お彼岸のお墓参りにいきました。

f0020662_23292948.jpg
朝起きて、カーテンを開けるとまだ外は明けきらずに暗く、薄曇りの空でした。今朝は相原駅での宣伝。急にこのところ朝晩は気温が低くなりました。それでも今朝は20度。ちょっと肌寒いかなという程度でした。相原駅は階段下で、遠くに山を見ながら宣伝できるので好きです。
 昨日の麻生内閣誕生について、市議会について話しました。古橋衆議院小選挙区予定候補と交代でマイクを握り、「暮しの問題、後期高齢者医療制度の問題、自衛隊のインド洋での給油活動延長の問題などしっかりと国会論戦を行いその上で国会解散総選挙で国民に信を問うべきです。」と訴えました。
 ビラの受け取りも良く、政治に関心が高まっているなと思いました。朝のラジオを聴いていたら、昨夜のTBSラジオのバトルトークで麻生内閣を支持するは20数パーセント、支持しないは60数パーセントという結果だったと報道していました。いずれ支持率が出てくるでしょうが、福田内閣スタート時をきるのではないでしょうか。
 八時に終わって、地域の後援会の方たちと片付けをして解散してから、今日は町田街道を右に曲がりました。どうしても今日お墓参りに行きたかったのです。息子のお墓は、高尾の東京霊園というところにあります。町田街道をまっすぐに走り、20号線を超えていくとすぐというところです。朝早くに大野家さんでお花とお線香を買いお墓参りをしてきました。昨日弟達が来たのでしょうか、まだ新しいお花が供えてありました。誰もいない朝の墓地で、息子がお墓の中で、お祖父ちゃんお祖母ちゃん に守ってもらっているのだなと思いやはり泣いてしまいました。千の風になっては、「お墓の前で泣かないでください」と歌いますが、やはり私にはお墓の中に息子も、両親もいるのだと思えるのです。
思い切って行って、心のつかえがすっと取れたような気がします。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-09-25 23:29