<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

議員の皆さんは障がい者の現状をどう思っていらっしゃるんでしょうか?

問いかけはきつかった 


 午前中は毎週恒例の共産党市議団会議を行いました。私たち議員団は毎週、情報交換と、学習、重要事項の確認など、集団的に討議し、政策を作り、力量を高めるために努力しています。議員としての経験はそれぞれに違うわけですから、蓄えた知識を交換し合い、お互いが高まるよう討議もよくします。個性の違う、5名の市議団の力を束ねるための、大切な会議ですし、本音で話し合える場でもあります。

 午後から、障がい者施設を、5人の市議団で、2ヶ所視察させていただきました。
 障がい者の、支援費制度が実施され、現場には混乱があるのに、また新たに障がいしゃ自立支援法の名の下に1割の自己負担や、給食や送迎が、有料になるなど、現場はてんてこ舞いです。
 施設そのものにとっても、経常経費が大幅に減ってしまうなど大問題です。
 授産施設では工賃より高い利用料になってしまうのです。さまざまな矛盾を抱えながら頑張っているのに、一番弱いものが常に犠牲になるような社会は本当に許せません。
 施設長さんが、「議員の皆さん、この現状をどのように考えていらっしゃるのでしょうか。」といわれた言葉が、グサッと胸に響きました。
 私たち共産党市議団は、毎回のように、一般質問でも障がい者問題を取り上げ、町田市としてもサービスの低下にならないように努めるべきと訴えています。そして、今日のように年に何回も施設訪問をして、現場の声を聞き、市政に反映させ、ともに解決していきたいと考えています。だから、どこでも一生懸命対応していただけます。
 これからが、施設にとっても、利用者にとっても大変な状況を迎えます。サービスから漏れてしまう人がうまれないように、私もがんばります。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-16 22:14

高齢者のお食事会和やかに。

久しぶりに笑ったお年寄り


 今日のお昼は二ヶ月に一度木曽森野センターで行われるお食事会に参加させていただきました。
 地域の共産党の支部の方が中心になってつくられた、「木曽・森野高齢者施設を考える会」のメンバーによって始められて何年になるでしょうか。
 いまではすっかり地域に定着しました。ここまでくるのに大変な努力がありました。
 一人暮らしのお年寄りを独りぼっちにさせないと始めたお食事会は、回を重ねるごとに工夫も凝らし、スタッフみんなで考えるメニューは栄養バランスもよく、デザートまでついて1食500円です。
 平均で毎回25名ほどの参加ですが、楽しみに皆待っています。
 買出し、仕込み、会場をレストラン風に設営することなど、準備も大変です。
 今日のメニューはアジとイカのフライ、わかめと春雨の酢の物、マカロニサラダ、豆腐と葱の味噌汁、デザートはオレンジと大福。食べきれない人はお持ち帰りも出来ます。
 そして、お誕生月の人には、お花のプレゼントも・・・歌の上手なMさんのリードで、健康体操と、昔懐かしい童謡や、懐メロの合唱があり、今日は特別に、新婦人やまびこ班のフラダンス小組が日ごろの、練習の成果をご披露してくれました。皆大喜び。楽しいひと時を過ごすことが出来たようです。
 お年寄りはとかく、家に閉じこもってしまいがちです。気分転換に月に1度でも外に出て、人と交わったり、笑ったり、体を動かすことでストレス解消にもなります。
 この会は隔月集会所を借りて、「ふれあい喫茶」も行っています。おいしい手づくりのケーキとお茶のセットで、100円です。これもまた、大好評です。
 介護保険の改悪で、高齢者にとっては、保険料の大幅値上げが行われ、その上介護保険を使いたくても使えないように介護度の軽い人を保険から締め出すような制度となってしまいました。施設利用をしようにも食事代の全額自己負担や、部屋代の負担は重く、少ない年金では到底支払うことが出来ません。お年寄りをこれ以上苦しめるような政治を変えるために、なんとしても頑張らなければと思います。
 皆さん元気で長生きしてね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-15 15:40

水防演習、平和学習、若者雇用相談会とフル稼働

水害も忘れないうちにやってくる

 朝早くから三輪緑山の鶴見川クリーンセンターで行われた町田市総合水防演習に参加しました。今回は都市環境常任委員という役割での参加となりました。
 緑山はその名のごとく新緑におおわれ雨上がりの清々しい大気が満ちていました。
 水防演習とは、大雨などでの河川のがけ崩れや、決壊に備え土のう積みや、シートで被うなどの訓練を常日頃行っている消防団や消防署の方々、町田市道路補修課の方々の実演を披露するものです。
 小山町5050番地付近の境川の崖が崩れ、決壊しそうとの想定で、訓練が始められました。 手際よい日ごろの訓練の成果で、斜面には青いシートが張り巡らされ、土のうが積み上げられて無事訓練が終わりました。
 同時にビルなどへの浸水、道路のマンホール噴出防止訓練などもありました。

 一昨年小山町では宅地造成された地域で、台風の大雨で一気に水かさが増し調整池が未整備であったため床上浸水するという事態が発生しました。
 斜面地の多い町田では、がけ崩れも頻繁です。災害は無いに越したことはありませんが、忘れる暇も無いうちにやってくる災害に備え、日ごろから訓練されている水防部隊の皆さんに感謝したいと思います。

米軍機の騒音はごめん

 午後から、町田平和委員会の学習会に参加しました。
 町田市では、米軍厚木基地の戦闘機の訓練飛行による騒音被害防止のため、防音工事地域が拡大され、対象地域の住民に対して、説明会が開かれました。
 今までの、80軒から4万7000軒の住宅が対象となりましたが、最初の説明会では、188席の会場しか防衛施設庁が用意せず、大混乱となり、中止され、その後、各地域ごとに説明会が行われました。
 「二重窓、エアコン設置します。だから、ジェット機が爆音を轟かせて頭の上を飛んでも我慢してください。」これが、アメリカの本音です。

 岩国でも、沖縄でも、町田の隣の相模原や座間でも米軍基地再編によって基地の恒久化はごめんですという住民の皆さんの強い意思表示があるのです。
 米軍機の騒音被害をなくす道は一つ、日米安全保障条約を廃棄し、基地をなくすことです。基地再編のために、3兆円もの巨額のお金を日本が負担してやることの不条理をもっと知らせなければと思いました。

青年雇用相談会

 夕方からJR町田駅前で民主青年同盟町田地区委員会の青年たちと青年雇用相談会を行いました。
 長机と椅子を出して、相談アドバイザーはまちだ・さがみ法律事務所の青年弁護士さんと市議会議員の佐々木智子さんと私です。
 パネルや、アンケートも用意していたので、立ち止まって相談にこられた方が数人。対話になり本当に多くの若者が、働き口が無く、無権利の状態に置かれていることを実感しました。
 若者ばかりでなく、中高年の女性の相談もありました。共産党発行の労働パンフもあっという間になくなりました。
 パートや契約社員でも労働日数によっては、有給休暇が取れることなど権利についても知らない若者がほとんどです。
 初めての試みでしたが「またやりたいね」といってくれた青年たちの笑顔に励まされました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-14 23:50

昨日は、息子の3回目の、月命日でした。

■ 花いっぱいで寂しくないように。

 昨日は亡き息子の月命日でした。
 
もう3ヶ月も経ったのに忘れた日は一日だってありません。「ただいまー」といって結(ゆい)からかえって来た日のこと、私が帰宅すると必ずお茶を入れてくれました。
 そんな何気ない日常が、一瞬にして断ち切られたのです。
 決して戻ってこない当たり前の日々。どうしても埋められないのです。心の中の大きな穴。こんな気持ちを身内であっても共有できる人はいないんだって思い、自分自身がそのつらさを引き受けて生きていかなければならないと思うのです。

 「でも時々泣いちゃうけどお母さんは泣いてばっかりはいないよ。議員だから、市民の皆さんの困難解決に頑張らないとね。そういうお母さんをいつも応援して、助けてくれたんだものね。
 もう、5月場所が始まったよ。そうだ、タケルがいつも行っていた玉川学園のK皮膚科の受付の方が、タケルが、通院のたびに持ってきたメモを返してくれたんだよ。野球のこと、相撲のこと関心のあることを、短い言葉でメモしてあって、初めて見ました。
 K先生とも随分いろいろなはなしをしたんだねー。タケルのやさしさに、皆がすくわれていたんだね。
 タケルは今5月の風になっているんだね。薫風っていうそうだよ。」花屋さんでたくさん花を買いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-09 23:31

眠らない町

昨日今日と片付けに専念しています。

 晴天続きの毎日ですが、私は、このときとばかり、片付けに徹しています。
 増え続ける書物、紙類、雑誌、新聞。思い切って処分してみると、なんでこんなに不要のものに囲まれていたのだろうと不思議です。
 人間、後の人のためにもシンプル・スリム・スマートに生きなければと思います。死んでいくとき何も持っていくことは出来ないのです。

 今日片付けていたら、1本のカセットテープが出てきました。タイトルは、「タケルとお母さんのお話」と書いてあります。再生してみると、4歳のタケルに私が、鬼退治の話を作って話して聞かせているのをテープにとったのでしょう。                                    
  主人公はタケルで、いとこの純ちゃんや、めぐみちゃんが出てきます。他愛も無い話なのに毎晩せがまれたものでした。かん高いタケルの声も入っています。30年も前のことでした。
 そしたら以前住んでいた世田谷の弦巻のTさんの奥さんから、突然の電話がありました。私の体を気遣ってくださり、慰めてくださいました。Tさんは大分前になくなりましたが、世田谷の共産党の区議会議員でした。誠実で、几帳面な方でした。自転車にハンドマイクをつけて、世田谷線の駅で、早朝宣伝をやっていたのが印象的です。パソコンなど無い時代ですから、支持者名簿をきちんときれいな字で作っていました。妥協を許さない強さと、やさしさを兼ね備えていました。大晦日に、一緒に赤旗新聞を増やしに歩いたことが忘れられません。議員としての、私にとっては、お手本です。電話の後、妙に人生の無情を感じてしまったのでした。

夜スーパーに行きました。

 今日は、家に居たので久しぶりのカレーを作りました。
 福神漬けが無かったので、10時過ぎてから、車で10分ほどの、スーパーに買いに行きました。10時半くらいまでなら開店時間内と思っていたら、とんでもない。12時まで営業しているのです。煌々と明るい電気はすぐ近くの森に住む、昆虫や、植物に影響を与えないのでしょうか。お客さんはどんどん入ってきて、コンビニ感覚で、買い物を済ませ帰って行くのでした。
 必要だから営業しているのか、営業しているからお客が集まるのか。
 行き帰りに見た、温泉は超満員で、車の誘導係が交通整理をしていました。
 まさに、眠らない町になっってしまったのです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-06 23:55

休みでも悪政は続く

今日も宣伝

 今日も快晴!日に焼けるなーと思い顔や手に日焼け止めクリームをしっかり塗り待ち合わせ場所へ。
 今日は常盤団地という戸建住宅の立ち並ぶ地域にビラいれと、宣伝をすることになっているのです。地域の共産党支部の皆さんもやってきて合流し、ハンドマイクで私が話そうとするとなんということでしょう、音が出ないではありませんか。
 コンビニに走り電池を買いやれやれと思い話し始めました。ずっとスイッチが入りっぱなしになっていたのです。
 静かな住宅地は、休日のためか車を洗う人や庭の手入れをする人などゆったりと時が流れていました。
 憲法、教育基本法を変えて、戦争する国づくりに邁進する小泉政権の狙いを話し、しかしながら、全国には、憲法9条をまもろうと9条の会がもう5000近くも出来ていること、力を合わせて平和な未来を子どもや孫に手渡そうと訴えました。。一人一人の戦争は絶対許さないのおもいを広げていくことが大事です。
 ハナミズキやツツジの咲く庭で、じっと聞いていてくださった方がご苦労様と声をかけてくださいました。ビラを配っていた支部の皆さんに垣根のモッコウバラを切り取って、くださった方もいらっしゃいました。
 かとおもえば、迷惑だからやめろとわざわざ出てきて文句を言う女性も。1時間半くらいの宣伝行動でしたがみんな元気になりました。

午後は会議に

 初めてSさんのお家に伺いました。ご夫婦とも病気がちですが高層の都営住宅に住んでおられます。お家の中はきれいに片付いていて、ちひろカレンダーが5月になっていました。
 私の家には今年、ちひろカレンダーが無いのです。どういうわけか年末、買いそびれてしまったのです。
 だから今日見たカレンダーは新鮮でした。

 今月11日にTさんが引っ越すことになりました。定年後の田舎暮らしのために、山梨に住まいを移すことになったのです。新米の議員だった私をいつも温かく見守り、助けていただきました。 大手建設会社の社員だったTさんは、働くものの権利を守る組合運動を最後まで貫き通し、定年後は、地域の活動を仲間のみんなと取り組んでこられました。
 お年寄りのお食事会、ふれあい喫茶開設。年金者組合、国民救援会の役員。そして、地域の住民の皆さんの要求実現の運動。誰からも信頼される、誠実な人柄の方です。そのTさんがいなくなってしまう。たとえようが無いほど寂しいのですが、Tさんご夫婦のこれからの人生に幸多かれと、送り出すことにします。
 Tさん、お世話になりました。またいつでも会えますよね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-04 23:50

第59回憲法記念日

■憲法守れの声ひろげよう


 5月3日。まちだ109前は、平和で幸せなカップルや、親子連れ、お年寄りが行きかい、5月のどこまでも明るい陽射しの下、休日を楽しんでいました。
 今日は59回目の憲法記念日。その、みんなの幸せを保証する憲法が今危ぶまれているのです。とりわけ、憲法9条を変えようという動きが・・・

 この日、約30人近い団体や個人が宣伝、署名活動を行いました。1時間ほどの行動でしたが、若い二人連れが署名してくれたり、ビラも600枚も配ることが出来ました。二度と戦争はしませんと誓った憲法があるからいまの繁栄があるのです。
 その憲法を変えて、再び戦争が出来る国にしようとしているのが自民党などの議員や、財界です。アメリカ言いなりで、国民の幸せはそっちのけ。在日米軍の基地再編には3兆円もの負担をしてやるのに、国民には医療改悪で高齢者医療は1割から2割の負担になってしまいます。その上保険料まで年金天引きで徴収しようというのです。
 こんな逆立ち政治は正さなければならないと思いませんか。当たり前のことを言っているのが、日本共産党なのです。

 午後からは、地域の党支部の皆さんとハンドマイク宣伝で、つつじや藤が咲く団地の中を歩きました。70歳過ぎの女性にはハンドマイクを持って移動することは体力的に大変になってきました。そこで自転車の荷台にスピーカーをくくりつけ、移動することに。7ヶ所宣伝し、Mさんの流し宣伝でより充実した宣伝となりました、        
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-03 18:32

5月の天気は気まぐれ

5月1日はメーデーに参加しました
f0020662_17285746.jpg

【写真①=元気に行進する日本共産党町田市議団の3名】

 快晴のメーデー日和となった1日、井の頭公園で開催された第77回三多摩メーデーに参加しました。
 息子の仲間の青年諸君も10人以上参加するというので、前日2キロの鶏肉に下味をつけ、朝5時におきて、おむすびとから揚げを作りました。
 息子はおにぎりを握り、わたしはから揚げと片付け係り。キッチンには朝早くから日が射して仕事もはかどり、いざ、会場へ。
 
 小田急線は相変わらずの混雑。息子と一緒に電車に乗るのも久しぶりでした。抜けるような青空というのはこういうことかな・・・気温はぐんぐん上昇中。
 井の頭公園も一年ぶりです。高校生のころはよく池のほとりを散歩したものでした。

 今年のメーデーは、憲法、教育基本法が脅かされ、国民の生きる権利さえ奪われようとしているとき、働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそうと開かれました。若者に仕事を!医療改悪反対!大増税許さない!憲法守れ!のシュプレヒコールが緑の森にこだましました。
 ちなみにこの公園のすぐ近くには、トトロで有名なスタジオジブリがあるのです。持っていったおにぎりもから揚げも青年諸君の旺盛な食欲で全部なくなりました。
f0020662_17292168.jpg

【写真②=第77回メーデーに参加した民青町田地区委員会のメンバー】

 7000人の参加で熱気あふれる集会となりました。デモの隊列も長くなり、私たち共産党の議員はすべての参加者を見送ってからの出発となりました。工夫を凝らした、東京土建の皆さんのデコレーションはいつも圧巻です。今年は耐震偽装問題を取り上げ「安心の建築は、東京土建へ。」というのもうなづけました。

 デモ行進の終点近く。井の頭通りの東急デパートの隣。M葬儀社の窓から手を振る人を見つけました。そう、私の高校時代の同級生の家なのです。走って戻り一年ぶりの再会となりました。
 ご夫婦とも親友なのです。なくなった息子のことは、連絡してなかったので、初めて伝えました。お互いに、涙で再会を約束し別れました。

 建(たける)が1歳の誕生日を迎えた年のメーデーを思い出しました。まだ一人歩きできない建をだっこして参加し、デモ行進のときに小さな靴を片方落としたことまで思い出しました。あのときの重さまでも鮮明によみがえってくるのでした。
 あの日も暑い日でした。


今日は曇りのち雷雨夕方地震。肌寒い一日でした。

 5月の天気は気まぐれです。シャワーのような雨と激しい雷がなったかと思うと、日が射してきたり、なんと夕飯の準備をしているときに、いきなり縦揺れに地震がやってきたのです。ガスを消しテレビを見ると町田は震度3とか。いつ来てもおかしくないのが地震です。このところ伊豆半島相模灘方面で頻繁です。
 かといって、何も備えていません。あるものといえば、4リットル入りの焼酎のボトル3本に常に新しい水を入れてベランダに置くことくらいでしょうか。水はベランダの植物たちに利用し、また新しくしておくのです。「大地震がきたら」の想定は必要とわかっていてもなにもしないというひとも大勢います。
 先日視察に行った福岡市では、昨年の玄海島地震の傷跡がまだ残っているところがありました。屋根瓦がずれてシートで補修してあるお家も。最近は、災害は忘れないうちにやってくるようです。気をつけなくては・・・・・!
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-05-02 23:45