<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

親亡き後の障がい者の自立とは・・・

久しぶりに美容院に行きました

 なんと7ヶ月ぶりに美容院に行きました。いつも長い髪をまとめているので、あまり髪が伸びても気にならないのですが白髪が目立ってきたので思い切って行きつけの美容院へ。
 シャンプー、パーマ、へナで毛を染めると3時間半かかります。美容師さんのなすがまま。注文も言わないでお任せです。
 ここでしか読むことのない女性週刊誌を3冊読みました。なんて皇室記事が多いんだろうとびっくり。芸能人の私生活のあれこれ、その人の人格を無視したゴシップ記事ばかり。あとはいかにしたら痩せられるかといった類の記事のオンパレードでした。
 この手の読み物ばかり読んでいると世界が明日戦争勃発というときになったって知らないまま戦争に巻き込まれてしまうんじゃないでしょうか。
 町田は美容院激戦区だそうです。店長さんは「ほんとに景気は回復しているんでしょうか。こんな商売も、税金を払ったらみんな消えちゃうんですよ。皆さん、切り詰めるのは美容院の回数を減らすことですものね。」と大変な思いを語ってくれました。
 少し短く髪を切って軽くなりました。お財布も軽くなりました。

 夕方からはホテルエルシーで行われた、毎年恒例の知的障がい者町田育成会の新年会に出席しました。町田の障害福祉の草分けとして頑張ってこられた育成会も事業拡大と共に大きくなってきましたが、障害者自立支援法が昨年国会で成立したもとでの今日の新年会でした。  ある方はもう84歳になられ、52歳のお子さんを今でも、自分が運転する車に乗せて作業所に送迎されています。
 親亡き後、障害を持った皆さんが、真に自立して生きていくことができるようにするのが自立支援法の目的ではなかったでしょうか。
 現実は厳しい。通所するために利用料を払わなければならず、給食費、送迎費用など今まで以上の大きな負担が生じています。そのため毎日通えなくなってしまった人も生まれています。施設の方も利用者がなければ、収入が大幅に減らされてしまい、経営もままならなくなってしまうのです。
 こんな矛盾した制度に賛成した、自民、公明は許せません。臆面もなく挨拶に来た、町田選出の国会議員の挨拶は片腹痛いの一言でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-13 23:45

今年は民生委員さんの改選の年

暮らしと命を守る民生委員さんが不足しています。

 今日は朝から、民生委員推薦会に出席しました。今期、私は議会選出の民生委員推薦会委員なのです。
 今年は民生委員さんの改選の年です。3月ごろから新規に民生委員さんになっていただくための訪問活動が始まります。
 急激な人口増などによって、町田は対人口比で一人の民生委員さんの受け持つ割合が非常に高くなっています。
 定数は是正されるでしょうが、なり手がいないというのが現状です。考えてみたら、本当に大変なお仕事です。
 夜昼なく、日曜もない毎日。生活のことから、子育てのこと、高齢者のことすべての市民の皆さんの命と暮らしを守るお仕事です。初めて民生委員さんになることができる年齢も65歳未満と制約もあり、なかなかお願いするにも条件が厳しくなっています。今回の改選がどうなるのか・・・ちょっと緊張します。
 夜は、市役所の食堂で行われた市職員組合の旗開きに出席しました。共産党市議団に職員のかたから、石阪市長のリコールを頑張ってほしいという願いが寄せられました。
 組合の掲示板には、「ホワイトカラー・イグゼンプション反対」のスローガンが張ってあります。石阪市長は挨拶の中で、「部長に求めたのと同じに皆さんにも仕事目標を求めていきたい」というような発言をしていました。今こそ組合が頑張るときではないでしょうか。公務員として、憲法を守るために立ち上がるときではないでしょうか。
 市役所ってなんなのだろう。市役所に働く職員は誰のために働くのだろう。市の経営とはなんなのだろう。これからの町田市役所はどこに向かっていこうとしているのだろう。いろいろな思いが駆け巡りました。
 少なくとも41万市民の一人一人の暮らしや希望が叶えられ、この町に住み続けたいと思うような町にしていくこと、人のために市役所はあるということが大事なのではないか・・・考えさせられました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-12 23:06

朝の多摩境駅

違法な働かせ方はゆるさない!

 今朝は多摩境駅で、古橋よしやす都議候補と一緒に、小山や相原の地域の共産党後援会の皆さんが6人も来て下さり元気に朝の宣伝をしました。
 今日は鏡開き。お正月もあっという間に終わってしまいました。
 いつもどおりの朝の風景ですが、今朝はなんだか仕事に急ぐ皆さんに伝えたいことが私の胸に一杯詰まっていました。
 昨日のしんぶん赤旗の一面には、牛丼チェーンの「すき家」の全アルバイト従業員6000人に残業代割増分が支払われることになったという記事がありました。
 労働基準法では、一日8時間を超えて働かせた場合、会社が最低25%増しの割増賃金を支払う義務を定めていますが、すき家は月175時間を超えたときだけ割り増し分をはらうという違法な支給方法を続けていました。
 店舗改装を理由に解雇されたアルバイトの青年6人が「首都圏青年ユニオン」という労働組合に加入。解雇を撤回させ過去2年分の割増分の支払いを実現した力が、全アルバイト6000人の残業代割増分の法律どうりの是正となったのです。
 違法なことに対して、おかしいと声を上げ、たたかえば道は開けるということを示したのです。このことを皆さんにお話しながら、駅の改札口を出て、小山ヶ丘に次々できるマンションや会社建設現場に向かう派遣やアルバイトの青年達の権利はきちんと守られているのだろうかと思いました。
 1時間の宣伝を終えて、Aさんの熱い韃靼茶はのどを潤しおいしかった・・・国民の苦難のあるところ日本共産党ありの心を大切にしようと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-11 22:22

信号機をつけてください

町田警察へ・・・

 朝10時半に待ち合わせて忠生地域の皆さんと町田警察に信号機の設置を要望に行きました。芝溝街道の馬駈の少し下、ローソンの交差点に信号をつけてほしいという地域の皆さんの長年の要望を伝えました。
 応対してくださったN係長さんは「ここは町内会からも要望のあるところで都の方にも上げてあります。一年間に信号がつくのは東京全体でも100件くらいで、町田からは50件以上の要望をすでに出してあります。昨年は町田だけで9件つきました。ここも、歩行者用信号で対応するなど考えたい。」と大変前向きでした。
 なるほど・・・優先順位ということもあるだろうし、バランスということもあるかもしれないな、と思ったことでした。車を運転していると、こんなところに信号はいらないよ。と思うようなところに知らないうちに信号がついていたりします。
 一つ一つの信号設置にはそれなりの意義があるのだということがわかりました。と同時に信号は、あくまでも歩行者を守るためのものなのだということを再確認しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-10 23:55

下水道が横浜線を越える日がみえてきた

下水道普及率100%の夢

 東京都区内の方には想像もできないでしょうが、町田はまだ下水道が通ってない地域が残されています。
 町田に越してきて汲み取りのトイレのお宅があることにも驚きましたが中心部を除いて合併浄化槽のお宅がほとんどでした。
 小山田桜台も処理場を持っていて、きれいにして鶴見川に放流していましたので管理費用のほかに処理費用が徴収されていました。
 寺田市長の選挙公約に「2000年までに100%普及を目指す。」とあったのを覚えています。
 なかなか計画は進まずようやく小山地域に工事が始められ、いよいよ西のはずれ相原地域への計画が立てられることになりました。
 今日は、相原の連合町内会長さんへの説明が行われるというお知らせを頂いたので私も出席させていただきました。
 今年度以降の年次計画の中で面整備が行われるということです。これでいよいよ100%に近い普及率となっていくでしょう。
 問題は、補助や融資制度があっても各個人が整備するためには相当の負担が生じるということです。この問題は大変切実で且つ大きな問題です。
 この点をクリアーするために行政ができることは何か今後の課題でもあり、現に工事が進んできている地域の差し迫った問題です。
 いよいよ下水道が横浜線を越える日が見えてきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-09 23:37

成人式宣伝

20歳は大人か?

 今日は成人の日。町田は「20祭まちだ」という式典ではないイベント中心の催しが行われました。今日は成瀬体育館でメインステージのミュージックパフォーマンスが行われ、晴れ着を着た新成人の皆さんが集いました。
 私は、成瀬駅前で新婦人の皆さんと一緒に恒例の核兵器廃絶の署名とカードを配りながらの宣伝に参加。きれいな振袖姿の娘さんはまばゆいばかりでしたが、一向に署名してくれません。今日は、着物姿で歩くだけで精一杯なのでしょう。
 男の子はというと連れ立って改札口を出てくると知り合いを見つけてはおしゃべり。たまに紋付はかまの人もいますが、申し合わせたようにダークスーツ。穏やかな冬の日差しの中を三々五々会場へと向かって行きました。
 憲法論議が目の前に浮かび上がってきた中で、国民投票法案も今月から始まる国会で論議されようとしています。
 20歳を成人とし、選挙権を持つことができる現行規定を18歳にという案も出ています。

 私は20歳になったときいよいよ選挙権ができたという感動を覚えました。成人式には行かなかったけれど、星ヶ丘茶寮で家族に成人を祝ってもらいました。
 あのころ私はうんと背伸びしていたように思います。大人になることを意識し目の前に開ける自分の人生を夢みて希望が一杯有ったような気がします。
 今日成人式を迎えた青年達はどうなんだろう。学生であったり、すでに社会人の人もいるでしょう。
 夢が叶えられる社会なんだろうか。そもそも夢を持って20歳になっているのだろうか。なんだか心もとない気がします。
 でも、夢を見ないように仕向けている社会があるならその冷たい社会を変えなければならないと思います。これからの長い人生が幸せの多い人生であってほしいと心から思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-08 17:28

氷雨の土曜日

久しぶりの雨の土曜日は挨拶回り日和?

 前日の予報どおり朝からの雨になりました。連日暖かい日が続いていたので、今日の寒さが分かりません。
 それでもセーターを着てオーバーに襟巻きで出かけました。きょうは、図師地域の古橋都議候補自宅周辺のご近所の皆さんに挨拶回り。
 雨は激しくなり、坂道は膝にこたえ、手は冷たくなり、資料は雨に濡れ、案内のKさんも大変だったのでは・・・それでもどこのお宅でも頑張ってくださいとか雨の中ご苦労様とか声をかけていただき、心が温まりました。
 何よりよかったのは、この雨のためか外出されている方が少なくて、多くの皆さんにお会いできたことです。
 しばらくぶりの方も、ご病気をされていたり、ご高齢で外にはなかなか出られなくなっていたり、一人一人の暮らしの実態が感じられました。
 町田に暮らす41万市民の一人一人が年を刻み人生を重ねていくことに思いを馳せることができるような議員であり続けたいと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-06 23:10

新年最初の駅頭ご挨拶

1月4日市役所も新しい年を迎えました。

 4日の朝は町田駅頭で新年の挨拶を行いました。殿村議員、佐々木議員、私と古橋都議予定候補の4人で交互にマイクを握りました。
 年々仕事始めのゆったりした中にあった張り詰めた清涼な緊張感はなくなったような気がします。若い人も、団塊世代と見える人も元気がないなーと感じます。晴れ着の女性も見かけません。
 景気回復といいますがそれを実感している人はどれだけいるでしょうか。安倍首相は、再チャレンジできる社会をめざし25万人の青年雇用を増やすといいます。大学生の就職氷河期は去ったともいいます。
 でも、多くは人材派遣会社からの派遣であり、1年以上の有期雇用なら正規雇用に含むとしていますから、短い期間の雇用契約が終わればまた新たな仕事に再チャレンジしなければならないのです。
 団塊世代の皆さんもなかなか再就職口が見つからないのが実態です。雇用問題が解決しない限り明るい未来は見えてきません。
 「体に気をつけてどうか元気を出してください。今年は選挙の年、国民いじめの政治を変えるチャンスです。日本共産党は全力で頑張ります。」と語りかけずにはいられませんでした。
 駅頭を終えて市役所駐車場前で、登庁する職員の皆さんにご挨拶。その後庁舎内の各課を回って新年の挨拶をしました。
 私も今年は2期目の2年目に入ります。目標を持って頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-04 14:08

顔が命!

新年の年始回りは怪我でスタート

 うーん痛い。だんだん痛くなってきた・・・でも顔は死守しました。なんてったって議員は顔が命!
 どうしたかって?今日は午前中新年の挨拶回りということで、IさんとDさんの案内で、都議予定候補の古橋さんと一緒に小山田桜台の赤旗読者の皆さんのところにご挨拶に伺いました。
 ところがスタートして2軒行ったところで棟と棟の小道の飛び石につまずいたのです。パタッと両手を広げて前に倒れ、私は、顔をすりむくこともなくすっくと立ち上がったのです。
 そう、顔は女の命(?)とばかりかばったのですが・・・今頃になって手が痛むのです。その時はなんでもなかったのに・・・
 私は悟りました。注意一秒怪我一生。わずかな段差も気をつけなければいけない年齢になってきたのだと。皆様も、お気をつけください。

 昨日は議会事務局からファックスが入りました。昨年二月の改選まで議員を務め、引退された古宮杜司男元議員が元日の夕方、亡くなられたとの訃報でした。
 町田の名物議員だった古宮さん。89歳でした。ご冥福をお祈りします。
 私は昨日は、息子と一緒に両親のお墓参りに高尾の東京霊園に行きました。毎年、1月2日はお墓参りと決めています。
 広い霊園には、お正月のお参りに見える方が引きもきらず、ああ、この方達も紅白で歌われた「千の風になって」を実感されているのかなと思いました。明るい公園墓地に、線香の煙が漂っていました。
 この日、私達は管理事務所に行き2月に私の両親の眠るお墓に亡くなった息子の建(たける)を埋葬するための手続きを行い、石材店で墓誌名のお願いをしてきました。母の3回忌と息子の1周忌と納骨を行う予定です。
 いよいよ別れの日が近づいてきました。とても複雑な気持ちです。心がざわざわするというのはこういう気持ちを言うのでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-03 21:13

新年明けましておめでとうございます。

寂しい正月だね

 あけましておめでとうございます。とはいえ今年の正月はまだ喪中のため、年賀状も失礼しました。
 大晦日はいつもどおりおせちを作り、秀衡塗りのお重に詰め終わり、昨晩は紅白歌合戦の白組の歌手、秋川雅史さんの「千の風になって」を楽しみに待ちました。
 いつも早々と風呂に入ってスポーツ新聞の出場歌手一覧を見ながら、紅白を楽しみにしていたタケルはもういないのです。
 秋川さんはきれいなテノールで、朗々と「千の風になって」を歌い上げてくれました。
 千の風になって私のところに来てほしい。また、お母さんて呼んでほしい。歌を聴きながら涙が止まりませんでした。
 一晩明けただけで今日から2007年。気持ちも切り替えなくては・・・と思うのですが、テーブルにはタケルの分も祝い箸を並べ、お雑煮もよそって共に新しい年を迎えました。
 午後からは、立川の叔母と弟の家に行きました。いつもいる場所にタケルがいないことがこんなに寂しいなんて・・・弟達も叔母もそして私達家族もみんなが深く思った元日でした。
 
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。今年は都知事選挙。町田では都議補選。7月には参議院選挙と相次ぎます。これ以上の国民いじめは許せません。がんばり時です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-01 21:49