忠生・小山田地域九条の会ができました。

f0020662_7451100.jpg
■ 9条を世界の平和の指針に

 今日5月6日は忠生・小山田地域に「九条の会」が発足した記念すべき一日となりました。昨年来12回もの準備会を重ね、ようやく今日の発会総会のつどいを持つことが出来ました。
 オープンにふさわしく太鼓で始められた会は、二胡の演奏と続き、国際政治学者で、かつて明るい革新都政をつくる会から都知事選挙の候補者にもなられた畑田重夫さんの「今日の情勢と憲法9条」と題する講演がありました。今憲法九条を守りたい、変える必要がないという人は読売新聞のアンケートでも多数派を占めるまでとなっています。
 全国には7000を超える九条の会が出来、その数をどんどん伸ばしています。忠生・小山田地域に今日、産声を上げた「九条の会」もその仲間になりました。
 畑田さんは、「普段着のままで憲法を話そう」と呼びかけられ、マスメディアに頼らず、学んで学んで深く学び、さらに学ぶこと、学んだことを思想にしようと結ばれました。
 85歳とは思えないお元気さでした。畑田さんよりはまだまだ若い私たちは、いまこそ持てる力をフルに出し切る時だと強く思いました。
 会が発足するにあたっての経過報告、会則や体制の承認の後、忠生地域の新婦人のコーラス小組のコーラスにあわせて歌い、最後は音楽大学を卒業されたばかりの若きチェリストの演奏で幕を閉じました。
 地域性豊かに、鉢物の花や、竹の子、こごみ、手作り無添加のマーマレードなども販売し、あっという間に売れました。
 これからはせっかく出来た「九条の会」を地域に楽しく取り組みながら広げ、力にし、改憲勢力を追い詰めていくために頑張らなければ・・・
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-05-06 20:45