<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

忠生市民センターまつりに

f0020662_17593886.jpg
■ 地域のセンターへの思い受け止めて・・

 今日は昨日とは打って変わって朝から雨、その上肌寒い・・・もう月末になってしまいました。NHKの朝ドラ「どんど晴れ」の最終回を観ながら朝ごはんを食べ、いったいこのドラマは何を言いたかったのかな・・とふと考えたけれど、所詮ドラマ、どんど晴れ(めでたしめでたし、おしまい)でいいんだと妙に納得。
 盛岡は良い町です。もっとロケも多くして、地方都市の良さを出してこそ、老舗旅館の意味があるのになあ。
 
 ゆっくり新聞を読んでから、雨の中、忠生市民センターのセンターまつりに出かけました。
 センター利用者の作品展示や、外でバザーなども行われていてにぎやかでした。
 新婦人忠生班の絵手紙体験と展示を見て、外のテントのバザーに行くといろいろな人から相談や、要望が次々と寄せられました。
 「忠生市民センターの建替えに伴って、図書館を併設してほしい」「子どもセンターより児童館を」「学校の部活のあり方を見直してほしい。」
 忠生市民センターは町田で最も古いセンターです。公共施設のない地域で気軽に利用できるセンターとして、親しまれていますが、老朽化が進み、高齢者や、障がい者には使いにくいのです。
 豪華な新庁舎より、地域センターの充実を!みんなの願いです。その思いを受け止めて実現に向けて力を尽くしたいと思います。
 
 夜、北東の空に、花火が上がっています。インターネットの花火情報を見たら、調布の花火のようです。小山田桜台は調布より高いところにあるのか、4階の我が家の北側のベランダからよく見えます。1万発の花火が、雨模様の空に上がり大きな光の輪がにじんでいます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-29 17:59

もったいない

■ シンプル イズ ベスト

 暑い一日でした。午前中は、「民生委員推薦会会議」に出席。今年は12月1日付で民生委員さんの改選が行われます。
 社会状況が複雑になってきているので昔のように、民生委員が名誉職であった時代とは違って、役割も重くなり、仕事の性質も変わってきています。高齢者も増え、子どもを取り巻く環境も変化してきていて、本当に大変なお仕事ですが、その大変さを引き受けてくださった皆さんに感謝します。
 議員を除いてこの9月で推薦委員の皆さんも任期が終了します。後任が決まらずに空白になってしまった地域に新たに民生委員をお願いする人を探さなければなりません。
 人探しに始まって人探しで終わるといわれていましたが本当にその通りでした。

 車の調子が悪いので、だましだまし走らせて、帰りにリサイクルセンターに。
 しばらくぶりでリサイクル公社の粗大ゴミの再生品を見に行きました。立派な食器棚やたんす、座卓などが、所狭しと並べられています。
 粗大ゴミも、回収して、まだ使用できそうなものは、きれいに化粧直しされ、展示され、買われていきます。
 我が家でも今の住まいに引っ越すとき、食器棚を引き取ってもらったのですが、それからしばらくして、なんと傷などを塗られて展示してあった我が家の食器棚に出会いました。
 思わず買い戻したくなったほどでしたが、どなたかが買ってくださったのでしょう。
 不用品のなんと多いことか。なんてもったいないのでしょう・・・でも、こうしてモノが循環していけば、モノの命も生き返るというものです。
 それにしても、自分の周りを見回すとモノがあふれているなあと思います。もっとすっきり暮らしたいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-28 23:22

今夜は十五夜

 夜になって明るい十五夜の月が出ています。

 日の暮れるのが早くなってきました。月の光って明るいんだなあと思います。今夜は十五夜、お月見です。
 スーパーに行ったらお月見団子を売っていました。表にはススキが置いてあって、「ご自由にどうぞ」残念ながらもう綿毛が飛んでいきそうなススキでした。
 
 夕方、福田氏が総理大臣に指名されました。夕刊を見たら公明党が、高齢者医療費の負担増の凍結や、母子家庭の児童扶養手当廃止の見直しを言い出したと書かれていました。
 自・公内閣で作った制度について参議院選挙の時には口をぬぐっておいて、国民との矛盾の深まりの中で、見直しを言い出さざるを得なくなった結果です。
 後期高齢者医療制度は本当にひどい制度です。市区町村で広域医療連合を作って、75歳以上の高齢者を、今までの国保や会社の健康保険の扶養から外し、新たに一人一人から、1万5千円以上の年金から保険料を取り立てるものです。
 それ以下の方は直接市に納入します。保険料はまだ決まっていませんが、東京のような財政力のあるところは全国平均より高くなると見られています。
 介護保険料の負担だって大変なのに、これ以上の負担増はゆるせません。泣き寝入りしたらダメ!今こそ声を上げ命とくらしを守る政治を実現させなければならないときです。
 新しい内閣は、テロ特措法延長を決めるのではなく、憲法改悪や医療改悪を行うのでなく、国民のくらしを守ることにこそ力を注ぐべきです。
 とはいえ福田政権には期待できませんが・・・ちょっとでもましな政治を行ってほしいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-25 18:35

おかしいと思うことはきっとおかしい

■ しんぶん「赤旗」が果たす役割

 秋分の日の振り替え休日で、市役所も休み。わが市議団は、静まり返った市役所5階の控え室で定例の会議を持ちました。
 職員の皆さんもお仕事があるのか、守衛所の受付名簿には何人ものお名前がありました。休日出勤ご苦労様です。
 暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、ようやくあの暑さから解放されました。テレビの映像では富士山に雪がよこなぐりに降っていました。
 お昼過ぎに、にぎやかな掛け声が・・・正面玄関の広場に、おみこしが入ってきました。今日は町田天満宮のお祭りなのです。
 地域の人たちが、老いも若きも一つにまとまり、みこしを担ぎ、山車を引く。長い歴史が育てた文化の継承です。
 私の住む小山田桜台も、団地祭りに、おみこしは出ますが、担ぎ手が年々少なくなっています。
 昔住んだことのある、深川の八幡様のお祭りはすごかった・・・町内ごとに大きなおみこしを繰り出し、表祭りだと、町中がお祭り騒ぎです。
 メイン通りを何台ものおみこしが巡行するのですが、沿道のどこの家も、バケツに水をいっぱい用意して、担ぎ手にかけるのです。水掛祭りです。
 たいていの家では家の外に水道が設置してあります。もう長いこと見に行ったことがありませんが懐かしい思い出です。

 午後からは、しんぶん「赤旗」編集局のくらし・かてい部長稲村さんの「今の政治と暮らしを考える」学習・講演会に参加しました。
 参議院選挙で示された、「国民の探求する方向は必ず日本共産党の目指す国づくりと合致する」という命題をくらしの側面から解き明かしてくれました。
 福田康夫氏が自民党の総裁に当選しました。明日総理大臣になる予定ですが、福田さんが総理になっても国民との矛盾は深まるばかりです。
 参院選でも、今までの自民党の支持基盤が、ガラガラと崩れています。
 年金問題、医療制度問題、消費税問題、憲法問題どれをとっても国民の怒りは増すばかり、自民・公明政治の矛盾を正せるのは、憲法を守り、国民のくらしを守るために頑張る日本共産党しかありません。
 国民・消費者の立場で、「おかしいと思うことはおかしい」とはっきりいえるのは、企業からの献金をもらわない、政党助成金ももらわない清潔な党だからです。
 しんぶん「赤旗」家庭欄で、電気冷蔵庫の消費電力のまやかしや、電気コンロによる火災が、メーカーの責任であることを追及し国会で答弁させたのも、「おかしいなとおもうことはきっとおかしい」という鋭い視点があればこそと思いました。
 「赤旗」を読んでくれる人が増えれば、真実を知る人も増えて、世の中の、変革のスピードが増すのになあとおもうのですが・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-24 23:34

境川サイクリングロードにトイレやベンチをつくって!

f0020662_2232888.jpg
■ トイレ案内表示板がつきました。

 昨年12月議会で、私は境川サイクリング道路に、トイレやベンチ設置を求めて一般質問をしました。
 また、ひのき橋のたもとにある「境川クリーンセンターが利用できます」というトイレ案内看板の付け替えを求めました。矢印も消えて、どこにトイレがあるのか、いつ利用できるのかも分からない案内看板でした。「付け替えます」という答弁でした。
 先日の都市環境常任委員会では、トイレ設置を求める請願も出され、採択されました。
 その際、案内看板の進捗状況を聞きましたが、付け替えが完了していることが分かりました。そこで、今日見に行ってきました。
 ひのき橋の両側のフェンスに2ヶ所、きちんと表示された看板がついていました。町田駅以西では、ここの一箇所だけ、「境川クリーンセンター」のトイレを利用できます。
 もっとも、サイクリング道路から、一旦町田駅前通りに出て少し歩かなければなりません。その上、利用時間も8時半から、5時まで、土・日は利用できません。
 みんなが利用するサイクリング道路のほうから、クリーンセンターに入れるような工夫が求められます。トイレの新設を行い、安心して利用できるようにしてほしいものです。
 それにしても、今回の案内板の付け替えはうれしいことでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-21 22:32

それでも僕はやっていない

■ 誰にも人の一生を台無しにする権利はない!

 今日は、霞が関の東京高裁で「町田痴漢冤罪事件」の第1回公判が行われました。傍聴に行ったのですが抽選にはずれ待合所で待つこと一時間半。
 傍聴希望の人が早くから並び、その数100名。聞くところによるとインターネットで、今日の公判のことを知り並んでいるとか・・・見ず知らずの若い人たちでした。
 「被告」とされるAさんは横浜線の中で、痴漢を行ったとされ町田駅で警察に連行されました。しかし、Aさんはそのとき携帯のメールを打っていたのです。
 被害者の女性は、コートを着ていたAさんの服装を、スーツであると述べたり、誘導的な尋問にころころと主張を変えています。
 その上、目撃者という人も、Aさんの手が見えたといっていますが、混んだ電車の中、袖の長いコートを着ていたAさんの手が見えるはずもありません。このように幾つもの矛盾点があるにもかかわらず、裁判長は、11月に判決の言い渡しをしようとしています。
 このままでは、Aさんは、本当に犯人にされてしまいます。今、救う会を作って署名活動や、支援の活動を強めています。
 
 Aさんは本当に、剛毅で誠実な方です。痴漢なんて絶対にやったりできない人です。このまま判決が行われたら、Aさんもご家族の人生もめちゃめちゃになってしまいます。
 なんとしても、無罪を勝ち取りたいと思います。
 今日は傍聴に、「それでもボクはやっていない」という映画を撮られた、映画監督の周防正行さんが来られ、抽選に外れて待合室組になりました。Aさん支援に来られたのでした。
 もしもあなたが濡れ衣を着せられ、威圧的な警察の権力に負けそうになったとき、家族や、無私の心で支援する人がいなっかたら・・・「それでもボクはやっていない」と貫き続けますか。自分自身の誇りと名誉にかけて、いうことができるでしょうか。重い問題が投げかけられました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-19 23:34

都市環境常任委員会審査がおわりました。

■ 境川のサイクリング道路にトイレやベンチ設置を求める請願採択。

 「東京都や、神奈川県に対して、積極的に働きかけていきます。
 また境川クリーンセンター近くのトイレ案内板は改修しました。
 クリーンセンター内に、トイレ設置は工夫して、設置できるように考えていきたい。」
 担当部長の答弁です。昨年12月議会で、私は境川にトイレ・ベンチ設置を求めて質問しましたが、今日の請願で、より一歩踏み込んだ答弁がありました。
 実現に向けていっそう頑張ってまいります。

 一般会計補正予算では、家庭ごみ収集手数料(ゴミ袋代)の新たな基金積み増し2億円余は、ゴミ袋の値段を下げてほしいという市民の願いにそむくものであるとの理由で反対しました。
 また、市営住宅の承継、暴力団排除、管理を都住宅供給公社にゆだねることなどが盛り込まれている、「町田市市営住宅条例の一部を改正する条例」は、暴力団排除の名の下に、警視庁に問い合わせ、入居者や、新たな入居者をチェックすることは市民の個人情報が守られる保障がないこと、承継を配偶者に限定することは、居住の権利を奪うことになるとの理由で反対しました。
 これでしばらく議会は休会です。その間に、決算委員会が行われて、10月10日が最終日です。
何はともあれ一段落です。

 先週の土曜日は多摩センターのワーナーマイカルに、「夕凪の街 桜の国」を見に行きました。都内での上映の後ようやく多摩センターに来ました。
 広島の原爆の傷跡は、60年以上経っても人々を苦しめているのです。でも知ることからしか始まりません。その現実を知って、どのように考え、差別や、偏見とたたかっていくのか、考えさせられる映画でした。若い人にぜひ見てほしい映画でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-18 18:55

結婚おめでとう

f0020662_21564482.jpg
 末永く幸せに

 今日は、品川のパシフィックホテルで、私の弟の長男、甥の洋君の結婚式と披露宴が行われ、気温34度という残暑の中出席しました。
 このところ我が身内は葬式ばかり続いたので、久方ぶりの慶事になりました。身長186センチの長身の洋くんと小さいお嫁さんは幸せで一杯。
 チャペルの結婚式では賛美歌をみんな大きな声で歌いました。
 洋くんはとても引っ込み思案の優しい子でした。いつも長い休みになるともうひとりの甥と横浜線に乗って立川から泊まりに来ました。
 ウチの二人の男の子達と年の差が、順番に4,5歳ずつ違うので、4人いっぺんにつれて歩くと「男のお子さんばかり4人も大変ですね~」といわれたものでした。
 ピーマンが嫌いなのに、うちに来ると食べていました。みんなで虫捕りに行って、カマキリを捕まえてかごに入れてもって帰るとき、怖くてそのかごを遠ざけて持つような子でした。
 そんな洋くんが結婚し、新しい家庭を持ち一家を背負ってスタートしていきました。
 これからの道のりはなかなか大変そうだけど、そのやさしさと性格の良さで頑張っていけそうですね。洋の字は、叔母さんの名前の洋子の一字から取ったのですから、幸せな人生を送ってほしいと思います。本当におめでとう。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-17 21:56

図師のかかしフェスティバル

f0020662_051913.jpg
■  40体のかかしが今年も豊作をねがって・・

 今日は企画総務常任委員会が開かれました。日本共産党市議団は、町田市市税条例の一部を改正する条例提案を行いました。
 提案理由は、住民税増税で負担増となった人がたくさんいる中で昨年の課税者が著しく生活困難となった場合、生活保護基準の1.1倍の収入の人の住民税の減免ができるようにするという趣旨の改正案です。
 どういう人が当てはまるのかなどの質問が相次ぎ、この請願は継続審査となりました。終わってから、資料請求された方と、担当部署の部・課長さんとの打ち合わせを行いましたが、なかなか算定が難しそう。

 帰りに遠回りをして図師の結道の田圃で開かれているかかしフェスティバルをまた見に行きました。稲穂も実り収穫の秋を迎えました。
 今年は、昨年より多い、40体の案山子さんたちが、豊作を願って、すずめの害からお米を守っています。
 ユニークなかかしに、思わずクルマを停めて眺めていく人もありました。秋の味覚、栗も無人販売所に並び始めました。町田に残された里山を、この連休見に来てください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-14 23:05

信頼される指導者とは・・・

 安倍首相辞任

 今日は一般質問最終日。6人の質問が行われました。
 3時の休憩で控え室に戻ると、「安倍首相辞任」のニュースが飛び込んできました。就任から1年足らず、舌足らずの首相はとうとう体の具合も悪くなって総理大臣の職を投げ出しました。参議院選挙での大敗。相次ぐ閣僚の政治と金の問題、暴言、憲法否定発言等々・・・持ちこたえられなくなってギブアップしました。
 これも国民の声の反映です。国民からも、自民党内部からも信頼されなくなってしまったのです。
 美しい国を創ると意気込んでいた安倍首相自身が一番美しくない結末を迎えました。

 今日、一般質問の中で、わが町田市の市長は、自身のタイプを、「独裁者タイプ」「尋問、取調べタイプ」と表しました。
 ネットカフェ難民に心を動かされることなく、「それは、国のやる仕事]と言い切る市長。熱中症で亡くなった中学生に哀悼の言葉をささげることもなく、答弁に立つこともない市長。
 あまりに市民に対して冷たいのではないでしょうか。
 今回も、殿村議員は市長の政治資金規正法違反事件の市長の政治責任問題を追及しました。
 「昨年の8月の議会で述べたとおりです。それ以外について答える必要もない」といい続けました。
 ところが、もう時間が残りわずかとなってから、猛然と反撃に出ました。「北薗調書の最初のページには横浜市の北薗氏の側からパーティーを開くことが提案されたことが書いてあって自分は消極的関与だった。だから公民権停止には価しなかったのだ」のだと強調しました。
 膨大な調書の一部だけを取り上げての反論は言い訳にしか見えませんでした。その証拠に、石阪市長は机上の水を何回も飲んでいました。
 傍聴にいらした皆さんにはどのように映ったでしょうか。安倍首相の辞任劇といい、罰金刑を受けた市長といい信頼される指導者とは何かを示しているのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-12 22:15