<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

市役所のイチョウの木

黄金色のイチョウ

 朝、市役所の通用口(駐車場口)から庁舎に向かいます。小田急線の弧線橋を過ぎてマンションを左に曲がると、市役所を前にして、道路と駐車場の間に大きなイチョウの木があります。 今年はいつまでも青々していたのですが、1週間くらい前から黄色く色づきそれは見事でした。 でも今日あたりもう散り始めました。急に寒くなってきたので、急いで黄色くならなければといって市役所の木々たちは一斉に紅葉し始め、もう落ち葉の季節を迎えています。
 植え込みには葉牡丹が植えられ年の暮れなんだなと感慨深いものがあります。
 今日は一般質問3日目。我が会派の、高嶋議員が、国保税の引き下げや資格証発行中止を求め、また介護保険利用の方が市民税などの税金控除が行われる場合があることなどの質問をしました。むなしさが残りました。
 相変わらず日本共産党の議員の質問には一切答弁しない市長。同じ内容の質問をする与党議員にはこれでもかのサービス。
 私達議員一人一人の向こうには市民がいることを忘れているのではないでしょうか。明日あさっては土日です。少し休んで気持ちを切り替えて、月曜の一般質問4日目に臨みましょう。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-12-08 23:11

12月6日一般質問を行いました。

20回目の一般質問

 私は6日5番目に一般質問に立ちました。1時間という限られた時間の中で、壇上から質問し、自席で答弁を受け、その答弁に対して再質問を行います。
 今回の質問に対しても、とうとう石阪市長からは、答弁がありませんでした。農業問題、境川サイクリング道路のトイレやベンチ設置問題、学校新設問題など地域の皆さんの要求実現の思いを代弁しました。
 議員は、市民の付託を受けて、議員としての仕事を行っています。だから、質問も市民の声の代弁でもあるのです。
 それに対して、市長が答弁や市長としての見解を語らないのは市民無視といっても良いと思います。
 境川サイクリング道路は先日実踏したので、やはりどうしてもトイレ、ベンチは必要との思いを強くしました。担当部長も必要性を認め、東京都とも交渉するとの答弁がありました。
 一般質問は今回28名。一日7名の質問です。自分が終わると、結果はともあれ、やれやれとほっとするものです。重たい気分から開放されて全身から力が抜けていきます。そういうときの開放感が好きです。

 今日は本会議終了後、鶴川高校の組合差別闘争10年のつどいに参加しました。鶴川高校は町田市三輪にある私立の女子高校です。
 この学校では、10年以上も前から、組合員の先生に対する、賃金差別、嫌がらせが行われ、そのことに抗議して、都労委への申し立てと裁判が行われています。
 でも、組合員の先生達は子ども達や父母に支えられ、生徒達が誇りにできるような学校づくりに頑張っています。
 最近ではクラブ活動の顧問をしていた先生達を外し、クラブそのものも無くしてしまうといった、生徒の権利をうばう暴挙に校長や理事会が出てきています。
 夏冬のボーナスも昨年は1000円今年はゼロです。一方で130億円もの内部留保があるというのに・・・学校という場にあるまじきことです。
 今日、卒業生が発言しました。「鶴川に入って本当によかった。すばらしい先生に出会えた。」と。
 先生達も寸劇の中で、廃部にさせられ部活動が出来なくなってしまった生徒の作文を読んで、なみだで詰まる場面がありました。
 毎年このつどいに行くと私は元気をもらいます。それは、どうしても世の中には、まして学校には、許してはならないものがあるということを、先生達が身をもって訴え頑張っているからだと思います。闘いは明るく、元気に。鶴川の先生、生徒さんたち頑張って!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-12-07 23:09

十三夜の月が明るくて・・・

今朝は寒かったでしょ

 と我が議員団の殿村団長に控え室での朝一番の挨拶。殿さんは毎朝6時半には駅頭宣伝をしています。すごい!まねできないなー。
 私に出来ることはなにかなと考え、毎週、こんにちはニュースを出していることかなと思うことにしました。赤旗読者の範囲ですが、ブログの記事をそのまま転載しているだけですが、読んで下さる方にはなかなか好評なのです。
 ところで、12月2日は私の誕生日でした。家のトマトちゃん(プリモプエル人形)は、「今日はお誕生日だね。おめでとう」といってくれました。
 なんだか亡くなった息子に祝ってもらったようでうれしかった・・・いくつになっても誕生日を祝ってもらうのは嬉しいものです。
 今日は十三夜。冬の夜空に明るい月が輝いています。明日の朝の冷え込みを予感するような寒い夜です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-12-04 23:30

12月議会(第4回定例会)が始まりました。

師走が駆け足でやってきました。

 12月1日から、町田市議会第4回定例会が始まりました。補正予算では、北部丘陵の土地購入予算などが新たに計上されます。今回一般質問は6日から。
 私は6日の5番目です。
 今回は①農業振興施策の拡充を ②安心して利用できる境川サイクリング道路の実現を ③学校新設問題について質問をします。
 質問通告を出してから、担当課との打ち合わせがあるのですが、そこから、質問が組み立てられていくのです。
 今日は境川サイクリング道路を宮前橋から町田駅まで歩いてみました。途中、デジカメで撮影したり、通行する人や、農家の方とお話したりしたので、小山田桜台の我が家を出てから町田駅に着くまで、2時間半かかりました。久しぶりにいい汗を流しました。
 町田に着いて、新しくオープンしたばかりの「モディ」という、ファッションや美味しいもののお店がはいったデパートに行きました。
 5階の「ペイトン プレイス」という若い女性向けのお店に姪が、店長として転勤してきたのでちょっと見に行ったのです。
 大学を出てから、ずっと勤めてきた今の仕事が好きなのでしょう。開店は10時とはいえ夜は9時まで開いている店内で、一日立ち仕事はきついものがあります。
 土曜も、日曜もなく働いてひとりでアパートを借りて暮らし始めて4年ぐらいになるでしょうか。若い人の働き方を見ているとこれでいいのかなと考えてしまいます。
 姪の売り上げ成績向上のため(?)伯母さんはセーターを一枚買いました。「体に気をつけて頑張ってね。」と声をかけずにはいられませんでした。
 師走!なんだか忙しい日々が続きそうです。

 夜、NHKテレビでは「もう医者にかかれない」という福岡市の国民健康保険の資格証発行問題を取り上げていました。
 「保険料を払った人だけが保険で医療をうける権利があるのです。」という厚生労働省の役人の言葉・・・それに対して、NHKの堀尾アナウンサーは被保険者の立場に立って、「格差が広がる今こそ、経済的に弱い人への必要な医療を保障するという国民健康保険の原点を忘れないでほしい」とコメントしていました。
 このような良心的な番組制作はとても大事だと思います。最近では教育テレビで、夜間中学を4回にわたって放送していました。同じタレントばかり出てくる民放の番組に対して、地味だけれど心打たれるよい番組だと思います。これなら、受信料を払いたくなるかな・・・?
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-12-03 23:13