、署名を集めたり、新聞を増やしながら、ライフワークの油絵を描き続けている姿に、励まされます。
 ここでも手作りの歓迎のごちそうが出て、「地域でつながりが持ちたかった」と語った青年がうれしそうだったのが印象的な集いになりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-28 23:24

雪の朝

f0020662_1420511.jpg
  (写真は、桜台から、尾根緑道の雪の木々をみる)
昨日は、朝起きると、一面の銀世界。10時までに市役所に行かなければならなかったのですが、車で行こうかバスにしようかためらっていると、テレビでは、スリップ事故多発と報じていました。
 車に積もった雪を除くのも面倒なので、バスで行くことに…ところがのろのろ渋滞で、 なんと桜台から、町田バスセンターまで1時間15分かかってしまいました。
 おまけにバスはいつもならガラガラなのに、すし詰め状態。身動きできないため、小さなお子さんを抱っこしたパパやママが子どもの重みに悲鳴を上げていました。10センチくらいの雪で、大騒ぎになる都会のもろさが、よくわかりました。私も他の人たちも大幅に遅刻。会議は一時間遅れとなりました。
 
 北陸地方では雪はまだ降り続いています。豪雪の年となるのでしょうか。これから立春までが寒さの底かもしれません。

 当分冬眠でもしていたいところですが、そうもいきません。 おとといは、木曽森野地域の後援会ニュース読者の皆さんを訪問しました。消費税10%への増税中止を求める署名と、町田市の公園の駐車場の有料化反対の署名をお願いすると、どなたも快く応じてくださいました。増税の理由が何であれ、確実に自らの生活に跳ね返ってくることを直感しているからだと感じました。
  
 昨日から国会が始まりました。野田首相は、「課税夫のノダ」といわれているそうです。市政方針演説では、「決断する政治」をキーワードにしましたが、決断の中身は、社会保障の削減であり、増税です。
 民主党に期待した人たちが怒るのも当然です。
 いよいよ解散総選挙の動きが急になってきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-25 14:20

「寒いですね」が挨拶がわりの日曜日

f0020662_1805463.jpg

 先日の雪から3日間、雨模様の日が続いています。会う人会う人「寒いですね」から会話が始まります。しっとりと水分を含んだ木々が、つぼみや、新しい芽を一気に膨らませているような気がします。
 
 今日は午前中、母子福祉会の新春の集いに参加させていただきました。いつも町田市立室内プールのレストランで行われるのですが、今回は初めて、市民ホールの会議室で行われました。お子さん連れの方もおいでになり、お招きいただいた議員も女性議員ばかりで、いつもと変わらない和やかな女性ばかりの会合となりました。いろいろな事情で、母子家庭となられた皆さんが、この厳しい社会の中で、女手で子どもを育てていくことは並大抵のことではありません。
 メジャーリーグに入団の決まった、ダルビッシュ選手は、同時に離婚も発表しました。お子さんへの養育費を毎月200万円支払うそうですが、離婚しても慰謝料どころか、養育費が支払われないケースがほとんどだそうで、母子家庭の大変さは想像以上です。町田の母子福祉会は、母子家庭となったお母さんが手をつなぎ、支え合っていく団体です。行政や社協の援助が年々少なくなる中で、庁舎移転で、今まで営業していた売店は新庁舎には入れないことになり、今後の団体運営もかなり厳しくなりそうです。

 小さなお子さんを抱えている若いお母さんたちが、元気に今年も頑張ってほしいとの願いを込めて、乾杯の音頭をとらせていただきました。

 市民ホールの前の樹木がいっぱい植えてあった公園は、道路拡張に伴って、樹木は撤去され、レンガの広場になりました。市民ホールの前の街路樹も無くなったので、なんだか殺風景な見通しの良い場所となってしまいました。
 横浜線に向かい右折して新庁舎の駐車場に入ることになりますが、交通渋滞が懸念され、その心配はクリアされていません。開庁まで半年。豪華な巨大な庁舎が、現われてきました。


 お昼からは、小山地域の後援会の新年会に参加。一人づつ参加者が、今年の抱負を述べ、みんなの気持ちの中に、今年中に行われるであろう総選挙を頑張りたいという思いが強くなっていることをかんじました。
 Sさんのさばいた、鯛や鰤、しめ鯖、甘エビの豪華な船盛り、Kさんが5時起きで作ったお赤飯、Mさんのおいしいシフォンケーキ、Iさんの押しずし、テーブルいっぱいのごちそうを囲み、最後はMさんの舞踊を堪能。おひねりも飛びました。歌が大好きの後援会らしく恒例の合唱でお開きとなりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-22 18:00

初雪の朝

f0020662_17372147.jpg

朝5時半に起きると降りしきる雪が、駐車場の車を真っ白に覆っていました。今日は相原で朝の宣伝をすることになっていたのですが、急きょ中止のメールをYさんに。

 東京の初雪でした。30数日雨が降らず、カラカラの東京砂漠は一転白銀の世界になるかなと思ったのですが、あまりにカラカラだったためか、地面に水分がぐんぐん吸い込まれ、積もることはありませんでした。10時に市役所に向かうために車を走らせながら、信号待ちの交差点で、車の窓の外をケータイで写しました。

 今日は、災害廃棄物受け入れ問題について、「子どもと未来をつなぐ会」のお母さんたちとの懇談を行いました。
 東京都は、宮城県女川町のがれき10万トンを2013年3月までに受け入れを行うこととし、市長会もそれにならうとされています。町田市も受け入れを行う予定ですが、市民からは、12月議会に「災害廃棄物受け入れに関して慎重な対応を求める請願」がだされ、全会一致で採択されました。市への署名も8000筆集めたそうです。
 雪の中おいでいただいたお母さんたちは、「この国で、子育てをちゃんとできないことが悲しい」「あとになってやっぱりということのないように、命を守ることがすべてに優先するんです」と涙ながらに訴えておられました。
 ほんのちょっとの無関心が取り返しのつかないことになっては大変です。変だなと思ったら考え行動すること。このことが大事だと思います。

 それにしても被災地のがれき処理の遅れが復興を妨げていることも確かです。
 国、東電の無責任さの表れではないでしょうか。がれき一つ安全に処理できないで、議員定数の削減だけが、改革であり身を削ることだなどと言っている場合なのでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-20 17:37

待ち時間は読書タイム

 このところ毎週木曜は、身体不自由の夫を、聖マリアンナ病院に連れていく仕事で拘束されています。
病院というところは予約時間があっても、その時間通りに事が運ぶわけではありません。診察だけではなく、ギプス切断、CT、レントゲン、処置、リハビリと4時間近くはたっぷりかかります。
 私は待っているだけですから、広い廊下の椅子に座って、この時間を日ごろ時間を取れない読書タイムに充てました。
今年になって3回の通院で読んだ本

〇ピョンヤンの夏休み  柳 美里(講談社)
〇私の南アルプス    不破 哲三(山と渓谷社)

 ピョンヤンの夏休みは、近くて遠い国「北朝鮮」を2008年から2010年まで3回訪朝した、柳美里さんの訪朝記ですが、北と南に分断された祖国への思い、日本で生まれ日本でアイデンティティを形成した、韓国籍の著者の複雑な思いが語られていて、近年の「北朝鮮」の素顔の一部を知ることができる作品でした。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正一総書記が昨年死去しましたが、「北朝鮮」が課題とする南北統一、これからの国家体制がどうなるのかなど、知ることから理解が始まるのだと思いました。

 私の南アルプスは日本共産党元委員長不破哲三さんの、南アルプスへの登頂記ですが、山に登ったことのない人にとっても楽しく、山の魅力を知ることのできる本です。最後に、南アルプスと四万十川の関係、平家物語と南アルプスの白峰三山などの記述があり、さすが不破さん。文学や地学にも通じてよく研究されていることにびっくりしました。だからこそ山は奥が深いのかもしれません。生成期にある南アルプス。1メートル隆起するのに250年かかるのだとか…歴史は過去から未来に脈々と一定の法則でつながっているのだということを改めて思いました。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-19 20:42

監査が未来を創る・監査は未来に評価される

  今日は平成23年度東京都市監査委員会第2回委員研修会が清瀬市で行われ出席しました。
今回の講師は、NPO法人地域と行政を支える技術フォーラムの原田敬美先生でした。建築関係の技術者で、港区の区長をされた経歴の方でしたが、歯切れ良い1時間半の講演を伺って、「財政破たんの自治体をつくってしまうのは監査委員にも大きな責任があるんだよ」と言われた気がして、監査委員の役割はいかに大事かということを再認識しました。
 3月議会で議会構成が変わり、私の監査委員の任期はおしまいとなりますが、2月は、最後の仕事が残っています。改めて監査委員の視点を大切にしながら、残された任期を務めたいと思いました。

 監査委員4名、監査事務局長が、市のワゴン車に乗って会場市の清瀬まで行きましたが、三多摩は広いことを実感しました。南にある町田から、埼玉県との境に北にある清瀬までは本当に遠かったです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-18 22:22

洪水と堰の改修を!

f0020662_2226135.jpg

今日は、小山田の方から相談のあった、結道沿いの、大雨が降ると洪水になる地域を見に行きました。北部丘陵から流れる水が複雑な川の蛇行に逆らってか、造成された地域にお住まいのお宅の床下まで流れ込み、田んぼは一面の洪水になるのだそうです。また、河川改修が進まず、大雨の時は堰に板をいれるのですが、水圧が強く大変危険な作業になるのだそうです。堰の改修が必要とのことで、東京都に要望したら、2ha以上でないと補助対象ではないとのことで、3か所の申請をしていこうと思っているそうですが、認められても、半額補助になり、あとは町田市に補助を求めたいのだが、市はなかなか難しいとのこと。期日もあることなので…と相談者のOさん。本当に難しい相談でした。
 真冬の小山田は、すっかり葉を落とした、小山田緑地の木々ばかり。冷たい風が吹いていましたが、よく見ると、クヌギやブナにはもう春を待つ芽がいっぱい。春は必ず来るのですね。

 午後からは議会改革特別委員会が開催されました。懸案の議員報酬と、政務調査費、、期末手当について論議しましたが、結論は一定出ましたが、次回に継続となりました。
 来月で、私たちの任期も終わります。先送りする課題もありますが、今回の議特で、この問題について議論できたことは限界はあるものの、前進だったのではないかと思います。

 夜は、町田市商店会連合会の新年会に出席。中心市街地の商店会の皆さんと同席させていただきましたが、商店会が細かく分かれていて、なおかつ、原町田大通りで分断され、一体感がなくなってしまったと古くからの商店の方がおっしゃっておられました。中心市街地のまちづくりといっても、一枚岩ではないのだなと思いました。今年の新年会は、宮城県石巻市支援ということで、アトラクションのじゃんけんゲームでは東北地方のお酒が景品に。運良く勝ち進み、ゲットすることができました。同じテーブルの皆さんに飲んでいただきました。おいしいお酒だったそうです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-17 22:26

長生きの秘訣とは?

 昨日は、午後から何と3カ月ぶりに美容院に行きました。忙しくて、美容院でのまとまった時間がなかなかとれず、白髪も増えた髪を、鬱陶しく思いながら新年になってしまったのですが、思い切って時間をとっていきました。美容院のいすに座って、パーマをかけたり、髪をカットしたりしてくれるのを美容師さんにゆだねながら、店長おすすめの「100歳までボケない100の方法」(だったかな?)という新書を面白そうな項目だけ読んでみました。NHKでやっていたものをまとめたそうですが、なるほど、101歳になる日野原先生の食生活や考え方には学ぶべき点がいっぱい。っ昨日の朝日新聞の連載にも日野原先生は書いておられました。“若い人たちに平和の大切さ、憲法9条の大事さをしっかり教えたい。憲法改正が国会で通ったとしても、国民投票で、過半数にならなければ憲法は変えられないのだから、憲法は変えてはならぬという人を作らなければならない。”と。常に前向きに平和について考え行動することは、長生きの秘訣かもしれません。腹8分目、寝る前には食べない。などなかなか守れないことですが、頑張ってみたいものです。

 今日は、午前中は地域の会議、午後から、これも久しぶりに息子の墓参りに行きました。いつも1月2日に行っていたのに、きっと待ちくたびれているのではないかと、車を高尾まで走らせました。
 静かな墓地には、もう朱色の木瓜の花が咲き始めていました。しかしさすがに高尾は寒く死ぬということは、冷たい地面の中に入ることなのだなと、息子を抱きしめてやりたい思いでいっぱいになりました。もうじき7回忌を迎えます。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-15 23:24

卵が岩を砕く?

f0020662_23575184.jpg

 今朝は雲が空を覆い、カーラジオは、今年一番の寒さを伝えていました。
 野田改造内閣が発足し、消費税増税とセットで、社会保障切り捨て、議員定数削減を明確に打ち出しました。1月24日から国会が始まります。「暴走加速のモデルチェンジ内閣」「消費税増税内閣、10%しか仕事をしない」「一体改悪強行内閣」様々な評価はありますが、国民にとって最悪の内閣であることは間違いありません。解散総選挙の動きも急になってきました。
 そうした情勢の下、今日は日本共産党町田地区委員会、後援会の新春のつどいを開催し大勢の皆さんにおいでいただきました。
 メインは、笠井亮衆議院議員です。来るべき総選挙の比例東京ブロックの予定候補者として、年明けから大奮闘。
 最新の国会と情勢報告があり、震災復興、原発を巡る状況など詳しく話していただき、最後に笠井議員から、昨年報道された、李氏朝鮮王家の1205冊の儀軌返還に日本共産党の奮闘があり、90年ぶりに日本から返還されたいきさつと、返還式に招かれたのが、日本共産党の笠井議員であったことなどが詳しく話されました。それぞれの民族の歴史と文化を大切にし尊重することは深い隔たりや、障害となるものをなくすことにもなる、真実は想像できない力を発揮するという意味で、「卵が岩を砕く」と表現されるのだと結びましたが、私たちの政治変革の仕事と同じだと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2012-01-14 23:57