<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「おとうと」を観に伊勢佐木町へ

 29日はいつの間にか、みどりの日から昭和の日になっていました。
 行こうと思っていけなかった山田洋次監督の「おとうと」を横浜線の関内から歩いて10分。伊勢佐木町の小さな映画館に観に行きました。
 吉永小百合主演の映画は、山田監督2作目でしょうか。とても丁寧に作られ、人の優しさが巧みに引き出され、どこかに救いを見出すことができる映画でした。どうしようもなくだめな弟が、助からない病気で、最期を迎えることができた民間のホスピス。生活保護のセーフティーネット。世に生まれた限り人は不必要な人なんかいないんだ。誰にも存在意義がある。そういうことを訴えていると私には思えました。
 帰りに伊勢佐木町商店街を通って関内に戻りましたが、通路のベンチには、何人ものホームレスの人が寝ていました。病気の人もいるに違いありません。どうしたら手を差し伸べることができるのか…現実問題となるととても大切な問題です。
 
 映画は5月2日まで。横浜シネマリオン。11時20分。15時45分。の2回上映です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-30 02:00

遅い春がきました。小山田桜台の八重桜

f0020662_22521221.jpg
日曜日は久しぶりによく晴れました。このところ天候不順で、寒い日が多く、まだダウンコートをしまえないような日がありますが、すっかり若葉に変わった尾根緑道はたくさんの人の往来が窓から見えました。小山田桜台の外周道路は八重桜が満開。遅めの春のようです。
 
 日曜討論などを見ていても、自民、民主に代わる第三極の新党結成のことばかり。桜の咲く時期が大幅に遅れ、41年ぶりの雪が降ったり作物にとっては踏んだり蹴ったりの季節です。
 
 午前中小山田の「町田の農業を考える会」が毎年行っているタケノコ販売にお邪魔しました。やや大きめと普通のサイズ(1Kグラム。400円)を2本求めました。高かったのか、市場価格ではいくらするのでしょう。

 そのあと相原で行われた市政報告会に出て3月議会の報告など行いました。地域の皆さんからは介護問題の質問が相次ぎました。相原地域には現在建設中の特養ホーム、来年度の予算で実現する予定の特養ホーム計画などが。現在特養を利用されているご家族の方、特養で働いておられる方など、意見は山のようにありました。
 終了後、地域の方々を訪問し、後期高齢者医療制度廃止をもとめる署名のお願いに歩きました。
庭先で大きなかまどに大鍋を乗せ、タケノコを茹でているお宅など、時がゆったりと流れているような心地よい訪問活動でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-27 22:52

花の家25周年、花の郷5周年おめでとう

f0020662_23461883.jpg
今日は社会福祉法人すみれ福祉会の花の家二十五周年、花の郷五周年のお祝いが相模原の千寿閣で行われ出席させていただきました。
町田市の障がい者福祉の原点ともいえる「花の家」は、リサイクル文化センターの敷地の中にありますが、重度の障がいを持った方たちの生活と仕事の場として誕生して25年になります。花の郷は通所、更生施設として大蔵町に出来てもう5年になりました。
 障がいを持った子どもを持つ保護者、とりわけお母さんたちの必死の努力と粘り強い運動で、今日の日を迎えるまでになりましたが、そのご苦労は想像を絶するものだと思います。町田にはたくさんの障がい者の組織、施設がありますが、いずれも新たな受け入れが難しくなるほど、町田の丘学園を卒業する子が増えています。町田で安心して暮らしていくことができるように、行政の一層の支援が必要だと思います。大下元市長、寺田元市長のあいさつは胸を打ちました。福祉の町田と言われることに誇りを持って仕事をされ、少なくとも福祉の分野では市民の苦しみに心を寄せることが市長の仕事だという姿勢を貫かれたのだと思います。
 「花の郷」には、かつての「結」の仲間が通所しています。冊子のお名前を拝見しましたが、「結」でパートをしていた亡き息子の日記に出てくる方々…息子の分も元気で頑張ってください。
 舞台のそでには大きな盛り花が飾られていました。「花の家」で咲かせたお花で作られたものだそうです。どこのお花屋さんにも負けない美しいお花でした。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-24 23:46

小山田の昔と今

f0020662_11595758.jpg
火曜日は午前中の会議のあと、我が日本共産党市議団は、町田市教育委員会生涯学習部の職員の案内で市内の遺跡を視察しました。
 なんで今遺跡なのかって・・・見たことがないから見てみたい、町田の歴史も知りたい、ということで職員の方々にご足労いただくことに…
 小山町の田端環状遺跡。名前は知っていましたがこんなところにあるなんて。ニュータウン通りの入り口町田街道すぐそばにストーンサークルが積まれ、お墓があったであろうという形を残していました。開発で、なくなってしまうようなところを市が買い取り調査し保存しています。
 写真は続いて訪れた小山田1号遺跡です。小山田桜台のすぐ近く、すぐ上は住宅地が立ち並び、小山田桜台の団地が前のほうには広がっています。ここは中世の住居跡と言われていますが、柱の跡があり、かなり広い建物であったと思われます。私は桜台大1期の入居で、越してきてすぐ、散歩がてら見に行ったことがありますが、しばらくご無沙汰でした。改めていってみると、この25年間、市の努力で、整備されてきたことがよくわかりました。崖には横穴墓の跡があり、長い長い年月を経て風雪に耐え今もあることが不思議な気がしました。
 町田市の考古史料室も見せていただきましたが、眠らせておくにはもったいない。いつか日の目を見ることができるように、専門的な知見を持った職員を増やしていくことも必要だと思います。
 町田は面白い歴史に満ちたところです。観光と言うなら、この歴史も観光の財産になるのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-23 11:59

これが噂の電子黒板

f0020662_11235070.jpg

先週は金曜日から土曜日にかけて東京では41年ぶりという遅い雪が降り夜中に起きたら一面真っ白になっていました。気温が低く農作物に大きな被害がでていますが、そうかと思うと今週水曜日は真夏日になるなどいったいこの地球はどうなってしまうのでしょうか。火山の噴火、大地震、津波・・・スペースシャトルで日本人もどんどん宇宙に飛び立っていますが、地球に住む人間や生物の生存にどのようにかかわるのかよくわかりません。

 月曜日は監査委員会の工事等現場調査を行いました。一日に市内施設7か所視察という結構ハードなスケジュールでしたが、市民の負託を受けて選出された議員と言う立場と監査委員と言う立場での視点をどのように考えるのかと少々戸惑いながらの視察でした。
 学校、保育、スポーツ、市民利用施設、病院、農政施設などを視察しましたが、新設校視察で、初めて4月導入となった電子黒板なるものを見ました。国の政策で町田市では全校配置となったものですが、扱いが難しく、どのように活用されるのかは今後の課題とのことでした。私の頭の中のイメージはスクリーンがあって、プロジェクターのようなもので映像が映し出されるのかと思っていました。なーんだ、大きなテレビみたいではありませんか。テレビだってもっと大きいものがあります。各教室には、地デジテレビが備え付けられていましたが、日本国中の学校がテレビを買い替えなければならないことになっているようで、その費用は膨大なものがあります。
 この地デジ切り替えはいったい誰のためのものなのでしょうか。考えると無駄な気がしてならないのですが…
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-23 11:23

都市農業をまもろう

f0020662_9525612.jpg
久しぶりのブログ更新。土曜日は日本共産党都委員会主催の農業シンポジウムに参加しました。
 先週は総務常任委員会の行政視察で、水、木、金曜日にかけ、広島県福山市、島根県出雲市、松江市の視察を行いました。福山市では、「公文書保存、管理について」「介護施設等人材確保事業費補助制度について」出雲市は「新庁舎への移転作業について」松江市は「中心市街地活性化事業について」「伺います係」について」の視察でした。視察報告はまた後日。
 
 視察明けの翌日のシンポジウム参加。会場の立川アイムは満席となるほどの盛況で、報告者の、元栄養士さん、大学教授、農業従事者、そして小池あきら参議院議員がそれぞれの立場から報告し会場から何人もの方の質疑や経験、意見がありました。東京の農協中央会からのメッセージもあり都市農業を守り育てることが東京のような大都市でますます必要だということを改めて確認しました。町田はまだまだ農業で頑張れる自治体だと思います。中心市街地を再開発して莫大なお金をかけるより、市民の食料を担い、緑を残し、災害を防ぎ、市民の憩いの場にもなる農業発展におカネをかけるほうがどれだけ有意義か。
 町田でも大いに農業者の意見を聞き、行政に対しても政策提言をしていきたいと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-19 09:52

監査委員は大変重いお仕事なのです。

 4月1日8時半。やや緊張気味に市長室へ。先日選任された監査委員の、発令通知書が市長から手渡されました。4月1日付で、辞令の出る新しい部長さんや異動の部長さんたちが、廊下にずらり。新しい年度が始まりました。
 
 午後からは監査委員会室で、心得(?)についてのレクチャーが行われました。監査委員は4名です。学識の方が2名。議会選出が2名。そのうち一人は常勤監査委員です。
 初めての仕事で、わからないことばかり。その日わかったことと言えば、監査委員は市長と対等の立場に置いて監査を実施する独立の機関であるということ。議会や市長、その他の執行機関及び外部の圧力等により干渉を受けることなくまた特定の者や集団に特定の利益、不利益を与えることなく、公平不偏の立場を保持しなければならないということでした。
 それだけ責任のある重い役割であることを改めて認識しました。2年間の任期を全うできるよう頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-04 23:20

寒さの中でさくらまつりのお花見

f0020662_21491973.jpg
 昨日今日は町田のさくらまつりが尾根緑道で行われました。大変寒く、ダウンコートの人もポケットに手を入れて桜満開の尾根緑道を歩いていました。
 
 私の地域では恒例となった、後援会合同のお花見を行いました。市議選後のお花見はみんなの表情も明るく、続く参議院選挙での小池あきらさん勝利の決意が次々と語られました。
 持ち寄りのお弁当をみんなで食べ、歌の好きな我が後援会は、カラオケCDに合わせて、懐かしい労働歌やロシア民謡、最近のたたかいの中で生まれた歌、平和の歌を歌いました。
 
 毎年行われるさくらまつり。いつも地元しか行きませんが、恩田川も芹が谷公園もきっと賑やかだったことでしょう。大勢の皆さんが自由に車座で、持ってきたコンロでバーベキューができるのも、尾根緑道のいいところです。桜の種類もたくさんあって、時期がずれて咲くのも魅力です。ソメイヨシノは満開。山桜のつぼみはまだ固く、当分楽しめそうです。
 
 夕方から雨になりました。小山のKさんのお母さんが亡くなられたので、南多摩斎場で行われたお通夜に伺いました。90歳だったそうです。デイサービスに通っていらしたそうですが、施設の皆さんからたくさんメッセージが届き、読み上げられました。Kさんの言葉も、奥さんの言葉もどれも胸に響き、自分の母親がなくなった時のことを思い出し涙がこぼれました。私には、もう優しくしてあげたい親はいませんが、いつもいつも親に対する思いは変わりません。本当に親には感謝です。Kさんのお母さんのご冥福をお祈りします。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-04-04 21:49