男女平等フェスティバル

f0020662_22383613.jpg
■ 町田市議会議員と話し合う会  二期目の議員に聞く。
 今日と明日は「町田男女平等フェスティバル」です。年に一回男女平等推進センターで活動する団体が、男女平等について考えてみようという催しですが、今年もさまざまな団体が参加して行われます。
 今年は「町田市議会議員と話し合う会」ということで、現在2期目の議員が出席することになりました。設問はあらかじめ来ていたのですが、なかなか難しい課題でした。
 ●依然として減らないパートナーからの暴力についてどう考えるか
 ●子どものときからの男女平等教育についての考えは
 ●女性議員を増やすには
 ●男女平等参画社会に向けてどのような施策が必要か。
 改めて考えてみると、このようなテーマが、繰り返し問題になるのは、真の民主主義が育っていないからであり、憲法が守られていないからだと思いました。
 憲法に明記されているの男女平等や、自由が花開くときこんなテーマは消滅してしまうことでしょう。1時間40分、会場からの発言も相次ぎ、司会者のリードもうまく、活発な意見が交流できました。
 終わってからうたごえコーナーに行きました。懐かしい歌をアコーディオンの演奏にあわせてみんなで歌いました。(写真)
 男女平等推進センターは、新しい組織改正の中では、課がなくなり市民協働推進課の中に統合されてしまいます。今までの役割をしっかり位置づけて、2001年に行われた「男女平等参画都市宣言」の実行にむけての施策の実施が求められます。
 そういう町田市になってこそ、女性職員が管理職を目指すようになるのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-02-02 22:38