パソコンとカルピスは共存しない??

昨日のブログのタイトルはいったいなんだという問いが発せられました。それもそのはず、中身とちっとも合致していないのです。失礼しました。書いているうちにどうもまったく別のことに話がそれてしまったようです。
 さて本題のタイトルに戻って、先日ちゃぶ台の上で、息子がノートパソコンを開いてなにやら仕事をしていました。
 そばにはカルピスがなみなみはいった大きなコップが。そばでわたしは洗濯物を畳んでいたのですがちょっとした拍子にコップに触れてカルピスの白い液体はパソコンのキーボードの上に注がれてしまったのです。
 たっぷりと初恋の味を吸い込んだキーボードはバックスペースも利きません。だめもとで、本体から外して洗ってみることに。画面は出るのですが文字が打てなくなっているのです。アーア。しかしデータは外付けハードデスクに採ってあって正解でした。
 かくして急遽パソコンを買いにかの有名なYという大型量販店に行く羽目に。高い買い物になりました。
 ところで、大型量販店は交渉しだいで値引きしてくれるのです。安い上にさらに値引き。これでは街の電気屋さんは立ち行かなくなるはずです。
教訓!パソコンとカルピスは共存しない。
 今日はお盆なので、、弟夫婦と叔母が建のためにお線香を上げに来てくれました。モノレールで多摩センターに来てもらって、車で出迎えるといういつものパターンでしたが、久しぶりに、写真を眺めたり、テレビを見たりしてすごし、建の思い出話に花が咲きました。
 帰りは立川の家まで送っていき、息子と一緒に高島屋に・・・。途中錦町というところで、狭い道路が通行止めとなっていて、おまわりさんが二人立っていましたが、帰りに通るとものすごい野次馬でごった返していました。
 テレビ中継車や、新聞社の車もずらりと並んでいました。わたし達は通り過ぎたのですが、後から殺人事件だと分かりました。近頃放火が頻繁に起きているそうです。本当に物騒なことです。わたしの生まれて育った街が治安が悪くなるのは悲しいことです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-08-13 23:02