<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第54回日本母親大会in 名古屋

f0020662_2140682.jpg
暑い名古屋で熱い母親たちが学んで語ってパワー全開の2日間でした。

夏は学びの季節です。全国でさまざまな研究団体や組織が大会を開きます。今年は7月26日27日に名古屋で行われた「第54回日本母親大会」に参加しました。
 26日は、正午から始まった分科会に参加。名古屋から少しはなれたところにある鶴舞プラザという、以前自治体学校でいったことのあるホールで、ビッグ鼎談ということで、ジャーナリストの堤未果さん、元経済同友会会頭の品川正治さん、NHKアナウンサーの古屋和雄さんの日本と世界の行方を語るという分科会の特別企画に参加しました。
 会場いっぱいの参加者で、若い堤さんの平和への思い、84歳の品川さんの「憲法9条があったから日本は戦後どこの国の人も殺さずに済んだ、世界から日本国憲法は尊敬されている」という言葉はこころに響きました。
  品川さんは80歳まで戦争の話はされてこなかったそうです。でも憲法を変えて戦争が出来る国にしようとする動きがある中で、戦争体験を話せる人が少なくなり、どうしても語らずにはいられなくなったとおっしゃっておられました。
 堤さんは我が家の息子達と同じ和光高校の卒業生です。高校卒業後アメリカに行かれたようですが9.11テロを目のあたりにして自由とは?平和とは?と考えるようになり、戦争が、何によって起こされるのかを知り、平和のために何が出来るか考え発言するようになったそうです。
 若いけれど非常に明確な発言でした。経済界のトップにいた方と、新進気鋭のジャーナリストの話は刺激的であり、未来への展望を感じさせてくれました。
 翌27日は、名古屋から第三セクターのあおなみ線という臨海部にいく電車で終点の、ポートメッセなごやという展示場で、全体会が行われました。
 「憲法を力に、未来をきりひらく」というテーマで、一橋大学教授の渡辺治さんの記念講演がありました。
 憲法が出来てからの61年を歴史的に振り返り、さまざまな闘いの成果としての今があること。 歴史を後戻りさせようという動きに対して、国民の側からの運動を起こしていくこと、とりわけ、構造改革に反対する運動。反貧困の運動。改憲阻止の運動を広げようと呼びかけられました。 そのためにも、どの政権を選ぶのかではなく、政治を変えようという訴えに参加者は大きな拍手を送りました。
 暑い名古屋は、熱い母親達延べ1万5千人の熱気に包まれました。来年は京都。また一年間、日本中で暮しを守り、子どもの幸せを考え、生命を生み出す母親は、生命を育て、生命を守ることをのぞんで活動していきたいと思います
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-29 21:40

後期高齢者医療連合議会臨時会の議案説明会に。

 広域連合議会は8月4日に召集されます。今日は議案説明会が開かれ、飯田橋の東京区政会館にいってきました。
 明日は府中の自治会館でも行われるのですが、町田からは飯田橋のほうが便利です。が知らずにいってびっくり。どうも今日の会場は23区の議員中心のようでした。どちらの会場に行ってもでもいいのですが、見知らぬ議員が、明日の多摩の説明会で・・・とか言っているのでここは区の議員が来るところなんだなと思った次第です。
 議案は、政府・与党案の保険料減額対策に伴う東京都広域連合の対応についてや、専決処分などについてでした。国の対策は、あくまでも平成20年度のものでその先はどうなるのか分かりません。小手先の制度改定でことが済むものではありません。
 説明が終わってぎらぎらする日差しの中に出ました。区政会館は、見上げるばかりの大きな建物です。
 飯田橋も本当に久しぶりです。私は大学が法政大学なので、飯田橋はふるさとのようなものです。久々に大学にいってみようと思い、土手の道を歩きました。
 学生運動が盛んだったころです。法政大学は、いわゆる中核派という組織が民主的な運動をしている学生に暴力を振るい、鉄棒で追いかけ、ある学生が土手から、総武線の線路に落ちて亡くなるという事件がありました。千葉で行われたその人の葬儀に立ち会った記憶があります。われわれの学生時代は命がけでした。
 我が母校は変貌を遂げ、超高層ビルになり、門のなかった大学だったのに、警備員が何人もいるしっかりした塀と門のある大学になっていました。
 変わっていなかったのは学生ホールです。いつもたむろしていたあの顔この顔がすっと浮かんできました。太いコンクリートむき出しの柱もそのまま。
 女子学生が多くなったのは変わった点でしょうか。学生ホールから庭に出てみました。学生さんに「ここは今も大内山って言うの?」と声をかけたら怪訝そうな顔。でももう一人の子が「大内庭園って聞いてます。」大内兵衛先生にちなんでつけられたささやかな庭なのです。40年前にタイムスリップしたような気がしました。
 帰りに、生協購買部にいき、文明堂が作っている法政大学オレンジカステラをお土産に買いました。なんだか意味不明ですが・・・オレンジは法政のシンボルカラーなのです。
 帰りの小田急線は向ヶ丘遊園のそばで火災が発生して大混乱。線路のすぐそばで、帰りの電車の中から見たら全焼でした。
 緊張したり、歩いたりでちょっと疲れて帰宅。今日は、一年中で一番暑い大暑という日だったのです。

 先日土曜日の朝日新聞夕刊の一面に大きく、小山の片所谷戸の開発の記事が掲載されました。ホシザクラという大変に貴重種のサクラが自生しオオムラサキやホタルのいる自然豊かな谷戸に、開発計画が持ち上がり、今地元では自然保護をと運動が進んでいるという記事です。 7年ほど前も、墓地開発計画がおきて、私も地元の皆さんの運動にかかわりましたが、地元の反対にもかかわらず、墓地は出来てしまいました。
 今回の、ホシザクラはその後に発見されたものですが、貴重な種を守るという観点でも、開発に待ったをかけ、市が土地を買い取るなどの手を尽くさなければならないと思います。東京都の力も借りながら開発進む小山地域に残されたわずかな自然を守っていきたいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-22 23:42

町田の医療を守るために

 3連休の最後の海の日。学校は夏休みに入り、梅雨も明けた模様で、朝から曇っているのに暑い一日になりました。
 ことばらんどで「町田の医療を考える」シンポジウムが行われたので出席しました。神奈川県の公立病院の看護師さんだった方や、町田市民病院の看護師の方、共産党町田市議団から殿村議員が報告を行い、参加者からは、「公立病院としての町田市民病院を守ってほしい」など意見が出されました。
 地域医療を守ることは、町田市の市民に対する責任です。新棟完成で、市民により信頼される市民病院にしていくために、日本共産党市議団はよりいっそう頑張らなければと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-22 10:33

暑い夏も運動を広げて

 7月14日は、大塚で行われた、「後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める東京連絡会」の学習集会に参加しました。
 広域連合の議員に決まってから、新聞報道などで知った方から、いろいろな場所で声をかけられます。「頑張ってください」「広域連合はどんなことを決めるのですか」本当に期待の大きさを感じます。
 31人いる連合議員のうち日本共産党は三鷹の岩田議員と私だけです。一人が倍になったのですから皆さんの期待が増すのも良く分かります。
 その日の集会は、日本共産党の小池晃参議院議員の情勢報告がありました。参議院では後期高齢者医療制度廃止法案は可決されましたが、衆議院では継続審議となっています。国会の裏話なども語られ、なぜ提案者の民主党が審議拒否を行ったのかなどの本当の事情も話されました。医療の問題でも、しっかりとした政策を持って臨んで、ぶれない日本共産党に、いま期待が集まっているという話に、参加者は、大変励まされました。
 8月末の臨時国会で、しっかり審議して廃止に追い込むために、この暑い夏も大きな運動を起こしていきたいと思います。
 東京都広域連合議会は8月4日に開催されます。それに先立って、議案の説明会が行われます。私にとって初めての議会になるわけですが、国の見直し案による、軽減策についての議案が出されます。またそれに伴う広報についても論議されます。
 広域連合は、国民の怒りが、広報不足によるものだからという説明をつけています。そのため、制度について、周知徹底を図らなければならないということで、朝早くからテレビコマーシャルを行っています。しかし、知れば知るほど怒りが増してくるのが後期高齢者医療制度ではないでしょうか。連日の座り込みを続けている高齢者の皆さんの熱い思いに応えるよう全力で頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-18 23:36

朝の相原駅で

 今朝は相原駅で朝の宣伝を行いました。どんよりと曇って、風もなく朝の6時半だというのにもう27度でした。こんな日はうっかり日傘無しで歩こうものなら、腕が真っ赤になってしまいます。先週は首にあせもが出来て、ようやく直ってきたところです。同じ会派の高嶋議員に「天花粉でもつけといたらー」といわれてしまいました。
 30年以上前の子育ては、風呂上りに赤ちゃんの身体にパタパタとシッカロールをつけたものです。あの香りを今でも思い出します。育児書にはそう書いてありました。今はそんなことはしません。かえって毛穴をふさいでしまうらしいのです。それから日光浴も裸にしてさせるよう書いてありましたが、今は皮膚がんになるからと、あえて日光浴などはしなくなっているそうです。
 授乳時間も時間を決めて、きっちり与えていたのですが、今は泣いたらほしいだけ与えるのが良いそうです。子育ても変わったものです。
 今朝は、真っ先に消費税の話。環境サミットの話。労働の話し。市政では中学校の体育館に扇風機、冷風機、冷凍庫が設置されたことなどを話しました。昨年の市内中学校での部活中の中学生が、熱中症で命を落とすという、大変に痛ましい事件の反省に立っての、緊急措置だと思います。
 日本共産党市議団は、一貫して、教育条件改善を求め、異常な暑さの中で運動をしたり、全校集会が行われるような時に、体育館にもクーラーをと要求してきましたが暑さ対策の第一歩となりました。今議員団ニュースを製作しているところです。
 朝の顔ぶれもだいぶ様相が違い、高校生が何人もビラを受け取ってくれるようになりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-17 23:19

いうまいと思えど今日の暑さかな

 今朝は九時過ぎにはクルマの温度計が30度を記録していました。なんとも暑い毎日が続きます。
 昨日は議会改革調査特別委員会が行われました。もう1年半に及ぶのですが、まだ議案はいっぱい残っています。先日の三重県への視察も踏まえ、昨日は議会の権能についての論議をしました。
 市の政策に対して議会側の提案がどの程度反映されるのか、行政報告に対する議会の位置づけなど課題はいっぱいです。
 また、他市で行われている予算特別委員会を町田ではどうするかなど簡単には決められない問題については次回送りとなりました。
 現状認識から出発しないと、他市の事例が良いからといって飛びつく性質のものでもありません。変えなければならない必然性がなんなのか検証したいと思います。
 
 今日は日本共産党の86回目の誕生日です。そしてお盆。ご先祖さんや、なくなった人たちが帰ってくる日です。一昨日はお迎え日を焚き、提灯を出して、明かりを灯し、牛や馬をお供えして、なき息子を連れてきてもらいました。高校野球の予選が始まっています。大好きだった建のために、今、朝日新聞社の高校野球のグラフ雑誌を毎週買っています。建がいたら、どれほど喜んだでしょう。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-15 22:57

アパガンサス咲いて・・

f0020662_17422433.jpg
今週は8日9日と一泊で多摩丘陵病院に人間ドックに行きました。一日目は朝8時半までに病院に入り、検査着に着替えて次から次へと検査が続き休むまもなく病院の中をうろうろ。
 いっぱい採血され、レントゲンやら、心電図、エコー、痛いマンモグラフィー、大きく息を吸って吐いてと肺活量の検査、聴力、視力、そしてメタボ検査、婦人科検査に、最後はトンネルの中に頭から入ってMRAという脳の血管を調べる検査。
 頭の周りでなにやら恐ろしい音がして私の頭は輪切りにされているようでした。人間60年も生きているとどこか金属疲労(?)を起こすものらしく最近は血圧が高かったりしているのですが、後期高齢者にはまだだいぶ間があるので、しっかり体のすみずみを点検してもらって、120歳まで生きると言っている手前悪いところがあれば直そうと思っているところです。
 一泊ドックといっても、このコースは多摩センターの京王プラザホテルに泊まり、8時までにホテルのレストランで晩御飯を食べるというコースです。
 夕食を済ませると何もやることがないので、すぐそばの映画館に「築地魚河岸三代目」を観に行きました。いつもは指定席を選ぶのに、全席自由席なので変だなと思ったら、場内に入ったら私一人。心細くなってしまいました。
 そのうちに二人連れが来てそのあとに男性が来て、計4人の観客でした。でも映画はとっても面白くて、ストレス解消になりました。終わってホテルに戻り早々と寝てしまいました。
 日ごろの睡眠不足を解消して目覚めた翌日は朝ご飯抜き。病院バスで病院に戻り胃の検査。肩に注射して、発泡剤を飲んで、あのなんともいえない食感のバリウムを飲みながらの検査が始まりました。
 水平になったり直立になったり、一回転したり横になったり、くるくる回されて検査終了。終わってから病院で朝ごはんのトーストを食べて無事人間ドックは終わりました。
 忙しさにかまけて、なかなか受ける機会を逸してしまうのですが、先日も、わが党の現職の議員の方がなくなったばかり。私たちの身体は自分自身のものだけではないことを感じます。ということで、みんなで検診を受けましょうとわが市議団は意思統一しました。
 家に帰って植物達に水遣りをしました。今年もアパガンサスが涼しげに咲いてくれました。このアパガンサスは、2000年の総選挙のときに、候補者になった私に、相原のHさんが下さったものです。今では3鉢に増えました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-12 17:42

"がんばろう"をみんなで歌った夜

f0020662_23563756.jpg
日本共産党第24回大会第6回中央委員会総会と東芝争議勝利を祝う会

 今日は午前中、日本共産党第24回大会第6回中央委員会総会が開かれ、共産党地区委員会でCS中継を視聴しました。
 志位委員長の報告は2時間20分にわたり、第5回中央委員会総会から10ヶ月の情勢の劇的な変化と、雇用問題、社会保障、食料と農業、地球環境、消費税問題、投機マネーと物価高、マクロ経済政策において、新自由主義の矛盾が明らかとなり日本共産党の提案がかみ合っている状況が生まれていることを具体例をもって明らかにしました。
 また総選挙勝利をめざす活動の到達点と強化方向も示されました。政権の担い手の選択でなく、政治の中身の変革を大いに語り分かってもらう力をつけようという呼びかけは、一人一人の胸にすっと落ちるものではなかったでしょうか。
 7月15日には党創立86年の記念日を迎えます。格差と貧困、社会保障の大幅な後退、高学費、不安定雇用等々そうした状況の下で生きている一人一人に寄り添って、命と暮しをまもるために今ほど日本共産党が待たれているときはないと思います。
 今日の志位委員長の言葉に励まされ帰りがけに、新聞読者を増やすことが出来ました。
  
 夕方からは立川のホテルで行われた、東芝争議勝利を祝う三多摩の会に出席させていただきました。神奈川、府中、青梅などの職場で、組合差別と賃金差別に対して闘って40年。権利の復活と、不払い賃金をさかのぼって支給させるなど、勝利を勝ち取った「人権を守り差別のない明るい職場をつくる東芝の会」の皆さんと、連帯して支援してきた皆さんとの本当にうれしい集いになりました。最後に「がんばろう」を全員合唱しました。みんなでスクラムを組んで。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-11 23:56

今、共産党が待たれている。

 昨日は町田日本共産党後援会の総会が行われました。総会の記念講演ということで、衆議院議員の笠井亮さんが国会の会期を終わって、今まさに時の話題である環境や医療、外交、子育て、労働問題など多岐にわたっての報告と国会での状況を話されました。
 どのような場面でも、日本共産党が、議席は少なくても、政治を動かしていることを実感しました。環境問題では、
 今日から洞爺湖サミットが開催されていますが、ルールを持たない日本の資本主義のあり方が、世界から取り残されるような事態になっています。
 利潤第一、目先の利益優先の考えを改め、地球温暖化にストップをかけるために日本の果たさなければならない役割は大きいものがあります。
 ビジョンも旗印もない福田政権を一日も早く終わらせ、国民の声が届く政治を実現するために、今こそ日本共産党の出番であることを痛感します。
 ユーモアいっぱいの分かりやすいお話を聞き、勇気が出て、午後は相原地域で、二人のお子さんを育てておられるお父さんに、お仲間になっていただきました。本当に有意義な一日でした。
 今日は7月7日七夕です。携帯のI・チャネルは七夕の動画になりました。亡き母の誕生日です。生きていれば88歳になります。心配ばかりかけ、忙しくてなかなか実家にもいけなかった私を待ちながら、私の活動を応援してくれた母でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-07 23:38

「花いっぱいの町田に」一歩前進。小田急町田駅北口にプランター

f0020662_8241615.jpg
 7月2日から4日まで三重県に、議会運営委員会と議会改革調査特別委員会の合同視察に行きました。
 県庁のある津市に二泊し、初日は三重県庁で三重県議会の議会改革について、二日めは伊賀市、三日目は四日市市を視察しました。。
 議会改革は各自治体議会が今最も必要とする課題ですが、町田市も、議会改革調査特別委員会が昨年秋から設置され、論議の中で、政務調査費について一定の結論を得て、政務調査費ハンドブックを作成しました。
 地方分権が叫ばれ実際に地方議会の役割が大きくなって、上意下達でない方向に進まないと市民の合意が得られない状況になってきています。
 つまりしっかりした政策能力と説明責任が求められるのです。出前市政報告会、政策討論会議、議会基本条例制定、会期の見直し等々。優れた点は取り入れ、町田市の今後の議会改革の参考にしていきたいと思いました。
 私は、今回の視察は、両委員会のメンバーでもあるので、得るところの多い視察になりました。
 7月にはいって暑い日が急に来て、視察の3日間は大変に暑く天気にも恵まれました。
視察中に道路管理課から電話をいただきました。「佐藤議員が一般質問された、駅周辺にプランターをという件ですが、早速小田急町田駅北口に設置しました。なかなか良く出来ていますよ」とのこと。
 視察を終えて、市役所に用があったので、大きな荷物を持って北口に上がりました。
 テラコッタの大きなプランターに幾種類ものお花が植えてあります。電光掲示板だけでわびしかったロータリーが存在感がぐっと出てきたように思いました。水遣りなど大変でしょうけれど早速実現していただいて本当にありがとうございます。季節季節の花が北口を彩ってくれるでしょう。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-07-05 08:24