クリスマスイブの町田中心市街地

■ デパ地下はケーキを買い求める人の行列

 昨日は午後から小型デッキカーで宣伝。わが党の衆議院比例予定候補の池田真理子さんと小選挙区予定候補の古橋よしやすさんと共に木曽森野都営、町田木曽団地、東急109前、丸井前で宣伝しました。
 池田さんはまだ小学校6年のお子さんのいるお母さん政治家です。何度も候補者になっていますが、今度こそ国会にいって活躍してもらいたい人です。誠実で、意志の強い、弱い人に心寄せることの出来るやさしい人です。
 クリスマスイブの町田は夕方になると肌をさすような冷たい風が吹いていましたが、訴えに気迫がこもりました。
 消費税増税はなんとしても許さない、高齢者に冷たい政治を変えたい。その思いで私も、池田さんも、古橋さんも熱が入りました。
 4時半に丸井前に車をつけて、市議団5人がそろってデッキカーの上に上がって街頭演説を行いました。足を止めて聞いてくださる方、車の中から手を振っていく人などあり初盤のスタートとなりました。
 来年は、いよいよ解散総選挙になるでしょう。福田内閣の支持率も急速に低下しています。自民・公明の政治では、国民の暮らしが成り立たなくなるところまできています。
 昨日も午前中、地元の皆さんのところを訪問したのですが、どこへ行ってもこれからのくらしへの不安でいっぱいでした。来るべき総選挙ではそうした国民の期待に応えられるよう頑張らなければ・・・
 街頭演説が終わってから、109前で、消費税増税中止を求める署名と宣伝を行いました。寒いので手はポケットの中、なかなか足を停めて署名してくださる方は少ないのですが、24日は消費税の日ということで、ずっと宣伝行動を重ねてきています。
 終わってから、小田急デパートの地下にケーキを買いに行きました。どの洋菓子屋さんのショウケースの前も人の列が出来、中には整理券を出しているお店もありました。私は、Yという店で、一つだけ残っていたイチゴがいっぱいのっているケーキを買って帰りました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-25 23:27