<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2007年第4回定例会が始まりました。

■ 今日から12月議会が始まりました。今日は本会議。2007年度最後の議会です。
 一般会計補正予算と条例改正などの提案があり、後送議案として、2009年開校の図師小学校の契約案件が提案されました。
 競争入札をめぐって質疑が行われ、途中休憩なども入ってしばし紛糾しました。また、小野路球場の指定管理者の指定が行われていなかった問題で、市の指定管理者制度に対する認識の甘さも露呈しました。
 来週から一般質問です。今回私は
 「安心して子どもを産み育てられる町田市に」
 「多摩境駅周辺の商業施設、公共施設、子育て施設、学校のあり方、街づくりを問う」
 「介護保険制度の充実を求めて」
 の3項目の一般質問を行います。5日(水)3番目です。午前から午後にかけての質問になってしまうかもしれませんが、傍聴においでください。

 昨日は、昼の時間帯に、ホテルエルシーで、「退任民生委員を送る会」が催されました。今回は市内全域で、50名の方が退任されました。73歳の定年の方もいらっしゃいますが、家庭の事情や、さまざまな理由でおやめになる方もいらっしゃいます。今年は改選の年でしたが残念ながら24名の欠員が出てしまいました。民生委員さんの大変さは年々増すばかりです。都内では、フルタイムのお仕事を持っていても引き受けざるをえないところも出始めています。困難な中、引き受けていただいている皆さんに感謝するばかりです。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-30 22:19

初冬の富士山に感激!

f0020662_237143.jpg
■ 木曽森野後援会の皆さんと山中湖へ。

 日本共産党の木曽森野後援会は、昨日は地域の文化祭成功のために皆さんがそれぞれに頑張ったばかりなのに、その疲れもなんのその、今日はマイクロバスを仕立てて山中湖に出かけました。
 暖かな一日、交流を深め、雪を頂く富士山にみんな大感激!どんどん姿を変える雲と青い空に癒されながらお弁当を広げました。
 午後は、すぐ近くにある「紅富士の湯」に行きました。今日は11月26日「イイフロの日」だそうです。いつもは700円する入湯料が、今日は260円でした。ラッキー!そのせいか、月曜日にもかかわらず、とっても込んでいましたが、富士山を眺めながら大浴場や、露天風呂につかってしばしのんびりとすごすことが出来ました。
 名運転手のSさんの運転でバスは無事時間どうりに帰ることが出来、その後私は民生委員推薦会委員の最後の集まりに参加することが出来ました。
 企画から当日の運行など高齢者の多い旅は気を遣うことも多いのですが、迷子もなく(?)無事行ってくることが出来て楽しい一日を過ごすことが出来ました。
 
 今日のしんぶん赤旗には「後期高齢者医療制度」のそれぞれの広域連合の75歳以上の年間保険料がわかり掲載されています。それによると東京は最高額で、年金208万の単身者で73,880円になり、一人当たりの平均は、102,900円になります。月に1万円の負担です。高齢者に重い負担を強いる非情な保険制度の4月実施の中止を求めていかなければならないと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-26 23:07

木曽地域文化祭にぎわう

f0020662_1811972.jpg
■ みんなが楽しめる文化を
 今日も朝から忙しい一日でした。朝のうち地域の方と訪問活動。これは市民の皆さんの声を直接聞くことが出来るとっても大事な活動です。「議員は靴が減るほど歩くことが大事」と昔、世田谷に住んでいたときの地域の区議さんに聞いたことがあります。
 そのときは議員て大変なんだなと思ったものでしたが、自分が議員になってなるほどと思うことがしばしばです。
 解散総選挙も目前になってきました。いっぱい歩いて、メタボ解消に(?)努めなければね。移動手段が自転車でなくクルマというのが世田谷と違うところですが・・・
 その後木曽森野センターで毎年行われている、地域実行委員会主催の「文化祭」に行きました。展示と発表があるのですが、展示の多彩さには目を奪われます。手芸、絵画、写真、絵手紙、ちぎり絵、木工、書道など、どの作品も見事でした。
 一人一人が輝ける場を作り、みんなが鑑賞して楽しめる地域の文化祭。企画、運営するスタッフの皆さんのご苦労は大変だと思います。「また来年もやってくださいね」という声がかかっていました。
 午後の発表の部が見られなかったのは残念でしたが、お昼から行われる国民救援開主催の「町田偲ぶ会」に急ぎました。
 社会変革と平和のために活動し、志半ばで亡くなった方々を偲んで毎年開かれる会ですが、今年はわたしの母と息子の二人も対象者で、より身近な会になりました。
 町田ゆかりの方々の名簿もいただきましたが、こうした方々のご苦労があって、町田の日本共産党や、民主運動が支えられてきたのだと思いました。
 ご遺族の皆さんが、亡き夫のことなど思い出されて涙されるのを見て、何年経っても、その悲しみと、思いは失せないのだと改めて思いました。
 わたしも皆さんのように、亡き人の意思を引き継いで頑張ろうと強く思ったことです。

 2時からは、忠生地域の日本共産党後援会総会に出席しました。今日は、市政報告に1時間も時間を割いていただいたので、2期目当選からの1年半の市政について話しました。
 「バス停にベンチ設置を」、「市民病院の救急外来をもっと充実してほしい」「市議会報告をもっと頻繁に」などのご意見があり、改善のために頑張りたいと思います。
 今日は、参加された方の中に、京都から今年、小山田の有料老人ホームに転居してこられたKさんご夫妻もおられました。Kさんは京都府知事選の候補者もされた経験をお持ちで、京都の街づくり、景観づくりに頑張ってこられた方です。
 先日視察で訪れた京都が、歴史と町の美しさを保っているのもKさんを先頭にした大きな運動があったからだと思います。ご高齢ですが、町田の緑を生かした街づくりに大いに関心があるとおっしゃっておられました。
 日曜日はなかなか休めませんが、いよいよ12月議会です。市民要求実現に頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-25 18:11

日本共産党会派視察に行きました。

f0020662_10554824.jpg
■ 医療、環境、農業、交通など先進市の取り組みを学んで・・・

 11月19日から21日まで日本共産党市議団は会派視察を行いました。
19日・・愛知県岡崎市民病院・・・周産期医療、病院経営、医師・看護師の現状について
     名古屋市・・・非常事態宣言後のごみ減量はどうなったか
20日・・神戸市立医療センター中央市民病院・・・周産期医療、ドクターカー、院内学級、病院経     営、緩和ケア
     神戸市立農業公園・・・都市農業について
21日・・京都市醍醐・・・市民が運営するコミュニティバス

 三日間で5ヶ所というハードな視察でしたが、病院では町田市民病院の立替が完成後に始められる周産期医療の現状や、経営について詳しい説明を受け、実際に450グラムで生まれた赤ちゃんが保育器の中で一生懸命育てられている様子も見せていただきました。
 病院は命を守るところという原点を見る思いでした。写真は、神戸市民病院のドクターカーです。
 学んできたことを12月議会でも生かしていきたいと思います。
 急に寒い日が続くようになりました。息子は今日から、和光中学校の秋田学習旅行30周年記念の交流会参加のため秋田県田沢湖町に出かけました。雪がいつもより早くたくさん積もっているようです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-23 10:55

秋深く文化に親しむ

f0020662_0574012.jpg
■ 映画と演劇を観に・・・忙中閑あり
 今週は、時間をやりくりして、文化にふれる時をすごすことが出来ました。多摩センターのワーナーマイカルに三日封切りの「3丁目の夕日」を見に行きました
 。私は吉岡秀隆くんが私の甥っ子の純君に似ているので好きなのです。映画っていいなと思います。観終わって心が温かくなって、明日きっといいことがあると思えるような映画が良いと思います。そういう意味で、「3丁目の夕日」はお勧めです。涙を流すことが恥ずかしくない映画です。
 もう一つ、木曜日には、狛江エコルマホールに、青年劇場の「族譜」というお芝居を観に行きました。戦前朝鮮を植民地にしていた日本が、朝鮮人の氏を日本名に変えさせ、日本語を使うことを強制したその時代に、先祖から受け継ぐその家の家系や出来事を記した族譜にピリオドを打たなければならなかった民族の悲しさを訴えるなかなかすばらしい作品でした。
 忙しくても心の栄養のためにはもっと文化にふれなければダメだなと思います。映画は1000円で観られる年齢になりましたが、もっと安価で見ることができるよう国や都の補助金増額が求められると思います。
 写真は多摩センターのクリスマスイルミネーションです。ピンボケですが。このイルミネーションも見事です。一見の価値あり・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-17 23:57

秋の一日境川ウォーキングを楽しみました。

f0020662_0132347.jpg
■ 境川サイクリング道路にトイレ、ベンチを!
 
 昨年の12月議会で、私は、境川サイクリング道路にトイレ、ベンチの設置を求めました。今年になって9月議会に請願が出され採択されました。
 一日も早く実現をと、地域の皆さんと境川を歩いてみることにして、お誘いのビラをしんぶん赤旗に折り込んだところ、今日10時半スタートの境川ウォーキングに14名の参加がありました。 常盤の生協からスタート。初めて境川を歩くという人も、川にいる鯉や鴨、小鷺や、川鵜の姿を見つけて歓声を上げました。
 途中、一般道と交差するところではなかなか渡れず苦労しました。
 トイレに絶好の場所(?)をみつけたり、野菊や、芭蕉、実をつけた蔓の植物を採ったりと植物が一杯の川沿いを歩いて、境川がこんなに素敵な川だったなんてとみんな感激しました。
 今回、車椅子のMさんも参加され、周りのみんなの介助で、途中から合流しましたが、障害を持っている人も楽しめるサイクリング道路にしたいものだと強く思いました。
 約5キロ久しぶりに歩きました。境川クリーンセンターのトイレ看板が設置されたところを終点にして、町田駅前通に出て、コメダ珈琲店でお昼を食べ、心地よい疲れに満たされて今日の視察ウォーキングは終了となりました。今日の皆さんの感想や意見を今後に生かして、誰でもが安心して歩け、自転車に乗って走れる境川になるよう要請していきたいと思います。
 楽しい秋の一日になりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-17 23:13

学校訪問

■ 子どもの教育環境整備は急務
 秋晴れの今日は、午前中に日本共産党議員団の学校訪問を行いました。小山田小学校です。
 私の家から近いところにあるのに、まだ訪問したことはありませんでした。校長先生は、近くの学校の卒業式などでお会いしたり、先日もごみフェスタで、学校のとりくみを展示されていたりでよく知っていたのですが、今日はお留守で、代わりに女性の副校長先生が説明や案内をしてくださいました。
 小山田地域は緑豊かな田園地帯にあります。学校の後ろは急な山になっていて、表の通りの向こうは鶴見川。山と川を使ったユニークな活動が行われていました。ふんだんにある竹を使って、竹炭を作り、鶴見川の浄化実験を行ったり、竹炭をさくら祭りで売ってタイの学校に寄付したりしています。保護者の協力も得てとてもゆったりした学校という印象を受けました。地域に根ざした学校という気がしました。
 この地域も、区画整理事業の影響で、子どもの数が増え続けています。そのため、教室不足が心配されます。
 これ以上増えたらお手上げです。と副校長先生は困っておられました。学区の変更もなかなか出来ないし・・・これ以上校舎を増築できないほど、山に阻まれている学校ですが、そのデメリットを上手く生かして、山を使った授業、自然と触れる授業が展開されていました。どこの子どももみんな可愛い。元気に「こんにちは!」と挨拶してくれました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-13 23:08

木曽のお食事会

f0020662_0564994.jpg
■ いつまでも元気で長生きしてください。
 今日は、2ヶ月に一回木曽森野センターで行われる、木曽地域のボランティアグループの高齢者のお食事会に招かれて参加しました。
 一人暮らしのお年寄りにとっては、たまに食堂みたいな雰囲気でお食事をすることはとっても楽しみなのです。
 シルバーカーを押して次々と集まってこられた方に、「75歳以上の方」といったらほとんどの方が手を上げました。
 来年四月からの「後期高齢者医療制度」の話を分かりやすく説明しながらお年寄りを苦しめる政治にあらためて怒りがこみ上げてきました。

 今日の献立は、鶏肉のアーモンドフライ、マカロニサラダ、レタス添え、季節の煮物、イカのマリネ、豆腐と葱の味噌汁、デザートは柿。これで500円です。ホントに美味しくて、私は全部食べてしまいました。
 食後は、草津節に合わせて健康体操。博識のIさんのためになるお話と続き、みんなが知っている懐かしい歌をうたって、11月、12月生まれの方に、シクラメンの鉢植えのプレゼントがありました。12月2日生まれの私もピンクのシクラメンをプレゼントされ、感激です。
 スタッフの皆さんありがとう。本当に継続することは大変ですが頑張ってください。いつも食べる人でしか参加できなくてごめんなさい。
 参加されるお年寄りの皆さん、いつまでも元気で、お食事会に顔をだして、長生きしてくださいね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-12 22:56

久しぶりの雨

■ 冬桜が咲いています。
 立冬も過ぎて、「雨の日は寒いね・・・」これが挨拶になるほど2,3日寒い日が続いています。こういう日はあまり家から出たくないのですがそうもいかず、今日は相原の後援会主催の市政報告会を行いました。
 2期目の1年半が過ぎたところで市政のこと、国政のことなど皆さんにお話しながら、まだまだ相原地域のことでは、公約実現に至っていないなということを痛感しました。
 町田の西のはずれ。何かと行政からは置いてけぼりの感があるところです。課題は一杯。交通問題。病院など医療機関の問題。下水道の問題などなど。
 なかなか一足飛びに解決が出来ませんが、もっと声を上げなければと思います。今日参加された皆さんからは、小沢・福田密室会談をどう見るかや、自立支援法施行によって立ち行かなくなる障害者のお店レモングラスのことなどが出されました。
 悪政に立ち向かう日本共産党の地方議員として、皆さんから出された問題を真摯に受け止め、解決のために頑張りたいと思います。
 雨の中、家に帰ると窓の外に、薄紅色の冬桜が見えました。かさこそと音を立てて、桜やはなみずきの葉っぱが散っていきます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-11 23:11

議員団の視察

百聞は一見にしかずというが、聞いてみるものですね・・・

 昨日の疲れも何のその、朝、息子が温かい稲庭うどんを作ってくれたので、しっかりと食べて市民病院に向かいました。
 今日はわが日本共産党市議団の、市民病院視察です。新棟2・3期工事は来年完成するので、今日は、病院経営について事務長さんや、新棟建設責任者の皆さんからいろいろお話を伺いました。
 私がいつも市民病院に対して思っていることは「市民病院は市民の命や健康を守るためにどういう方向に進んでいくのだろう」ということです。
 民医連綱領をもった民医連加盟の病院を知っていますが、市民病院には綱領がありません。どういう病院を目指すのか、どうあるべきかこのことがしっかりしていないと、赤字だから民間に売り渡してしまえみたいな極端な意見も出てくるでしょう。
 他に大きな病院もない町田市にとって、市民の灯台であり希望であるような病院をめざし続けるために、私たち議員の役割は大きいと痛感しました。
 市民病院の最上階、見晴らしのよい食堂で、お昼を食べて、午後は特別養護老人ホームを視察しました。
 特養も施設はどんどんよくなります。一方でどんどん利用料も高くなります。その結果、収入の低い人は入居できなくなってしまうのが現実です。
 措置の時代には考えられなかったことですが、介護保険制度の不備がもたらす格差です。施設責任者の話を聞いて、高齢社会を迎えて介護難民が出ている実態を、町田市がもっと真剣に対策を考えなければならないと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-08 18:41