<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

世にも不思議な、医療問題

 昨日の朝は相原駅での宣伝でした。10月も終ろうという日の朝は、12度でした。陽も差さずどんよりと曇って丹沢の山並みは黒い連なりに見えるだけ。今まで暖かい日が続いていたので、急にフェイントをかけられたみたいな寒さはこたえます。
 週に一回しか宣伝しないからだよという声もありますが・・赤旗しんぶんの一面では、中小企業への貸し渋り、貸しはがしで批判を受けている3メガバンクグループ6銀行がこの10年間、国に納めるべき法人税をまったく払っていなかったと報じていました。
 公的資金を受けているため、過去の損失を黒字として相殺できる仕組みのため法人税はゼロになるのだとか。国民には約13兆円の負担を押し付けておいて、過去最高の利益を上げている銀行は税負担なし。なんか間違ってるんじゃないの?腹が立ってきました。スズメの涙ほどのわれわれ庶民の預金利子からは20%も税金を引くくせに!気合を入れて朝の宣伝を行いました。
 終わってSさんの差し入れの豆乳はうれしいものです。甘くて、おなかに優しいし。
 終わって森野まで戻り、ファミレスでモーニング。このJという店は、市民病院に近いDというファミレスが撤退したので我が地区委員会の厚生施設になりかけています。ゆっくり珈琲を飲みながら隅から隅まで(?)とはいきませんが新聞を読んで、勉強しました。
 
 それから市民ホールへ映画「シッコ」を見に行きました。マイケルムーア監督の最新作です。字幕スーパーということでしたが、字は大きく、読みやすく出来ていました。
 自由の国アメリカの常識を覆す出来事がすばらしい速さで展開しました。入院費の払えない患者が、車で捨てにこられたり、工作機械で指を落とした人が中指と薬指では料金が違うため薬指を残そうとするなど笑っているうちに最後は、9.11テロ事件で肺に炎症を起こしても災害認定されない仕組みに憤り、粉塵で肺をやられた人や、心を病んでしまった人たちを連れて、マイケル・ムーア監督が、なぜヨーロッパでは医療は無料なのか、アメリカが仮想敵国としているキューバではどうかとキューバに出かけるのです。
 そこでは医療も教育も無料。丁寧に診察してもらい、治療方針を立ててもらうのです。アメリカではお金がなければ助からない命が、医療や社会保障が無料の国では平均寿命も長く、誰もが生活を楽しむことが出来る・・・。
 映画は、これからの日本の進むべき道を示唆しているようでした。国民皆保険というすばらしい社会保障制度が、構造改革の名によって壊されようとしている日本。
 国民健康保険税の滞納による保険証のとりあげで「無保険」状態の子どもが全国で3万3千人もいるこの国がこのまま行けば、お金のない人は医療を受けられないという事になってしまいます。
 貧困と格差の拡大をこれ以上許さないためにも、こんどの総選挙負けられません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-31 23:10

解散はいつ?

 今朝の新聞報道によれば、11月30日投票の線は消えたとのこと。世間では、いったいいつ選挙になるんだろうね。といった話がそこここで聞かれるようになりました。
 自民党じゃもう期待が持てないという思いと、なんとか暮しをよくしてほしいという思いが重なって早く選挙やってほしいという声が周りにあふれています。
 自公政権は、緊急景気対策という名目で、「定額減税」を打ち出し2兆円の景気対策を行うそうです。それもたった1年だけ。
 だったら廃止した定率減税を元に戻せばいいじゃない・・・定率減税廃止と、福祉予算削減が国民の暮しを苦しめているのだから。
 公明党にいい顔をしないと持たなくなっているのが自民党の末期的な状態ではないでしょうか。
 午後からは、小山田地域に宣伝に行きました。豊かな緑と、農村風景に癒されながらの宣伝はほっとするものがありますが、農家の実態は深刻です。
 肥料の高騰、相続税の問題。後継者不足。作っても暮らしていけるほどの収入にならない野菜やコメ。そうした農家の皆さんにも日本共産党の農業再生プランを知ってもらいたい、共に日本の農業を守っていきたいとの思いで訴えました。
 はなみずきの丘では幼稚園児がわっとでてきて「なにするの?」と興味津々。みんなハロウィンの扮装をしているので聞くと、みんなでハロウィンパーティーをしたとのこと。
 遠くに子ども達のママが、何事かと見守っていましたが、最後まで演説を聞いてくださいました。
 なかなか地域が広くて、行く機会も少ないのですが、もっと頻繁に政治や社会のこと、市政のことなど訴えに行かなければと思いました。
 20年位前までは、杉谷戸と呼ばれていた地域で、セリ、山ウド、野カンゾウ、ツクシ、タラの芽、秋にはアケビがいっぱいでした。緑豊かな小山田の自然を大切に子ども達に残し、子ども達が健やかに育つ社会を実現するためには日本共産党の前進が必要です。
 解散がいつになっても、日本共産党の姿を見せていくことが大切だと感じました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-29 21:59

桜咲く。

f0020662_0254553.jpg
さわやかな秋晴れの昼下がり。出かけようとそとにでたら青い空に淡いピンクの秋桜が咲いていました。サクラの季節でもないのに、秋に咲くから10月桜とも秋桜ともいうらしいのですが、可憐な花です。
 
 先日金曜の夜は町田痴漢冤罪事件の最高裁での公判開始と、勝利を求める集いが開かれました。
 ある朝突然身に覚えがないのに、痴漢をされている被害女性を守ろうとして反対に犯人に仕立て上げられてしまったMさん。三年9ヶ月の長い闘いの始まりでした。「やっていないものはやっていないといわなければならない。二人の娘に対しても、犯人、前科者の父親であってはならない。」Mさんはその思いから、裁判を闘い、懲役1年6ヶ月という実刑判決を受け、30年も勤めた会社を辞めざるをえませんでした。多くの人に支えられ、何よりも家族の励ましと支えがあって、今Мさんは最高裁の門をたたいています。いろいろ状況証拠がありながら、検察のシナリオ通りの裁判が進められていきました。先日はテレビ朝日で取り上げられ、反響を呼びました。平和で幸せだった家族が今までどうり暮らすことが出来るように、ささやかながらも出来るだけの応援を行いたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-28 23:25

キラリ☆まちだ発見  町田市産業祭

f0020662_234640.jpg
土曜の朝は多摩丘陵病院にいつもの定期検査に行きました。前回から三ヶ月ぶり。小山田の田圃もすっかり稲刈りが終わり、はさ掛けも終わっています。農家の庭にはたわわな柿が赤く色づき秋本番になってきました。
 病院は地域の人の交流の場でもあります。市の職員Aさん、野津田のKさんにお会いしました。今日は血圧も、コレステロールも、まあまあ。メタボ脱却目指して精進すべしとのドクターのお達しでした。
 午後からは町田へ。ぽっぽ町田を中心に、第5回の町田市産業祭が行われているので会場に行きました。商工会議所に参加している業者の方がみんな出ているわけではないのですが、ユニークな業界の出店があって楽しめます。
 アベコベサンダルのブースでは、今年はデニム地だけでなくカラフルなサンダルが増え、これをはけば、70,80になったとききっと元気でいられますという社長さんの言葉をまた聴きました。(私も何年か前に買ったのですが真面目につかっていないのです。すいません!)全体に結構楽しめましたが狭いのが難点。また地下には行きにくく東急ツインズ前の踊りも狭くて気の毒でした。町田って広場というものがないんだなあとあらためて思いました。
 
 その後は、フォーラムで行われた、「町田母親大会」に参加しました。今年は43回目の大会です。第一回目から参加されているというTさんの紹介もあり、タイムリーな「どうする!迫りくる食糧危機」と題したパネルディスカッションがありました。
 日大の早川先生からは、なぜこんなに世界的に食糧不足になっているのか、操作される食料価格などのお話があり、漁業でも今に魚が取れなくなってしまう危険性があることなどが、魚を供給している会社の方からお話をうかがうことが出来ました。
 消費者の立場からは、3人のお子さんを育てている保育士さんのTさんから安全な食べ物をどうやったら守っていくことが出来、子ども達に食べさせてあげられるのかというご自身の体験も交えた発言がありました。
 毎年行われる母親大会。もっともっと多くの人に聞いてほしい内容でした。その後は、それぞれの参加団体のアピールが行われ、大会宣言と、特別決議が採択され閉会となりました。
 土曜日はさまざまな行事がこの秋も目白押しです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-25 23:04

あーあ、犬飼いたいな。

 ブログを飾る写真をミニチュアダックスにしました。子どものころから、ずっと動物が身の回りにいました。小さい頃は鶏。これはどこのうちでも飼っていました。卵が貴重だった時代です。ファミレスのモーニングの目玉焼き2個なんて考えられない時代です。卵を産まなくなると、鶏肉になってしまうのですが、父は、私たち姉弟が学校に行っているときに絞めて、夕飯は朝方クッククックといっていた鶏が、ご馳走になって食卓に上りました。母の作った椎茸と鶏肉と三つ葉のおつゆの味が忘れられません。
 それからウサギも飼っていました。何のために飼っていたのか分かりません。増やして売っていたのかもしれません。ウサギの肉は食べたことがありませんから。
 犬と猫もいつもいました。犬は弟が拾ってきた捨て犬です。テスという名前にしました。捨て・・テス。いい加減な名前でしたが駄犬であっても可愛く、父が作った犬小屋で飼っていました。
 そのころは、家の中で飼うなどという習慣はどこの家にもありませんでした。猫は最初の猫はキジトラのオスで、気が強く、子どもの私たちをご主人様とは決して思わず、布団から顔を出していると獲物に飛び掛るように襲ってきました。
 名前を家中で応援していた当時の横綱からとって若乃花といい通称ワカといっていました。外でけんかをしてきて、片目をやられてちょっと怖いような猫でした。トカゲや、ねずみ、果てはヘビまで捕まえてきて、家の中に戦利品を見せに来ました。
 野性的な猫でしたが、可愛がっていた弟が交通事故を起こしたときに、身代わりのように車に轢かれて死んでしまいました。弟は怪我もなく済んだのです。
 その後ちょっと寂しい日がつづきましたが、こんどは真っ白な雌の猫をもらってきました。この猫は本当に器量のいい猫でした。名前をチロと名づけぬいぐるみのような真っ白にしておくのは大変でしたが、1歳になると大人になってしまって、どこかの黒猫といつのまにか結婚して子どもが生まれました。
 最初のお産は結構大変で、われわれ家族は助産師さんになりました。チロは長生きで、17年生きました。父に看取られて死んだそうです。
 その後は、私が住むところは集合住宅ばかりなのでペットは飼えないのです。せいぜい、うずらか文鳥かカメか金魚を飼うくらいです。犬がいたらいいのにな。といつも思います。
 今日は一日片付け物や、洗濯で終わりました。
 一昨日は衆議院で、解散をめぐる駆け引きから審議をわずか2日間しか行わずに、新テロ特措法改定案が特別委員会で採決され自民・公明の賛成多数で、可決しました。
 民主党は真面目に、新テロ特措法に反対する気があるのかといわざるをえません。憲法9条にかかわる重要法案がこうしてなし崩し的に多数で決められてよいはずがありません。こんどの衆議院選挙できっぱりと決着をつけるために、今ががんばり時です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-22 22:51

朝の市役所門前で。労働のルール確立を!

 昨日の朝は、8時から市役所門前で、日本共産党労働者後援会の皆さん、市議団、古橋よしやす予定候補と一緒に、労働者向けのビラを配布しながら、訴えを行いました。
 駅から市役所に向かう方も多いのですが、市役所前を通って駅に行く人の数も増えました。小規模なマンションが増えているせいでしょうか。町田1中の前は、朝、幼稚園バスを待つ親子であふれています。
 ドーナツ現象というのか中心市街地も人口が増えているようです。職員の皆さんと朝の挨拶を交わしながらビラを配りました。
 公務労働者も非正規雇用が増え、官製ワーキングプアーの問題が深刻になっていると労働者後援会の方が訴えていました。公務労働者の低賃金は民間の賃金に反映します。嘗ての人事院勧告は、民間賃金を参考に決められていました。
 私は大学生のころ、夏のアルバイトに、人事院に民間賃金の計算をするアルバイトに行っていました。公務員は給料は低いけれどつぶれないからいいよ。という時代でした。今は終身雇用制度は崩壊し、あっという間にワーキングプアーになったり、ホームレスになってしまう時代です。安心して働ける労働環境をつくることは本当に大事です。人間らしい暮しを作るのは政治の仕事です。
 政治の中身を語っていこうと強く思いました。
 10時からは議会運営委員会が開かれ、市議会報の議論が行われました。その後、議会改革運営委員会が開かれ、「議会の権能強化について」や「請願者の意見陳述の是非」などについての議論が行われました。期日と責任と、あくまでも民主主義のルールを守ることが求められています。この件は継続審議となりました。続けての調査が必要です。
 毎日いいお天気が続きます。10月も下旬に入りました。町田のバラ園が見ごろだそうです。今年は台風の襲来もなかったので、コスモスもとってもきれいです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-21 22:39

一日体験議会DAY  まちだ中学生議会

 日曜日の今日は朝から市役所へ。今日は中学生議会が開かれるのです。なんだかみんなソワソワ。
 50周年記念事業の委員の皆さんは今日の日まで何回も議論を重ね大変だったことでしょう。議会事務局の皆さん、教育委員会の皆さんも準備に大変だったことでしょう。
 第一委員会室で中学生議員の皆さんと顔合わせ。委嘱式が行われました。緊張気味の中学生の制服姿が初々しく、あまり笑顔が見られなかったのですが、議事堂に着席するとみんな堂々と質問していました。
 質問・・・小中学校の全教室に冷暖房完備を
 市長・・・特別教室にはエアコンを設置するよう進めているが、耐震工事や大規模改修が優先      なので現在のところ計画はありません
 再質問・・何時になったらつけるのか。早くつけてほしい

 質問・・・図書館はみんな同じ日に休まないでください
 市長・・・休館日については検討します

 質問・・・給食費滞納をなくすために、小学校でも前納制にしたらどうですか
 市長・・・前納制を検討します

 こんな質問と答弁のやり取りがありました。
子ども達の新鮮な質問に、われわれ議員も大いに学ぶところがありました。

 午後からは用事があったので残念ながら、最後まで傍聴できませんでしたが、どんな意見が出されたのでしょうか。議事録として、冊子になるのが楽しみです。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-19 23:04

後期高齢者医療制度は廃止してもらいたいですね・・・

 今日も秋晴れの一日でした。この季節いろいろ行事が重なりますが、午前中、忠生市民センターまつりに伺いました。センター利用者の発表の場であり地域に開かれたセンターとして市民との交流を深める場でもあるセンターまつり。絵手紙や書道、木工芸、木目込み人形、アートフラワーなど地域のサークルの皆さんの見事な作品に感心しました。
 何人かの知り合いの皆さんとおしゃべりしながら作品鑑賞をして、次なる場所へ。
 昨日・今日と市民フォーラムで開かれている、くらしを守る市民のつどいに行きました。昔懐かしいМさんやFさんは変わらずお元気でした。
 最近市民団体の参加より官公署の参加のほうが多い気がします。いっぱいお土産をくれますが、それって税金でまかなっているのでは?と、ふと思ってしまいます。
 15年も前、私も実行委員の一人でした。夏の暑いころ今の第三庁舎の所にあった市役所分室のカトレアという部屋で、秋の消費者展(くらしを守る市民のつどい)に備えてパネル作りをしたことが懐かしく思い出されます。パンや、クッキーなどを買い、新婦人のお店では、可愛いエコバックを買いました。
 お昼を食べて、2時から宣伝カーで、古橋よしやす衆議院小選挙区予定候補とともに木曽森野都営、忠生地域と宣伝をしました。「日本共産党を比例選挙で大きく伸ばしてください。」と訴えました。
 昨日家に帰るとき立ち寄ったスーパーで、以前市内の大きな団体の責任者をしておられたNさんにばったりお会いしました。決まり言葉でお元気ですかと聞きましたが、「腰が痛くてね、友達にここまでつれて来て貰ったんです」との返事「後期高齢者医療になって、今まで受けていた保険医療を回数制限されています。まともな医療が受けられないなんて困りますよ。廃止してもらいたいですね。」と切実な要望がよせられました。
 一生懸命働いてきて、奥さんに先立たれ今はヘルパーさんに来てもらう日々になり、お医者さんに毎日通わないといけないのに、回数制限されているそうです。安心して利用できる医療制度を作るため、「共産党、お願いしますね」というと、お友達も紹介してくださいました。顔見知りの方にどんどん訴えていかなければと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-18 23:30

町田市戦没者追悼式に出席

さわやかな秋晴れの今日は、午前中市民ホールで行われた町田市戦没者追悼式に出席しました。菊薫る季節に毎年行われるものですが、今年はめっきり参加者が少なくなりました。
 戦後63年、戦没者のご遺族も高齢になり参加が不可能になられた方も多いのではないでしょうか。
 遺児になられた方でも、一番若い方でも私くらいの年齢です。追悼式のあり方がこのままでよいのかなという気がします。遺族会が主体の追悼式でなく、市民参加型の平和式典のような形に出来ないものなのでしょうか。もっとも、日本遺族会の皆さんは反対かもしれませんが。
 忠生市民センターの近くに、忠霊塔があります。ここには戦没された2578名の皆さんのお名前が収められているそうです。私の地域の九条の会は地域の戦跡を訪ねてみようということになっています。
 市長はあの戦争で、命を奪われ、残された家族が辛酸をなめたという認識に立つなら、平和憲法になって戦争をしない、非核平和の町田市を宣言したと式辞を述べるなら、なぜ平和のための施策の拡充をしないのでしょうか。原爆被爆者への見舞金復活をしないのでしょうか。
 身近なところから平和の尊さを訴えていきたいと思います。
 午後からは、国会中継を見ました。テロ対策特別委員会でしたが、民主党の質問は、テロ特措法に賛成なのだということがはっきり分かる質問でした。軍事費や、思いやり予算に支出するお金があるなら、もっと思いやるべき高齢者に使うべきだと主張する、日本共産党の赤嶺政賢議員の質問が光りました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-17 22:57

今朝の気温は14度でした。

今朝は多摩境駅で宣伝をしました。いつも地域の方が来て、ビラをくばって下さるので助かります。駅にバスがつく時間(下からはバスは全然見えないのですが)、駅に電車がつく時間、どっと人が増えます。
 町田駅のように絶え間なく人が通るという感じではないのですが、それでも乗降客が多くなりました。目立つのは、妊娠中のおなかの大きな女性が改札に向かうことです。それから私学の小学校に通う子どもたちの姿も。もうこの駅に9年ぐらい朝の宣伝にたっていますが、時の流れと共に地域の特性のはっきりと現れる駅だなと思います。一言で言えば、新しい街です。人口急増中の小山ヶ丘という町に暮らす新住民のコミュニティーができつつあるのでしょう。
 今朝は若い方のビラの受け取りが何時になく良くて、自転車で通路まで降りてきた青年二人が、ビラを受け取ってくれました。「がんばってください」と小さな声ではげましてくださる若い方。そんな時とっても元気が出ます。暮らしやすい社会に変える闘いをしているんだという気持ちになり、ちょっとウルウルです。
 終わって帰る道は、空気が乾いてさわやかな秋風が吹いて山の上に白い富士山が見えました。
 マクドナルドで朝の珈琲タイムを取って新聞を読みながら、いよいよ解散が間近いのだなと思いました。昨日は後期高齢者医療制度の保険料、65歳から75歳までの国保税、今まで扶養されていた方の保険料凍結解除での年金天引きが行われました。
 怒りは日本中に渦まいています。その怒りの決着をつけるのが総選挙です。頑張らなくては。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-10-16 23:12