今夜は十五夜

 夜になって明るい十五夜の月が出ています。

 日の暮れるのが早くなってきました。月の光って明るいんだなあと思います。今夜は十五夜、お月見です。
 スーパーに行ったらお月見団子を売っていました。表にはススキが置いてあって、「ご自由にどうぞ」残念ながらもう綿毛が飛んでいきそうなススキでした。
 
 夕方、福田氏が総理大臣に指名されました。夕刊を見たら公明党が、高齢者医療費の負担増の凍結や、母子家庭の児童扶養手当廃止の見直しを言い出したと書かれていました。
 自・公内閣で作った制度について参議院選挙の時には口をぬぐっておいて、国民との矛盾の深まりの中で、見直しを言い出さざるを得なくなった結果です。
 後期高齢者医療制度は本当にひどい制度です。市区町村で広域医療連合を作って、75歳以上の高齢者を、今までの国保や会社の健康保険の扶養から外し、新たに一人一人から、1万5千円以上の年金から保険料を取り立てるものです。
 それ以下の方は直接市に納入します。保険料はまだ決まっていませんが、東京のような財政力のあるところは全国平均より高くなると見られています。
 介護保険料の負担だって大変なのに、これ以上の負担増はゆるせません。泣き寝入りしたらダメ!今こそ声を上げ命とくらしを守る政治を実現させなければならないときです。
 新しい内閣は、テロ特措法延長を決めるのではなく、憲法改悪や医療改悪を行うのでなく、国民のくらしを守ることにこそ力を注ぐべきです。
 とはいえ福田政権には期待できませんが・・・ちょっとでもましな政治を行ってほしいものです。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-25 18:35