図師のかかしフェスティバル

f0020662_051913.jpg
■  40体のかかしが今年も豊作をねがって・・

 今日は企画総務常任委員会が開かれました。日本共産党市議団は、町田市市税条例の一部を改正する条例提案を行いました。
 提案理由は、住民税増税で負担増となった人がたくさんいる中で昨年の課税者が著しく生活困難となった場合、生活保護基準の1.1倍の収入の人の住民税の減免ができるようにするという趣旨の改正案です。
 どういう人が当てはまるのかなどの質問が相次ぎ、この請願は継続審査となりました。終わってから、資料請求された方と、担当部署の部・課長さんとの打ち合わせを行いましたが、なかなか算定が難しそう。

 帰りに遠回りをして図師の結道の田圃で開かれているかかしフェスティバルをまた見に行きました。稲穂も実り収穫の秋を迎えました。
 今年は、昨年より多い、40体の案山子さんたちが、豊作を願って、すずめの害からお米を守っています。
 ユニークなかかしに、思わずクルマを停めて眺めていく人もありました。秋の味覚、栗も無人販売所に並び始めました。町田に残された里山を、この連休見に来てください。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-14 23:05