小山田の竹の子

 飛び石連休の前半なのか定年退職して時間にゆとりのある人は昨日あたりから旅行にお出かけのようです。
 沖縄、佐渡、信州と国内の新緑を楽しむ旅が多いようですが、昨日は町田のバスセンターに着いたリムジンバスから巨大なスーツケースを引いた一団が降りてきました。子ども連れです。 中国語で話しているので、観光で来た中国人だったのでしょう。このごろ観光地では中国人、韓国の人が必ず団体で見学していたり、朝のバイキングで出くわすことが多くなりました。
 豊かな層の方々なのでしょう。日本を観光してどのように感じて帰られるのでしょうか。
 以前我が家で、上海の高校生を短期間ホームステイでお預かりしたことがありました。日本語も上手で、よく勉強していました。
 何より自国の歴史をしっかりと学んでいたのには大変驚きました。精華大学を目指していると言うことでしたが、朝は7時ごろから学校に行き夕方遅くまで授業があるそうで、公務員のご両親の一人っ子で大変有望視されている高校生でした。
 いい大学にいくこと。それが至上命令の高校生活。家事の手伝いなどはやったことがないそうです。生きる力と言う点では、どうかなと思われることもしばしばでした。
 
 今日は午前中は宣伝カーで、古橋候補と小山田桜台で宣伝をしました。天気もよく静かな桜台でしたがもう八重桜も散ってしまいはなみずきのピンクや白の花が満開を迎えています。
 通りがかりの人と挨拶を交わして近況を聞いたり、5ヶ所宣伝をしてから、小山田の多摩丘陵病院の下でおこなわれている「町田の農業を考える会」の恒例の竹の子販売所へ駆けつけました。
 今年の竹の子は4月になって雨が多かったからか柔らかく、まだそれほど大きくなっていません。一本620円の竹の子を買いました。宣伝カーの運転のSさんも、古橋さんも竹の子を買い、頼まれたものも3本買って、さながら宣伝カーは竹の子買出しカーになりました。宣伝中の楽しみの一つです(?)。
 午後は地域の方と「九条の会」のお誘いで歩きました。久しぶりにお会いした方々も、近況変化が起こっていることに驚かされます。ご病気の方がとても多いと言うのが実感です。本当にこまめに歩かなければ知ることの出来ない一人一人の暮らしぶりでした。
 ちなみに買った竹の子は大きななべにぬかと唐辛子を入れてゆで、夕食に、土佐煮、豚ばら肉のブロックと竹の子を圧力鍋で甘辛く煮た煮物にしました。そしてセリのお浸しを添えて。安心安全な季節のものを食べる。地産地消とは消費者にとっても本当に幸せなことです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-04-27 23:16