<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

町田市戦没者追悼式に出席

f0020662_21423678.jpg
■ 二度と再び戦争の惨禍によって命奪われる時代がこないように。

 今日は市民ホールで行われた、町田市主催の「戦没者追悼式」に出席しました。写真でもお分かりのように、舞台には、菊の花に飾られた2278人戦没者のお名前を収めた祭壇がすえられ、真ん中には、戦没者之霊の白木の柱が立てられ、市旗と日の丸が両脇に。
 左右には、町田市遺族会の旗が並べられていました。62年前に終戦を迎えた戦争で、未来ある命を奪われた幾多の人びとの無念さや、残された遺族の皆さんの苦労、苦しみを思うとき、二度と戦争は繰り返してはならないという思いと同時にあの戦争がなぜ起きたのかという歴史の真実をしっかりと見据えることが必要だと思います。
 私の父は20歳で、軍隊に取られ、2・26事件のときは近衛兵でした。それから終戦まで、10年の間に、3回も召集され20代の青春を戦争の中で過ごしたのです。
 多くは語りませんでしたが、中国東北部にも行ったそうです。その地でどのようなことがあったかは想像に難くありません。
 戦後父は平和な社会を創ることに力を尽くしました。叔父は二十歳で招集され南方のニューギニア島の近くハルマヘラ島に転戦しそこでマラリアに罹り奇跡的に命ながらえて、終戦から2年ほど経って和歌山県に帰還しました。
 生き物は何でも食べたそうです。マラリアの後遺症で、心臓と肝臓を病み、70歳で亡くなりました。あの大戦で、亡くなった人も、戦争の傷を心にも身体にも持って戦後生きた人も、やはり戦争の犠牲者です。
 戦争を起こした人、命令した人、終戦を遅らせた人。私は許せないのです。日の丸を背負わされ万歳に送られた兵隊の思いや家族の思いが私には私の母や、祖母の思いと重なってしまうのです。
 この式典が、市民が平和について考え、戦争のない社会を作るための市民参加型の式典になるといいのになあと思ったことでした。
 ご遺族の方もどんどん高齢になり、参加される方も年々減ってきています。先日お兄さんをなくされた方に、地域の戦没者の名簿を見せていただく機会がありました。ほとんどの方が2等兵、上等兵で、戦死といっても、南方での戦病死が圧倒的でした。マラリアや、チブスもしくは餓死です。二度と再び戦争が起きることのないよう、平和な日本を次の世代に引き継ぐことが出来るよう、今こそ憲法9条が大切としみじみ思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-30 21:42

暑い暑い気温25度!

 「今年はちっとも紅葉しないねー」

 10月も終わるというのにまだ半袖の人を見かけました。今日しんぶん赤旗の集金にうかがったところでは、いつもなら、大きなガラス窓が額縁のようになって秋の紅葉が絵画のように見られるのですが、まだ青々しています。
 職員さんが「土・日に新潟に行ってきたけれどまだ全然だったんですよ。がっかり。なんだか12月にならないと無理みたい」といっていました。
 地球温暖化の現れでしょうか。一方では、今年は果物の生り年だそうです。奈良から平たねなし柿が届きました。しっかりとした甘さです。柿好きの亡き母に食べさせたいなーと思います。 りんごはまだ岩手の夫の田舎から届きませんがきっと美味しくなっているでしょう。楽しみです。
 今日は午後から衆議院テロ特別委員会で、守屋前防衛事務次官の証人喚問が行われました。
 日本共産党からは赤嶺政賢議員が尋問に立ちましたが、守屋氏は、記憶喪失?に陥ったのでしょうか、防衛省の疑惑やインド洋での給油活動における油の量の隠蔽に対して、何一つまともに国民の疑問に答えようとしませんでした。
 新テロ特措法を会期延長でごり押しすることは許せません。
 報復戦争で、テロはなくなりません。イラクやアフガンからアメリカ軍は一日も早く撤退すべきです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-29 23:02

第22回町田子どもフェスティバル

f0020662_1427297.jpg
■ 台風一過の秋晴れの下、町田の子どもの健やかな成長と幸せ願って・・・

 昨日の台風は早足で通過していきました。今日は南一小で、町田子どもフェスティバルが行われました。
 今までは中心部の学校や忠生地域の学校が多かったのですが、今回初めて南地域での開催です。
 台風一過の澄み渡った青空の下、子ども達が集まり校庭にはテントが張られ、参加団体の思い思いのお店が開店してにぎわっていました。
 校庭の舞台では、太鼓やロックソーラン、民舞などが演じられ、校舎内の教室ではお話会、平和勉強室、積み木パズル、紙芝居などが行われました。
 毎年、実行委員会が組まれて、子ども達を主人公に行われる子どもフェスティバル。かかわる先生たちや、保護者、地域の方たちの努力で今年は22回目です。
 私は今年、町田平和委員会の平和勉強室をちょっとお手伝いしました。以前は、新婦人として、カレーを売ったり、和光中学校親和会(pTA)の役員として、焼餅やきりたんぽを売ったりしたものでした。日が落ちて真っ暗な校庭で、最後の最後までごみ一つ残さないように掃除したのも懐かしい思い出です。
 町田の子ども達の健やかな成長を願って続けられるこの催しがこれからも続くよう地域の教育力を高めなければと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-28 14:27

今週も終わります。

■ 今週は公務の多い週でした。

 今日は、東京たま広域資源循環組合の議会で府中にある東京自治会館に行きました。
 火曜日にも三多摩上下水及び道路建設促進協議会の道路委員会があって自治会館に行ったばかり。
 公務とはいえ、庁用車で行くのはどうも落ち着きません。自治会館の車寄せに次々黒塗りの車が横付けされるのを見ても日本の社会の権威主義を感じてしまいます。
 今日は久しぶりに雨が降りました。一雨ごとに秋が深まっていくのでしょうか。
 夜は、町田農民連の会議に出席しました。11月の連休、多摩市の大妻女子大学で学園祭が行われます。
 そのときに、農業問題を学んでいるゼミの学生さん達が芋煮と野菜の販売を行うのだそうです。町田農民連に入っている、農家の皆さんの協力で、秋野菜を出荷してもらうための会議です。
 今年は、夏が暑かったせいで、カリフラワーやブロッコリーの育ちが遅れているとのこと、野菜も結構高値です。
 何日も、何ヶ月もかけて手間と時間をかけて作る野菜が、天候に左右され、市場経済に左右されてなかなか農業だけでは暮らしていけないのが現実です。
 政府が進めているのは、大規模農家4ha以上に対する価格保障です。小さな家族経営の農家切捨て政策です。そんなことになったら、町田のような、小規模の農家経営は成り立たなくなってしまうでしょう。
 すべての農家に価格保障をと日本共産党は訴えています。
 台風が日本列島を直撃するかもという予報です。明日の朝の天気はどうなっていることやら。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-26 23:07

東京都道路整備事業推進大会

f0020662_9584057.jpg
■ 日比谷公園はいつ行ってもほっとします

 昨日は日比谷公会堂で行われた「東京都道路整備事業推進大会」に市議会都市環境常任委員として出席しました。
 東京の区市町村の議会から、国と都に向けての要望を聞いてもらうための大会です。主に、首都圏3環状道路の整備促進や、橋梁整備、多摩都市モノレールの延伸、無電柱事業推進のため国がもっとお金を出して推進してほしいというもので、道路特定財源を本来の目的である道路整備や関係施策にもっと使うべきだということの要望でした。
 道路特定財源が聖域になって、大手ゼネコンの利益を生み出していることや、高すぎる高速料金見直しには一切触れず、もっと大型開発を行えという趣旨には賛同しかねるものがありました。
 任務とはいえ最後の万歳三唱は出来ませんでした。
 国会議員も都議会議員も名前の紹介が終わるとさっさと消えてしまい、残ったのはほんのわずかでした。
 町田から出ている国会議員も一番遅れてきて、壇上で、だれかれなく握手して、さっさといなくなってしまいました。こんな大会も行われていることをご紹介までに。
 
 日比谷公園は、まだイチョウも青々していましたが、運動場では、ガーデニング展が行われていて大会開始まで時間があったので、一つ一つ楽しく見て回りました。
 手にゴム手袋をして銀杏を拾う人も見かけました。秋咲きのバラが美しく、日比谷公園は都心の高層ビルの中にあって、いつ行ってもほっとします。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-23 09:58

高齢者パワーで国を追いつめよう

f0020662_1844533.jpg
■ 後期高齢者医療制度とはなんだ?

 秋晴れの一日、朝から地域の皆さんのところに、署名のお願いに伺いました。『後期高齢者医療制度』中止を!
 どこに行っても対話になり、いろいろ日ごろ溜め込んでいる思いが噴出してきました。介護保険制度、障がい者の支援制度のあり方、消費税・・・庶民の怒りがジンジン伝わってきました。
 
 午後は市民フォーラムで行われた、町田「高齢者大会」に参加。神奈川北央医療生協の理事長だった中里龍夫さんの講演を学びました。
 題して『後期高齢者医療制度』とはなんだ?
 制度の仕組み、問題点、なぜ今、『後期高齢者医療制度』創設なのか、どうしたら止めさせることが出来るのかなどユーモアたっぷりの分かりやすいお話に、続々詰め掛ける参加者は元気をもらいました。
 そのあと町田市の国保年金課高齢者医療担当の職員の方からお話があったのですが、私は他に行く用があったために聞くことが出来ずに残念!市民に開かれた市政を標榜する町田市の、出前説明会になったのではないでしょうか。
 夕方まで地域の皆さんと行動し、つるべ落としの秋の日を実感しながら帰宅したのでした。
 昨日よりちょっと膨らんだ月が出ています。空が澄んでいるからか、星空です。桜の葉っぱも色づいてきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-21 18:44

町田母親大会

f0020662_052295.jpg
■第42回町田母親大会であきらめない女性に成長!

 今日は市民ホールで、町田母親大会が開かれました。高齢化の名にたがわず、昔の母親もおばあちゃんとなっている人が多くなりましたが、そのパワーは相変わらず。
 税理士の長崎氏から、「知ってためになる税金の話」を学び、賢い主権者、納税者になり、不公平税制や、消費税増税に反対しようと学習を深め、憲法を守って、テロ特措法にもとづく自衛隊の給油活動の継続に断固反対する特別決議をあげました。
 「母親が変われば社会が変わる」を合言葉に続けられてきた母親大会。命を生み出す母親は命を守り育てますと子どもの幸せのために運動が引き継がれてきました。政治がどんどん悪くなって、「年よりは死ねというのか」と怒りが湧き起こっています。力を合わせて、あきらめない生き方をしていきたいものです。
 夜は、日本共産党市議団の市政報告会を市民ホールで行いました。石阪市政の1年半や、後期高齢者医療制度の報告、9月議会での市議団のガンバリを報告しました。
 お隣の部屋では民主党23区の会議が行われていていよいよ総選挙の感が強くなってきました。
 来年4月とも言われる衆議院解散総選挙で政治の流れを変えるために頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-20 23:52

北海道に行政視察にいきました。

f0020662_22353977.jpg
■ 初冬の北海道に朝靄が立ちこめて・・

 10月18日19日と1泊で北海道栗山町、旭川市に市議会議会運営委員会と議会改革調査特別委員会合同の行政視察が行われました。
 18日は朝7時過ぎに市役所を出発して羽田~新千歳空港から栗山町へ。
 栗山町は人口1万4000人の町ですが、平成の自治体大合併の中、合併せず町民に開かれた町議会を目指して、議会の改革を行い、「議会基本条例」制定し出前の町議会報告会開催、1問1答形式採用、町長や職員の反問権を認めるなど画期的な改革を行っています。
 そのため全国から視察が絶えず昨年5月「基本条例」制定以来、すでに200団体が視察に訪れているといいます。
 昨日も町田市、宮城県塩竃市、千葉県市川市、栃木県塩谷町、奈良県町村議会議長会が視察に訪れ、大きな会議室での合同説明会が行われました。
 私が一番印象深かったのは、「失敗を恐れず、悪ければやめれば良いよければ続ける、始めなければ進まない」という姿勢でした。
 小さな町のとりくみが全国に発信され広がっています。大いに参考になるものがありました。 昨夜は札幌に泊まりました。日ハムが優勝ということでもっと盛り上がっているのかと思いきや、町はいつもと変わりなく静かで、風は冷たくて思わずストールを合わせるようでした。
 今朝は8時のスーパーカムイという特急に乗って旭川に行きました。車窓から見る北の大地は、広く果てしなく広がり、昨夜の夜露や霜が降りた畑から太陽に温められた朝もやが立ちのぼり、見たこともない景色に感動しました。
 石狩川を渡るとぱっと晴れ上がり、雪をかぶった大雪山が現れました。旭川は4回目です。ナナカマドの真っ赤に色づいた街路樹が北海道の町並みのシンボルのようです。
 旭川市役所を訪れるのも2回目。古くても緑の多い庁舎です。(写真)旭山動物園こそにぎわっていますが、財政事情は厳しいと思います。
 垂れ幕にも、ごみ有料化が始まるとありました。担当の職員さんに、丁寧な議会運営についての説明を受けました。
 今回の視察は、議運と議特、議会事務局の職員が6名研修もかねて、ということで、23名の団体視察になりました。ちょっとハードでしたが、百聞は一見にしかずの言葉どうりの視察となりました。
 北海道はもう初冬の寒さでした。旭川は、5度。ストーブが恋しい季節に入りました。今度はもっとゆっくり訪れたいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-19 22:35

後期高齢者医療制度どこでも怒りに・・・

 ”どこまで年寄りを苦しめればいいの”
 今日は木曽地域の方に「後期高齢者医療制度の4月からのスタート中止を求める請願」に署名していただこうと地域の方と訪問活動を行いました。
 どこに行ってもこの制度のあまりのひどさに怒り沸騰。途中出会った方も署名してくださいました。
 「年金はどんどん減る上に、また保険料を天引きされたら食べていけないわ。チラシ広告を見て、少しでも安いものを買おうとするしか防衛策はないのよ。洋服だって、昔仕事してたときのものを着て我慢しているのに・・・ホントにどこまで年寄りをくるしめればいいのかしら!」
 不安で一杯というのが大方の高齢者です。生きていてよかったといえる老後を保証できないような社会は若者にも子どもにも冷たい社会です。
 「こんなひどい制度は中止してほしい」という多くの高齢者の声にこたえるためにも頑張らなければ。
 いつか私たちも通る道です。その道を安心して通れるように、今ががんばり時です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-14 23:19

第32回 くらしを守る市民の集いに行きました。

 ヒト・ヒト・ヒトで疲れてしまいました・・・

 今日、明日と2日間町田市民フォーラムで行われる「くらしを守る市民の集い」に出かけました。とっても懐かしいところです。
 今から15年位前は私も運営委員でした。夏の暑い中、今は第三庁舎になっているところにあった「分室」のなかのカトレアという女性活動室でパネル作りに汗を流したものでした。
 「女性会館を作りたい」思いのさまざまな女性団体が力を合わせて活動していた時期でした。 結局フォーラムの中にその機能は移転したのですが、そのころの中心メンバーは今もお元気でご活躍で、「市民の集い」をささえていらっしゃいます。
 
 消費者センターといい男女平等推進センターといい石阪市長の提唱する組織改革のなかでは姿を消しています。
 地味だけど市民団体が市民の権利や健康を守るためにしっかりと活動できる場を保証していくことが求められていると思います。

 午後は、横浜線と中央線を乗り継いで、会議のため立川に行きました。立川は私の実家のあるところです。
 今日降り立った立川は、昔の面影はまったくなくて、人であふれかえっていました。ペデストリアンデッキでどこまでも連なる通路。駅ビルが二つもあるのにまた今月5日に新しい「エキュート」というビルがオープンしてさらに駅の混雑が増していました。
 北口には大きなデパートが3つもあります。町田に比べたら、人口こそ少ないもののその集客力はすさまじいものがあります。
 そんななか、いろいろ工夫もあります。たとえば、今日私はエキュートで玉ねぎと油揚げを買ったのですが、そのレシートをもって、実家近くの商店街で見せるとハローチップという券を倍くれるシステムができているそうです。
 中心街だけに集中することを避けるための苦肉の策でしょうが、地域の商店街も工夫が必要なんですね。
 それにしてもあまりのヒトの波に酔ってしまったようで、どっと疲れてしまいました。実家にも寄らずにモノレールで帰りました。夕暮れの山並みにほっとしながら・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-13 22:43