町田市民文化祭(11月3日から10日まで)

f0020662_1723134.jpg
 30周年記念式典華やかに。
 毎年秋のこの時期、紅葉に一層の彩りを添える町田市民文化祭が開かれています。今日は、30周年の記念式典が市民ホールで催されました。
 私たち議員も出席させていただきました。町田市教育委員会が総括主催となっていますが町田市文化協会が春、秋に行う文化行事です。
 今日も、加盟団体の皆さんが、展示や、舞台発表をされ、楽しい一日を過ごされました。写真は活け花の展示です。市内のいろいろの流派の方が、個性豊かに美しい活け花を展示されていました。
 1階の部屋では、俳句のサークルが短冊や色紙に思い思いの句をしたためていましたが、サークルごとに、微妙に句風が違うのも面白いものだなと思いました。梅林社は、日本共産党の元市議だった小林草山さんの主宰する結社ですが、小林さんの句は心に響きました。

     いくさなすな言のは木の葉降るように    小林草山

 文化はすべての市民が享受することが出来る権利です。現実には練習場所がなかったり、利用料が高かったり、時間がなかったり、なかなか文化が市民みんなのものとなりにくいのが実態ではないでしょうか。
 文化振興は一部の人にとっての利便性の向上であってはなりません。誰もが気軽に文化に触れる機会を作ることこそが、町田に住んでよかったなと思えることにつながるのではないでしょうか。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-11-04 17:23