<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

東京都後期高齢者医療広域連合議会平成21年度第一回定例会開かれる

 朝から一日雨。久しぶりな気がするけれど、インフルエンザが大流行の時期、少しは収まるかもしれません。暖かな早春の雨という感じで木々も生き返ったようでした。昼頃に意を決して、新聞配達に出かけた以外は、家にこもって国会中継などをテレビで見ていました。完全失業率の伸び率が過去最大になったと新聞報道にありましたが、派遣社員の首切りが、先月の推計よりはるかに増えて、40万人ぐらいになるのではないかといわれていますが、切られた人の再就職も大切ですが、政治の責任で、大企業に首切りをさせないことが求められていると思います。学生の就職内定取り消しも1200人を超しました。身勝手な企業論理は本当に許せません。

 昨日の朝は多摩境駅で早朝宣伝を行いました。細野りゅう子都議予定候補が初めて多摩境の皆さんにご挨拶をしました。都議会議員選挙は7月12日投票と決まりました。これからの半年、その前に行われるであろう総選挙と共に、候補者と心をひとつにして頑張らなければ。地域の後援会の皆さんも、細野さんの初デビューということで張り切って、ビラの配布をしてくださいました。
 
 その後、市役所へ。生活相談の方を伴って生活援護課へ。窓口で相談をしている間にも大勢の市民の方が相談にきていて、相談窓口の職員が不足しているのではないかと思いました。
 なんとか解決の方向が見えたのでチョットほっとしました。

 昨日は1時半から、東京区政会館で東京都後期高齢者医療広域連合議会平成21年度第一回定例会が開かれました。21年度の一般会計予算、特別会計予算、東京都後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例などが主な議案でしたが、条例に対しての質疑、一般質問を行いました。一般質問では、後期高齢者医療に導入されている資格証発行についてと高齢者の生活実態をどうとらえているのかなどについて質問を行いました。資格証は、1年以上滞納すると発行されますが、国保でも75歳以上の方には発行されていなかったものです。収入の少ない高齢者が保険料の支払いが困難になり、滞納となった場合でも一律に資格証にしないという答弁を引き出すことが出来ました。
 今定例会が私にとって最後の定例会になります。三多摩の議員は6月末で一斉に改選されます。次の定例会では次年度の保険料が審議されますが、高齢者の立場に立った医療制度にすることは、今度の総選挙の結果にかかっています。高齢者いじめの悪法を止めさせるためには政治を変えるしかありません。2時間余の議会でしたが、どっと疲れてしまい、帰りはロマンスカーで帰りました。

 そのまま市役所に戻り、滋賀県草津市の共産党議員さんが、翌日議運で町田の議会改革を視察するためにホテルエルシーに宿泊しているので、町田市議団と懇談したいというので、控え室に来ていただきました。女性の議員さんで元看護師さんだった方のようですが、議会の質問時間の制限をなんとかしたいという思いで頑張っておられるようで、目下のところはごみ有料化問題など市民生活に直結した問題が焦点のようでした。二人しかいない市議団はきっと大変だろうと思います。毎週市議団ニュースも出して頑張っておられました。

 一日に4コマの仕事はさすがに疲れました。で、今日は雨なので少し休養しました。明日からまた頑張らなければ。


 
 
  
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-30 22:05

赤ちゃん誕生

 25日、Мさんに女の赤ちゃんが生まれたとの知らせが飛び込んできました。予定日を10日も過ぎていたので心配しましたが、無事出産となりました。Мさんは息子の活動上の先輩で、なくなった兄と同い年なので、お姉さんのような存在ですが、赤ちゃん誕生を我がことのように喜んで、早速お祝いは何にしようかとネットで調べています。そういえば最近身近に赤ちゃんを見かけなくなりました。市役所にいくとたまに、生まれて間もない赤ちゃんを大切に抱いて出生届けを出しにこられた若いご夫婦に出会うことがあります。赤ちゃんはいつの時代も希望であり宝物です。。この希望が曇らないように、子どもを大切にする社会をつくるために頑張らなければと思います。Mさん赤ちゃん誕生おめでとうございます。

 昨日は、日本共産党町田地区委員会の、7月の都議会議員選挙の予定候補の発表と記者会見が行われました。我が共産党市議団の細野りゅう子さんを擁立して、暮らし、いのち、教育を守るためにたたかいます。長い間、町田は3人区で自民、公明、民主が議席を占有してきていますが、今回の都議選は、三多摩格差是正のためにも、オール与党の石原都政を変えるためにも町田で共産党の議席を獲得することが求められています。がんばりがいのある選挙です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-27 23:41

八尾のおわらが披露された新年会

f0020662_2222912.jpg
お昼頃、青空ののぞく空から一瞬はらはらと雪が舞いおりてきました。「あっ雪!」久しぶりに見る雪でした。尾根緑道が白いカーテンで覆われたようになりました。でもそれはあっという間にやんでしまい、後は乾いた冬の空になりました。
 
 今日は町田駅の銀行前で、日本共産党市議団と弁護士事務所の若手弁護士さんとで街頭なんでも相談会を行いました。風の吹く寒い昼下がり、行き交う人に相談会を知らせ、机と椅子も用意してスタンバイ。最初は何事かと見て通る人もいて相談者は現れませんでしたが、立て続けに二人の方が相談に見えました。男性の方は、川崎市に住んでいたけれど派遣の仕事を解雇され、手持ちの現金が5000円しかなくなり、妻と離婚したので住むところもないのでマクドナルドで夜を明かしているという人でした。月曜日に市役所に行くことにしました。
 もう一人の方は女性。「12月19日で、派遣期間満了となって、ハローワークに出した書類は、会社が人員整理と書いたので、260日の雇用保険が出ると思ったら会社が後で訂正して、期間満了としたため120日しか出なくなり、職探しをしているけれど、中高年には職がありません。」といって、共産党に頑張ってもらいたいと政治を変えたい思いを語ってくださいました。短時間でしたが、今の厳しい社会を目の当たりにしました。
 いつでもどこでも日本共産党ありの精神で、地域でも相談会を行いたいと思います。

 夜は、木曽森野地域の後援会の新年会に。去年参加していた、Oさんは亡くなり、Iさんは娘さんに引き取られて転居し、心臓の悪い方、高齢になって夜は出られない方など、一年の月日は状況を変えました。しかし出席された方は元気で今年も頑張ろうと誓いました。後援会員のOさんの、八尾のおわらが披露され、おわらの奥深さに感嘆しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-24 22:22

自立とは何か

 今日は若い娘さんを伴って、障がい福祉課に就労相談に行きました。彼女は今一生懸命、親から自立して、アパートを借り、仕事も見つけて歩き始めようとしています。障がいがあってなかなか一般就労は難しいのですが、まず生活の基盤を固めなければ方針も立たないということで、生活援護課へ。「自立したいんですけれど」「自立すれば保護はいりません」自立とは言わないのです。親と別居ということになるのですが、自立を目指して一人で暮らすということなのでしょう。仕事もなく一人で暮らすということはどれほど大変なことか・・・若い人が生き難い世の中だとつくづく思いました。
 
 昨夜は町田市高齢社会総合計画の第4次の改定のための審議会が行われ、傍聴しました。もうすでに4回開かれ、昨夜は5回目。20人の委員がいるのですが、保険料がどのような基準にもとづいて決められるのかといった基本的な知識もないかたもいらして、次回2月には保険料や、段階について、またサービス量の見込みなどが決められます。2009年から11年までの町田市の介護保険のあり方が決まるわけです。ー高齢者の尊厳が守られ、人生の豊かさが実感できるまちーを目指した第4次計画案ですが、パブリックコメントも一定反映しているといいますが、現実の介護の実態とはかなり乖離したものになっているように感じました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-22 23:10

暖かな一日でした

f0020662_16483166.jpg
今日は議運と議会改革特別委員会がひらかれ久しぶりに市役所に行きました。市役所の駐車場側からはいると右手の市民フロアでは防災フェアが行われていました(21日まで)。
 17日は阪神・淡路大震災から14年目の日でしたが、のどもと過ぎればナントカで、日常の中から防災意識は遠のいています。いのちを守るために必要な防災ベッド、耐震シェルターなどの実物が展示されていました。新潟中越地震の写真なども展示されていましたが、家屋倒壊と共にこわいのは家具の倒壊です。一応、団地は耐震性基準を満たしていることになっていますが、狭い部屋の中は家具でいっぱいです。本棚が、箪笥が、食器棚が、冷蔵庫が、テレビが、ピアノが・・・と思うと危険がいっぱい。寝ているときだったら下敷きになって助からないかもしれません。耐震防災ベッドは良いかも!市の助成制度もあります。
 議運は市議会便りの編集の確認。その後に議会改革特別委員会が開かれました。請願者の意見陳述が出来るように3月議会で試行を行います。また町田でも代表質疑を行おうという会派があり、懸案事項となりました。それぞれの会派の思惑もあり、次回に持越しです。佐々木議員と二人、委員として頑張っているのですが、なかなか難題も多く会派持ち帰りが続き残された任期内に議会基本条例までたどり着けるのでしょうか?少々疑問です。残る任期一年頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-19 16:48

日本共産党員としての矜持

 日曜日は新年会のオンパレード。午前中は新婦人のこぶし班の新年会に出席。Iさんの美味しいぜんざいと漬物が出て、女性ならではの新年会となりました。入院中のDさん、これから入院するFさんの病気の報告が行われ、今年も健康にはみんな気をつけましょうとお互いに戒めあってお開きとなりました。 

 続いて小山地域の後援会の新年会に出席。12時からなので、会費制で食事をしながらの新年会でした。出席した人全員が今年一年の抱負や、最近の政治や社会のことを含めて考えていることなどを語りました。日ごろ忙しくなかなか会う機会もない人も集まれば元気が出てまた一年頑張ろうという気持ちがわいてきます。
 その中でもUさんの話にはみんな涙してしまいました。Uさんは年越し派遣村に差し入れをもって行ったそうです。「お互い苦しさがわかりあえる」といっていました。
 そして話は今日病気で参加できなかったOさんのことに及び「Oさんは病気で話すのもやっと、酸素の管をつけながら電話してきて、いつもポスターを貼らせてもらったラーメン屋さんが閉店するから、きちんと挨拶に行ってベニヤ板をはがしてきてほしいと頼まれた。」と急に言葉に詰まってしまったのです。
 いつもきちんと挨拶をして選挙の都度ポスターを貼らせていただいた方に、義理を欠いちゃいけないよと高齢のOさんの言葉に、日本共産党員としての矜持を見る思いがしました。
 
 閉会してから、相談のあったお宅に伺いました。小山地域は今下水道工事が急ピッチで行われています。下水本管が通ると、個々の家は本管に繋ぐ工事が必要になってきますが、平均でも2,30万円の費用がかかります。業者によって10万もの差があるそうですが、経済的に負担の出来ない人も出てきます。
 その方もご主人が脳梗塞で倒れ、自営業ですがなかなかいっぺんに2,30万のお金を出すのは厳しいようです。市の無利子の貸付制度があることを知らせ、見積もりも2,3社からとると良いですよと伝え用紙は業者が用意している旨も伝えました。
 貸付ですから均等分割での返済になります。補助金制度がないのは残念ですが、一年以内に工事を行わないと貸付も受けられなくなってしまいます。返済も難しい人は一体どうすればいいのでしょうか。
 市民は市の制度を知らないことが多いのです。みんながみんなインターネットで情報が取れるわけではないことも考えてほしいものです。そういうときの橋渡しが市議会議員の仕事のひとつでもあるのですが・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-18 22:57

あーあ食べられちゃった

f0020662_2285120.jpg
昨日は朝から都内に出かけました。ロマンスカーがぎりぎりセーフだったので新聞もゆっくり30分かけて読むことが出来ました。毎日満員電車で通勤している人には申し訳ないなーと思いつつ。
 遠い小山田から都心に出るのは結構大変です。家を出てから新宿まで1時間。そこから乗り換えて、目的地まで30分。気の遠くなるような時間ですが都会の人間は平気で毎日のこととしています。忍耐と体力の要ることです。
 午前の用事を済ませ、みんなで代々木駅の近くの魚料理の店にお昼を食べに行きました。学生やサラリーマンの町らしく安くて美味しい店があるのが代々木です。サケのハラス焼き、肉じゃが、こんにゃく、ひじき、味噌汁、漬物で800円。ファミレスよりはずっと安いと思います。

 午後は区政会館で開かれた後期高齢者医療広域連合議会の、議案説明会に。1月29日に第一回定例会が行われます。今議会には、昨年行われた特別対策の更なる見直しが行われ、また2009年度予算が提案されます。いくら見直しをかけても困るのはその都度ふり舞わされる自治体と、高齢者です。また混乱必至です。後期高齢者医療制度は廃止しかない!この高齢者の気持ちを今度の議会でも訴えていきます。

 今日は土曜日。午後から多摩丘陵病院へ。若い管理栄養士さんから栄養指導を受けました。二日間、食べたものを全部書き出してみて、いかに外食が多いかと思いました。昨日はその上夕方から、ホテルエルシーで、社会福祉協議会の50周年祝賀会があり、評議員として出席し食事しましたから、ほとんど外食となりました。これでは身体によいはずがありません。四月まで目指せマイナス3キロ。乞うご期待!

 ベランダの植物達に水遣りをしようと思ったら、なんと先日ブログでお見せした、マンリョウの赤い実がすっかりなくなっているではありませんか。てすりのところにムクドリが留まっているのを見かけたのですが、食べられてしまったようです。どうやって見つけたのでしょうか。美味しいのかなと思って一粒食べてました。なるほど、実は甘く種は大きくて硬いのです。また鳥達がどこかに種を落としてくれるに違いありません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-17 22:08

今朝は冬らしい寒さでした。

 朝起きると東の空がうっすらとオレンジに染まり始めていました。木立の向こうに朝日が上がる前の美しい光景です。ずっと見ていたい気分になります。が支度をして、エイッと外に出ました。寒い・・・車の外気温は1度。丹沢の山並みも、雪をかぶるようになりました。頭だけ見える富士山は真っ白。

 今日で一月も半分過ぎてしまいます。今朝は多摩境駅で宣伝を行いました。後から民主党の市議と都議がやってきました。先着順なので、ハンドマイクで訴えていると、都議の方が「交替でしゃべらせてくれませんか?」といってこられたので、快く(?)10分交替で通勤の皆さんに訴えました。そろそろ7月5日投票といわれる都議会議員選挙も入ってきたので、熾烈な駅争いになってきました。

 今日は午前中は宣伝カーで忠生地域を宣伝し、午後は新聞を配達したりしたので、帰ったのは夕方になってしまいました。

 先日お訪ねした方は、共産党の議員と話すのは初めてといいながら、「議員さんて普段はどんなことをしているんですか?」といった疑問が投げかけられました。我々が当たり前と考えることは実は市民にとっては違和感のあるもののようです。

 確かに議員の仕事は24時間営業の仕事のようなものです。共産党議員が生活相談を受けたり、党活動が日常的にあるなどとは考えられないようでした。市民の皆さんと行政との橋渡しというのが一般的な役割であると思います。
 市民の皆さんの期待に応えられる議員でありたいと思います。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-15 22:35

成人の日宣伝

 今日12日は3連休の最後の日。成人の日です。昔から成人式は15日だったのでなんだかぴんと来ないのですが「20祭まちだ」の会場である成瀬総合体育館の最寄り駅である成瀬駅北口で毎年行っている核兵器廃絶の宣伝を行いました。
 今年は全国で成人式を迎えた人は133万人ということで、年々少子化の傾向が現れているようで、成瀬駅に降り立つ新成人の数も例年になく少なく感じました。美しい華やかな振袖姿に思わず見とれてしまいました。新成人の皆さんの生まれた年は消費税が導入された年です。その後のバブル経済の崩壊、社会保障の相次ぐ後退、そして金融危機に端を発している現在の先行きの見えない社会。なんだかハンドマイクで話をしながら、大人社会の無責任さが20祭の若者を苦しめていることに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。共に政治を変えていきましょうと訴えました。
 夕方相原の若い方から生活相談があったので、お宅に伺いました。まったく今までつながりのなかった方ですが「どこで共産党の事務所を知って電話されたのですか」ときくと「携帯のmixiで共産党が一番相談にのってくれることを知りました。」というのです。若者に今共産党が広がっているわけも分かりました。
 昨日は朝日新聞の一面・二面に「失職・・そこに共産党」という記事が掲載されました。1面では昨年12月5日に雇い止めにあった名古屋の佐藤さんが「派遣・期間工・契約社員でも期間途中の解雇は違法」という共産党のビラに衝撃を受け党に連絡し、組合を結成し、その後共産党に入党したという話が紹介されていました。また奈良県のある村では住民95人のうち65歳以上が67人という限界集落で、この10ヶ月で10人が共産党に入党したという話も紹介されていました。「自分の考えを持って行動しないと村も政治もよくならない。」と村の元森林組合長で50年来の自民党員の人。何かが変わってきていることを示す言葉です。その変化に敏感にならないと・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-12 23:36

別れの日

 今日はつらい日でした。藤の台のHさんが一週間前に亡くなったのです。今日は告別式でした。まだ73歳。持病の心臓が悪かったのですが昨年末に倒れ集中治療室で闘病し、少し持ち直したところだったのですが、細菌感染で高熱が続き、とうとう帰らぬ人になってしまいました。2000年の衆議院選挙の時は、候補者だった私を励ましながら宣伝カーの運転をしてくださいました。生活と健康を守る会の役員をしたり、自治会の仕事をしたり元気に、時々きつい文句も言いながら頑張って活動されていました。突然の死にまだ納得できないでいます。奥さんを早くに亡くされてから、一人暮らしでした。今天国の奥さんと巡り合い、これからは仲良く暮らすのでしょうか。Hさんの今日の葬儀にはたくさんの友人が駆けつけました。Hさんお世話になりました。あなたのことは忘れません。
 このところ寒い冬のせいか亡くなる方が多いようです。夕方からは市議会議員の渋谷武巳議員のお姉さんが亡くなり、通夜が行われたので参列させていただきました。くも膜下出血だったそうでまだ64歳という若さでした。
 私も気をつけなければ・・・
 今日は午後、東京土建町田支部の新春の集いがあり出席しました。100年に一度の不況の嵐の中で、建設労働者の仕事も減っているという訴えがありました。
だからこそ消費税増税は絶対に許すわけにはいきません。
 暮らしも雇用も安心の町田を作ることが求められています。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2009-01-11 23:17