映画「フラガール」を観に。

■  人生には降りられない舞台がある・・・

 今全国で50万人とも言われるフラダンスブームです。地域センターでは老いも若きもハワイアンのメロディーにあわせて踊るグループを見ることができます。先日の忠生市民センターまつりでも発表がありました。
 昨日、映画「フラガール」実行委員会主催の映画上映会が、昨日市民ホールで行われたので観に行きました。
 
 時代は昭和40年。石炭より石油という「エネルギー革命」によって石炭産業が斜陽化し炭鉱閉鎖にゆれるまちの起死回生策として取り入れられた、ハワイアンりゾート計画の目玉フラダンスショー。
 踊りはまったく素人の炭鉱の娘達と東京からやってきたダンサーとの心の交流が温かく描けていてほろりとさせられる作品になっていました。
 今晩9時からフジテレビでも放映されます。たまにはこんな映画もいいかな。
 それにしても”人生には降りられない舞台がある” 降りてはいけない舞台もある・・・降りなければいけない舞台もある・・・なかなか示唆に富んだ言葉ですね。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-10-06 11:45