後期高齢者医療制度どこでも怒りに・・・

 ”どこまで年寄りを苦しめればいいの”
 今日は木曽地域の方に「後期高齢者医療制度の4月からのスタート中止を求める請願」に署名していただこうと地域の方と訪問活動を行いました。
 どこに行ってもこの制度のあまりのひどさに怒り沸騰。途中出会った方も署名してくださいました。
 「年金はどんどん減る上に、また保険料を天引きされたら食べていけないわ。チラシ広告を見て、少しでも安いものを買おうとするしか防衛策はないのよ。洋服だって、昔仕事してたときのものを着て我慢しているのに・・・ホントにどこまで年寄りをくるしめればいいのかしら!」
 不安で一杯というのが大方の高齢者です。生きていてよかったといえる老後を保証できないような社会は若者にも子どもにも冷たい社会です。
 「こんなひどい制度は中止してほしい」という多くの高齢者の声にこたえるためにも頑張らなければ。
 いつか私たちも通る道です。その道を安心して通れるように、今ががんばり時です。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-14 23:19