ブログが送信されなかった昨日

■ 9月第三回定例議会が閉会しました。

 9月4日から10月10日まで、長かった9月議会が閉会し、最終日、日本共産党提案の国に対する意見書「『沖縄戦』をめぐる教科書検定意見の撤回を求める意見書」が共産党、民主党・社民ネット、公明党、自民党の一部の賛成多数で可決されました。
 沖縄県議会をはじめ、沖縄県内41全市町村の議会が、教科書検定意見の撤回と「集団自決』に関する記述の撤回を求める意見書を可決、提出するもとで、「集団自決」の記述についての検定意見の撤回と、同記述の回復を求めたものです。
 こんな当たり前の意見書に対して反対討論がありました。国の政策的なことに踏み込むのは越権行為だというのです。
 しかし歴史の事実を塗り替えることはできません。そして沖縄県民の怒りから目をそらすことはできません。
 国の政策に対して物言えないような地方議会では民主主義は育ちません。
 
 昨日は一杯言いたいことや考えたことがあったので、夜遅くブログをかいたのにもかかわらず送信不能となってしまいました。
 9月議会が終わったばかりなのに、12月はあわただしくやってきます。10月20日には、市民ホール会議室で、市議会報告会を開催します。おいでください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-11 23:02