<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

しばらくぶりにブログを

 おはようございます。今朝は少し早起きしました。
 今日は9月市議会、一般質問の通告日です。選挙戦さなかの議会となりました。31日から本会議が始まります。
 朝夕は涼しくなりました。朝から鳴いていたセミも鳴かなくなり夜は虫の声がしきりです。
小山田桜台の団地祭りも23・24日で行われ、夏も終わりました。
 議会は10月6日まで行われますから、長丁場です。今回は決算委員ですから秋まで大変。

 昨日は議会運営委員会が開かれたので市役所にいると、突然生活相談の方が見えました。まだ30代の方ですが、病気でなかなか働くことができないのです。一人一人の人生の抱えている重さを痛感しました。
 一人、生活のめどが立つように行政につなげるとまた次の人が現れます。
 果てしなくこの国は普通の暮らしをするには厳しすぎる国です。昨日もあるところで演説し終わると、聞いていてくださった方から
 「毎日ステーキを食べたいなんて言っているんじゃないんです。普通に暮らせる安心がほしいだけなんです。これって贅沢でしょうか?」と声をかけられました。
 当たり前の思いをかなえるためにもうひと頑張り…!

 それではこれから市役所に行ってきます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-25 07:35

育っています

f0020662_2325392.jpg
青い稲が伸びてきました。ベランダのバケタン。そうバケツ(正確にはポリ容器)に土を入れ水を張った田んぼです。以前に田植えをお知らせしましたが、8月も半ば、みると小さな粒つぶが…こういうのを出穂っていうのかな?立派に稲になっていました。ちょっと肥料不足かもしれません。固形の肥料でよいと書いてあったっけ。
 
 いよいよ総選挙。しばらくブログはお休みになるかもしれません。日本共産党の前進のために頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-17 23:25

短い夏の夜を楽しんで

f0020662_10151811.jpg
15日はお盆。久しぶりに立川の実家に行きました。といっても両親はいませんので、弟たちの家ですが…
もしかして、お正月以来?月日のたつのは早いものです。
 お互い還暦を過ぎた者同士。話はもっぱら健康のこと。昔話。今度の総選挙のこと。近所の誰それが亡くなったとか、情報交換。
 最近は一緒に旅行に行こうという話も出なくなりました。
 晩御飯をごちそうになって、地域振興でだいぶ前から行われているという「ねぶた祭り」を観に出かけました。
 弘前で使ったねぶたをトラックで運んできているそうで、いろいろなねぶたが10台くらい。やわらかな明かりを灯したねぶたに見とれました。
 道路を通行止めにして、歩道には屋台もたくさん出て、縁石にみんな腰かけて見物。はねとの衣装の若い人もたくさんいて地域に定着したお祭りになっているのだと思いました。ふるさとは近くても遠くても故郷です。
 
 いよいよ明日は総選挙の公示日。真夏の選挙戦に突入です。議会も控えているし、結構ハードな選挙戦になりそうです。健康に気をつけて、熱射病にならないように頑張りたいと思います。自民公明政治を終わらせ新しい政権ができたときに建設的な野党として頑張れるように!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-17 10:15

今日からお盆です。

 ようやく夏らしい暑さが戻ってきました。日中の気温は高く焼けるようです。
 車に乗った瞬間は汗が噴き出してきますが、朝夕は吹く風も涼しく、今朝の相原駅での宣伝は夏の終わりの朝のようでした。
 お盆休みで、車の量も少なく駅に急ぐ方々もいつもより少なめでした。大きな荷物を持った家族連れの方もいて、日本中休みモードに入ったんだなと感じました
 。短い夏休みというのに、地震で高速道路が寸断されたり、豪雨で通行止めになっているところもありで、移動も大変です。我が家は、上の階からの水漏れのため、天井や壁紙を張り替えることになりこの暑さの中、工事が入って、家具を移動したり掃除したりと昨日から大騒動。
 夫はさっさと田舎に行ってしまいました。久しぶりに思い切ってかたずけができてまあ良かったか…と良いほうに解釈しているのですが。外に出るに出られないのがちょっと苦痛です。

 今日は迎え火を焚いて亡き人を迎えることにしましょう。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-13 12:01

豪雨・地震・日照不足の夏

 今朝5時7分ごろ地震で目が覚めました。揺れは長く、起きて息子の部屋のドアを開けて、「地震だから起きなさい」と声をかけましたが起きる気配もなし。後で聞いたら全然気がつかなかったとのこと。
 静岡県を中心にした地震でした。東名高速道路の盛り土が崩れ、通行止めとなり、新幹線も止まり、お盆休みに入る交通が混乱していますが、被害にあわれた方も多数いらっしゃいます。
 先週からは豪雨で、土砂崩れ、水害で犠牲になられた方が出てしまいました。この夏は梅雨明けしないまま立秋を迎えた東北地方など天候不順です。
 農作物も実らず、お米はやや不良とか…。スーパーでも野菜が高値です。
 地球が何か警告を発しているのかもしれません。
 今日は午前中インターネットで、日本共産党の中央委員会本部で行われた、全国決起集会のライブ中継を視聴しました。選挙情勢と取り組みの到達、選挙の方向をリアルタイムで視聴できるのも便利ですが、世界中の人に発信しているわけですから、開かれたものです。まさに日本共産党のあるべき姿を全部お見せしますというようなものです。すごいというか、ここまで…というかウソもハッタリもない潔さです。
 自公政権を退場させ、新しい政権ができた時にどういう政治がおこなわれるのか。大転換期を迎えつつあることの実感が迫ってきました。

 「歴史の1ページを開く瞬間が迫っています。ボロボロのページをめくった後に出てくる真っ白いページに歴史を刻む時が。
 そこに生まれるであろう民主党中心の政権では問題は解決できないことも国民がやがては見極めるでしょう。そして大激動の政治が生まれることも必然的に起きてくるでしょう。
 でもそれは自然発生的には進まず、日本共産党が伸びることで次のステップに踏み出すことができます。
 それはまさに日本共産党の綱領が求めている国民が主人公の民主連合政権への第一歩となるでしょう。」
 
 このように志位和夫委員長は報告しました。
 一人ひとりの頑張りが求められているんだよ。国民の苦難を軽減する大切な総選挙なんだよ。と心にたたみこみました。
 平和を考え、行動する八月。その月に行われる総選挙。頑張り甲斐があります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-11 22:48

核兵器のない世界をめざす・・・オバマ演説は世界を動かした

f0020662_0383358.jpg
 燃える八月の朝 影まで燃え尽きた・・・
 「青い空は」という歌の一節です。
8月、灼熱の太陽より熱く、6日、9日と一瞬にして人も植物も、建物も焼けつくした原爆。
 その地長崎に行ってきました。
 今年は原爆投下から64年。長崎で、原水爆禁止世界大会が開かれました。
7日から9日まで、長崎の町は世界各国から訪れた外国の方々を含め、世界大会参加者があふれました。
 初日の全体会は「来年の核不拡散条約(NPT)再検討会議を歴史的な転換点に」。と7000名の代表で会場は埋め尽くされました。
 私は今年市議団の代表として参加しました。広島大会は何度か参加していますが、長崎大会は初めて。
 今年は4月にプラハでオバマ米大統領が、「核兵器のない世界をめざす」と発言したことが、全世界に大きな希望と勇気を与えました。
 いまだに一万発の核爆弾を保有するアメリカ大統領が自ら「核兵器のない世界をめざす」としたことは、力強い励ましになりました。
 と同時に、その発言を裏付けるために、草の根の平和を求める人々の、粘り強い核兵器はいらないの世論を大いに作っていくことが必要であることを実感しました。
 核兵器は何も生み出しません。平和な未来を子どもや孫たち、それに続く、愛しい者たちに手渡すために、核兵器はいらないの声を大きくしたいと強く思いました。
 
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-10 23:38

この林はどこかな?

f0020662_047444.jpg
夏休みの虫取りはこどもの特権。
 月曜日の午後、生活相談の方と市役所で待ち合わせました。駐車場のほうから入る橋を渡りかけたとき、市役所の庭のクヌギやナラ、サクラの木立が涼しげな築山で、近所の子どもが二人、虫取り網を振り回していました。
 白い蝶々がひらひら。なかなか捕まえられません。少し行けば芹が谷公園がありますが、街中の林は市役所だけになってしまいました。
 近くのマンションにでも住んでいる子どもたちなのでしょうか。珍しい風景なので写真を撮ってしまいました。
この市役所も2012年には移転予定です。跡地がどうなるのか、林は残るのか…明日は新庁舎の建築の業者決定についての行政報告が行われます。
 子どもたちのためにも現庁舎の林は残しておいてほしいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-04 22:47

本当の経済対策は?

f0020662_1860100.jpg
朝から雨。まだ梅雨が明けないような鬱陶しい毎日です。じめじめした天気に気分もパーッと晴れないから不思議です。大雨による洪水、竜巻、長雨で日照不足のため野菜が高値です。農家泣かせのお天気、早く安定した晴れが続かないかなー。

 今日は午前中から、東京土県労働組合町田支部の忠生第二分会の40周年記念式典と祝賀会が行われ出席させていただきました。建設労働者とその家族の組合である土建組合とは、毎年懇談会などもさせていただいていますが、この不況のあおりを受け、仕事がない職人さんが増えている折、経済対策に何が必要かはおのずと答えは出てきます。
 来賓の前国会議員が、エコカーや外断熱の家建設促進などが景気回復の決め手のような話をしていましたが、白けた雰囲気が漂いました。
 この不況の原因を作ったのは、自民公明政権です。総選挙でくらしを守る政治を実現しましょうと、私は話をさせていただきました。
 
 祝賀会では、町田青海波というチームのメンバーがエイサーを元気に踊ってくれました。三線を引いて歌っていたのが、K君という亡き息子の小学校からの親友でした。
 終わって話をしましたが、弱視という障害を持ちながら、自分の好きな沖縄民謡をなりわいにして頑張っていました。久しぶりの再会でとてもうれしく、家に帰って、息子の遺影に「旧栗君に今日会ったよ」と報告しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-08-02 18:06