<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年第1回定例会が閉会しました。

 3月9日から始まった、市長・市議選後初めての議会が今日30日閉会しました。日本共産党は、今回の市議選で5名全員当選し、力を合わせて、石阪市政2期目の、予算提案や、条例提案に対して「新庁舎や大型開発より、市民の暮らし優先の市政を」と真っ向から対決しました。
 最終日の今日は、殿村議員の質問に対して、まともに答えない市長が、ルール違反の発言を行うなど、異常な姿を示しました。日本共産党は市長提案の予算に対して、新庁舎建設、や中心市街地活性化計画関連の予算を削り、健診無料化や、75歳以上の高齢者の医療費無料化、幼稚園児の補助金増額などを盛り込んだ予算修正を行いました。賛成少数で、修正案は否決されましたが、しっかりと筋を通し、具体的な提案で迫る日本共産党の在り方が、市民の前に明らかになりました。
 終わってみると長かった気がしますがあっという間の一カ月でした。
 寒い毎日、重い荷物を持って議会通いをしたような気がします。一回の議会が終われば、またすぐ6月議会が待ち構えています。市民の暮らしを守るために頑張ります。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-30 23:59

あと何回この桜が見られるかな?

f0020662_051453.jpg
毎日寒い日が続きます。今日は、昨日車を駐車場に置いてきたので、久しぶりにバスに何度も乗りました。午前中は木曽森野都営まで行きましたが、バスを降りて、急な坂道をゆっくりゆっくり歩いて行きましたが息が切れるほどの急勾配。人呼んでガンバリ坂。
 新しい市役所ができたって、木曽森野都営の皆さんの大変さが解消されるわけではありません。今日は都営にお住まいの皆さんを訪問し要望など伺うための活動でした。
 新しく後援会ニュースを読んでいただける方も出てきました。と同時に、市政への要望も伺いました。「ごみ有料化で、ごみが減ると思ったのにちっとも減ってないじゃないか、税金で、ごみは処理するべき」とおっしゃった若い人。市民の目線は確かです。
 
 お昼で終わりいったんバスで自宅へ。午後からは小山田桜台で行動。そして夕方からまたバスに乗って市役所へ。
 今日は3月最後の日。定年を迎えた部長級の方が15人もいらっしゃって、昨日、本会議の後ご挨拶がありました。明日からは違う職場でまた仕事をされる方もいることでしょう。
 職員の皆さんの異動の季節です。聞くところによると、400人くらいの異動があったとか。
 市役所の庭には、しだれ桜とソメイヨシノが咲いていて、新たなスタートを切る皆さんをやさしく励ましているようでした。
 
 この桜、あと何回見ることができるでしょうか。市役所が新庁舎に移転してしまうと、今の築40年の現庁舎は取り壊されるのでしょうか。築山のような庭はどうなるのか、紅葉の美しい、コナラの実が落ちる橋は…そして、桜の木は…四季折々楽しませてくれる市役所の庭が私は大好きです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-30 23:05

町田に42番目の小学校が開校

f0020662_0244359.jpg
先週の土曜日、町田で42番目になる小山中央小学校が開校し、落成式が行われ出席しました。小山ケ丘の、大型店が並ぶ商工業地の真ん中に、土日ともなると交通渋滞で身動きがとれないほどの混雑になる幹線道路に面して建てられた小学校です。
 東西に校舎が一列まっすぐに建てられ、その北側の中央に校舎と接して体育館が立てられていました。片流れの屋根は深いグリーンで、外観は学校とは見えないような建て方になっていますが、それも生徒の安全への配慮なのでしょう。南には自然林がみえる校庭が広がり、見晴らしも良く明るい学校です。(写真は校庭側からの校舎とまだ未完成の校庭。隣に大型店の大きな看板が見えます)
 式典で、教育委員会委員長の、「いろいろ不安要素はあるけれど、地域、保護者の皆さんでいい学校にしていただけると思います」という趣旨のあいさつがありましたが、その言葉通り、式の後、地域の皆さんが学校内覧に家族連れで楽しそうに続々とこられていたのが印象的でした。
 学校は地域の核です。新しい学校で何もかも新しくスタートするわけですから、子どもを中心に、地域の皆さんが力を合わせて、町づくりができたら素晴らしいと思います。
 この後は、小山ケ丘に中学校建設が始まります。小山地域念願の自前の中学校。長年小山地域の子どもたちはバスなどで、堺中学校と忠生中学校に分かれて通学しています。ようやく、小山地域3つの小学校の子どもたちが地元の中学校に通える日が近づいてきました。
 少子化の時代、新しい学校が次々開校する町田市。教育予算や、子育ての予算が増えていくわけですから、税収減の中、大型開発は見直すべきだと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-29 23:24

「おめでとうございます」の言葉に感激

 13日からの一週間はめまぐるしく日々が過ぎていきました。13,14日と会議が続き、15日は議案説明会と質疑通告、16日は一般質問通告をしました。今回は3期目最初の質問ですので、仕切り直しの意味も込めて

1、公共交通機関の充実を求めて(小山田桜台から多摩センター行きのバス実現を。八王子医  療センターへのバス実現を。)
2、多摩境駅広場の整備について問う
3、町田市の平和行政の拡充を求めて

の3項目の質問を行います。25日4番目です。今議会は、新人の方が7名入り世代もぐんと若返りました。一般質問は27名です。
 議会傍聴においでいただき、町田市政がどういう方向に行こうとしているのかを確かめていただければと思います。
 17日は本会議で質疑が行われ、17,18日は、4常任委員会が同時開催されました。私は今回総務常任委員会の副委員長になりました。総務常任委員会は政策経営部、総務部、会計課、財務部、経済観光部、選挙管理委員会、監査事務局、農業委員会事務局、議会事務局所管の議案審査を行います。
 おもに町田市の中枢に関わる予算、条例についての審査ですが、私は前回に続いて三年目に入り少し様子が見えてきました。新庁舎建設問題、中心市街地の開発問題、小田急多摩線の延伸問題など、大型開発優先の市政か、市民の暮らし優先の市政かが問われる大きな問題が山積しています。
 税金の使い方が問われます。町田市は税収が落ち込む中で、新たに臨時財政対策債を39億円も借金し、財政調整基金、公共事業基金を取り崩し新庁舎建設の費用を作り出しています。
 議会の役割も多いに問われるところです。日本共産党は予算修正を行います。

 委員会審査が一日で終わった次の朝、金曜日は久々に多摩境駅で、朝の宣伝を行いました。地域の方も三人来てくださって、小池あきらさんのパンフレットと「こんにちは佐藤よう子です」を配りました。
 7時20分ころ目の前に、以前ブログで紹介した、見晴らしの丘に住むお嬢さんが現れました。そして笑顔で、「おめでとうございます」と言ってくれたのです。一カ月会わないうちにまた背が伸びたようでした。はじめて名前も伺いました。本当にうれしい朝でした。
 うれしい思いでいっぱいになり、高尾の息子のお墓まで車を走らせました。お彼岸に入ったばかりでしたがお参りに来る人がいっぱいでした。息子と両親に、選挙の当選報告をすることができました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-21 15:49

春の嵐のあとで

f0020662_12395677.jpg
昨夜は春の嵐が吹き荒れました。午前中はまだ駄目かなと思っていたのですが、どんどん晴れてきて、暖かないい天気になりました。
 予定通りハンドマイクを使って宣伝をすることに。市議会議員選挙以来の団地内宣伝です。Iさんと、Mさんが加わって、桜台の団地センターから出発。買い物に来られる方も暖かな春の日差しにどこかのんびりとしています。小さいお子さんづれの方も多く、桜台も、高齢の方も増えている半面、世代交代でしょうか、比較的安くなってその割には広い分譲を求めてこられる若い方も増えているようです。
 一時間ほどの宣伝でしたが、交代でマイクを握りました。7月には参議院選挙が行われます。東京選挙区から、小池あきらさんを国会に送らなければなりません。普天間基地の問題でも県民の意思はきっぱりと基地撤去です。民主党鳩山政権は公約を守って基地のたらいまわしを行わない方針を貫いてほしいものです。
 昨夜の嵐の名残で、木の枝が折れて落ちていたり、葉っぱが吹き寄せられていたりと、あとの掃除が大変でしょう。
 今日はお彼岸の中日。早咲きの桜が咲き始めました。こぶしも木蓮も一斉に咲きだし、黄色のラッパ水仙と並んで、まだのこる風に揺れていました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-21 12:39

三月は平和を考える月です。

f0020662_21194914.jpg
朝、市役所の橋の横に銀杏の木があるのが目にとまりました。周りの木々が葉を落としているので、余計に目立ちました。前からあったのに、注意して見ることもなかったのですが、久しぶりに晴れて気持ちの良い朝になったので、気がついたのかもしれません。由来を書いた札が立っていました。それによると、この銀杏の木は、昭和20年5月、小野路に落とされた焼夷弾で焼けた銀杏の木から芽吹いた木だそうです。小野路では二人の姉妹がなくなりました。
 三月十日、市議会では、東京大空襲で亡くなった方々を追悼して、黙とうがささげられました。
二度と再び戦争で命を奪われることのないように、平和な日本をつくっていくためにかすかに戦後のことを知っている世代として、私も頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-12 21:19

頭痛・肩こりの妙薬は…

 今日も寒い一日でした。朝起きたら肩から上が固まってしまい首も動かなくなりました。でも今日は9時半には議会に行かなければならず、肩に湿布を貼って、そろそろと車を動かして市役所へ。
 
 ドント方式という方法で、一つづつ人事が決まっていきました。
我が会派は、監査委員、文教生活委員長、議会運営委員会副議長、民生委員推薦会委員、などを引き受けることになりました。
 私は総務常任委員会の副委員長、監査委員、民生委員推薦会委員を受け持つことになりました。
三期目、いよいよスタートです。
 
 今までとは違う顔ぶれで、みんな様子見のところがあります。本会議場の座席も、2段目になりました。8年間、一番前の左だったので、自然に、体が最前列に行ってしまうのも不思議です。出席札も、議員ボックスもまだ位置の変化に慣れません。
 会派控室の机は変わらないけれど、私の前に若い池川議員がいるのも新鮮です。その上、お茶を入れてくれるので、うれしい限りです。
 
 明日から本会議、補正予算の審査です。連日ハードスケジュールですが、頭痛・肩こりの特効薬がほしいものです。 
 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-10 23:12

雪の降る一日でした

f0020662_22341274.jpg
「日米安保50年と米軍基地 」 赤嶺政賢衆議院議員のはなしを聞く。

 今日からいよいよ2010年度第一回定例会が始まりました。開会のあと議長選挙になりなかなか決着がつかず、結局思いもかけない組み合わせで、志政クラブ・公明党、民主党・社民ネットが一緒になり公明党の川畑議員が議長に選出され、副議長には志政クラブの吉田議員が選ばれました。市長選で、違う候補を立てて戦った会派が結集されるという構図は我が日本共産党には理解しがたいものでした。
 我が会派も議長選には殿村議員、副議長選には私が立候補しました。いつもの議長選に比べて早い決着となりましたが、今後石阪市政に対してどのように対していくのでしょうか。
 スジを通す日本共産党の真価が発揮されるよう頑張ります。

 今日は一日雪模様の寒い日でした。思ったより早く議会が終わったので、町田革新懇・平和委員会主催の「日米安保50年と米軍基地」という日本共産党の赤嶺政賢衆議院議員の講演を聞きに行くことができました。普天間基地移設問題で、今大揺れの民主党政権。県民の声を率直に受けとめめ、基地のない沖縄を実現することが求められています。
 粘り強い島ぐるみの闘いが勝利する日まで私たちも共に闘いたいと思います。
 4月11日か18日に沖縄で大きな集会が行われます。詳しくはまた。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-09 22:34

春三月。巣立ちの季節を迎えて。

カレンダーが一枚めくられて、明日はひな祭り。玄関に山口県の大内雛を飾ってひな祭りです。
 甥のところの小季ちゃんも初節句。そういえば、同期のW議員が、「子どもが生まれました」と今日控室に報告に見えました。女の子だそうでとてもうれしそうでした。新しいいのちの誕生は本当にいいものですね。
 今回勇退した我が会派の高嶋議員にももうじき、娘さんに赤ちゃんが誕生する予定です。つまりおじいちゃんになってしまうのでーす。(内緒ですが?)
 昨日は都立高校の合格発表日、15の春はなかなか厳しいようです。私立高校では卒業式のシーズン。高校生の就職内定率が5割を切ると報道されていました。就職超氷河期に巣立つ子どもたちの未来に少しでも希望の光がさすようにと祈らずには居られません。
  
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2010-03-02 23:51