9月10日一般質問をしました。

■ 議会傍聴は市民の権利

 10日の5番目に一般質問を行いました。
 今回は
  ●町田の農業振興を求めて 
  ●市民にとって利便性のよい選挙のあり方を問う 
 の2項目について質問を行いました。
 町田の農家人口は年々減っています。そういう中で、生産緑地の基準面積が500㎡に緩和され、高い税金を払わなくてすむ農家の方も増えました。
 肥培管理をしっかり行うためにも、作物を作ることは欠かせません。できた作物を自家消費だけでなく、多くの市民に食べてもらうには販売ルートや場所の確保が必要です。
 直売所設置にもっと積極的になってほしいとの思いを込めて質問しました。毎月開かれている日曜朝市に、認定農業者の連絡会で検討承認されれば、一定数のグループとして、参加できるとの回答がありました。
 また北部丘陵整備計画の、実効ある進捗を求めました。 

  2項目目の選挙については、投票所増設、期日前投票の改善と投票所の増設を求めました。いずれも改善と増設の検討を行うとの回答でした。
 今日は、殿村議員と佐々木議員です。明日は質疑、明後日から常任委員会です。
本会議、委員会に傍聴に見える方が増えました。
 市民の権利として、インターネットもいいけれど、ライブ市議会の傍聴においでください。私たちも緊張するし、様子を広く市民の皆さんにお伝えできます。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-09-12 08:18