第22回町田子どもフェスティバル

f0020662_1427297.jpg
■ 台風一過の秋晴れの下、町田の子どもの健やかな成長と幸せ願って・・・

 昨日の台風は早足で通過していきました。今日は南一小で、町田子どもフェスティバルが行われました。
 今までは中心部の学校や忠生地域の学校が多かったのですが、今回初めて南地域での開催です。
 台風一過の澄み渡った青空の下、子ども達が集まり校庭にはテントが張られ、参加団体の思い思いのお店が開店してにぎわっていました。
 校庭の舞台では、太鼓やロックソーラン、民舞などが演じられ、校舎内の教室ではお話会、平和勉強室、積み木パズル、紙芝居などが行われました。
 毎年、実行委員会が組まれて、子ども達を主人公に行われる子どもフェスティバル。かかわる先生たちや、保護者、地域の方たちの努力で今年は22回目です。
 私は今年、町田平和委員会の平和勉強室をちょっとお手伝いしました。以前は、新婦人として、カレーを売ったり、和光中学校親和会(pTA)の役員として、焼餅やきりたんぽを売ったりしたものでした。日が落ちて真っ暗な校庭で、最後の最後までごみ一つ残さないように掃除したのも懐かしい思い出です。
 町田の子ども達の健やかな成長を願って続けられるこの催しがこれからも続くよう地域の教育力を高めなければと思いました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-28 14:27