静かなお正月も終わりだね

■ 明日からまた忙しい毎日が始まります。
 今日は5日、静かに日が過ぎていきます。いつもの土曜日と同じに町田のみるく工房ピュアの牛乳が配達され、一人暮らしのKさんの家にヘルパーさんがやってきて、いっぱい買い物した袋を運び込んでいました。
 冬の薄日は翳りだし、夕方が迫ってきました。今日は、夫は岩手の田舎に行っているし、息子は友達と浅草に出かけ家の中には私一人。
 私は出かける気にもならず、掃除を丁寧にして、のれんや、テーブルクロスなどを洗濯したり、書類の整理をしたり、テレビを見たりして過ごしています。
 3時から、TBSテレビが、「いのちの輝きSP」という番組を放映していました。貧困と飢餓の異国で、障害児や、HIVに感染したり、親に捨てられた子ども達の命を救うために献身する日本人を紹介していました。
 ボランティァなどという言葉はあてはまりません。地球上のどこでも必要とされればその地で、いのちと向き合う志の高さに打たれました。世界中の子ども達が健やかに育つ日はいつ訪れるのだろうかと思わざるをえません。
 薬も必要、食べ物も必要、愛も必要、何より必要なのは、無知の連鎖を断ち切るために、教育が必要とされています。私たちに出来ることは何か・・・重い課題です。
 
 明日あたりから、いろいろな団体の新年会が目白押しです。今日のテレビを見て、なんだかそういった新年会に出席するのも、ためらわれるような気がしてきました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2008-01-05 16:27