<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

眠さもピーク

町田の農業を守る・・・それは緑や自然も守ること
 
 朝5時半起きで、今日は相原駅西口での朝の宣伝でした。地元からDさんを乗せて相原駅に向かいました。
 気温20度まだ9月なのに寒いくらいでした。相原駅に7時前に着いて宣伝の準備をしているとAさん、Sさん、Yさん、Sさんがやってきて、にぎやかにビラを配ってくれました。
 そのうちにIさんも駆けつけてくれました。今日は「こんにちはニュースと日本共産党紹介リーフを配りながら市政のことにも触れ、また教育基本法改悪は絶対にゆるすことは出来ないと語りました。
 今日は、新たに内閣総理大臣になった安倍晋三氏の所信表明演説が行われました。「美しい国へ」という書物をざっと読むと、教育改革、憲法改正などを主張していますが、連立の安定の上に支持率70パーセントの勢いで、今まで以上の国民いじめの路線が継承されることはまちがいありません。
 1時間の宣伝を終わって、自転車整理をしていた方から、「ご苦労さん。共産党に頑張ってもらわないとね。」と励ましの声をかけていただきました。さわやかな気持ちで、帰りに小山が丘のドトールでコーヒーを飲みながら、Dさんと四方山話に花が咲きあわてて市役所まで車を走らせました。
 10時からは市議団会議。お昼を食べ、12時45分の純情きらりを見て赤旗、日曜版を配りに出かけました。2時間半もかかってしまいましたが、終わって帰宅し、洗濯をして、ご飯の支度をして、6時からの、農民連町田支部の会合に。
 小山田の農家の皆さんから、実に貴重なお話をうかがうことが出来ました。北部丘陵の活用について、農家の皆さんがどうすれば農業を続けられるか。そしてなぜ苦労の多い農業を続けているのか・・などどれも新鮮で、感動でした。帰宅したら10時。長い一日でした。というわけで、小学生の日記みたいになってしまったのでした。おしまい・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-29 23:10

町田市議会議会改革調査特別委員会開催

インターネットはすごい・・・

 一昨日風邪が悪化したと書いたら早速知人からメールが来ました。「ブログ読みました。早く風邪治してください。お大事に」
 インターネットは瞬時に個人の体調も、何を考えているかも不特定多数に知れ渡ってしまうのです。家族が知るより早いかも・・・。
 早い。便利。それ以上に何かあるかなー。
 手紙を書いて封をして、ポストに入れて郵便やさんが集めに来て、その手紙は町田西郵便局に運ばれ仕分けされ、遠くなら郵便車に乗せられ、汽車や、飛行機で運ばれ、あて先の郵便局に届き、また仕分けされ、配達される。日本の郵便制度を作ってきた郵政事業も、小泉内閣の郵政民営化で、ずたずたにされてしまいました。
 東京でも、桧原村は郵便局がなくなってしまうとか・・・忠生地域では、ポストの午前集配がなくなり、午後2回になったそうです。サービス低下がじわじわと押し寄せています。
 
 さて今日は、町田市の議会改革調査特別委員会が開かれました。地方自治法改正に伴う地方自治体の新たな対応が求められています。
 今日は、何から論議するのか、日程だけで終わりました。委員会が早めに終了したので、2時からの民生委員推薦会に出席することが出来ました。
 来年は、民生委員さんの改選時期を迎えるために年内に、再任の意思確認をしなければなりません。民生委員さんになってくださる方のご苦労は大変です。なるべく多くの委員さんが再任してくださらないことには困ってしまいます。
 町田は、ひとりの委員さんの果たす役割りは大きなものがあります。受け持つ人口も他の自治体に比較して、比べ物になりません。来年大変そうです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-28 23:52

お彼岸のお墓参りに

祖父母や両親に会いに・・・

 先日キャンセルになったお墓参りに行ってきました。私の両親の墓、母方の祖父母や叔父、叔母のねむる墓は高尾の東京霊園というところにあります。
 町田から行くと町田街道をまっすぐ高尾に向かって行き甲州街道を横切って農林水産省の櫻の見本林を左に見てしばらく行ったところです。我が家からだと1時間ぐらいの距離です。
 近くてもお参りにいけるのは1年に3回くらいでしょうか。
 2軒の墓は、スープの冷めない距離(?)にあるので助かります。
 両親は生前自分たちの墓を作っておいてくれました。今だったら500万くらいかかるといわれています。残された私達姉弟は親に感謝です。
 今日は、弟夫婦と叔母と待ち合わせて行きました。あいにくの雨だったのですが、広い公園のような墓地には、金木犀がむせ返るような香りを放ち気温は18度でした。寒いという表現が当たっているほど今日は気温が上がらない一日でした。
 帰りに「夢工房」という障害者の通所施設に頼んであった、木のパズルを取りに行きました。アクリル絵の具で絵を描いて、輪郭に沿って糸鋸でカットしてあるのですが組絵になっている一枚の額のようなものです。絵が可愛くて季節ごとに替えて飾ってあります。
 帰宅したら、雨はますますひどく降り、私の風邪もよりいっそう悪化しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-26 18:32

風邪を引いてしまいました。

日ごろの睡眠不足がたたったのか?

 それにしても朝晩めっきり涼しくなってきましたね。風が冷たく感じるようになりました。日光では氷が張ったり、北海道の旭岳では初冠雪のたよりも・・・
 あっという間に秋になり体がついていけないせいか、風邪引きの人が増えてきました。私もどこでうつされたのか、今朝起きたら、鼻がクシュクシュ。
 午前中家で掃除をしていたのですがどんどん悪化して来ました。
 が根性で(?)午後の会議に・・・我が議員団の高嶋議員も風邪を引き、喉が痛いといって黒あめをなめていました。
 こういうときは休むに限ります。みんなの幸せのために。なかなかそれが出来ないのです。
 今日も市民から、相談の電話があり、夕方暗くなってから話を伺いにお訪ねしました。
 家に帰ったら生協の品物が届いていて、早速秋刀魚を焼いて夕食を食べることが出来ました。
 もう9時になっていました。
 風邪の事も忘れてしまいましたが今日こそは早く休みましょう。
 早寝 早起き 朝ごはんだそうです・・・!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-25 23:02

囲碁・将棋大会

第44回赤旗囲碁・将棋大会町田予選 多数の参加で熱い戦いが・・・

 朝10時から、鶴川市民センターで始まった囲碁・将棋大会町田予選会。町田全域から、愛好者が集まり熱心に対局が行われました。
 私は、日本共産党市議団を代表して挨拶をさせて頂きました。囲碁・将棋人口は年々増えていると思います。定年後の人間関係を作っていけるコミュニケーションの機会にもなると思います。平和でなければ囲碁も将棋も出来ません。大いに愛好者が増え、共産党への興味、関心、理解を広げてもらえるよう、共産党も、新婦人みたいに小組(こぐみ)を作ったらいいかもしれません(?)。
 それにしても一人一人の目が輝いていました。そばで見ていても私にはちっとも分かりませんがうらやましい限りです。楽しみがあるっていいことですね。

 午後からは常盤団地の、共産党の忠生地域の後援会ニュース「さとやま」を読んでくださっているお宅にご挨拶に伺いました。
 常盤団地という40年以上前に開発された戸建の住宅地ですが、立替や新規の住宅がまた増えています。
 尾根緑道の南面の坂の多い住宅には金木犀のよい香りが漂い、ホトトギスが咲いて、静かな秋のたたずまいを見せていました。
 お訪ねしたお宅は、皆、年金暮らしで、この度の住民税の負担増や介護保険料の値上げ、シルバーパスの切り替え手続きに非課税証明書が必要になり、市民センターで300円かかったと怒っておられました。
 どこまでも高齢者に負担を押し付ける政治なのでしょうか。何軒かしか伺えなかったのですが、市民の暮らしの大変さを垣間見る思いでした。市民の生の声を市政に反映させるために頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-24 22:02

小山田の秋を感じに来ませんか

案山子(かかし)フェスティバル開催中

 このところよい天気が続いて、小山田の田んぼは、青いネットがかけられ刈り入れ間近です。図師町の結道(ゆいどう)の両側の田んぼでは今地域の農家の皆さんや図師町内会、里山の会、などの参加で「かかしフェスティバル」が開催されています。
 創意工夫を凝らした衣装のかかしさんたちにはそれぞれテーマと名前がつけられています。今年で3回目。今年は31体の参加です。
 あぜ道には彼岸花が・・・柿も色づいてきました。小山田の秋は日一日と深まって行きます。

 町田のたから、小山田の自然と緑を堪能しに出かけてみてはいかがでしょう。都立の小山田緑地にはトンボが群れ飛んでいます。
 遥か丹沢が望めます。富士山の見える日も・・・ここが東京都なのかしらと初めて行ったときは思いました。子ども達と一緒に凧揚げなどしたのも懐かしい思い出です。

かかしフェスティバルは9月一杯開催しています。
f0020662_2063766.jpg

[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-23 19:22

国旗掲揚時の起立、君が代斉唱の強制は憲法違反!

東京地裁判決、「都教委通達」は違憲の判断 君が代斉唱の義務なし

 昨日の朝はさわやかな気持ちで、朝の宣伝に多摩境駅入り口に立ちました。地域の相原・小山9条の会のメンバー、後援会の皆さん私も含めて7名での朝宣は久しぶりでした。
 
 教育基本法改悪許すな!と訴えながら、しんぶん赤旗の1面を示し、大きく伝えている 「君が代」強制は違憲  教職員に拒否の自由 都教委通達は「不当な支配」の大見出しの中身を話しました。
 都教委が「日の丸・君が代を強制する通達を出し、従わなかったものを処分することは違憲・違法だとして、東京の先生達401人が訴えた裁判で、東京地裁は「日の丸」に向かっての起立と「君が代」斉唱の義務はないとする原告の主張を全面的に認める判決を言い渡しました。
 裁判長は、通達は、教育基本法10条の「不当な支配」に該当するとし、教職員には憲法19条の思想・良心の自由に基づいて規律・斉唱を拒否する自由があると述べました。
 教育現場に日の丸・君が代を押し付ける流れが強まってきている中での、画期的な判決です。

 毎年の卒業式・入学式は、子ども達の成長を喜び、限りない未来を祝福する日ですが「国歌斉唱」という発声で重い気分にさせられるのは、私ばかりでなく、保護者、教職員、生徒の皆さんも同じ思いをしている人が少なからずおられるのではないでしょうか。
 教育現場には、なによりも心の自由が保障されなければなりません。
 
 1時間の宣伝を終えて、Aさんの差し入れの「高尾饅頭」の甘さは格別でした。今日はビラの受け取りもよく、会釈して通っていかれる方もたくさんおられました。
 お行儀良く"おはようございます"と可愛い声で挨拶をしてくれる私立小学校のお嬢さんはぐんと大きくなったようでした。こどもたちのためになんとしても教育基本法改悪は許さない!と思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-23 12:10

金木犀 香る朝

陽射しは強いけど秋の風

 朝目覚めると開け放ったガラス戸の向こうには晴れわたった青い空、金木犀の香りが秋の訪れを知らせてくれました。
 朝晩の風が冷たくなるころ、亡くなった息子はよく喘息の発作を起こし、苦しがっていました。それでも、めったに毎朝のしんぶん赤旗の配達を休むことはありませんでした。
 秋のお彼岸ですから今日は父母のお墓参りに行く予定だったのですが、一緒に行くことになっていた義妹の叔母さんのお葬式になってしまい、延期しました。
 というわけで、朝から、不燃ごみを出し、布団干し、洗濯と主婦の仕事に精を出しています。
 
 家庭ごみが有料化されてそろそろ1年。検証するためのアンケート調査が行われますが、、これ以上減らしようがないというのが実感です。
 生ごみの量は減っても、プラスチック類は一向に減りません。スーパーに買い物に行くとトレイの肉などを備え付けのポリ袋に入れてトレイは捨てている人を見ます。
 衛生面でどうなのかなと思いますが、生活防衛なのでしょう。
 家庭系ごみは減ったと担当者は言います。燃えないごみなどは、確かに、昨年9月に駆け込みで出した人も多く、10月からの量は、減っていると思います。
 我が家でも今日で11枚目の袋です。今日は錆びたタオル掛けを出したので長いため、80円の袋で出さざるをえませんでした。
 事業系ごみは反対に増えています。結局ごみの総量は減らず、増えたのはゴミ袋の売り上げ。
 9月補正で、廃棄物資源化基金に1億円以上の積み増しを行いました。1年で5億以上の純益が出たということです。
 市民の暮らしが大変なときに、市民負担を増す有料化には反対しましたが、基金はしっかりと市民の声を聴いて使ってほしいものです。

 さて、「純情きらり」もいよいよ大団円です。来週の予告が一番早く載るのが、あかはた日曜版です。今日出張所で仕分けされます。まだ日曜版を読んだことのない方にお勧めします。最後の週はどうなるのでしょうか?おたのしみ・・・!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-21 11:35

親亡き後のこの子を・・・

久しぶりに晴れた朝でした。

 今日は午前中はわが市議団の会議でした。久々の天気で暑く残暑かなーと思いながら小田急線の弧線橋をわたりました。
 そういえば、橋の下のコンクリートは乱雑に殴り書きされていたのですがつい先日、大学生の手によって、色鮮やかなカエルの絵が描かれました。
 線路の反対側には、クジラです。こんな可愛い絵に落書きする人はいないでしょう。
 今、市議会は、決算委員会の真っ最中です。我が市議団は、今年は佐々木議員が担当です。
 普段の4委員会分の分量をひとりで、頑張るのですから大変です。
 私も一昨年決算委員でした。一年生議員で最初はいじめ(?)られました。でも翌日から作戦変更。随分勉強になりました。

 午後からは『町田市障がい児・者「親の会」連絡会』の皆さんとの懇談を行いました。
 重度の障がいを持つ子の卒後を考える会、自閉症児・者の親の会、発達障害児の親の会、すみれ会、ダウン症児の親の会。などの皆さんが横に手をつないで1年。
 国の政策で、支援費制度から、障害者自立支援法への移行で、経済的な負担が増え、作業所に通いたくても通えないという現実の問題点を口々に訴えて、町田市として何とかしてほしいとの要望が寄せられました。
 今まで無料だった補装具(車椅子や特殊な靴など)が1割負担となり、とても、障害年金ではまかないきれないという切実な訴えがありました。
 あるお母さんは、「運動すれば、頑張ればよくなると思ってきました。レールを敷くために、石を積み上げ、一つ一つ枕木を敷いてきました。それが、自立支援法で一気に25年ぐらい引き戻された気がします。抱き上げると重い我が子に、これ以上体重が増えないでねといってしまったのです。ほんとに切ない。親はどんどん年を取ります。親亡き後子ども達が安心して生きていけるように、議員の皆さんよろしくお願いします。」とおっしゃいました。
 重い言葉でした。ある通所施設では、一日の工賃が、200円。利用料が1200円。食費が1食700円。送迎費用が、月3万円と、これではお金がなければ通所することも出来ません。実際、払いきれずに退所してしまった方もいます。
 ほんとに、何のための自立支援法なのでしょう。この国の福祉は、人を生かすことのない哀しい福祉です。
 これで福祉の町田といえるでしょうか。石阪市長は、いまだに、連絡会のお母さん達との懇談に応じていないとのことでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-19 23:25

秋の気配を感じる一日

三連休というけれど・・・

 明日は敬老の日ということで三連休となった中日。朝から隣の中学校からは元気な少年野球の練習の声が聞こえてきます。
 ゆっくりめの朝ごはんはコーヒーとマフィン。日曜朝のテレビを見ながら食事を済ませSさんのうちへ。
 今日は訪問活動をすることになっていました。憲法9条を守ろうという署名のお願いもしながら、要望や、ご意見を伺い、私の「こんにちは佐藤洋子です」ニュースをお届けしてきました。
 息子さんが障がい者の老齢のご夫婦は、「病院からも退院を迫られているけれど、家で毎日は見られない・・息子のこれからのことをかんがえると・・・勧められている病院は月に差額ベッド代が15万もかかるのです。」と悩んでおられました。
 また子どもさん2人を保育園に預けている若いご夫婦。「夫がリストラされて保育料も溜まってしまったのですが、分納にしてもらい、2段階下げてもらいました。」とこれまた深刻な相談。
 歩けば、困難を抱えていない人は少ないのではないでしょうか。暮らしにくく弱い立場の人にはより冷たい社会です。
 午後からは、冷たい雨が降ってきましたが元教員だったIさんと宣伝をしました。市議会報告と教育基本法守ろうの訴えを私とIさんで交互に行いました。
 今日訪問した方の中には憲法9条ってなーにという方もおられました。知らせていくことの重要性を痛感しました。自分が分かっていることは人も分かっていると思ってはいけないことを考えさせられた訪問活動でした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-09-17 19:24