商工会議所新年賀詞交歓会

■ 今日は七草
 七草の今日、午後から町田商工会議所の新年の賀詞交歓会が行われました。毎年恒例ですが、今年は鏡割りがあったり、ぞっこん町田のよさこいが披露されたりと趣向を凝らした会となりました。
 「商工業者の99,7%は中小企業です。」と挨拶にありました。町田のような大企業の少ないところは、お互い切磋琢磨しながらも、助け合っていかなければならないのだと思います。
 町田駅から会場のホテルに向かう途中、一軒の履物やさんが閉店セールをやっていました。少し残っていた男物の桐下駄が半値になっていたので、買い求めました。「店じまいなんですか?」ときくと「はい、長い間ありがとうございました」とご主人。また町田から一軒古いお店が消えていきます。
 中心市街地活性化などと銘打って、20億円もの大金を投じて、旧ぱ・る・るプラザを購入した町田市です。町田の中心ていったいどこなんでしょう。ますます展望が見えなくなってきました。見えているのは、ゲームセンター、漫画喫茶、カラオケ、居酒屋etc。しっとりとした、安心して買い物が出来る町ではなくなっています。
 Pasmoでポイントカードがたまるシステムを導入しましたが、なかなか前途多難なようです。商店街というのは、そこにしがみ付いてもやっていく人々によってしか支えられないのだと思います。農業も同じだなあと思いました。
 華やかな賀詞交歓会の裏で、明日の店のやりくりをどうしようと悩んでいる人もいっぱいいるのではないでしょうか。今年こそナントカ景気が上向きにと祈る気持ちでいっぱいでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-07 23:15