<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小山田のたんぼは今年も頑張っています

f0020662_0182160.jpg

 市議会は一般質問が、13日から4日間おこなわれ、31人の議員のほとんどが、震災関連の質問を行いました。それぞれ、被災地に行った経験から地域防災計画の見直しであったり、町田市内に避難されている方の支援についてであったり、原発問題であったりと角度は違うものの、議員として、災害時に被害を最小限に食い止め、町田市民の皆さんが安全に避難し、暮らせるためにはどうすればいいか、どのような提案をすべきかが問われる議会でした。
 と同時に、自治体として、市民の命や暮らしをどう守るのか、市長はじめ、行政の役割も多いに問われたのではないでしょうか。
 私の質問は、災害時の食料計画についてと、要援護者支援についてでしたが、町田市の食料備蓄計画は3日間、7食分、42万市民に対して3万人分しか備蓄がありません。また避難所に避難しても、自主防災組織に入っている人優先ですから、自主防未加入の人、通りがかリに災害にあった人、学生さんや、観光客などは対象外です。自助共助の精神で、自分の食料は3日分を用意しなさいということのようですが、どのような災害が発生するともわかりません。備蓄品はもっと増やす必要があると思います。
 また要援護者(高齢者、障がい者、病人、妊婦、幼児など)に対しての計画はまだまだ十分とは言えません。発電機、トイレ、医薬品など、今回の震災を踏まえて、対策が求められます。要援護者が避難所で過ごせない状態のときは、2次避難所に行くのですが、高齢者施設、障がい者施設とも、十分な受け入れ態勢はありません。介護職員、予備のベッドなどは準備されているわけではなく、それぞれの状態に合わせた介護、支援、医薬品の提供が行われるためには、もっと綿密な計画が必要です。担当部長は、「今後、個別の支援計画を立てていく」と答弁しました。
 市長は、議会開会前、急きょ陸前高田に行かれたらしいのですが、市長の口から、真剣な感想や、防災計画見直しの観点が語られることはありませんでした。本当に残念なことです。

 今日は震災から100日目、仏教では、亡くなられた方の100か日法要が営まれる日でした。3か月ほどが経つと、張り詰めていた気持ちが、プツンと切れて、何を見ても、思っても涙が出てくるものです。大切な身内の命ばかりでなく、家も、仕事も失って、生きていく希望を何に求めていくのかなと心配です。今私にできることは何か、考えながら亡くなられた方々のご冥福を祈りたいと思います。

 朝からどんよりと曇った土曜の一日、雨も午後から降り始めて、やっぱり季節は梅雨なのですね。小山田の田んぼが見たかったので多摩センターに車を走らせました。田んぼにはまだ頼りなげな苗が風にそよいでいました。いつまでもなくしたくない、町田の原風景です。 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-18 23:18

いつまでも良心の灯台で・・まちだ・さがみ総合法律事務所20周年

f0020662_23382925.jpg
 昨日はまちだ・さがみ総合法律事務所の創立20周年記念レセプションが市内のホテルでおこなわれ、出席させていただきました。
 150人を超す、各界からの出席者は20年という歳月の中で、裁判闘争でお世話になった方、また我々議員団のように法律相談でお世話になっている団体。地域に根差した法律事務所として共同のとりくみを行っている市内の様々な団体の皆さんと多彩な方々でした。
 
「町田に法律事務所ができます。よろしくお願いします」と新婦人の事務所にお見えになってから20年もの年月がたったのですね。
 町田だけでなく、お隣の相模原も視野にということで、事務所の名前も「まちだ・さがみ総合法律事務所」となり、2009年には待望の相模原市所もオープンしました。
 町田市森野1丁目の事務所の電話番号は720-2626私たちは"二倍に増えろ増えろ"と覚えました。
 二倍どころか、弁護士さんは3人でスタートした当初に比べ10人になりました。事務員さんも9名。大所帯です。(写真)
 これからも、頼りになる、市民にとっての良心の灯台であってください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-11 23:38

市民の不安にどうこたえるか

f0020662_011515.jpg
 昨日午後、日本共産党市議団は日本環境学会の坂巻幸雄さんの協力も得て、市内各地で、放射線量の調査を行いました。
 お借りした器械はどんなものなのかと思っていましたが、昔の小型映写機みたいな形で、1メーターの高さの放射線量、地表の放射線量を、10秒間隔で10回測り、平均を出すのだそうです。結果はまだ分析中ですが、公園などあまり数値は高くありませんでした。
 
 今子どもを持つ若い人たちの中に、福島第一原発の大事故による放射能汚染に対する不安が広がっています。東京都は各市町村に対して、計測器を貸し出すことになったらしいのですが、定点観測、公表が求められています。食品、水、公園・学校・保育園・幼稚園などの砂や土、プールの水、給食食材。どれも不安の要素です。
 安心して子供を遊ばせることのできる日はいつ来るのか…福島県では、さらに避難区域拡大が検討されているそうです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-11 23:11

今年も咲きました。孔雀サボテン

f0020662_1219572.jpg
昨日は議案説明会がありました。補正予算はほとんどが震災関連。条例では鶴川駅前にできる市の施設を緑の交流館という名称にして指定管理させるという条例が提案されました。
説明会はあっという間に終わり午後は新聞配達しながら珍しく明るいうちに家に帰りました。
 気になっていたベランダの植物達に水やり。暑い夏を前にして、季節を忘れることなく色とりどりに花咲かせています。
 孔雀サボテンが今年も咲きました。一日限りの盛りの時を楽しませてくれます。
球根から育ててきたカサブランカが背高く伸びツボミがふくらんできました。
 ゼラニウムは昨年の暑さで弱ってしまったと思ったのですが、しっかりと赤い花をつけ今が盛りです。
 今年は紫陽花がサッパリ。切りすぎたのかもしれません。
 南北東と三か所のベランダにいっぱいの植物達の世話もけっこう大変ですが、花と対話しながら育てているとそれだけの成果はあります。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-10 12:19

忠生・小山田地域九条の会第4回総会と講演のつどい

f0020662_082456.jpg
 梅雨の晴れ間の日曜日。忠生・小山田地域九条の会の4回目の総会が開かれました。大震災・原発事故と大変な状況の中で開かれた総会は、震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、黙とうから始めました。
 
 前総会からの一年、ゆったりとした歩みではありましたが、定例の商店街での署名活動は頑張ってやってきました。今年の総会は、何よりも国民が平和で文化的な生活が出来るような社会の実現と、一日も早い震災復興を求めておこなわれました。そして、原発に頼らないエネルギー政策が必要であることを確認しました。
 
 総会のオープニングは図師にお住まいの岡田嘉奈子さんのキーボードの演奏で始められました。音大出の岡田さんは、70歳を超えているとは思えない見事なジャズを3曲も演奏してくださいました。
 地域の方々とかかわりを持つようになって、元気になってくださって私もうれしく、改めて九条の会に入会していただきました。
 

 総会のあと記念講演があり、今年は日本作文の会前副委員長、事務局の佐藤美知子さんに、「子どもたちに手渡したい未来」と題してお話していただきました。
 佐藤さんは定年まで小学校の教員を務め、日本作文の会会員として、生活綴り方、作文教育を実践されてこられました。
 この震災の中で、佐藤さんは問いかけます。
 
 「電気が通らず暗闇におびえているこはいないかしら」
 「津波にのみこまれ命をおとし、親や親しい人を亡くした子はいないかしら」
 「寒さと寂しさに一人でじっと耐えている子はいないかしら」
 「誰からも声をかけてもらえず、心を閉ざしている子はいないかしら」
 「見えない放射能に怯えながら、どうなるだろうと不安な毎日を送っている子はいないかし  ら」
 
 被災地の子どもたちはもとより、すべての子どもたちに、平和で、豊かな未来を手渡すために私たちのできることは何か…
 それは〝憲法を守りぬくこと"であるということを改めて考えさせられました。
 忠生・小山田地域には、定年を迎えた先生がたくさん住んでいます。
 いままで忙しくて地域とのつながりが少なかった先生たちの持っている力を大いにこれからは発揮していただき、子どもたちの幸せな未来をつくるためにともに頑張りたいと思います
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-05 23:08

被災地救援報告&防災のつどいを開きました

 昨日は、夕方から党市議団と党地区委員会主催の「被災地救援活動の報告会」を行いました。会場いっぱいの皆さんに来ていただきましたが、震災復興ボランティアに対する関心の高さ、防災、原発問題に対する関心の高さを実感しました。
 議会にも、子どもたちを放射能から守ろうと複数の請願が寄せられています。学習会を開けば超満員。それというのも、行政の対応の鈍さ、東電の隠ぺい体質にたいして、国民の不安がどんどん膨らむばかりだからです。 
 19日に、党町田地区委員会は、国会論戦の中で明らかになった問題など、様々な市民の皆さんの疑問にお答えし、原発問題の根本に迫る学習会を計画しました。どうぞお気軽においでください。
 
   〝原発ゼロ"への展望を語る
    6月19日(日)18時から
    健康福祉会館講習室
    
笠井 亮日本共産党衆議院議員がお話します。

 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-04 23:54

六月議会が始まります

 昨日一般質問通告を行いました。東日本大震災のあとの議会ということで、防災関連の質問が多数あります。今議会31名が質問しますが、午後のヒアリングでは、職員の皆さんが議員の質問事項に対して、質問意図や、どういう角度で質問するのかなど、また再質問はどうなのかなどを聞きとり、相談にこられます。
 廊下も、控室も、委員会室もごった返し、熱気ムンムン。部屋の冷房は付けないように努力しているので、一つの質問に、10人以上もの方がヒアリングに来られると狭い控室の温度は一気に急上昇。職員の皆さんも答弁書作りにこれから大変な毎日を送られることでしょう。
 私の今回の一般質問は、
①災害時の市民の食料確保について
②災害時の要援護者支援体制を問う
③地デジ化移行実施にあたっての対策を問う
④緑豊かな街路樹を
 
 

の4項目の質問です。私は15日午後に一般質問を行います。
 傍聴にお越しください。3月11日の震災で、本会議場の天井がはがれるなどの被害が出て、それ以降本会議場は修理に入っていたので委員会室で本会議を行っていたのですが、修復しましたので、6月議会は本会議場が使えます。
 
 8日から本会議が始まります。補正予算では、家具転倒防止金具等の配布追加6000件分の増額予算が盛り込まれました。条例提案では忠生第一小学校を忠生小学校に変更する校名変更の条例、町田市公民館条例の一部を改正して、町田市公民館運営審議会を廃止する条例などが提案されています。新たに鶴川駅前の町田市緑の交流館内に図書館を設置する条例も提案されました。

 大震災という大変な事態の中で行われる議会です。陸前高田の市長さんが、「天災は防ぎようがない、防災ではなくいかに被害を少なくするか、減災を考える必要がある」とおっしゃっておられた言葉が印象的です。
 町田市民が安心して暮らすことができるように、今議会も全力で頑張ります。


 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2011-06-04 23:15