<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

都市環境常任委員会が開かれました。

市民の税金の使い方

 今日は委員会審査が行われました。私の所属する委員会都市環境常任委員会は建設部、環境産業部、水道部、下水道部、都市計画部、清掃事業部所管の議案の審査を行います。
 9月議会に上程された主な議案で、問題となったのはは予算関係では、剪定枝資源化施設の建設予算でした。
 街路樹や、造園業者の持ち込んだ剪定枝を破砕してミキサーの様な機械で細かくし、ミンチ機のように、最後はチップになって出てくる機械が現在はリサイクルセンターにありますが、小野路に新たに工場を作って稼動しようという計画です。
 ゴミとして燃やしてしまう剪定枝を資源として、土壌改良剤や、酪農に利用するという計画は評価できるものの、生成物の販路の問題や、工場建設に11億円もの多額な費用がかかる点、その財源として市債とゴミ有料化で得た基金を投入する点など納得できない点もありましたが、付帯意見をつけて、予算は可決されました。
 また市長提案のごみゼロ市民会議について行政報告がありました。当初町内会自治会などの代表10人と公募の50人で60人委員会になる予定のところが、公募したところ、応募者がどの人も真剣にごみ問題の提言を行っているということで、市民からは125人の委員が参加することとなり、135人の委員会が10月から発足することとなったという報告がありました。市民参加型の初めての形として注目されます。

 今日の委員会が終わり、あとは10月5日の本会議最終日までは、決算委員会が開かれます。また新たに議会改革特別委員会が設置され、私は委員に選出されましたので委員会が開かれます。委員会も傍聴できます。どうぞおいでください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-14 23:54

子育て安心の町田に!

11日6番目に一般質問を行いました

 合計特殊出生率が町田市では1.10。一組の夫婦から1人の赤ちゃんしか生まれません。出産には約50万円もの一時的な出費を余儀なくされ妊娠中の健診も2回の無料検診を除けば市民病院でも13万円の費用がかかります。
 9月議会の一般質問では安心して子どもを産み育てられる町田市の施策を求めて、市長の考えを問いましたが、市長の答弁は一言もありませんでした。
 
 子育て支援に欠かせないのは経済的支援と安心して産み育てられる条件整備です。出産手当て創設や子どもの医療費無料制度の拡充など、市としての施策を求めました。
 市民病院総院長は、「全国的に産科、小児科医師が不足していて町田では分娩を扱う産院は七カ所になっている。市民病院でも医師の増員が大きな課題。周産期医療センターの設置は八王子小児病院が統廃合されてしまうため必要度は増している。が医師の体制がとれないため地域型でやらざるをえない。」と述べました。
 また指定管理者制度について質問しました。
 指定管理者制度というのは、市の公の施設(文化・体育施設、保育園、学童クラブ、駐車場、障害者施設)などの管理、運営を社会福祉法人、NPO法人、公社、民間株式会社などにゆだねるものです。
 この制度が導入されて二年。各施設の問題点や今後の課題についてただし,継続性や質の確保、安全のために「官」の果たす役割があることを強く求めました。それぞれ担当者は概ね運営はうまく言っている。と述べ引き続き市民の満足を得られる施設作りに努めると述べました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-12 17:15

9月9日重陽の節句

蒸し暑い一日でした

 昨日は、息子の月命日でしたので、今日立川の弟夫婦、叔母、甥がお参りに来てくれました。仏前に供える花も、リンドウや、小菊などが多くなりました。
 お供えの果物も梨、ブドウなど秋の果物になっています。
 みんな集まると、「なんで建くんがいないの?」って思ってしまう・・・。生きていればにこにことみんなに今年の高校野球の見どころをどもりながら話す建の様子が目に浮かんできます。

 たけるくん、5日にはちひろくんの21歳の誕生日を祝いましたよ。親にとっては、元気でいてくれることが何よりの喜びなのです。
 
 ここのところ、人の命があまりにも簡単に奪われる事件が相次いでいます。いたたまれない気持ちになってしまいます。
 今朝、NHKの朝の連続テレビ小説「純情きらり」を見ていて、涙が止まりませんでした。主人公の櫻子の婚約者達彦が、戦後突然復員してきます、戦友を見捨てざるをえない状況の下で死なせてしまった痛恨の思いで、心を硬く閉ざしてしまいます。なき戦友のお姉さんに遺品を届けに行き「お許しください」というのですが、お姉さんは「ゆるしませんよ。あの戦争が正しかった、意味ある戦争だといって駆りたてた人を、そして送り出した自分自身も。あなたには未来がある。でも弟にはもう未来はないのです。」というのです。
 本当に重い言葉でした。戦争する国づくりが着々と進められようとしているとき、今日のこの朝ドラを自民党の総裁選で名乗りを上げた人たちに聞いてほしいものだと思いました。
 なくなった命は二度と帰ってこないのです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-09 22:14

行革には饒舌な市長

介護保険、障害者自立支援法、国民健康保険にはだんまり

 今日は日本共産党市議団の細野議員、佐々木議員が一般質問を行いました。介護保険の改定で介護からはずれ、車椅子や、電動ベッドを取り上げられてしまう問題や、障害者自立支援法の施行で1割負担となり今まで通りのサービスが受けられなくなってしまう問題、滞納による国保証とりあげなどについて質問しましたが、一切そういうことには、市長の答弁がありませんでした。
 それなのに、「行政改革推進法」「市場化テスト法」についての市長の見解を問うと、急に饒舌になり、自治体の役割は、最小の経費で、最大の効果を生み出すことだと述べ、町田市でも、国が考える以上の削減もある、めざすのは、町田市の経営改革であり、公共で担っていかなければならないサービスとはどう提供するかであり、サービス提供の人件費を減らし質を確保していくことが求められている。公共の福祉の増進というが、福祉サービスは第三者評価を受けるべきものだというような、答弁を行いました。
 よく分からないなーと思いながら、結局言いたいのは、「もっと市の経営改革を進めることなんだな、職員を徹底的に減らすことなんだな」ということだったようです。
 明日明後日は議会は休み、月曜日はいよいよ私の一般質問です。うーん遅くにやっても大変だな・・・眠れない日々が、より長く続くだけです。でも頑張らなければね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-08 23:56

一般質問今日は8人

本会議場の議員の椅子

 今日は一般質問2日目。我が市議団の団長殿村議員の一般質問がありました。石阪市長の政治資金パーティー問題での追求第3弾。
 もう半年も経ってしまったのかと感慨もひとしおでした。
 なのに、最初の発言をくるくると変え、自分には何の責任もなかったと言い訳に終始し、市民に対して真実をあきらかにしない姿勢にはあきれるばかりです。
 4月にメールの案内文をはじめて知ったなら、3月の全員協議会での市長自ら提出した、資料のコピーの案内メールの前文は、読みもせずに出してきたということでしょうか。
 不可解というほかありません。真実は一つ。市長本人が一番よく知っているはずです。
 3月議会でのパーティー問題の質問のやり取りを、我が市議団の、市議団ニュースに掲載したところ市長から訂正を求める申し入れがあったのですが、そのあと6月議会の終わった日に市長自ら、このように直してほしいと文書が示されました。
 「メールの案内文の作成にはかかわったが、メールは送っていない」と・・
 横浜の北園元市長室長と相談して、案内文を作成していたのです。それを知らなかったと言いくるめようとしてもダメです。
 何よりも、そのことが、罰金30万円を科せられた、犯罪の大本なのですから。
 議員に対する答弁も、なんだかギクシャクしていて、一言で言えば、人間性の感じられない答弁に終始しています。
 ようやく30人の質問者の半分終わりました。

 本会議場の議員の椅子は、大きくて重く前後が深くて、一日座っていると結構疲れます。前の席は、足元が冷えてしまいます。エコノミー症候群にならないように、気をつけなくては。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-07 23:18

町田市は10億円の増収?

全員協議会で、議案説明がありました。

 今議会は、9月補正予算と、条例改正、決算議会です。今日は、各常任委員会順に、議案説明がありました。
 歳入で言うと個人市民税は、人口増や、控除の廃止等による増収となり、10億円が新たに増えました。
 税収がよいことは、反対に考えれば、市民が増税であえいでいるということですから良いことだとはいえません。
 担当部署の方々は一生懸命予算を作っているのですが、結果的に市民を苦しめることになってしまうこともあるのです。
 初日に委員会付託になった条例改正案が、委員会で審査されました。障害者自立支援法に伴う自己負担増のため、委員会では、ことごとく、否決となりました。これもめづらしいことです。 波乱含みの9月議会。いよいよあさってからは一般質問です。私はあと1週間ありますが、早くても、遅くても来るものは来る・・・準備に時間を費やすのは同じです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-04 23:30

Yさん安らかに

Yさんの93歳の生涯にお別れしました。

 夕方から、地域の仲間であるYさんのお通夜に行きました。93歳で一生を閉じたYさん。
 九州の熊本の生まれで、気骨のあるおばあちゃんでした。
 昨年の正月には、青年達の餅つきの指導に来てくださり、一生懸命、返しをしてくださったのです。青年達があまりに何も知らず、手も出せないくらいYさんの活躍はすばらしかったのですが「いまどきの若い者は・・・」と怒ってしまわれ、誤解を解くのに大変でした。
 でも、「若い者が頑張らないと」といつも言い続けておられました。
 民謡が大好きで、地域のお食事会の余興で、おてもやんを歌う姿は90を越した人とは思えませんでした。
 娘さん一家と同じ敷地の中に住んでおられましたが、娘さんのだんな様が最近なくなり、自分の体調より娘さんのことを心配しておられました。
 先日、夕方の地震のあった日、椅子に腰掛けたままなくなっていたそうです。大往生といえるでしょう。
 権力や、戦争にはいつも反対だといっていたYさん。天国でもしっかり者のYさんでいてください。長い間ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-03 23:16

市長の処分は給料の30%を6ヶ月減らすことで決着か・・・

昨日は、本会議が終わったのが深夜11時半近くでした。

 なんともすっきりしない思いで本会議が終わりました。市長提案の111号議案「町田市長の給料の特例に関する条例」を委員会付託にするか否かで記名投票で決めるか(民主・社民・ネット)、無記名で決めるか(自民・公明)という双方の提案をめぐり、延々と話し合いが続けられ、4時間にも上る攻防の末双方が取り下げたのですが、今度は議案の採決を記名、無記名にするかどうかでまた紛糾し結果的に無記名投票となってしまいました。
 その結果、傍聴者、インターネットで見ていらっしゃる市民の皆さんには、起立投票でもないので、誰が賛成なのか反対なのか、分からないまま20対15で、条例は可決しました。
 空転する議会に、市民の皆さんは説明もなく、ただ待たされ続けたのではないでしょうか。
 結果石阪市長は、給料(月額106万円)の30%を減額することでこの問題を逃げ切ろうとしています。
 横浜市の北薗元市長室長は罰金30万で石阪市長と同じですが、9ヶ月の停職処分となり自ら職を辞しました。比較するものがないといって、唯々諾々として、あくまでも市長の座にしがみついているのが石阪市長です。
 これから、一般質問があります。真相を市民の前に明らかにすることと辞職を求めて頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-02 23:55

まだ議会続行中です。

休憩中です。最後の市長の減給提案の採決を巡って、これから会議がはじまります。
           22時20分です
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-01 22:20

議会紛糾中

■今日から本会議。議案提案が行われ質疑を行いました。三時の休憩がまだ続いています。今六時。市長の処分について市長提案を委員会付託にすべきか否かをめぐり記名投票か無記名投票にするのかで社民・ネットと自民・公明が攻防を繰り広げているのです。市民不在の議事運営に傍聴者は待たされっぱなし。まだ再開のめどが立ちません。何よりも大切のは市長の政治責任を追及することです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-01 18:02