<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

歩道の段差補修が実現しました。

f0020662_22464255.jpg

■ これで夜も安心して歩けます

 2月の末に、小山田桜台2丁目のYさんから「小山田桜台の外周道路の歩道のでこぼこの段差で怪我をした人がいます。何とかしてください」という相談がありました。
 さっそく道路補修課に改善を申し入れました。年度替りのためかなかなか工事に入らなかったのですが、今月27日に、「きょう、工事に来てくれました。きれいになっています。ありがとうございました。」とファックスが届きました。
 今日の夕方見に行ってみると、以前は点字ブロックが数センチ浮いていたのが、すっかりならされて、でこぼこがなくなっていました。
 車道からの段差もなだらかになりました。これで、車椅子の人も、目の不自由な人も、朝夕ウォーキングする人も、イヌの散歩をする人も、安心して歩くことができます。本当に小さなことですが、実現してよかったと思います。
 
 今日は、午後から「相原・小山地区 地区計画の見直し」についての説明会が小山ヶ丘小学校で行われたので出席しました。
 東京都の区画整理開発事業である小山ヶ丘は当初の計画とは異なった変貌を遂げいまや新たな地区計画を立てなければ、無計画な街づくりが進んでしまうところまできています。
 一昨年は、廃プラ処理施設計画が秘密裏に進められ、住民の猛反対で、白紙撤回されました。小学校は新設校開設と同時に満杯、新たにもう一つ作らねばならなくなりました。その上、小学校計画予定地の前に生コン工場の建設計画が・・・ここで、地区計画の見直しをかけるための説明会でした。住民の皆さんからは、建設してはならないものに、廃プラ施設を入れるべきとの意見が上がりました。市民の要望が十分取り入れられる計画になるようわれわれ議員も力を尽くしていきたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-29 22:46

新緑の青梅へ!

f0020662_13292.jpg

■ 一斉地方選挙も終わり骨休めの小旅行

 一斉地方選挙後半戦は、狛江の市議選の応援に行きました。矢野市長の下で、6名の共産党市議団をまた確立することができました。
 狛江の有権者は約6万人。1万人に一人の共産党の議席です。町田に置き換えたら、共産党議員が30名いなくてはならない計算です。すごいことだと思います。
 
 さて、戦い済んで骨休め。木曽・森野後援会は、早速新緑の青梅へ、マイクロバスの旅を企画しました。
 塩船観音の境内のツツジを見て、温泉に入ろうと朝8時過ぎに出発。
 話に聞いてはいましたが、塩船観音のツツジは、それはそれは見事でした(写真)。
 まだ満開ではありませんでしたが、富士山が見えるという小高い丘の上から見渡せるツツジは、見事に手入れがされ、赤や紫、白の花の群れと葉の緑のコントラストがとても美しく、「あーきてよかった」と誰もが感嘆の声を漏らしたのでした。
 太陽の下でお弁当を広げ、その後は、日の出町にある、つるつる温泉に行き日ごろの疲れを解消しました。
 泉質はアルカリ性単純温泉ながら、ぬめぬめとしたお湯はぬるめで、皮膚に優しく、なかなかよい温泉でした。
 連休がスタートしました。小山ヶ丘の「いこいの湯」も混むことでしょう。私は、どこに行くという計画も無く家にいます。
 日ごろできない片付けに専念する予定です。

 夜は、支援に行った狛江の田辺議員の後援会のご苦労さん会に出席しました。
 どの人も顔が輝いていてうれしさがこぼれていました。
 田辺議員の2歳になる娘さんのあさひちゃんがお家で、選挙ごっこをするんだそうです。「ととです。たなべよしひこです。」といってまねをするそうです。演説のまねの後は、みんなに握手して回るそうです。今日も、一番最後に真似して見せてくれました。あまりの可愛さに、みんな拍手喝さい!
 我が家の息子も2歳ごろの遊びは、レゴで宣伝カーを作って選挙ごっこだったのです。懐かしく思い出しました。その息子も21歳。小笠原村の、村議選の支援に行き、島でたった一つの日本共産党の議席を守るために奮闘し、佐々木哲子さん当選に貢献してきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-28 23:30

革新市政

■ 財政が厳しくても子育て安心の町へ

 一斉地方選挙の後半戦の投票箱のふたが閉められました。開票結果が続々と報道されます。
 町田は市議選が無いので、川向こう(多摩川のこと)の狛江市の選挙の応援に行っていました。全国でも2番目くらいに小さな市です。
 11年前に前市長がバカラ賭博で市政を混乱させた後を受けて当選した共産党市長の町です。
 候補者カーに乗ってのアナウンサーや、ハンドマイクでの宣伝。ビラ配り、電話かけなどなどやれることは何でもやりました。狭い区域をくまなく回りながら、住民のみなさんの市長に対する親近感を感じとることができました。
 若い人が住みたい町子育てしやすい町なのです。子どもの医療費は、就学前までは無料です。
 繁華街のような場所は無くても、町並みは美しく、高層の建物もあまりありません。これといった大企業が無いので、税収は厳しく、前市長時代の、土木費30%以上だったころの借金返済に苦しみながら、子育て施策、介護保険料の減免制度拡大など独自の努力で、住民の暮しを守っています。
 もちろん内部努力で、議員報酬引き下げ、定数減など行い、職員も減らして歳出削減を行っています。小さい町だからこそできるよい面を生かしながら、市長が本当に身近に市民と触れ合える町が狛江です。子育てするなら狛江で・・・という声が聞かれました。
 わが町田市もそうありたいものだとしみじみ思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-22 23:04

八重桜満開

f0020662_013131.jpg

■ 小山田桜台の外周道路は花のトンネル

 寒い日が続きます。このところ冬に戻ったような気温にびっくりしましたが、小山田桜台の外周道路には、八重桜が満開になりました。
 重たげに花は下を向き、あでやかなピンクや赤、薄紅色や少し黄色がかった花で彩られた道路は見事です。
 町田市内でも珍しい八重桜の並木です。一度見においでください。

 長崎市長が、暴力団の男の銃撃を受け、亡くなりました。本当にゆるせないことです。いかなる理由があっても暴力で、人の命を奪うことはゆるされません。
 8月9日の原爆記念日の式典には、非核平和を訴え、三度地球上で、核兵器が使われることの無いようにとのアピールを発信し続けてきた市長でした。
 心からご冥福をお祈りします。と同時に二度と卑劣な暴力が繰り返されることの無いように願わずにはいられません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-18 22:13

この絵はなんでしょう?

f0020662_2271332.jpg
カエルにおへそは描かれませんでした。

市役所近くの小田急線の跨線橋のガード下のコンクリートの壁には以前スプレーでかかれた落書きがいっぱいでした。
 昨年美術学生さんたちがカラフルなカエルをえがいてくれました。それから半年以上経っていますがカエルは躍動し続けています。もちろんおへそのらくがきもないままで・・どうすれば落書きをなくせるかの良い例です。
 ちなみに反対側にはクジラが泳いでいます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-14 02:27

朝の町田駅。励ましのこえが・・

f0020662_13375048.jpg
■ 負けても負けても頑張るのが日本共産党。

 昨日の選挙結果は、都知事選挙では石原氏が前回より得票を減らしたものの三度目の当選となりました。
 日本共産党の推薦する吉田万三候補は63万票の得票を得ることができました。
 同時に行われた、都議会議員補欠選挙では、古橋よしやす候補が当選はできませんでしたが2万票を越す得票を得ることができました。
 石原知事の、税金の無駄遣いを追及してきた選挙戦の中で、暮らし、福祉優先の都政実現を訴え続けてきました。
 広く浸透し都民の怒りになったと思います。現職の壁は厚く、都民も迷いに迷い、現状維持を選択したのではないでしょうか。
 頼りにされる日本共産党をめざしてこれからも、掲げた公約実現に頑張ります。
 朝、町田駅のペディストリアンデッキに、古橋さんと、日本共産党市議団農地私も含めて4名の議員が立ちました。
 駅の改札口に急ぐ皆さんに選挙のお礼とご挨拶。引き続く7月の参議院選挙での、支持の訴 えを行いました。
 急ぎ足で通りすぎる人たちが、選挙結果のビラを受け取りながら、「ご苦労さん。またがんばって」と声をかけてくださいました。不屈に頑張るのが共産党なのだと胸が熱くなりました。
 
 8時に終わって、急いで、地元に戻り、小山田中学校の入学式に参列しました。新入生194名。5クラス編成です。
 つい3週間前まで小学生だったのに、紺色のブレザーの標準服を着ると見違えるように大人びて見えました。中学校生活が、実り多いものになるようにと祈るばかりです。
 式だけの簡素な入学式にちょっと違和感を覚えながら、玄関を出ると枝垂れ櫻が満開でした。 この中学校も小山田桜台団地と共に歴史を刻んできた学校です。東京一のマンモスだった時代を経て、今は一学年5~6クラスに落ち着いています。
 尾根緑道も静かです。祭りの後の静けさとでも言うのでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-09 13:37

町田さくらまつりにぎやかに開催

f0020662_226562.jpg

■ 戦い済んで花が散る

 長い間のご無沙汰でした。
 
 町田の都議会議員補欠選挙、都知事選挙は今日投票が行われました。
 結果はまだ確定ではありませんが石原氏が都知事に三選されたようです。
 われわれ市議会議員もそれぞれの陣営で各自が担ぐ候補者の当選のために必死でした。
 ともあれ今日は投票日、そして、町田では尾根緑道で恒例のさくらまつりが行われました。私も、午前中は、知人、つながりのある人などに、選挙のお礼電話をかけ、お昼からすぐ隣の小山田中学校に投票に行きました。
 ここの投票所は投票率が高い場所として有名ですが、続々と投票に訪れていました。投票してからお花見という人が多いのか、家族連れが目立ちました。
 私も投票を済ませてさくらまつり会場へ。青と白のテントを一店づつのぞきながら今年も出店している「町田の農業を考える会」の野菜販売の店に。私も会員です。
 今年も十数品目の地元小山田産の野菜を会員の農家が出品してくれました。飛ぶように売れ私が到着したときにはすでに、レタスと小松菜、ほうれん草、葱くらいしかありませんでしたが、にわか売り子になって売りまくり、とうとう完売しました。
 満開のさくらがそよ風に花吹雪となって舞い散り、それもまた大変美しくうっとりと見とれてしまうほどでした。

 しばらくブログもお休みしました。明日は中学校の入学式です。その前に、市民の皆さんに選挙の報告のために朝、町田駅に立ちます。
 その後は一斉地方選挙後半戦が始まります。4年に一度のさくらの季節は、選挙、選挙ですが、民主主義の根本が問われる時期でもあります。さあもう一頑張りかな・・・。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-04-08 22:06