<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オオミズアオがいた!

f0020662_23582159.jpg

 今日で8月も終わり。あまりに暑い一カ月でした。今日も朝からじりじりと太陽が照りつけ、日傘なしでは歩けません。男性も遠慮せずに日傘をさしたらいいのに。ずいぶん違いますよ。
 先日私の住む棟の階段の壁に2羽の大きな蛾がとまっていました。2羽は白い壁にぴったりついて、羽を広げちょっと離れてとまっていたのですが、10センチ以上ある大きな蛾でした。あまりきれいだったので写真を撮りました。後で調べたら、オオミズアオという蛾だったのです。ヤママユガ科の蛾で、別名モスラ、また月の女神と言うそうです。蛾と言うと毒があると思ってしまうのですが、こんなきれいな蛾もあるのですね。薄い青い羽は本当に月の女神が似合っています。

 明日から9月議会が始まります。午前中は市議団の会議を行いました。議会事務局の皆さんもいよいよという感じで、夏休みはもうおしまいです。
 明日からは学校も始まりますが、クーラーのない普通教室や体育館で、勉強どころではないと思います。こんなに暑いのに子どもにだけ忍耐を強いるのは酷です。

 そういえば、町田市民病院は25年前は夜になるとクーラーを切ってしまうので、入院患者は、団扇が必需品でした。息子を産んだ時長い間入院したのですが、お産で退院していく人は、自分のいたベッドに団扇を置いて行くのが、習わしでした。
 そのころはなんとか団扇でしのげたのですが、今だったら、みんな熱中症になってしまうでしょう… 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-31 23:58

小池あきらさんが落ちるなんて思いもしませんでした…

 今日も暑かった…明日もだろうなと思っただけでうんざり。今日は一日休みにして質問準備に充てようと思ったのに、思い通りにはいきませんでした。あまりの暑さとここ数日の疲れでバテ気味…
 
 昨日は午前の会議のあと、午後の一番暑い盛りに小山地域の方と、参議院選挙で対話した方々のところにご挨拶に伺いました。どこでも「この暑いのに頑張りますね。それにしても、小池あきらさんが落ちるなんて思いもしませんでした。ほんとうに残念!」という言葉があり、小池さんを当選させられなかった責任を痛感しました。負けてしまった選挙のあとでも、日本共産党への期待が大きく新聞も購読していただきました。
 
 今日の夜、テレビタックルという番組に、小池さんが出るというので観ました。選挙後初めてでしょうか。後期高齢者医療制度について、政府案の問題点について発言していましたが、バッチのない小池さんの襟元がさみしく見えました。必ず、また国会議員として頑張ってもらわないと。

 27日に一般質問通告を行いました。今議会は27名が一般質問を行います。質問順番の抽選が行われ私の質問は、次の3項目です。

 1高齢者の暮らし支える施策の充実を求めて
 2サイクリング道路、公園などに水飲み場とトイレ設置を求めて
 3地デジ対策の充実を求めて
 

 9月7日2番目です。傍聴、インターネットでどうぞ。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-30 23:43

蝉のぬけがらがいっぱい

f0020662_19164196.jpg

「朝から暑いですね。」と市役所の駐車場の係の方と話しながら庁舎に向かうと、木立の中の一本の木の緑の葉っぱにいっぱいの蝉のぬけがらが。
 昨日は十五夜でした。明るい月夜が今日の天気を予測させましたが、それにしても暑い!
蝉も地上に出てからあまりの暑さにびっくりしたのではないでしょうか。また市役所の土に卵をうみつけて命を閉じたのでしょうか。数年間地中ですごし、地上に出てきたときに市役所の木立がなくなっていないといいのですが。

 午後、新聞を配達に車を走らせました。温度計は37度を示していました。ちょうど3時のお茶の時間に伺ったところで、みなさんに引き留められお茶をごちそうになりました。たっぷりの熱いお茶と、農家伝来の手作りの酒まんじゅう。小山田のYさんが作った黒い皮のスイカ。美味しくて生き返りました

 明日は一般質問の通告です。十分な気持の準備もないまま9月議会が始まりますが、今日も議員団で論議をして、5名の市議団が市民の要求をまんべんなく議会で取り上げることができるように質問内容も練りました。暑さに負けずに頑張らなければ…
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-26 19:16

新庁舎より市民の暮らし最優先に

f0020662_018109.jpg
 いよいよ九月議会。告示とともに議案が配布されました。いつもよりは分厚い補正予算書。
今日は会派代表者も出席する議会運営委員会が開催され新庁舎の設計者からの新たな変更点についての報告がありました。
 何と驚いたことに、外観がガラス張りから、アルミボードと茶色のビスケットのような材質の何とかいう外壁材に代わり、以前とはまったく違っていました。その上、市議会議場は議長席の後ろに大きな大理石を配すというのです。
 写真は説明用の印刷物からとりましたからあまり鮮明ではありませんが、「タピストリー・レッド」という大理石だそうです。大理石=豪華のイメージを抱いてしまっても不思議ではありません。
 しかもその説明が、”議会の象徴”、”他の場所には使っていないから”ということらしいのです。
 議会は権威の象徴であってはならないと思います。市民に付託された議員が42万市民の声を代表する役割がまず一番になくてはなりません。豪華な議場より、42万市民の暮らしが厳しいとき、何よりも市民の暮らしが優先されなければならないと考えます。
 
 町田市の国民健康保険運営協議会が先日開かれ、国保税の値上げの提案がされました。かなりの市民が値上げになりそうです。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-25 22:18

命を救うための方法は多様に

f0020662_035417.jpg

この夏、海で山で、そして空で事故が相次いでいます。交通事故も多発していますし、熱中症で亡くなった方が300人を優に超しています。
 最近はいたるところにAED が設置されていますが、いざという時使えるかと言うと微妙です。私も講習を受けましたが、実際に使ったことはありません。
 先日、視察に行った福井大学には、AEDのそばに、こんな張り紙がありました。常に目につくところに貼ってあれば救命の方法が知らず知らずに頭に入るというわけです。
 備えあれば憂いなし。もうじき防災の日です。

 今日は午後から地域の後援会の皆さんと暑気払いの集いを行いました。お昼を食べながら、参議院選挙後初めての集い。選挙は負けてしまったけれど、集まった皆さんは元気に日本共産党に入党した時の初心に還ってまた頑張ろうと決意が語られました。
 80歳を超えているOさんが、職場にいた時も、地域で活動している今も誠実に頑張り、この参議院選挙は手術後の体であっても、知人に手紙を書いたりして日本共産党の躍進のために出来るだけの力を尽くしたのに、今回の結果は悔しかったの一言だと言われました。どうしたら党を大きくすることができるか、それには党綱領を新たに学び直さなければと語りました。私は感動し涙があふれました。
 
 家に帰ると、Hさんが丹精して育てているブルーベリーやナス、ゴーヤを届けに来てくれました。Hさんは実家のある山梨で、野菜や、ブルーベリーを育てています。暑い日、草取り、ブルーベリー摘み採りと山梨に通い、美味しいものを届けてくださいました。
 代わりに約束の、私の育てたゼラニュームを差し上げました。Hさんはそのゼラニュームを増やすのだそうです。育てるという気の長い営みの成果を交換できてなんだか自分が人間ぽく感じられました。(意味不明かな)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-21 23:03

夏の暑さにも負けない…はちょっと無理かな

 今週も終わります。16日は監査委員会。市長ほか理事者に、2009年度の監査と、2010年度第一回監査についての監査報告を行いました。(市のホームページをご覧ください)
 一般的な監査と言えば、年度末に帳簿や現金を合わせ、改善とすべき点について指摘するだけですが、市の監査は通年です。監査というものがどういうものかどうにかわかってきました。

 火曜日から水曜日一泊で、合宿を行い、志位委員長の日本共産党88周年記念講演、参議院選挙の総括や、市議選から半年の活動についてなど学習と討議を行いました。
 私は日本共産党の一員となって今年で40年になります。山あり谷あり、まさに政治は生き物だということをまざまざと体験した40年でした。自らが政治家として活動し始めて10年。苦しくもあり楽しくもあり、夢とロマンを追い続けての日々でした。
 これからの生涯を共産党員として社会進歩に貢献できたと思えるように生きていくためには健康でなければなりません。
 先日武蔵村山の議員が44歳で、クモ膜下出血で亡くなりました。健康管理は自ら行わなければ誰も面倒見てくれるわけではありません。
 二日間合宿で、椅子に腰かけ続けたので、昨日から、また腰が痛くなりました。完全に治らないまま動かざるを得ないので仕方ないのですが…この暑さの中コルセットは苦痛です。湿布もかぶれてしまうし。
 夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を持つことはちょっと無理かな…宮沢賢治になれそうもありません!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-20 23:11

今日は65回目の終戦記念日

 昨日は旧盆で、弟が亡き息子の位牌にお線香をあげに来てくれました。息子の好きだったお菓子を持って。もうじき64歳になる弟は、定年後2度目の仕事を誕生日で終わりにするそうです。仕事大好き人間の弟、毎日が日曜日になったらどうするのでしょうか。お酒ばっかり飲まなければいいけどと心配です。
 帰りは私と息子で立川まで送って行き、結局遅くまで、叔母や、義妹とおしゃべりに時がたつのも忘れました。

 今日は65回目の終戦記念日。語り継ぐことの大切さを感じます。
 昨晩は終戦記念日特集で、「戦場からの手紙」を放送していましたが、若い学生さんたちは、戦地から妻や子にあてた手紙を、単なるラブレターとしかとらえられないのでは…と感じました。
 あの大戦がなんであったか、歴史の真実を知ることが必要です。加害としての戦争、被害としての戦争、両面から見ていくことが大事ですが、戦争は絶対してはいけないという体験者の言葉の重みは、歳月とともに語られなくなってしまいます。
 私は昭和19年生まれ、中国で生まれていれば、残留孤児に、広島、長崎にいたら被爆者に、3月の空襲の時下町にいたら命があったか…そう考えると命長らえたものは無くなった人の分まで、平和な世界をつくるために頑張らなければいけないと改めて感じます。
 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-15 17:08

アッと思ったら急に腰が痛くなりました。

 水曜日は、日本共産党市議団の無料法律相談の日でした。当番の私は、相談者の方と弁護士の先生にお茶をいれるために低い位置にある台の上の湯飲み茶わんに急須のお茶を注ごうとした途端、アッと思ったとたんキーンと腰に痛みが…
 それからはすいすい歩けなくなりました。帰りは駅まで歩いて、桜台までバスで帰る気力がなくなり、タクシーで帰宅する羽目に。ぎっくり腰なのでしょう。今日で三日目。安静が一番と休んでいます。せっかくの夏休み盛大に片づけをしようと意気込んでいたのに…日ごろの運動不足が原因でしょうか。
 幸いに大したこともなく、痛みもあまりないのですが、用心用心。
 世の中は帰省ラッシュ。うちの旦那も岩手県水沢の故郷に帰っています。
 職員の皆さんも交代でお休みをとられているようです。ヨーロッパのように、一カ月以上のバカンスなんて夢でしょうが、短い夏休み事故にはくれぐれもご用心!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-13 18:02

美術館は面白い

f0020662_23224793.jpg
視察報告続き

 視察最終日の3日、金沢市役所の隣にある「21世紀美術館」を視察しました。1時間以上にわたってガラス張りのシースルー会議室で担当の方から説明を受けました。この美術館は日本で今一番入館者の多い美術館です。年間150万人が入館。そのうち約40万人が有料で展示を鑑賞するそうです。ここは中心市街地活性化計画の中で作られたそうですが、街中に人を呼び戻そうという目的で2004年開館。ガラス張りのどこからでもはいることのできる通り抜けできる美術館です。交流ゾーン展覧会ゾーンがうまく組み合わさり、周りの広い芝生とも一体になりながら誰でも気軽に入ってこれる構造になっています。年間7億6000万円の経費がかかり、収益など差し引くと、市の持ち出しは4億8000万円にもなるそうですが市民に何を返すのかが重要と言うしっかりとした信念のもと、単に一つの箱モノの採算がどうのと言うにとどまらず、周りへの経済波及効果を考え、教育との連携を考えている金沢市はすごいと思います。4年生の子供へのもう一度券付き無料招待。中学1年生に無料パスポートを配り、5回来たら次の年も無料パスポートがもらえるシステムなど工夫がいっぱい。商店との連携も進み、美術館のチケットを見せると、割引になる店を増やしたり、店で買い物をした人に美術館の入場料の割引があったり地域の活性化に大きな役割を果たしています。展覧会の中身も充実していて、作品購入費も毎年1億円も付いているとか。学芸員の数も16人と大変に多いのもうなずけました。
 私は今回で4回目の訪問になります。開館6年で、4回も来ているというのも不思議ですが、それほど行くたびに面白いのです。
 写真は、レアンドロ・エルリッヒの作品、(スイミング・プール)です。
 今回の特別展示は、舟越 桂さんとあのファーブルの孫ヤン・ファーブルの作品展でした。舟越さんはうちの息子たちの通った和光学園の父母でお子さんは同期だったかと思います。
 しばし不思議な世界に浸りました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-11 23:22

久しぶりにお墓参りにいきました。

f0020662_9195389.jpg
昨日は朝から涼しかったので高尾にお墓まいりにいきました。旧盆の前で広い公園墓地には樹木の剪定に入った職人さんのチェーンソウの音が響き我が家のお墓も綺麗になっていました。 息子が私の両親の眠るお墓に入って丸四年。ここにくれば会えると思って来るのですが4年経ってもまだ息子の突然の死をうけいれられないのです。
 夏になれば、石のお墓の中は暑いだろうと思い、冬になれば高尾の寒さがきついのでは…と思い涙してしまうのです。唯一の救いは、両親にとって初孫である息子が、おじいちゃんおばあちゃんに挟まれて守ってもらっていると思うことです。
 お盆は息子も家に帰ってきているので、提灯に明かりをともし、好きなものを備えて写真に語りかけています。

 今日初めてカーナビにスイッチを入れて高尾まで行ってみました。なんのことはない常盤の交差点からは「この先しばらく直進です。」のアナウンスのあと甲州街道を越してもまだ沈黙。東京霊園近くになってようやく左折の案内がありました。カーナビ私のように遠出しないものには不要でした。

 帰りに久々に相原のラッテにより、美味しいアイスクリームを食べてきました。平日にもかかわらず、お客さんは次々訪れていました。町田の西のはずれの名所です。
 お土産に生キャラメルをひと箱。あの有名な北海道のH牧場の生キャラメルよりグーンとおいしいと思います。一度食してみてください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-08-11 09:19