<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

目の前に8階建てマンションが・・・・・

あなたならどうしますか。

 朝カーテンを開けても、今まで見えていた空も太陽も見えなくなったら・・・そんな事態が今町田の忠生2丁目の一角で起きようとしています。
 自動車会社が建設業者に売った土地に8階建てのマンションを建てる計画が持ち上がり地域住民は、景観、日照権、交通問題、騒音などあらゆる点で、問題ありということで反対の意思表示をしています。
 今日は建設業者に委託された、説明業務者による建築計画の説明会が行われました。住民の99%は反対です。
 予定地は準工業地域ですが、その北側の道路1本隔てたところには、静かな住宅地が広がっています。
 予定地からみれば5メートル下がったところにある住宅地には目の前に8階建てのマンションが建ったらおそらく日は当たらなくなるでしょう。
 建築基準法では、なんら問題が無いといい町田市の、「住みよい街づくり条例」に則って50メートル圏内に説明を行えばよいとしていますが、この条例には、事業者の責務も明記してあります。
 委託業者に説明を任せ、建設業者の責任者は知らん振りというのでは、住民の反発を招いても仕方ありません。住民合意が得られない以上建設を強引に進めるべきではありません。

 目の前に、壁のようにマンションが建てられたとしたら・・・あなたならどうしますか?
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-27 10:56

市民の願い実現の第一歩

カーブミラーがつきました。
f0020662_1742378.jpg


 (4月26日)森野4丁目から木曽森野都営住宅や木曽森野センターに通じる道は以前は広い駐車場があって見通しがよかったのですが、昨年戸建の住宅がぎっしり建ち並ぶようになりクランクになった道はすっかり見通しが悪くなってしまったのです。
 昨年、地域の日本共産党の支部の皆さんと町田市の、交通安全課にカーブミラーをつけてくださいとお願いに行きました。
 年度末だったので、2006年度の予算で、電柱に設置しますとの回答があったのですが、今日車で通りかかると、なんと右折する先が見渡せるではありませんか。
ピカピカのカーブミラーがついたのです。早速デジカメで写真を撮りました。

4月は嬉しいことが他にもありました。

 4月にはいって、これも交通安全課から、「相原駅西口のガードレールを1、5メートル切りました」と電話が入りました。
 市議会議員選挙のとき、朝、相原駅西口で宣伝をするたびに、駅の自由通路から降りてきて登校する小学生がガードレールの切れているところから、斜め横断して向かいの道路にわたるのをはらはらしながら見ていたのですが、事故が起きてからでは遅いと思い、交通安全課に「ガードレールを手前のところで切ってまっすぐに横断できるようにしてください。」とお願いしました。
 駅前にロータリーが出来て、タクシーが客待ちをするようになり、駅に家族を送る自家用車が絶え間なく来るようになった相原駅です
 。私は「朝の子どもたちの危険さを見に行ってください。」といいました。そのせいか春休み中に工事は進められ、完成の報告があったのです。私は早速現地へ赴きました。なるほど・・・・感無量でした。見ていると誰もが、その、1,5メートルを通るではありませんか。
 小さなことかもしれませんが、子どもの命は何よりも最優先にされなければと思うのです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-26 23:45

シングルマザーは大変です

高すぎる保育料

 今日は相談のあったAさんに同行して子育て支援課に保育料の異議申し立てに行きました。 Aさんは、昨年一人親となり2歳児の女の子を育てています。
 ところが、今年度の保育料の通知を見てびっくり。なんと9700円(月)の決定が記されているのです。Aさんは電話で担当課に異議を申し入れましたが埒が明かないため、今日私と、直接行って聞いてこようということになったのです。
 若いAさんは必死で資料を調べ、とうとう確定申告に寡婦控除が抜けていたことを突き止め、申告の訂正をすることで住民税非課税となることがわかりました。それによって保育料も安くなりました。

 町田市の保育料は他市に比べて細かく段階分類があります。非課税だと一人親家庭の考慮もありますが、課税対象になると、一切一人親への配慮はありません。
 ボーダーにいる人にとっては保育料の負担はとても大変なのです。
 いろいろな事情でシングルになっても安心して子どもを育てられる条件整備が求められます。
 もっと収入が増えるように働きたくても、課税対象になっては保育料負担がぐんと増えてしまうのです。矛盾した話です。
 幼い女の子を一生懸命育てているAさんを見送りながら「頑張って」と心から応援せずにいられませんでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-25 23:50

たけのこ、わらび、せり、やまうど、のびる・・おいしいよ

新緑の季節を迎えました。

 夕方車で帰ってきて、外周道路に入ると、八重桜は散り始め、路上は、ピンクのじゅうたんのようです。
 車の動きとともに、そのじゅうたんがさらさらと動き、その美しさも桜の最後の贈り物です。
 バス通りのケヤキも新緑の季節を迎えました。
 尾根緑道の木々も緑色をさまざまに染め分け、はたまた溶け合ってえもいわれぬ美しい季節です。

 そういえば4年前ちょうどこの季節に、現在の我が家が売りに出ていて、転居を考えていた時期だったので見に来たところ、2つの東に向いた出窓から絵のように美しい緑の連なる景色が見えました。
 いっぺんで気に入り買うことに決めてしまいました。四階なのです。それもエレベーターのない。でも気に入っています。
 季節の移り変わる様が朝カーテンを開けるたびに感じられるのです。

 小山田は、野草の宝庫。山の中に入ると、たらの芽、山うど、せり、のびるが採れます。せりは以前は小川でいくらでも取れたのですが宅地造成でなくなりつつあります。今はたけのこの季節。
 先週22,23日は「町田の農業を考える会」のたけのこ販売がありました。下小山田の、多摩センターから町田へ下りてくる道路の脇に青いテントをかけて、朝掘りのたけのこを売るのです。柔らかくておいしいたけのこです。
 東北地方以北では、孟宗竹がないためたけのこは出来ません。北海道では七夕の竹がないので柳の木に七夕飾りをするのだそうです。
 Mさんは秋田のご両親に送るのだといって大きなたけのこを2本買いました。市価より安いということもあって完売となりました。
 私の息子は、中野の知人に掘りたてのたけのこをお土産に持っていきました。もちろん私も3種類のたけのこ料理を作りました。
 ①たけのこと豚バラブロックの煮物。甘辛く味付けは濃い目
 ②たけのこのおかか煮
 ③たけのこの頭の柔らかいところをごま油でいため、甘辛く味付けしたもの。そして、ごはんはたけのこご飯。こんなに季節を感じさせてくれるものはありません。
 わらびは市内某所に生えています。この季節になると私の楽しみなのです・・・・フツーの主婦に戻るのです。主婦が市議会議員をしているというほうが正解かもしれません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-24 23:30

三日見ぬ間のさくらかな

八重桜満開の我が団地

 視察から帰った日は夜だったのでわかりませんでしたが、翌朝車が外周道路に曲がろうとした瞬間八重桜が花簪のような満開の花をひらき、重たげに咲き誇っているではありませんか。 団地内の外周道路は「八重咲き通り」というのです。
 それは見事な八重桜の並木になっています。団地が出来て22年。樹も大きくなりました。
 楊貴妃とか普賢象とかとても優美な名前がついています。あっという間に満開となりました。
 まさに三日見ぬ間の桜です。
 今年は随分長く桜を楽しみました。

日の出町の「東京たま広域資源循環組合」議会に出席しました。

 朝8時出発で東京の西、日の出町にある、三多摩の市・町(25市1町)で作っている広域処分場(二ツ塚廃棄物処分場)でおこなわれた会議に出席しました。
 その後、完成したエコセメント工場の見学をしました。
 「21世紀の環境創造、物質循環(マテリアル・リサイクル)への新しい一歩、エコセメント」と銘打った工場は巨大なセメント工場なのですが、そのセメントは廃棄物の焼却後の残渣を1350℃以上の高温でセメント化するものなのです。建設費約300億円、維持管理費26億円以上というものすごい施設でした。
 日の出町に入ると、森林組合の看板が見え、林業が盛んです。
 ここが東京都ということを忘れてしまうような新緑の柔らかなみどりのなかに処分場があります。
 改めて、私たちの出したごみがこの美しい自然豊かな日の出町に集積され続けることの問題を考えさせられました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-21 23:40

気がつけば1週間のご無沙汰でした。

いそがしい1週間でした。

 久しぶりにパソコンに向かいました。あわただしく過ぎた1週間でした。
 13日・・民生委員推薦会。私は議会からの推薦委員なのです。改めて、民生・児童委員さんのお仕事の大変さと重要性を知りました。
 夜は町田平和委員会の事務局会議。米軍再編の計画の中、平和委員会として今やるべきことは何か、運動体としての役割が問われていることを感じました。

 14日・・都市環境常任委員会が開かれ行政報告がありました。
 下水道部の下水管埋設を請け負う工事業者の社員の個人のパソコンから市民の個人情報がウィニーを通じて流出したことの報告でした。
 午後は赤旗日曜版の配達。

 15日・・この日は相原中央公園の管理棟の完成式に出席しました。天気もよく、新緑が芽吹き始めた谷戸の広がる相原中央公園は空気がよくて最高のところにあります。
 地域の皆さんに支えられている相原のよさを実感しました。サッカーや、野球のできるグラウンド。テニスコート。壁うちテニス場。市民に利用されてこその施設です。管理棟が出来て、使い勝手が向上すればよいのですが。
 お祝いに、地域の方々の手作りのお赤飯やおでんを頂きました。
 午後からは来年の参議院選挙で町田在住の緒方靖夫参議院議員に代わって立候補予定の田村智子さんの宣伝カーで、1ヶ所宣伝をしました。
 地域の方が、数人集まってくださって聞いてくれました。
 その後町田日本共産党後援会幹事会へ。バスツアーをやりたいね。という話が出ました。
 夜は、地域の会議を開きました。

 16日・・午前中新日本婦人の会こぶし班の班会。
 教育基本法の改定案を自民党と公明党が合意したことを受けて、今国会中にも法案成立が狙われています。みんなで、教育基本法を学びました。憲法を土台に組み立てられ、「教育は人格の完成をめざし、平和的な国家および社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」という第1条をはじめ、大変にすばらしい法律です。どこに変えなければならない理由があるのでしょう。

 17日から19日までは、都市環境常任委員会の行政視察で長崎市の廃プラ施設、都市計画道路(斜行エレベーター)福岡市の地区計画、町づくり協議会が出来ている町並みを4ヶ所視察。北九州市では市営駐車場の指定管理者制度導入と水辺の整備についての視察を行いました。というわけで休みなしの1週間でした。
 視察報告はまた明日。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-19 23:50

日本共産党町田市議団の無料法律相談

第2、第4水曜日は無料法律相談にお越しください

 今日は第2水曜日。私が午後2時から行われる無料法律相談のお当番でした。市役所の共産党控え室の応接コーナーで、行われる相談にはまちだ・さがみ総合法律事務所の弁護士さんが、交代で相談に応じてくれます。
 弁護士に相談というと初回30分5000円が相場のようですが、無料ということで、今日も5人の方が気軽に相談に見えました。
 弁護士なんて遠い存在だというのが普通の市民感覚です。つまらないことなんて、相談できないわと思っておられた方も、弁護士さんの気さくさ、親切な助言で安心してお帰りになる方が大勢折られます。
 当番の議員はそばで内容を伺うことも多いのですが、ほとんどの方が納得して帰られます。たとい、じぶんの固有財産の問題であっても社会的道義に反すること以外は丁寧に弁護士さんが、解決の道を指し示してくれるので、相談のし甲斐があるというものです。
受付は私たち議員に直接お申し込みいただくか、日本共産党町田地区委員会(723-6312)へ。個人情報については外に漏らすことはありません。

 そういえば、今日新しい市長が定例の記者会見をしたそうです。資料がファックスで、市役所から送られてきましたが、保育園の待機児童が昨年に比べて減少したとのこと。
 それはよかったとよくよく見たらまだ169人も4月に保育園に入れなっかたというではありませんか。認証保育所(都の認証保育園)の新設で64人増えているけれど、保育料は8万円もするところがあるとか、雑居ビルの中にある保育園もあります。
 子どもの健やかな発達とはほど遠いのが現実です。
 むかし、ポストの数ほど保育所を!と私たちの先輩が運動して増やしてきた保育園。働く女性が増え、シングルマザー、ファザーが増えているのに、40年も前と同じに、子どもの権利も守られないなんて・・・まだまだ運動の手を休めるわけにはいきません。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-12 23:43

小泉「医療改革」で命のさたもカネ次第!?

あっという間に受け取ってもらえた200枚のビラ

 朝8時半に町田市民病院集合。忠生地域の共産党支部のみなさんと今朝は、小泉改革のもとですすめられようとしている医療の大改悪を病院の患者さんに知らせようということで、5人でビラ配りと宣伝をしました。
 70歳以上の窓口負担を現在の1割、一部2割を2割、3割に引き上げて、高齢者の保険料を年金から天引きするというものです。
 その上重症患者の治療費は負担増。長期に入院させない仕組み。リハビリ限度は180日になど・・・。お金の切れ目が、命の切れ目になりかねません。
 また「混合診療」の導入で保険証だけではきちんと病気も治せなくなってしまいます。医療にまで「格差」を持ち込む改悪は許せません。
 私がハンドマイクで訴えていると、総院長さんが出勤され、私に気付かれると「こんな改革がされたら大変ですよ。患者さんが病院にこれなくなってしまいます。医者にとっても大変なことなのです。」とおっしゃいました。
 「患者様に親切な病院を目指す」これが総院長さんのモットーです。
 命と健康を守るために日本共産党が掲げている「命の平等」とも重なる言葉でした。
 正面玄関と裏口の2箇所で、40分の短い間でしたが、200枚のビラはあっという間になくなりました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-10 23:32

34回目のお誕生日おめでとう 

さくらまつりは、市民のまつり

 昨日は建の月命日でした。午前中会議に出てから、帰りに桜台の花屋さんでお花を買って、遺影に供えました。

 突然の雷雨で、さくら祭りに出ようと思っていたのになかなか出られずに居ましたが雨も上がり我が家から徒歩3分のメイン会場へ出向きました。 
 「町田の農業を考える会」の野菜はほぼ完売。私は、にわか売り子になって、残りのねぎと町田の酪農家たちが作ったラッテのアイスクリームを売りました。
 3時過ぎからの短時間でしたが随分いろいろな方にお会いしました。[新市長に負けないで頑張って、桜台から多摩センター行きのバス実現してください」と声をかけてくださる方。「ブログ読んでますよ。息子さん、大変だったのですね」と慰めてくださる方。息子さんにとお花の鉢植えを下さった方。私も元気で頑張らなければと張り切ってねぎを全部売り切りました。
 ねぎのサラダっておいしいんですよ。ねぎを5,6センチに切って縦に細く千切りにして(白髪ねぎのように)、ハムの千切りを加え中華ドレッシングであえるだけ。ちなみにキューピーの中華ドレッシングがピリッと辛くて私は好きです。これにくらげを入れるとまた違った食感が楽しめます。

 さくらまつりは町田市内全域から市民が集まります。町田市の代表的なお祭りです。以前は一度だけ花火を打ち上げたことがありました。あれもきれいでよかったし、前は夕方から提灯がともされ幻想的で素敵でした。今は、予算も1000万円とだいぶ減らされてしまいました。出店料が高いため誰でもが出せるわけではありません。市民のためのお祭りという位置づけで、予算も増やすべきだと思います。

34回目のお誕生日おめでとう

 今日4月9日は、亡き息子の34歳の誕生日です。建は目黒区上目黒の国家公務員共済三 宿病院で生まれました。今日のようにさくらが満開の日の真夜中でした。33時間の難産でしたが元気な男の子でした。驚くほど私の父にそっくりでした。初めての孫であり、私の弟二人にとっても初めての甥であったので、とてもかわいがられました。

 今年お誕生日を祝いたくてもあなたはいません。でもバースデイ・ケーキを買いました。店員さんが「ろうそくは何本にいたしましょう」というので、やっぱり「大きいのを3本、小さいのを4本」といってしまいました。
 夜家族であなたの誕生日を祝って写真におめでとうをいい、知弘くんが代わりにケーキのろうそくを吹き消しました。
 あなたの部屋はまだあなたがいつ帰ってきてもいいようにそのままです。カレンダーは2月のままです。
 今日4月9日の日付のところにはあなたの字で英語でbirthday34才とかかれています。あなたは今日の日を迎えることを当たり前に予定していたのですね。お母さんには、無念でならないのです。生きていることが当たり前のはずだったのに。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-09 23:22

桜に染められて

中学校の入学式に出席。

 花冷えの朝、今日は公立中学校の入学式でした。
 徒歩3分の小山田中学校の式に参列させていただきました。今年から校長先生が替られてどんな感じの式になるのかなーと思っていましたが、新一年生はみんなとてもお行儀がよく、整然と入学式が始まりました。
 「国歌斉唱」と司会の先生が叫び私は来賓席の最前列に居ましたが、いつものとおり着席しました。なぜ教育の場に「国歌」を歌うことが強いられなくてはならないのでしょう。
 「君が代」に対するさまざまな思いを一切許さない強制は、教育という最も内心の自由が尊重されなければならない場には、なじまないものだと思います。
 「教え子、を二度と戦争で死なせない」そのことが戦後の教育の出発点であったはずです。その理念の上に教育基本法が出来たのです。
 209人の新一年生が歩んでいく未来が戦争のない平和な未来でありますようにと祈らずにいられませんでした。
 それにしても今は混合名簿ですが、子どもにつける名前も本当にユニークです。昔ながらの○○子という名前は209人中5人しかありませんでした。
 音が美しく、漢字が意味深く、子どもの時ばかりでなく、大人になっても恋人から呼ばれるのにふさわしい名前。おじいちゃん、おバーちゃんになっても人から親しまれる名前を考えるのですね。
 ちなみに私の「洋子」という名前は祖父が靖国神社にちなんで靖子とつけようとしたのですが父が太平洋戦争のとき生まれたのだから洋子にしようと主張して決まった模様です。時代がしのばれます

 明日、明後日は町田のさくらまつりです

 さて、明日、明後日は町田のさくらまつりです。お天気は何とか持ちそうです。
まだ花はしっかりつぼみもあります。どうぞお花見におこしください。枝垂桜が、満開です。
 私も会員である「町田の農業を考える会」も出店します。農薬を使わない安全な野菜の販売をいたします。
 ラッテのおいしいアイスクリームも販売します。どうぞお立ち寄りください。少し散り始めた風情もいいものです。小山田はさくらに染まっています。
 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2006-04-07 23:25