<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

8月も今日でおしまい

夜は虫の音がするようになりました。

 明日から9月議会が始まります。質問の準備もしながら、夏の名残をかたづけました。天袋を整理していたら、私の小学校のときのテストや絵、夏休みの宿題、中学校3年で作った、3年D組の憲法が出てきました。
 高校受験を前にクラスのみんなで作ったD組憲法。日本国憲法になぞられて、平和や民主主義の条項が書かれています。
 象徴天皇の代わりに小栗寅(おぐりつとむ 通称寅さん)という名の担任の下まとまったクラスで、高校受験や就職試験に頑張ろうというような中身でした。
 1960年の1月ごろだったと思います。世の中が、安保条約改定にゆれる直前の中学3年の3学期です。
 当時は全日制高校に進学する生徒は約半数でした。就職する子、定時制高校に進む子が半分。
 東京の、立川市の中学生の、それが進路でした。私の中に憲法への強い思いが芽生えたのもこのころでした。時代の動きに敏感になっていたのでしょう。
 ずうっと仕舞ってあったのですが、度重なる引越しにも捨てずによくあったものだとなつかしく、片付けも忘れて読みふけってしまいました。
 今日は、空気が乾燥して風が涼しく、洗濯物も、布団干しもよくできました。秋が近づいてきているのですね。
 蝉の声がしなくなり、いつのまにか虫の音が聞こえるようになりました。
 明日から頑張らなければ・・・
 横浜の処分は、88人に上って、中田市長も50%の減俸3ヶ月となりました。それに引き換え、当事者の石阪市長の処分は、あまりにも軽すぎると思います。「比べるものがない」と笑って済ませるものではありません。比べるものがないほどのことをしたのです。
 何よりも、市民が許しません。
 明日追加議案として、市長の減俸問題が出されます。午後から本会議が始まりますから、お早めに、傍聴にお越しください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-31 23:12

コールセンターに聞いてみました。

ご質問にお答えします

 最近各自治体では、市民の疑問に答えるためにコールセンターというものを設けています。町田市も行っています。
 先日コールセンターPRのステッカーをもらったので、机のそばに貼り付けて置きました。
 年中無休で朝7時から夜11時まで対応してくれるらしい。ってるよ いさなことでも いじょうぶ と書いてあります。
 ふと、最近全国の合計特殊出生率が発表されたけど、町田市はどうなんだろうと思い、よしコールセンターに聞いてみようと電話しました。
 "はい町田市コールセンターの○○でございます"と落ち着いた、やや年配の女性の声。
 "昨年度の町田市の合計特殊率出生率を教えてください"と私。
 "は?合計?"と言葉の意味がわからない様子。
 少し丁寧に解説すると"少々お待ちください"と応答があり、タンタタタタタンタンタンとカノンが流れ待つことしばし。
 "おまたせいたしました"とようやく電話口に係りの人が。
 "町田市の出生は今年284で、男143おんな141でございます"
 んん・・・これは私の聞きたいことじゃないよ・・・と思って"ですから05年度の出生率を知りたいのですが"というと
 "申し訳ございません。こちらではわかりませんので、総務部総務課にお電話をお回しします。"とまた待たされ、総務部につながりました。
 "なんだ、最初から担当課にかければよかった。"と思ったことでした。
 わかるもの、わからないものがあることとは思いますが、こんな簡単なことも分からないなんて・・・ちょっとがっかりです。
 よくある質問以外の質問が来たときは、係の人は市のホームページかなんかを見て調べるのでしょうか。
 ちなみに、総務部でもまだ昨年度の数字は把握していないとか・・・結局保健所に聞くことになりました。
 ニュアルと  がうことだと  めなのよ
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-30 23:01

一般質問の通告

今議会の一般質問は30人が通告を行いました。

 午後代表者会議が行われ、質問順位のくじ引きが行われました。大きい会派順に質問者の人数分の番号を記した棒くじを引き番号が決まります。
 日本共産党は、今回9月7日、8日、11日の三日間5名全員が一般質問を行います。私は市民病院の充実、とりわけ、産科、小児科充実など求めていきます。また、市の施設の指定管理者への移行によってどのようになったか、今後の課題についてなど、質問いたします。全力投球で頑張りますので、傍聴においでください。
 尚冒頭、石阪市長の処分について、自ら、30%の減給を6ヶ月間行うことが提案されます。なによりも自らを律する気持ちがあるなら、潔く辞職すべきではないでしょうか。
 今議会も、30人の質問が行われます。私は11日6番目(午後)です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-29 23:09

守られた、表現の自由。国民の知る権利。

葛飾ビラ配布弾圧事件無罪に・・・

 今日28日、東京地方裁判所は葛飾ビラ配布弾圧事件の荒川庸生さんに対して無罪の判決を下しました。
 一昨年の12月23日荒川さんは施錠されていないマンションに入り日本共産党の都議団ニュースと区議団のアンケートを各戸のドアポストに配布したことをとがめられ、住居侵入の罪で、警察に連行され、2006年7月の第14回公判で罰金10万円の求刑がされていました。
 ビラ配布の自由を守る会は署名、集会、資料集づくりと旺盛に支援活動を続け、今日無罪判決が出されたのです。ほんとにうれしくて、頑張った荒川さんと支援の皆さんにおめでとうをいいたいと思います。
 葛飾の皆さんには、2月の市議選で、私のところに応援に来ていただきました。
 今日の裁判は、どこにでもありうる事件として、勝利の意味は大きいと思います。言論が弾圧され、国民の知る権利が奪われた戦前の暗い時代に引き戻させないためにも、引き続き運動を強めなければと思います。
 荒川さんおめでとうございます。28人の弁護団と支援の皆さんお疲れ様でした。でも闘いはこれからですね。
 橋本のぶ代さんの「1枚のビラ」のCDを聴いて私も頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-28 18:15

電動車椅子は私の足、とりあげないで!

介護認定の見直しで電動車椅子とりあげに?

 午後から、訪問活動。介護保険の認定見直しで、さまざまな影響が出てくることがわかりました。
 72歳の女性の方、ご主人は現在老健施設に入所中、ご自身は心臓が悪く、歩くのも大変、その上糖尿病があるため、目も悪くなっているのです。
 現在は、電動車椅子を介護保険で利用して、買い物や通院、ごみ出しなどをしています。ところが利用しているヘルパーステイションのヘルパーさんが、今度の介護度見直しで、介護1から、要支援になるというのです。そのため、生活になくてはならない電動車椅子が介護のメニューからはづされてしまうというのです、
 見た目、健康そうに見えても、表に見えない疾患を抱えている人があまりにも多いことを感じます。
 一律に、必要なサービスを打ち切ってはならないと思います。町田市が介護サービスを低下させないよう市独自の助成や、新たなサービスを行うよう9月議会でも求めていきます。
 日本共産党国会議員団のの追及で、現在ベッドや車椅子を使っている人からは本人の同意なく一方的な取り上げはしないことなど厚生労働省の通達が出されています。
 誰もが、必要なときに、お金の心配なく利用できる介護保険制度にするために、ともに運動を広げていきましょう
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-27 18:56

大地沢センター夏まつり盛況

毎年この時期に行われる大地沢センターの夏まつりに参加しました

 朝息子に大地沢まで送ってもらい雨上がりの大地沢へ。久しぶりです。大地沢は、町田の西
のはずれにあります。山に囲まれ携帯は圏外になってしまいます。入り口から山道を歩いていくとひんやりした山の空気が流れているのがわかります。
 今日は大地沢青少年センターの夏祭り。2002,2003年と私は大地沢センター運営委員でした。夏祭りには、司会をしました。二年前から議員から運営委員を出さなくなったのでなかなか大地沢まで足を延ばすのは大変になりました。町田市役所から18㌔も離れています。
 相原鼓笛隊のオープニングで始まった舞台は、狭さもなんのその。たくさんの太鼓サークルが舞台せましと演奏し、地域の中学校の吹奏楽部の生徒さんの演奏はよく練習がつまれていてすばらしいものでした。
 所長さん自慢の石窯ピザが焼けてくるのを並んで待ちながら、地域の皆さんの支えでセンターが保たれていることを実感しました。
 ピザは四分の一サイズで100円と、安いうえに大変おいしい手作りピザでした。帰りは相原駅にシャトルバスが運行されていて送っていただきました。人とのふれあい、自然との出会い、たまには、緑豊かな大地沢においでになりませんか。

 午後は、相原から横浜線で町田に出て市民フォーラムで開かれた新婦人の支部委員会へ。みんなの夏休みは、病気した人、旅行した人、とさまざまでしたが、元気に一ヶ月ぶりに顔をあわせることが出来たのは何よりです。秋に向けての活動が待っています。家に帰ると、息子が友達を連れてきていました。大学もそろそろ夏休みが終わります。一緒に頂き物のステーキを食べてまた地方の大学に戻っていきました。今度は、赤旗まつりで会いましょう。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-26 23:17

9月議会の議案が配布されました。

6月補正と条例、17年度決算が9月議会の主な中身です。

 午前中から共産党市議団の会議を行いました。条例などの疑問点の調査、一般質問の準備など何かと忙しくなってきました。
 9月1日から議会が始まります。夏はもうおしまい。10月5日まで気の抜けない毎日となります。
 政治資金パーティー問題では、検察が控訴しないことが決定し、石阪市長も控訴しなかったため30万円の罰金で決着しました。
 新聞各社は石阪市長が自身の処分について言及しなかったことや、罪の意識の片鱗も見えないことに対して今後の市政を担っていく資格があるのだろうかというような厳しい論調でした。 住民によるリコールは来年の3月以降でないと出来ません。市民の手で追い詰めていくしかありません。
 悪いことをして平気でいるような市長の下で、職員の皆さんはほんとに仕事がやりにくいだろうと思います。
 9月議会、横浜市の、中田市長のエンジンルームとよばれる行革室の責任者であった石阪市長が、町田に行革という、市民不在の市政を押し付けてくることは必至です。
 市民の声が市政に届くよう9月議会も頑張ります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-25 22:55

都市環境常任委員会の市内視察は暑かった・・・

もうじき9月議会が始まります

 昨日は都市環境常任委員会の市内視察に行きました。朝9時から市役所のマイクロバスで、常任委員9名と議会事務局の職員と、関係部署の部長さんを始め、職員の皆さんと、まずは南町田の16号立体と駅前再開発を視察。
 その次は相原駅西口の開発。町田の広さを感じつつ小野路川の河川改修工事の予定地へ。きれいな湧き水を利用して、親水公園を作ろうという計画です。今は、昔のような垂直の護岸工事は行わず、川のよさを生かしつつ、川と親しむというのがコンセプトになっています。
 お昼を、リサイクルセンターの会議室で取りました。市民プールにあるレストランのお弁当です。
 午後はリサイクルセンター視察。ごみピットや、ボイラー、発電機など、ヘルメットをかぶっての視察でした。また剪定枝センターやビン・缶選別場、りサイクル家具売り場などを視察しました。
 
f0020662_23532326.jpg それから昨日のメイン視察、北部丘陵の視察に出かけました。山道を歩くこと3時間。途中3箇所の、休憩地点がありながらも木々の間を縫っての山歩きは結構大変でした。
 北部丘綾は、多摩市、八王子市の南側に広がる丘陵地です。バブルの時代に旧住宅公団が点々と買占めた土地の有効利用のために、町田市が買い戻し、豊かな自然を生かした農と緑の街づくりを展開しようというものです。
 ヘビが出ると脅かされながら、みんなで歩くこと3時間。小山田のはずれから、小野路まで歩きとおしました。暑かったけれど、さわやかな汗でした。町田の緑は、都民の財産であることを実感しました。昨日の行政視察を生かせるようもっと力を蓄えようと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-24 23:17

今日から研修

朝から暑いけど、空の高さは秋の気配

 今日は日曜日、大学生の息子と教員の夫がいると我が家は夏休みという言葉がしっかり残されています。今日が何曜日だかわからなくなってしまうのです。
 朝、部屋の中まで陽が射してくるようになりました。少しづつ秋が近づいてきているのですね。

 小山田桜台は団地祭りが行われ、おみこしや、盆踊りでにぎやかです。
 ここに越してきて、6年生から育ったタケルが団地祭りを楽しみにしていて、私達新婦人のこぶし班のカレーの店に来て手伝ってくれたことなど思い出し、また2000年の団地祭りの日に共産党に入党したことなど思い出し昨夜は足が向きませんでした。
 さて、今日から三日間お勉強会です。議員として、また共産党の一員として、住民のために頑張るためにしっかり学んできます。

 昨日は、朝早く群馬県の玉村町というところで町議会議長を務めたことのある従兄から電話がありました。
 テレビで町田市議会のことや石阪市長のことを見て、「あんな市長は辞めさせなければダメだよ」といきまいていました。彼は保守系の市議会議員だった人です。
 また鎌倉に住む友人からもメールが来ました。「あたまにきた」と怒っています。
 全国で注目となり、民主主義の通らない町田という印象を植え付けたのが、一昨日の臨時議会の市長発言をめぐる事態だったのではないでしょうか。
 9月議会に向けて充電してきます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-20 09:01

市議会臨時議会が開かれました。

市長の政治資金パーティー問題での発言に質疑させない市長与党

 今日は、朝10時から市議会本会議臨時会が開かれました。市長の発言があるということで、朝早くからマスコミ関係者、傍聴者が詰め掛け、市役所は騒然とした雰囲気につつれました。
 町田市始まって以来の、市長が政治資金規正法違反で、30万円の罰金刑を受けるという事態に、多くの市民が怒り市長の辞任を求めています。
 今日こそは、市長の口から事件の真相と責任問題が語られるものだと思って市民の皆さんの多くは考えておられたのではないでしょうか。
 ところが、市長の口から出た言葉は、”自分は何も関与していない、横浜側で計画され、メールの文案も向こうが作った。向こうがメールを送ってくれというから秘書が送った。”というようなものでした。
 3月議会、6月議会と一貫して市長の関与と責任を追及してきた日本共産党市議団の質問に対する答弁とも大きく食い違う今日の市長発言でした。
 いったいどこまで市民を欺き、自分の保身にだけ汲々とすれば気が済むのでしょうか。
 
 私達は、市長発言に対して、堂々と質疑をする機会が保障されるべきという立場で望んできましたが、議会運営委員会で、自民・公明の反対でそれは出来ないということになりました。
 ならば、緊急の動議を出し市長発言に緊急に質問するという手段で臨みましたが、これも、議運で否決されてしまいました。
 質疑されては困ることでもあるのでしょうか。傍聴に来られた皆さん、インターネットで議会中継をご覧になられた皆さんはどのように感じたでしょうか。
 議会が、自らの権利を行使できない状況を作り出していることに、この町田市議会のあり方が問われていると思うのです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-08-18 22:52