初冬の富士山に感激!

f0020662_237143.jpg
■ 木曽森野後援会の皆さんと山中湖へ。

 日本共産党の木曽森野後援会は、昨日は地域の文化祭成功のために皆さんがそれぞれに頑張ったばかりなのに、その疲れもなんのその、今日はマイクロバスを仕立てて山中湖に出かけました。
 暖かな一日、交流を深め、雪を頂く富士山にみんな大感激!どんどん姿を変える雲と青い空に癒されながらお弁当を広げました。
 午後は、すぐ近くにある「紅富士の湯」に行きました。今日は11月26日「イイフロの日」だそうです。いつもは700円する入湯料が、今日は260円でした。ラッキー!そのせいか、月曜日にもかかわらず、とっても込んでいましたが、富士山を眺めながら大浴場や、露天風呂につかってしばしのんびりとすごすことが出来ました。
 名運転手のSさんの運転でバスは無事時間どうりに帰ることが出来、その後私は民生委員推薦会委員の最後の集まりに参加することが出来ました。
 企画から当日の運行など高齢者の多い旅は気を遣うことも多いのですが、迷子もなく(?)無事行ってくることが出来て楽しい一日を過ごすことが出来ました。
 
 今日のしんぶん赤旗には「後期高齢者医療制度」のそれぞれの広域連合の75歳以上の年間保険料がわかり掲載されています。それによると東京は最高額で、年金208万の単身者で73,880円になり、一人当たりの平均は、102,900円になります。月に1万円の負担です。高齢者に重い負担を強いる非情な保険制度の4月実施の中止を求めていかなければならないと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-26 23:07