<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

年とっても住み慣れたところで暮らしたい

■ 世の中にはどうにもならない事もあるんだけど・・・

 先日近所の一人暮らしになってしまった高齢の方のところに、近所の方二人と一緒にうかがいました。つい最近ご主人をなくされてまったく一人になってしまったのです。
 お年も90を越えているのですが、身体は思うようにいかなくてもお元気です。週一度のデイサービスと、週1回のホームヘルプサービスにささえられて暮らしているのですが、まだ住宅ローンが残っていたために、家を売却しなければならなくなりました。
 複雑な事情があるため特養を望んでいるのですが、、特養ホームにすぐ入れるような状況ではありません。地域包括センターの方や、役所の方に入ってもらっていろいろ難問を片付けてはいるのですが、なかなか埒があきません。
 年を取って一人きりになると、この国はなんて冷たいんだろうと思わざるをえません。年をとっても住み慣れたところで暮らしたい。こんな願いは届くのでしょうか。「無理」という答のほうが強くなってきました。
 近所の方が買ってきてくれたおすしを美味しそうに食べるのを見て、90過ぎて、自分の行き先がはっきりしないなんてどれほど心細いだろうと思うと涙が出てきてとまりません。一生懸命働いて、あの戦争もくぐってきたお年寄りが大切にされない社会は、いずれ私たちも大切にされないであろう社会です。
 電気代節約のために、電気も暖房も最小限しかつけず、じっと師走の寒さに耐えている高齢者に希望の新年がきてほしいと思わざるをえませんでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-30 23:09

100歳になったら

■ 予定表に書いてあるんです・・・

 先日テレビを見ていたら、聖路加病院の日野原先生と三国連太郎さんが対談をしていました。日野原先生96歳、三国連太郎さん83歳。
 二人の対談は哲学や仏教に及び、死生観について語っていました。医学と哲学に共通するのは生かすこと、生きることを考えることであり、仏教に通じるのは、どう生きるか、どう死ぬかを悟ることであると日野原先生はいいます。。
 毎日4時間くらいしか睡眠をとらず、現役のお医者さんとしての仕事のほかに、講演などで全国各地を回っているのに元気で予定表はずっと先まで埋まっているといいます。
 「100歳になったら、小沢征爾と核兵器反対のコンサートを開きたい。予定表には書いてあるんです」
 なんてすごい人なんでしょう。生涯を通じて、平和のために力を尽くせるなんて。「人は年とともに成熟するんですね」という言葉の意味は人は年とともに生き方を膨らませて、生きることの意味を考えることなんだと私は解釈しました。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-30 01:21

今年最後の病院へ

 昨夜は久しぶりに大雨が降って、雨上がりのしっとりした空気が気持ちよい朝でした。70日に一回、定期的に病院にいき、血圧管理をしていますが、今日は今年最後の通院日。
 多摩丘陵病院も今日が年内最後の日とあって、駐車場も待合室の椅子もいっぱいでした。
 今年は1月の年始回りで転んだのをきっかけに、近年まれな病院通いの年になりました。いつまでも若くないということをしみじみ感じました。だからこそ健康には気を配ろうと意識することが出来たのかもしれません。
 確定申告で医療費控除の申請にいけるほど医療費もかかりました。毎年多額の国民健康保険税を支払っていても、今まであまりお医者さんと仲良しでなかった私にしては珍しいことです。
 病院には、「2008年4月から基本健康診査は終了します」という張り紙がしてありました。代わって特定健診が始まります。誕生月とその翌月に行われていた基本健診は来年3月で終了となってしまいます。今までの18歳以上からという市独自の制度は残されますが、健診受診率を高めることこそが予防医学的にも、医療費の増加をなくすことからも必要であり大切なことなのに、なんだか後退しているといわざるをえません。
 その上、75歳以上の人からは健診にかかる費用を500円負担させるなんてとんでもありません。
 国民の命を守るべき立場の国が、その立場を投げ捨てて、製薬会社など利益最優先の側に立っているのが、薬害エイズ問題であり、C型肝炎訴訟問題です。命と医療の平等を保障する政治に変えていかなければならないとつくづく思います。
 昨日は御用納めの市役所の議員控え室に必要な書類を取りに行きました。年末ぎりぎりまで、市役所にどんな用事で来るのかなと思うほど来庁者に御用納めはありません。
 帰りがけに議会事務局の皆さんに挨拶をすると、皆さん総立ちで、「よいお年を」と送ってくださいました。来年もお世話になります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-29 23:04

クリスマスイブの町田中心市街地

■ デパ地下はケーキを買い求める人の行列

 昨日は午後から小型デッキカーで宣伝。わが党の衆議院比例予定候補の池田真理子さんと小選挙区予定候補の古橋よしやすさんと共に木曽森野都営、町田木曽団地、東急109前、丸井前で宣伝しました。
 池田さんはまだ小学校6年のお子さんのいるお母さん政治家です。何度も候補者になっていますが、今度こそ国会にいって活躍してもらいたい人です。誠実で、意志の強い、弱い人に心寄せることの出来るやさしい人です。
 クリスマスイブの町田は夕方になると肌をさすような冷たい風が吹いていましたが、訴えに気迫がこもりました。
 消費税増税はなんとしても許さない、高齢者に冷たい政治を変えたい。その思いで私も、池田さんも、古橋さんも熱が入りました。
 4時半に丸井前に車をつけて、市議団5人がそろってデッキカーの上に上がって街頭演説を行いました。足を止めて聞いてくださる方、車の中から手を振っていく人などあり初盤のスタートとなりました。
 来年は、いよいよ解散総選挙になるでしょう。福田内閣の支持率も急速に低下しています。自民・公明の政治では、国民の暮らしが成り立たなくなるところまできています。
 昨日も午前中、地元の皆さんのところを訪問したのですが、どこへ行ってもこれからのくらしへの不安でいっぱいでした。来るべき総選挙ではそうした国民の期待に応えられるよう頑張らなければ・・・
 街頭演説が終わってから、109前で、消費税増税中止を求める署名と宣伝を行いました。寒いので手はポケットの中、なかなか足を停めて署名してくださる方は少ないのですが、24日は消費税の日ということで、ずっと宣伝行動を重ねてきています。
 終わってから、小田急デパートの地下にケーキを買いに行きました。どの洋菓子屋さんのショウケースの前も人の列が出来、中には整理券を出しているお店もありました。私は、Yという店で、一つだけ残っていたイチゴがいっぱいのっているケーキを買って帰りました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-25 23:27

07年第4回定例議会終わる

■ 21日に12月議会が終わりました。

 秋から冬にかけてめまぐるしく時が経過し12月議会も閉会しました。任期の半分が終わったことになります。
 最終日、小山ヶ丘の保育園充実を求める請願が採択となり、忠生・図師緑地保全の森を守る請願も採択されました。
 住民の皆さんの真摯な思いが生かされて本当によかったと思いました。条例では、市の組織を大幅に変える組織条例と国際版画美術館や博物館を教育委員会所管から、市長部局に所管替えする条例改正に対して反対意見を述べ反対しました。
 予算についても、余ったお金は、財政調整基金への積み立てにせず、市民生活支援に使うべきとの理由で反対しました。
 来年度予算編成の時期です。国も予算内示が行われました。市民の暮らしが本当に厳しくなっているとき、どの層に目線を向けるのかが問われます。
 次の3月議会までに解散があるかもしれません。消費税増税や新テロ特措法など争点になってきます。
 がんばりがいのある選挙がまっています。年末とはいえ休んでもいられません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-23 22:30

図師小学校新築工事着工式に。

f0020662_17201659.jpg
 寒い日でした。今にも雪がはらはらと舞い落ちそうなどんよりした空の下でしたが、待望の図師小学校の新築着工式が現地で行われました。
 市民プールのすぐ近く、図師町の都市再生機構もみじ台住宅の一角に小学校用地として確保されていた土地は、長いこと少年野球の練習場として使用されてきましたが、忠生第一小学校の大規模校解消のため、新たに、小学校を作ることとなり、2009年4月開校予定で、建設着工の運びとなりました。
 今後学区域の決定や、通学路を決めることなど、子ども達が、安心して、楽しい学校生活を送れるような準備が行われます。
 まだこれからも小山中央小学校、中学校と新設校の計画が進んでいきますが、学校建設は何よりも優先されなければなりません。子どもの成長は待ってくれません。と同時にそのときが子どもにとっては大事なのです。図師小学校に元気に通う子ども達の姿が目に浮かびます。
 挨拶した某国会議員。「国会見学に来る小学生の希望ベスト3は教室にクーラー、冷水機、きれいなトイレ。実現のために市議会議員の皆さん、市長さんに陳情します。」というのです。
 まったくわが市議団が、いつも議会の一般質問で要求していることです。
 義務教育への予算を国は削っておいて地方にその負担を押し付けようなんて、天に唾するものだといわざるをえません。
 国会解散、総選挙がまじかになっていますが、教育予算の大幅アップを図るためにも、政治を変えなければと強く思ったことでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-19 17:20

故障するときは何で同時なの?

f0020662_23303278.jpg
■ クリスマスイルミネーションを観に・・・
 昨日は一日中、都内で行われた会議に出席し、狭い椅子に縛り付けられていました。最近腰痛が出てきて、長い時間座っているのはちょっと堪えます。腰痛にはスクワットが効くというので始めたのですが、なかなか長続きしません。
 私の辞書には「運動」という文字はないみたいです・・・帰りはもう夜になっていたので、桜台の下の、クリスマスイルミネーションが話題になっているお宅を見に行きました。
 3軒のお宅が飾り付けているのですが、その一角だけここはどこかなと思うくらい見事な飾りです。電気代もきっとすごいんでしょうね。今頃の季節は、飛行機から見たら光の海でしょうね。

 今日は久しぶりに議会休会中なので、溜まっていた雑用を片付けました。銀行や、郵便局に行きましたが、郵便局はとても混んでいました。年の暮れなんだなと思いました。
 10月1日から、民営化され、窓口も、郵貯銀行となりました。職員の顔ぶれも変わり襟にオレンジの線が入った制服を着ています。
 先日、小為替1200円分を買おうとしたら、200円も手数料がかかりました。民営化前は確か20円だったと思うんだけど・・・
 窓口の人が何かというと「民営化になりましたので」といっています。民営化で、いいことがあったのでしょうか、疑問です。
 肉屋さんに行ったらおばさんが、「お兄ちゃん、もうじき三回忌ね。寒いときだったよね」といってくれました。2月なんだけれど、今日の寒さで、いつも寒い朝でも、自転車を走らせていた息子を思い出してくれたのでした。
 花屋さんで、息子に供える花をいっぱい買いました。
 午後水道屋さんがトイレの交換の見積もりに来てくれました。給湯器が不具合でガス屋さんにも連絡し、ついでに、お風呂の交換も相談、ガスファンヒーターをオーバーホールに出し、20年以上つかっているファンヒーターは接続ゴムが危険だからやめなさいといわれ、どうしようかと悩んでいます。
 故障するときはどういうわけかいっぺんに故障するみたい。ホントに困ったことです。うーんどこからお金を捻出しよう・・・年の暮れだというのにね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-17 23:30

クリスマスが近いのですね

 クリスマス。

 あと一週間ほどで、クリスマスです。あちらこちらにイルミネーションがともるようになりました。下小山田の鶴見川の近くに、3軒が競い合うように派手な飾りの一角があります。それはすごいのです。今度写真入でご紹介します。
 昨日は、定例の教育委員会が行われました。傍聴しましたが、来年度の教育目標の素案が出されました。
 教育基本法が改悪された元での新たな目標設定です。教育委員というのは5人しかいません。この5人の意思が反映されて決定が行われると思うとちょっと恐ろしい気がします。
 1月には決定されるようですが、どのように市民の意思が反映されるのかは分かりません。子どもが主人公になり、強制や、命令のない学校になるよう願って止みません。また社会教育、生涯教育が大切にされることを望みたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-15 23:02

4ヶ月ぶりの朝宣

あっ、ハンドマイクが・・・

 昨日の早寝早起きの実践(?)の成果は、5時半起床でした。カーテンを開けると空は真っ暗。おまけに今月になって初めてといえる雨降り。でもエイヤーと起きました。
 そう今日から朝宣をスタートさせたのです。実に4ヶ月ぶり。血圧がちょっと高かったり、7月の終わりに肺炎になったりしたことを理由にずっとお休みしていた朝宣。
 体調も戻り総選挙のわが党の候補者も決まったことだし今朝は多摩境駅に行きました。ハンドマイクを担いで、旗ざおを2本持って、消費税増税反対のビラを詰めた袋を持って。
 いざスピーカーに電池を詰めてスイッチオン。なんとスピーカーはスーともピーとも言いません。
 ずっとほったらかしにして置いたからご機嫌が悪いのね。と思ってあきらめ、肉声で「消費税増税無しでも、大企業や大資産家に応分の税金の負担を求めたり、軍事費を削れば財源は生み出せます。社会保障を充実させることが出来ます。」と訴えました。
 久々の多摩境。いつもの時間にいつもの人が通ります。私学に通う小学生は、パパと一緒でした。必ず現れる障害を持った青年は、今日も「福田は困る」といって話しかけてきました。
 今日の雨で、ジャージャーと雨漏りがしているところがあったので、早速道路補修課に連絡しました。

 今日は企画総務常任委員会が開かれました。日本共産党が提案し、継続となっていた「市民税条例の一部を改正する条例」の審議が1番先に行われました。
 生活保護基準の1,1倍でも課税となってしまった、生活困窮者を救済することが出来ると考えての条例提案でしたが、「市税収入がいくら減ってしまうのか」、だとか「どうやって対象者(約1万1000人)に周知するのか」とか質問が出て、結局我が会派の殿村議員だけが賛成で、否決となってしまいました。
 生活が大変な市民の救済策として、収入が、保護基準の1,1倍程度の人に、税金を減免することが出来る制度を作っておくというだけのことなのです。
 現行制度であっても、申請した人は1人。あとは本当に困難な人は生活保護に移行しているのです。1万1000人の人がみんな申請するはずもありません。 「人に優しくないな」と思わざるをえません。
 そのあとは、市の社会教育施設を教育委員会から、市長部局に移す条例が審議されました。中期経営計画を実行するためという理由だけで、長年大切に発展させてきた、文化・芸術施設を教育委員会から切り離すことの理由は明確ではありませんでした。
 私は思います。きっと職員のみなさんたちも、割り切れない気分の悪い思いをしているのではないかなと。
 このまま市政が市長の思いのままにすすめられたとしたら、ますます管理職になる人はいなくなってしまうでしょう。今年は、対象者300人のところ受験者は40人ということでした。市民に喜ばれる仕事をすることこそが、公務員の生きがいだと思うのですが・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-13 21:06

今日こそは早く寝るぞ!

■ 早寝早起き朝ごはんは必要です。

 ここのところ毎日、議会準備やらで寝るのが遅くなりました。今日こそは早寝しようと思ってもなかなか・・・生活のリズムが夜型になっているのです。
 家中そうなのでなかなかそれは改まりません。早寝早起き朝ごはんは理に適っているけれど、大人ばかりの家庭ではなかなか難しいことです。
 学校に通う子ども達にお弁当を作っていたころが懐かしく思い出されます。あのころは毎朝4個のお弁当を作っていました。いまは・・・?怠け者になってしまったかな?
 身体のためにも文部科学省推薦の早寝早起き朝ごはんに再チャレンジしてみようかな。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-12 21:26