<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あいはら・小山九条の会二周年のつどい

f0020662_18394412.jpg
 全国では7000を超す九条の会ができています。
 夏を思わせるような今日午前中は、「後期高齢者医療制度撤回」の署名のお願いに地域を回りました。連休が始まったせいかお留守のお宅が多かったのですが、どこでも快く署名をしていただきました。
 暮しの大変さは共通しています。肝炎で通院治療に一回2万を越す医療費がかかると言う人、病気でない人のほうが多いのです。
 これからのしかかる医療費の負担増に皆さん戦々恐々という状態でした。大学生と中学生を持つお母さんは、学費が高いことに怒り、教育と福祉が日本は最低ねといいながら、後期高齢者医療制度は自分たちの世代の問題といって家族分署名してくださいました。
 もっともっと一人一人の皆さんと話すことが出来れば、共産党についてももっと理解していただけるという確信を持ちました。

 午後は、堺市民センターで開かれた、「あいはら・小山九条の会」の2周年の総会に出席しました。会員100人までもう少し。
 総会の後は、相原在住の青山学院大学名誉教授の雨宮剛先生の記念講演がありました。クリスチャンの雨宮先生は、終戦の年には5年生。軍国少年だったそうです。
 終戦で価値観が180度変わり、研究者の道に進まれてからは、日本軍が多大な被害を及ぼしたフイリッピンに、1985年に初めて行ってからは、日本軍がフイリッピンの人を110万人も殺したことなどを知り、教育者として若い世代の人々に実態を知らせていくことの意義を考え、学生をフイリッピンに連れて行っているそうです。
 今の若い人たちに聞いてほしい話でした。”人生は生きるに値するという信念を持ってほしい。”と結ばれましたが、その熱意はいまは難民救済に向いています。その話もまた伺いたいものです。
 気軽に憲法や、平和について語ることが出来る世の中でありつづけるために、いまこそ日本中に九条の会を広げていきたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-29 18:39

小山田の竹の子

 飛び石連休の前半なのか定年退職して時間にゆとりのある人は昨日あたりから旅行にお出かけのようです。
 沖縄、佐渡、信州と国内の新緑を楽しむ旅が多いようですが、昨日は町田のバスセンターに着いたリムジンバスから巨大なスーツケースを引いた一団が降りてきました。子ども連れです。 中国語で話しているので、観光で来た中国人だったのでしょう。このごろ観光地では中国人、韓国の人が必ず団体で見学していたり、朝のバイキングで出くわすことが多くなりました。
 豊かな層の方々なのでしょう。日本を観光してどのように感じて帰られるのでしょうか。
 以前我が家で、上海の高校生を短期間ホームステイでお預かりしたことがありました。日本語も上手で、よく勉強していました。
 何より自国の歴史をしっかりと学んでいたのには大変驚きました。精華大学を目指していると言うことでしたが、朝は7時ごろから学校に行き夕方遅くまで授業があるそうで、公務員のご両親の一人っ子で大変有望視されている高校生でした。
 いい大学にいくこと。それが至上命令の高校生活。家事の手伝いなどはやったことがないそうです。生きる力と言う点では、どうかなと思われることもしばしばでした。
 
 今日は午前中は宣伝カーで、古橋候補と小山田桜台で宣伝をしました。天気もよく静かな桜台でしたがもう八重桜も散ってしまいはなみずきのピンクや白の花が満開を迎えています。
 通りがかりの人と挨拶を交わして近況を聞いたり、5ヶ所宣伝をしてから、小山田の多摩丘陵病院の下でおこなわれている「町田の農業を考える会」の恒例の竹の子販売所へ駆けつけました。
 今年の竹の子は4月になって雨が多かったからか柔らかく、まだそれほど大きくなっていません。一本620円の竹の子を買いました。宣伝カーの運転のSさんも、古橋さんも竹の子を買い、頼まれたものも3本買って、さながら宣伝カーは竹の子買出しカーになりました。宣伝中の楽しみの一つです(?)。
 午後は地域の方と「九条の会」のお誘いで歩きました。久しぶりにお会いした方々も、近況変化が起こっていることに驚かされます。ご病気の方がとても多いと言うのが実感です。本当にこまめに歩かなければ知ることの出来ない一人一人の暮らしぶりでした。
 ちなみに買った竹の子は大きななべにぬかと唐辛子を入れてゆで、夕食に、土佐煮、豚ばら肉のブロックと竹の子を圧力鍋で甘辛く煮た煮物にしました。そしてセリのお浸しを添えて。安心安全な季節のものを食べる。地産地消とは消費者にとっても本当に幸せなことです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-27 23:16

東芝差別争議全面和解おめでとう

 40年越しのたたかいが解決。職場に民主主義を取り戻す運動の成果!今日のしんぶん赤旗の一面にはこんな文字が躍っていました。
 東芝という電機大手の会社が、働きやすい職場の実現めざして活動していた日本共産党員や労働者を排除するために昇進・昇格差別をおこなってきた事件で、是正を求めて闘ってこられた96人が、ようやく処遇の是正や、解決金の支払い、再発防止を内容とする全面和解協定を東芝とむすぶことが出来ました。
 この96人の中には小山在住のKさんがおられます。Kさんはすでに定年になって5,6年になりますが、ずっと定年後も争議団の中心で東芝の門前での朝ビラ、労働委員会への交渉、団体回りと長いたたかいを不屈に頑張ってこられました。
東芝は1960年代から労働者差別を行い、警察から送り込んだ秘密組織をつくるなどの憲法違反の組合介入をおこなってきたものです。
 95年に「人権を守り差別のない明るい職場をつくる東芝の会」を結成してたたかい続けてきた結果、昨日24日のうれしい和解となりました。
 写真には、Kさんの奥さんがうれしそうに写っています。本当におめでとう。
 「闘ってこそ人間」という国鉄争議の漫画がありますが、たたかってこそ道は開けるものだという事を改めて実感しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-26 00:04

リサイクルセンターのツツジ

f0020662_1965616.jpg
 すっかり一面緑になった小山田地域では、いま5月6日におこなわれる「忠生・小山田地域九条の会総会のつどい」に向けて準備が進んでいます。
 昨年から何度も準備会を行い、当日は畑田重夫さんを講師に迎え、地域の皆さんの文化行事も織り込んだ、九条の会発足をおこなおうと呼びかけをしているところです。
 会場にお借りするリサイクルセンターに今日は新聞配達に行きました。MRCサービスの事務所に行くと「ちょっとこっちに来てみていって」と言うので、大きな窓越しに外を見ると、清掃車の駐車場の斜面に三段にぐるりと鮮やかなツツジが咲き誇っているではありませんか。
 その色といい花の美しさといい「わーきれい!すばらしいー!」と叫んでしまいました。MRCサービスの方は、リサイクルセンターの清掃や、植栽の仕事をされていますが、正門から左手に坂道を上がる植え込みにもたくさんのツツジが植えてあります。いよいよツツジの季節になりました。
 昨日は夕方から、町田市民ホールで行われた、「THE NEWS PAPER」の公演に行きました。申し込んだのが遅かったので、一番後ろの席になってしまいましたが、双眼鏡持参で、久しぶりに楽しんできました。
 今話題の「後期高齢者医療制度」を取り上げ、コントにしたり、「さる高貴なご家族様」を登場させたり、小泉、安倍、福田と総理大臣に扮して笑わせたりと相変わらず面白く、久しぶりに大きな声で笑いました。
 リーダーの渡部又兵衛さんが糖尿病から左足切断と言う大変な手術をしたのに、義足で元気に出演していたのに励まされました
 しばらく見に行っていなかったのですが、町田での公演とあって楽しみにしていましたが、会場は満席、観客はひと時笑って、日々の辛さも悲しさも、みんな忘れることが出来たのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-25 19:06

”今日はなぜか足が痛いなあ"と思ったら・・・

 昨日の午前中は小山地域で市政報告会を行いました。朝早くからすでに集まっていた皆さんは後期高齢者医療の話でもちきりでした。
 お知らせを読んでもちっとも分からない、病院ではいったいこれからどんな診療が始まるのだろう。と不安だらけです。
 高齢者になればほとんどの方が、血圧が高かったり糖尿病、高脂血症、など生活習慣病を持っています。一ヵ月6000円を限度とする包括診療で充分な検査が出来るでしょうか。今、全国各地の医師会が反対の決議をあげています。後期高齢者医療制度は廃止しかないがみんなの結論でした。
 午後は時おり雨が降る中、図師町のNさんのお茶室で行われた春のお茶会に招かれて、出席させていただきました。参加者は特別改まった着物を着なくても出席が出来る気軽なお茶会でした。
 お作法を知らなくてもOK。美味しいお茶を堪能しました。でも3時間ぐらい正座していたので、今日はなんだか足が痛いなと思ったら、やはり昨日の後遺症でした。座る=正座という生活がなくなっているのだなあと思います。
 掛け軸の書も、茶花も、お道具も皆凝ったものでしたが、分かるだけの素養が乏しいのが残念でした。たまには忙しさを忘れてこんなひと時もいいものです。

 今日は朝から市役所へ。相談に見えた方に付き添って、市民税課に。市役所の窓口はいまとても混んでいます。とりわけ4階は人でごった返しています。
 これも保険年金課の窓口に訪れる人が多いからでしょうか。市民の暮しの厳しさと向き合う窓口の職員さんも本当に大変です。
 午後は団会議をして、日本共産党の笠井亮国会議員を団長とする「欧州温暖化対策調査団」の報告の学習をしました。
 EUの諸国がいかに真剣にCO2削減に向けて積極的に企業責任を追求し削減目標達成に努力しているかが理解できました。
 環境問題でも、農業問題でもいま日本共産党の提案が世論を動かしています。昨日は秋田県大仙市大曲で農業シンポが行われました。
 秋田の父さん母さんがきっと参加しているねと息子と話し合いました。息子は、和光中学の3年生で、秋田の農家に学習旅行に行っています。
 その後も何度か大曲のSさん一家にお世話になりました。何年たっても交流は途絶えません。米作りだけでなく、直売所の運営も大変だそうです。
 米作りの一日の賃金換算で時給わずか256円では暮らしていけません。食料自給率39%という現状を打開するために”日本の食糧は日本の大地から。”この言葉の意味が今ほど響きあうときはないのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-21 21:55

君子欄咲くお家

f0020662_23135944.jpg
■ 春真っ盛りなのに嵐も・・・
 4月になってから雨の日が多いなと思っていたら、やはり4月の降雨量は、例年にない多さだそうです。春の嵐が吹き荒れました。
 これも異常気象のもたらす雨かもしれません。
 ソメイヨシノなどの桜の季節を過ぎ、いま、小山田桜台の外周道路はあでやかな八重桜で彩られています。本当にきれい。観にきてください。
 昨日は雨の中午前中に新聞の配達をしました。役所の出先が多いのですが、普通の住宅地のお宅もあります。
 いつもうかがうHさんのお宅は、広いお屋敷で、家が大きいので二階家なのに平屋のように見える純和風のお宅です。
 よく手入れされたお庭をいつも見せていただくのですが、季節季節の花がいつも咲いています。
 昨日はお玄関の前に見事な君子欄の鉢植えがありました。思わず写真を一枚。大きなお宅なのにお住まいになっておられるのは、80歳を過ぎた奥様がお一人です。でもとてもお元気で、畑仕事も、お庭の草取りもなさっています。いつまでもお元気でいていただきたいものです。
 
 今日は朝から、日本共産党の清水ひでこ子都議会議員を報告者に都政学習会が行われ、参加しました。
 新銀行東京が出来た経緯、なぜ破綻したのか、今後の見通しは、などいまの石原都政の問題点を詳しく話していただきました。
 今、NHKでは朝の連続テレビドラマで「瞳」という東京築地が舞台になるドラマをやっていますが、今朝の一場面は感動しました。
 前田吟が演じる築地の場外の鰹節屋の主人が、「売る人も買う人も真剣なんだ。仕事も大変、でも誇りを持って生きているんだ。築地に来る連中は旨いものを見つけて、お客に安く売る、誇りと誇りがぶつかり合う。そこで一生懸命働くのが俺達の誇りなんだ。職業の違いも、大人や子どもの違い男と女の違いなんか関係ない、誇りを持って生きているやつは友達になれるんだ。」
とこんなせりふがありました。オリンピックのために築地を、汚染された豊洲に移転させようというのが石原都知事です。
 築地の商人の誇りにかけて、豊洲移転はさせないといっているようでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-19 23:13

廃止か中止か?

■ 1時間で50数名の方が署名してくださいました。

 今日は午前中議会運営委員会が行われ、午後からは議会改革特別委員会がありました。いずれも時間は短かかったのですが、一日議会にいることになりました。
 我が共産党の控え室は、他会派の部屋に比べると少し狭いのですが移動が面倒なので、動かず狭さに甘んじていますが、机を向き合って5つ真ん中に置き、パソコンが2台並べておいてあります。
 机はそれぞれ個性を表しています。仕事が山ほどあるから山のように書類が溜まるのかなと思う人、ほとんど物を置かない人、ほんとに5人5様それぞれです。
 夕方は、町田のペデストリアンデッキで、「後期高齢者医療の中止、廃止を求める署名」に取り組みました。
 高齢者のみならず、まだ現役世代のサラリーマンの皆さんも署名に応じてくださいました。1時間で50数筆の署名が集まりました。
 スタートした後期高齢者医療制度。中止より廃止しかない!その思いを強くしました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-17 23:56

年金からの天引きは許せない

 久しぶりに控え室で会議。市役所の玄関を入るところで、これまた久しぶりに小山田のUさんご夫妻にお会いしました。いつ伺っても逢えなかったのですが、足が悪くなり、カートを押していましたが、元気そうでほっとしました。
 開口一番、「年金から保険料が取られるんだってね。ほんとにひどい話だよねー」
 今日は年金の支給日です。それも2・3月分が今日支払われるのです。そこから、4・5月分の後期高齢者医療制度の保険料が天引きされる。なんとも納得いかない話です。
 他の自治体では年金天引きを延期したところもあるということです。
 メールをいただいた真光寺のIさん。私も同感です。納得いかないことにはこだわりましょう。いま、市のいきいき健康部(健康福祉部がこういう名前に変わったのです)の保険年金課には毎日200から300件の問い合わせの電話が来ているそうです。
 高齢者に分かりにくい制度を作っておいて、年金問題の解決も出来ないうちに、知らないうちに年金からはもれなく保険料を徴収するなんてどう考えても認められません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-15 18:40

後期高齢者医療制度は廃止すべきです

 小山田桜台の外周道路を埋め尽くす八重桜が咲きはじめた今日の日曜日の午後集会所で地域の皆さんにおいでいただいて、市政報告と、後期高齢者医療制度についての学習会を行いました。
 市政報告は3月議会の成果と質問などで、後半の学習会は、神奈川北央医療生協の中里龍夫さんを講師に、4月1日からスタートした、後期高齢者医療制度についての問題点や制度の中身についてなどを丁寧にお話していただきました。
 国が社会福祉予算を年2000億円以上も削減している一方で、アメリカ軍の基地への思いやり予算は3000億円も使っていることや、基地再編に伴うグアム移転には7000億円も使うことなど「思いやる相手を間違えているのじゃありませんか」の説明に集まった皆さんが納得しました。
 後期高齢者医療制度は、いま現場に大きな混乱をもたらしています。診療点数の上限が決められ、包括払いとなることで、充分な治療が出来なくなってしまうのでは・・・といった心配が予想されます。
 年齢で、医療の質に差をつける制度があっていいはずがありません。世界広しといえどもこんな制度を導入している国はありません。
 高齢者を大切に出来ない国に未来はありません。
 廃止、撤回を求めてあきらめずに頑張ります。
 「何でこんな制度を導入したんですか。ねらいはなんですか」と言う質問が出されました。
 厚生労働大臣はいいました。「高齢者は病気になる確立が高い。いくつもの病気を持っている。痴呆になりやすい。いずれ避けられない死を迎える。」これが政府の公式見解なのです。つまり病気ばかりする年寄りの医療費がかさむから、削減せねばならない。そのために75歳で区切って、医療に制限をつけ医療に対する国の負担を減らすこと。高齢者が医療にかかれなくすることが狙いなのです。
 本当に悲しくなってしまいます。圧倒的に年金収入が少なく、最低限度の暮しをしている人からも容赦なく保険料を天引きする。こんな制度は廃止しかありません。終わってからもいずれわが身に訪れるこの制度についての参加者の不安は消えませんでした。たくさんの署名を集めること、話をすること、そして、今度の総選挙で政治の流れを変えること。このことしかありません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-13 21:32

町田市民病院信南病棟完成祝賀会

f0020662_2348321.jpg
■ 市民病院が市民の病院であり続けるために・・・
 今日は、町田市民病院の2・3期増改築工事が完了し、南棟完成の祝賀会が催されました。
 市民病院前でバスを降りると、病院の前の、あの狭かった道路は歩道がつけられ歩きやすくなって、まだ囲いの取れない通路を新棟に入ると大きな吹き抜けのロビーが待っていました。
 東棟とあわせて、ツインタワーのような概観は旭町の中ではどこからでも見える大きな建物になりました。
 24年前町田に越してきてから、家族で随分市民病院にはお世話になりました。息子が生まれたのも市民病院です。高齢出産、子宮筋腫併発、切迫早産と何度も危険な状態を乗り越え、帝王切開による早産で息子は誕生しました。
 今度の新棟には、周産期病棟が出来ます。10月ごろオープンだそうですが、私のようなリスクの高い妊婦さんもこれからは安心して、市民病院で出産できるようになるでしょう。
 とはいえ、深刻な医師不足、医療崩壊などという現実がある中でのスタート。自治体病院の存在意義が大きく問われてくることになるでしょう。
 総院長も、院長も、安心、信頼、を掲げ、常に向上を目指して再出発する市民病院として、市民が期待できる病院を目指していくと語っています。市民病院が市民の病院であり続けてほしいと願うのは市民の願いだと思います。新棟は5月オープンです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-12 23:48