<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Kさんまた一緒に赤旗をすすめに行こうね

忙しさの中でほっとした一日でした。
 今日は午前中は、Mさんと木曽地域の後援会ニュースの読者の皆さんのところに、後期高齢者医療制度中止を求める署名のお願いに伺いました。高齢者の一人暮らしの方の多いところです。どうされているのかなといつも心配です。
 何軒ものお宅で、ヘルパーさんがちょうど来ておられるところにお邪魔しました。ヘルパーさんの援助があるから一人でも頑張ってこられたのですが、介護度が変更され、利用時間も減らされ、買い物と調理だけでいっぱい。お掃除は頼めないといいます。みんな立っているのもやっとの方ばかり。元気はつらつのお年よりは誰一人いません。
 そのお年寄りからさらに保険料を徴収する後期高齢者医療制度は本当に残酷です。先日、鶴川市民センターで行われた、町田市主催の「後期高齢者医療制度と国民健康保険」の説明会に行きました。
 市の担当者は、まだ保険料が決定していないとしながらも、現行よりも高くなるといいました。すると参加者からは次々に怒りの声が上がりました。「年よりは死ねって事なんですね」高齢者を年齢で差別し、お金のある無しで医療が受けられるかどうかが決まってしまうなんてとんでもないことです。この制度なんとしてもやめさせなければと改めて思いました。

 午後は、息子と一緒に、代々木病院に入院している友人のお見舞いに。彼女は息子の同級生のお母さんであり同志です。元気だったころは、よく二人で、新聞赤旗を増やしに行きました。ちょっと体調が優れず、酸素吸入もしていたので心配です。
 Kさん早く元気になってまた赤旗をみんなにすすめに行こうね。美味しいお料理も食べさせてね。春には桜を見に行こうね。きっとだよ。
 約束して病院を後にして、日本共産党本部にいきました。新しくなった党本部では、二月三日まで党所蔵の美術品の一般公開をしているのです。ちょうど良い機会なので見学してきました。 私の好きな永井潔さんの、お嬢さんの愛さんを描いた作品、多摩湖で開かれた赤旗祭りを描いた作品、内灘の闘いを描いた作品など、どれも一見の価値があるものばかりでした。どなたでも自由に見学できます。
 帰りは、党本部に勤務しているUさんと一緒になったので、混んだ電車も話をしているうちに町田に着きました。
 そのまま忠生・小山田地域九条の会準備会にすべりこみ、組織作りの産みの苦しみとたのしさをみんなで味わったのでした。なかなか進みませんが、ここががんばりどころ。長く続く会にするためにジックリと進めようということになりました。
 一日忙しかったけれどほっとするような一日でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-30 21:40

町田音頭を知っていますか?

f0020662_22484668.jpg
■ 新婦人町田支部の新春のつどい華やかに開催

 一週間のご無沙汰でした。毎日忙しく夜になると眠くなってしまい、しばしパソコンから遠ざかっていました。
 先週は、お風呂と給湯器のリフォームと交換の工事があったので、何やかや忙しく日が過ぎていきました。
 手帳はピンクや黄色の蛍光ペンで埋め尽くされています。今日は新婦人の新春のつどいが市民フォーラムで行われ、参加しました。
 100を超える要求別小組がある新婦人町田支部です。展示作品もたくさん飾られ、コーラス小組の「朧月夜」で始まったつどいは、最後に「町田音頭」をみんなで踊ってフィナーレとなりました。
 町田に暮らして25年。盆踊りなどで耳にする町田音頭ですが、歌詞の意味を初めて知りました。団地建設ラッシュだったころの活気に満ち溢れた町田を歌った歌詞です。昭和38年制定とあります。開発途上の町田が良く描かれています。
  
  はなの武蔵野 扇に描けば アヨイトナ
  ここは要と 都の春を
  招く町田の晴れ姿晴れ姿
  ソレ誰をまちまち町田の町で
  住めばよいとこほんとにな
  ほんとにな アヨイト ヨイト

 昨日は、議会改革調査特別委員会が招集されました。多分、任期最後の委員会になると思います。政務調査費の使途基準を論議して、一定の方向を出すことが出来ました。三月議会もじきに始まります。寒い寒いといっていられません。暖かな春は冷たい風の下で準備されているのですから・・・
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-29 22:48

平和的福祉国家とは?

f0020662_11384075.jpg
■ 町田革新懇総会と学習会に参加しました。
 土・日は目いっぱい忙しくも有意義な時を過ごしました。後援会の新年会が2ヶ所、福祉団体の新年会、新婦人の班の新年会と続きました。
 土曜日は10時から、健康福祉会館で衆議院東京23区町田・多摩の日本共産党と後援会合同の新春のつどいが開かれました。
 多摩市からの参加もあって、会場いっぱいの熱気にあふれた集いになりました。今年はいよいよ解散総選挙が行われるであろうといわれています。
 いつ選挙があってもいいようにしっかりと足元を固めるためのつどいでしたが、比例候補でもあり、日本共産党東京都委員会副委員長のとくとめ道信氏の情勢報告に今こそ日本共産党の出番が待たれているのだと実感しました。
 国民が主役といいながら、福田政権は国民にさらなる痛みを押し付けようとしています。国民の「どげんかせんといかん」という悲鳴に対して、消費税増税にきっぱり反対し、経済の軸足を家計消費に切り替えること。アメリカ一辺倒の軍事優先の外交から憲法を守り、平和的な外交へという道を示して「こげんせないかん」といえるのは日本共産党しかありません。
 来賓で来られたOさんの、なんとしても憲法9条は守り抜くという決意に多くの人が心打たれ、自らの決意に重ね合わせたのではないでしょうか。
 午後からは、町田革新懇の総会と、立正大学教授の金子勝先生の「今日の政局と日本国憲法-21世紀の革新懇運動の課題ー」と題する学習会に参加しました。2010年に自民党も公明党も憲法を変える、または加憲というスケジュールを打ち出し、民主党も改憲のための「憲法提言」を発表するなど、動きが活発になっている元で、国民の声との乖離があります。
 とりわけ9条を変えることには、反対の意見が多数を占めている現状があります。人は誰でも幸福に生きる権利を持っています。その幸福追求権をうばっているのが今の政治です。
 幸福に生きる権利を国民のものにするためには、「憲法第9条」と、「基本的人権」を利用して、あたらしい「平和的福祉国家」をつくろうよと、金子先生は呼びかけました。
 簡単に言えば、「平和の下で、安心して働いてご飯が食べられる社会」のことです。なるほど・・・あまり難しいことをいわなくても、分かってもらうことが大事なんだなと思いました。
 そういう社会を日本共産党も目指しています。
 そういう社会実現の方向にみんなが向かっていく・・・それが「今の憲法を変えない」という多数の声になっていけばいいのだと思いました。
 とても元気になる学習会でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-21 11:38

菜の花が咲いたよ

f0020662_0283491.jpg

 寒さの中でそこだけ明るく・・・
 雪が降りそうな寒さ。逢う人ごとに一様に口から出てくる言葉は「寒いですねー。明日あたり雪ですかね。」暖かかった秋の後の寒さだけれど私は冬が好きです。
 でも今年は灯油も、ガソリンも高くてこの先どうなってしまうのだろうと先行き不安です。今日から通常国会が始まりました。
 福田首相の施政方針演説がありましたが、地球温暖化対策を重要課題にすえて、「低炭素社会への転換」を打ち出しています。しかし、今の経済の仕組みを変えない限りそれは絵に描いた餅に等しいと思います。
 洞爺湖サミットを念頭においての発言でしょうが、大量消費、売れればいいという状態が変わらなければ難しいのではないでしょうか。
 今日は午前中は市役所で相談者との面談。午後いろいろなところを回って、尾根緑道を通って桜台へ。
 ちょうど桜台のトンネルの上辺りには菜の花畑が広がっています。もう花が咲いていました。今年は早いなーと思って携帯で写しました。
 早く咲くように、時期をずらして植えつけたのかもしれません。黄色の菜の花は、葉を落として、枝だけになった木々をバックにそこだけはもう春が来ていました。(ちなみに木々の向こうの白い建物。右側の建物が我が家です。5階建ての4階です。)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-18 22:28

今日は阪神・淡路大震災の日から1 3年目の日です

f0020662_13381484.jpg

 今朝は今年一番の寒い朝を迎えました。いつもなら、相原駅で朝の宣伝をする日なのですが、今日は、朝からトイレの工事が入るため中止にしてしまいました。
 うーん行かなくて良かった、すごい寒さです。東京の初雪を記録しました。
 昨夜から息子の友達が泊まっていたので朝ごはんに大きなおむすびを作って、中華スープを食べさせて送り出しました。
 Aくんも大学1年だったころの子どもっぽさは消えて頼もしささえ感じます。もうじき卒業です。社会人として飛び立って行くのです。朝起きてちゃんと歯も磨くようになりました。進化しているんだなー(?)

 今日は、阪神・淡路大震災から13年目の朝です。5時46分。6434人の命を奪った大震災。愛しい人のいのちも財産も失った人たちの13年はどれほど大変だったかと思います。
 公的補償がなかったために、今なお生活再建が出来ずにいる人が多く残されています。そして、この一年で、復興公営住宅の孤独死は60人にものぼったそうです。
 昨年11月、私たち共産党市議団は神戸市を視察しました。三宮も、ポートピアも震災の後をとどめているところは表には見えませんでした。
 でも神戸市役所のすぐそばの公園には、震災の時刻のまま止まっている時計がありました。市役所も5階部分はつぶれてしまったのだそうです。
 多くの自治体が、復興のために莫大な財政支出を余儀なくされています。芦屋市では、公用車もなくしていました。国の支援が必要です。
 新たに被災者生活再建支援法が改定されましたが、阪神・淡路大震災被災者には適用にならないのです。特例措置が求められていますが、被災された方々が、寒さの厳しくなる中で、お元気で過ごされますようにと祈る気持ちでいっぱいです。(写真は神戸のポートアイランドの高層ビル群。震災のときは、液状現象で大変だったそうです。)
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-17 13:38

あなどれません。町田

f0020662_118334.jpg
■ 市役所には市制50周年のシンボルのアナドレ君(?)がいっぱい!
 連休明けの市役所へ。
 今年は市制50周年ということで、いろいろな企画が予定されています。シンボルマークも公募で決まりました。やや左をむいた真ん丸い黄色の顔の目玉が飛び出しているマークです。
 これは何を意味するのかなと思いますが、あまり深く考えることもないのかな・・・ネーミングがないけれどひそかにアナドレ君と呼ばれているらしい。
 市役所のそこここにのぼりが立ち、駐車場の周りにもいっぱいでした。市制50年。6万の人口から出発して、今や41万人を数えるまでになりました。
 私もこの町田に越してきてかれこれ四半世紀、結婚して今まで住んだところの中では一番長くなりました。
 町田といえば福祉の充実したまち。というのが定説でしたが、今は実態はどうでしょう。国の進める悪政から、障がい者、高齢者を守る町になっているのかはなはだ心もとない気がします。  広報まちだには、市の将来都市像が掲げられています。
 ●人と地域が主体のまち
 ●人が集まり、豊かにすごせる魅力あるまち
 ●活躍する人が育つまち
 なんか疲れるなー。あなどれないってなんなんだろう。誰かが今までの町田をあなどっていたのかな。と思いながら毎日のぼりを見て通っています。考えすぎでしょうか?
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-16 01:18

母の形見の毛皮の襟巻き

■ なんか似合わないなー
 今日は久しぶりに市役所の控え室で、定例の我が会派の集まりがあるので出かけました。3月ごろの陽気とかで、中途半端な暖かさ(?)が苦手の私は、頭が少しボーっとしてしまうような冬を忘れた一日でした。
 市役所には今日もたくさんの市民の皆さんが来庁されていました。1階の市民課の入り口には毎月、月代わりで、装飾が施されています。月々の行事にちなんだ飾りですが、ほっと心が和みます。小さな市民サービスの一つでしょうか。
 今日は曇っていたので、寒いかと思って、亡くなった母が昔愛用していた、フォックスの毛皮を首に巻いて出ました。エレベーターの鏡に映った自分の姿を見て、思わず笑っちゃいました。狐の襟巻きの上の顔は狸みたい・・・お正月で太ってしまったなーと反省!なんか似合わないのは、自分好みでないからでしょうか。
 会議を今日は早めに終えて、お昼から、共産党の後援会の懇親会へ。お昼ごはんを食べながら、経験交流などしました。
 どの政党もそうでしょうが、党員も多いに越したことはありませんが、支えて頂いているのは後援会組織です。市民との接点の一番安心して頼れるところです。創意工夫を凝らしたとりくみの様子が語られ、総選挙での日本共産党の前進と勝利を誓い合いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-09 23:18

商工会議所新年賀詞交歓会

■ 今日は七草
 七草の今日、午後から町田商工会議所の新年の賀詞交歓会が行われました。毎年恒例ですが、今年は鏡割りがあったり、ぞっこん町田のよさこいが披露されたりと趣向を凝らした会となりました。
 「商工業者の99,7%は中小企業です。」と挨拶にありました。町田のような大企業の少ないところは、お互い切磋琢磨しながらも、助け合っていかなければならないのだと思います。
 町田駅から会場のホテルに向かう途中、一軒の履物やさんが閉店セールをやっていました。少し残っていた男物の桐下駄が半値になっていたので、買い求めました。「店じまいなんですか?」ときくと「はい、長い間ありがとうございました」とご主人。また町田から一軒古いお店が消えていきます。
 中心市街地活性化などと銘打って、20億円もの大金を投じて、旧ぱ・る・るプラザを購入した町田市です。町田の中心ていったいどこなんでしょう。ますます展望が見えなくなってきました。見えているのは、ゲームセンター、漫画喫茶、カラオケ、居酒屋etc。しっとりとした、安心して買い物が出来る町ではなくなっています。
 Pasmoでポイントカードがたまるシステムを導入しましたが、なかなか前途多難なようです。商店街というのは、そこにしがみ付いてもやっていく人々によってしか支えられないのだと思います。農業も同じだなあと思いました。
 華やかな賀詞交歓会の裏で、明日の店のやりくりをどうしようと悩んでいる人もいっぱいいるのではないでしょうか。今年こそナントカ景気が上向きにと祈る気持ちでいっぱいでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-07 23:15

Kさんご夫妻の笑顔

■ 世の中を変える仲間の手をつなごう
 昨日の日曜日、午前中は地域の方と一緒に、小山田桜台の後援会の皆さんのお宅に新年のご挨拶に伺いました。もうお正月気分でもないのでしょうか、皆さん忙しそう。
 総選挙が行われる可能性が高い年明けなので、いっそうのご支援をお願いしました。団地の中は本当に静かです。ロウバイが咲き始めました。
 お昼に家に戻って、息子が代々木で行われる学習会に和服を着ていきたいというので、着物を出して、あれこれ着付けもしてやって一騒動。着物は私の父の形見。茶色い絹のアンサンブルです。着せてみるとほんの少し丈が長かったのですが、まあナントカ着せてそれなりにサマになって意気揚々と下駄が小さいとかいいながら出かけていきました。男の子の着物もいいものですね。
 それから急いで、相原へ・・・新年の顔合わせと、昨年末に共産党への入党を決意してお仲間になってくださったKさんご夫妻の歓迎会が行われました。これからの世の中をもっとよくしたいと語ってくださったKさん。元気に今年も頑張りましょう。
 日本の農政のことで話が盛り上がりました。参加したひとたちの親の代はみんな地方の農家で、田圃や畑、果樹を作っていたのです。
 日本の自民党がすすめる農政はその人たちから農業を奪い、次の代に引き継げないような仕組みを作り続けています。農業の行く末をめぐってこんなに議論沸騰したのも久しぶりです。
 みんなの中で、いっぱいお喋りできたkさんの笑顔が、なんといってもみんなを励ましました。仲間が増えるって素敵なことですね。私も元気をもらって帰ってきたのでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-07 11:00

静かなお正月も終わりだね

■ 明日からまた忙しい毎日が始まります。
 今日は5日、静かに日が過ぎていきます。いつもの土曜日と同じに町田のみるく工房ピュアの牛乳が配達され、一人暮らしのKさんの家にヘルパーさんがやってきて、いっぱい買い物した袋を運び込んでいました。
 冬の薄日は翳りだし、夕方が迫ってきました。今日は、夫は岩手の田舎に行っているし、息子は友達と浅草に出かけ家の中には私一人。
 私は出かける気にもならず、掃除を丁寧にして、のれんや、テーブルクロスなどを洗濯したり、書類の整理をしたり、テレビを見たりして過ごしています。
 3時から、TBSテレビが、「いのちの輝きSP」という番組を放映していました。貧困と飢餓の異国で、障害児や、HIVに感染したり、親に捨てられた子ども達の命を救うために献身する日本人を紹介していました。
 ボランティァなどという言葉はあてはまりません。地球上のどこでも必要とされればその地で、いのちと向き合う志の高さに打たれました。世界中の子ども達が健やかに育つ日はいつ訪れるのだろうかと思わざるをえません。
 薬も必要、食べ物も必要、愛も必要、何より必要なのは、無知の連鎖を断ち切るために、教育が必要とされています。私たちに出来ることは何か・・・重い課題です。
 
 明日あたりから、いろいろな団体の新年会が目白押しです。今日のテレビを見て、なんだかそういった新年会に出席するのも、ためらわれるような気がしてきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-05 16:27