町田母親大会

f0020662_052295.jpg
■第42回町田母親大会であきらめない女性に成長!

 今日は市民ホールで、町田母親大会が開かれました。高齢化の名にたがわず、昔の母親もおばあちゃんとなっている人が多くなりましたが、そのパワーは相変わらず。
 税理士の長崎氏から、「知ってためになる税金の話」を学び、賢い主権者、納税者になり、不公平税制や、消費税増税に反対しようと学習を深め、憲法を守って、テロ特措法にもとづく自衛隊の給油活動の継続に断固反対する特別決議をあげました。
 「母親が変われば社会が変わる」を合言葉に続けられてきた母親大会。命を生み出す母親は命を守り育てますと子どもの幸せのために運動が引き継がれてきました。政治がどんどん悪くなって、「年よりは死ねというのか」と怒りが湧き起こっています。力を合わせて、あきらめない生き方をしていきたいものです。
 夜は、日本共産党市議団の市政報告会を市民ホールで行いました。石阪市政の1年半や、後期高齢者医療制度の報告、9月議会での市議団のガンバリを報告しました。
 お隣の部屋では民主党23区の会議が行われていていよいよ総選挙の感が強くなってきました。
 来年4月とも言われる衆議院解散総選挙で政治の流れを変えるために頑張りたいと思います。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-20 23:52