秋寒く腰痛のわれ身にしみて

 ぐっと冷え込んだ朝になりました。昼間も16℃。雨が一日降って今日は一歩も家を出ることが出来ませんでした。理由はそれだけでなくて、腰痛なのです。
 日曜日の昨日、私の住む小山田桜台の1-11街区では年2回春秋の恒例草取りでした。もうじきここに越してきて丸6年になります。
 なかなか忙しく必ずしも毎回出席でもないのですが、息子や、夫が出たりしてきましたが昨日は誰も都合がつかず、私が出ることになりました。
 今年はあまり草も生えてないなと思ったのが間違い。45リットルのビニール袋と小さな鎌を一人一人渡され、9時から始まった草取り。
 母子草のようなものが地面にベターっとへばりつき、どくだみははびこり、えのころ草はいたるところに伸び、ススキに似た長い葉は、引っ張っても抜けないのです。自然の生命力はすごいものです。山芋のつるもありました。むかごが出来ていて、このあたりいったい尾根緑道の北斜面の山だった名残なのでしょう。
 一生懸命地面にはいつくばって鎌を動かしているとあっという間に2時間半が経ちました。一帯がすっかりきれいになって草でいっぱいにふくらんだビニール袋が70~80個歩道に積み上げられました。日ごろなかなかお付き合いもできない同じ階段の方とお話が出来るのもこんな機会です。この夏団地祭りが雨天中止となったために売りそこなったサイダーが配られて、みんなでお疲れ様を言い合って解散しました。
 ところがです。家に入って手を洗おうと水道をひねったころから腰の痛みはどんどん増して、曲げられないほどになりました。
 あんまり頑張らなければ良かったなと思ったのも後の祭り。シップをして、痛みをこらえるしかありませんでした。というわけで、今日は背中のほうまで痛くなったので一日じっとしていた次第です。うーん無理は禁物。そういえば、皆さんの話の中でも、「子どもの声がしなくなった。」とか孫の世話の話とか、「階段の上り下りがきつくなってきて、エレベーターがほしい」とかそんな話題でした。
 小山田桜台も入居から24年が経ちました。高齢化に対しての何らかの対策が求められているのだと思います。 
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-09-29 23:16