<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

参議院選挙中につきブログもしばらく選挙関連の記事はお休みです。

 参議院選挙が始まりました。いろいろ制約があるため、選挙関連の記事は発信できないことになっていますので、日常のことや感想しか皆様にお伝えできません。
 暑い毎日が続きます。北海道の足寄で37度を超す真夏日を記録したそうです。最近北海道は夏行っても暑いですね。クーラーがないところもあるのでその暑さはこたえます。
 何年か前バスツアーで行った時はソフトクリームがすぐにぽたぽた垂れてくるような暑さで、オシンコシンの滝の涼しさに生き返ったような気がしたことを思い出します。
 
 昨日は、三か月近くご無沙汰で、伸びた髪を切ってもらいに、美容院に行きました。行きつけの美容院でも、消費税が10%になったらお客さんも来なくなるし、何より納税が大変と言っていました。
 平均的な世帯の4人家族で、16万円も増税になるそうです。年間の消費税が、34万円!これは大変なことです。1か月の収入が消費税で持っていかれてしまうわけですから。
 収入の低い人ほど重税になる消費税。しかも社会保障がよくなるなんてこの20年間実感できませんでした。もっともっと儲かっているところから税金を支払ってほしいものです。カルロス・ゴーンは役員報酬を約9億円ももらうんだって。非正規の労働者を使い捨てにしておいて。世の中間違っています。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-06-27 19:47

紫陽花咲いて六月議会閉会

f0020662_2337422.jpg
今日は22日間の会期で行われた第二回定例会の最終日。季節はいつの間にか夏。昨日はそういえば夏至だったのです。市役所5階の議員控室の窓からは赤々とした夕焼けが見えました。
 
 終わってみれば大変な議会だったのだとしみじみ思います。最終日の今日はそれぞれの委員会報告。文教生活常任委員会では市長提案の小山中学校建設の工事請負業者をめぐって大問題となり、とうとう議案は否決されました。
 町田市は3月に工事のガイドラインをつくり地元業者が多く仕事が取れるように工夫したのです。今回の小山中の21億円の学校建設工事では、工事実績は7億円。経審点は1150点が必要でしたが、市長の「政治的判断」で工事実績3億30万円(消費税含む)、経審点750点の業者が落札したのです。
 こんな業者では大きな工事である学校建設が大丈夫なのか、工事品質が保障されるのかなどさまざま論議となり、今日の本会議でも賛成少数で、否決となりました。
 関連の電機、排水工事選定も否決されました。前代未聞の事態になったわけですが、もとはと言えば市長のなりふり構わない強引な手法に問題があったのです。市政運営の初歩が間違っているのです。
 今後は2012年春の開校に合わせて、迅速に新たな業者選定の入札を行い、安心できる工事で、学校をつくるために力を尽くさなければ。子どもたちに何よりも迷惑をかけたのは市長なのですから。

 今日はまだ明るいうちに帰宅できました。我が家のベランダの紫陽花が満開です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-06-22 23:37

6月14日総務常任委員会 夜の10時に閉会

 昨日は総務常任委員会が開かれました。議案も盛りだくさんだったのですが、まず冒頭、議員提出議案「町田市議会議員の議員報酬および費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例」についての審査が行われました。
 これは選挙で改選された議員と議員で無くなった人が月のうちに重なって報酬が支払われるのですが、これを日割りにしようというものです。
 報酬とは何か、日割りになじむのかなど議論となり、これだけで午前中いっぱいかかりました。結果的に、継続審査となりました。
 今議会に提案されている議案は国の法改正にもとずく条例や条例改正が多くありますが、地方自治体に適用された場合、市民の暮らしとの関係でどうなのかなど疑問が生じるものもあります。反対討論が必然的に多くなります。
 中心市街地活性化事業費の中の、「町田まちづくり公社出資金」3億円については議論噴出。そもそも、石阪市長が社長である「まちづくり公社」に、町田市が約21億円で買い取った「ぱるる町田」の2,3,4階部分を10億円で売り、その区分所有分の土地代金に対しての6億円の返済をするために新たに町田市が3億円の追加出資を行うものです。
 文化交流センターの安定経営の見込みが立ってきたというのですが、市民の大切な税金を3億円も使ってさらなる出資で、本当に事業が発展するのか、他の出資者の分、3億円のめどが立っていない中で町田市がこれ以上の負担を行う理由はありません。2時間ごとに休憩が入るものの、最後に補正予算に私が反対討論を行って終了したのが10時でした。
 議員は体力が求められます。それにしても、職員の皆さんも本当にお疲れ様でした。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-06-15 23:41

小山田は田植えが終わりました。

f0020662_2312474.jpg
議会は来週総務委員会がありますが今日は三ヶ月振りの病院の定期検査。午前中病院に行きました。途中の田んぼは田植えが終わり、まだ頼りなげな苗が一列に六月の太陽をいっぱい浴びていました。今年は西高東低の夏と言われていますが、そんなことにならなければいいのですが。
 
 今週は月曜日に一般質問を行いました。「都市農業の振興策を求めて」の質問には、北部丘陵活性化計画をつくって北部丘陵の整備を行っていくとの答弁がありましたが、谷戸の水田が守られるように、生産者が農業で暮らしていけるように戸別所得補償、価格補償が必要です。生産者と消費者がより近くにいることは安心な野菜を食べられることにつながります。その意味でも、行政が果たさなければならない役割は重要です。作る人、消費する人の橋渡し。そのためにもっと意見をくみ取る必要があるのではないでしょうか。
 
 病院には3カ月に一度しか行きませんが、最近患者が減ってきているのではないかなという気がします。あまりに高すぎる医療費。私は3割負担ですが。血液の検査、診察、薬で、17640円もかかりました。うかうか病気にもなれません。

 昨日は、文教生活常任委員会が開かれ、冒頭、日本共産党市議団が提案した「町田市義務教育就学児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例」の審査が行われました。私と細野議員が提案者として、提案理由を述べ、委員から質問を受けました。「2億5000万円の財政的な支出ができるのか」「他の市民サービスが低下する」「子宮けいがんワクチンとどっちを優先するのか」などの質問がありました。現在200円の通院負担と所得制限を外す提案ですが、医療を公的に社会的責任で担うという福祉の考え方の基本はなく、時期早尚、市の財政を圧迫するからとの理由で、否決となりました。
 
 乳幼児医療費は長い間の運動で現在すべての子どもが無料となっています。小中学生の医療費についても昨年から東京都の制度で、一部負担や所得制限があるとはいえ助成制度ができたことは大きな前進でした。都内23区では完全無料化され、三多摩でも、武蔵野、府中では完全無料に、他3市でも所得制限を外すなどもう先進的に踏み出しています。いずれ完全に無料になる日が来るでしょう。その日が一日も早く来るように、運動を広げていきたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-06-12 23:12

六月議会が始まりました

f0020662_1624769.jpg
今日から3期目第2回定例会が始まりました。今日は午後一時から本会議。2009年度補正予算。専決処分となっている案件の承認などがあり、2010年度一般会計補正予算、特別会計補正予算、条例改正提案の説明がありました。
 2010年度補正予算額は一般会計で32億5667万5千円。特別会計2億6512万円です。今回の補正予算には、日本共産党市議団が長年求めてきた、「民間保育所整備事業」「私立幼稚園入園促進事業」「小中学校トイレ改修事業」「鶴川駅前公共施設整備事業」「水田保全事業」などが盛り込まれています。
 今日は市長の市政方針が述べられました。きれいなスローガンですが、そこに暮らす人の顔が見えてきませんでした。
 明日は議案説明会。4日から一般質問が始まります。今回はなんと、33名もの議員が質問します。答弁する方も大変。市長は例によってほとんど答えないでしょう。担当の課長さんは、答弁書作りのために、何度もヒアリングに来られます。お互い緊張の一般質問。
 毎日重い資料を持って市役所と自宅を往復です。
 
 今日は幾分早めに終わったので、明るいうちに帰宅しました。
 我が家の出窓に、また胡蝶蘭が咲き始めました。この胡蝶蘭は、市議選の事務所開きに贈られたものです。花が終わった後、枝を詰めて、時々の水やりと、固形肥料。
 頂いた時のように花が垂れるようには咲きませんでしたがいっぱいつぼみを持っています。
市議選のときはゆっくり花を眺めることもできませんでしたが、今日はその白い花を眺めながら一人きりの夕飯を食べました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-06-01 16:24