図師小学校新築工事着工式に。

f0020662_17201659.jpg
 寒い日でした。今にも雪がはらはらと舞い落ちそうなどんよりした空の下でしたが、待望の図師小学校の新築着工式が現地で行われました。
 市民プールのすぐ近く、図師町の都市再生機構もみじ台住宅の一角に小学校用地として確保されていた土地は、長いこと少年野球の練習場として使用されてきましたが、忠生第一小学校の大規模校解消のため、新たに、小学校を作ることとなり、2009年4月開校予定で、建設着工の運びとなりました。
 今後学区域の決定や、通学路を決めることなど、子ども達が、安心して、楽しい学校生活を送れるような準備が行われます。
 まだこれからも小山中央小学校、中学校と新設校の計画が進んでいきますが、学校建設は何よりも優先されなければなりません。子どもの成長は待ってくれません。と同時にそのときが子どもにとっては大事なのです。図師小学校に元気に通う子ども達の姿が目に浮かびます。
 挨拶した某国会議員。「国会見学に来る小学生の希望ベスト3は教室にクーラー、冷水機、きれいなトイレ。実現のために市議会議員の皆さん、市長さんに陳情します。」というのです。
 まったくわが市議団が、いつも議会の一般質問で要求していることです。
 義務教育への予算を国は削っておいて地方にその負担を押し付けようなんて、天に唾するものだといわざるをえません。
 国会解散、総選挙がまじかになっていますが、教育予算の大幅アップを図るためにも、政治を変えなければと強く思ったことでした。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-12-19 17:20