信号機をつけてください

町田警察へ・・・

 朝10時半に待ち合わせて忠生地域の皆さんと町田警察に信号機の設置を要望に行きました。芝溝街道の馬駈の少し下、ローソンの交差点に信号をつけてほしいという地域の皆さんの長年の要望を伝えました。
 応対してくださったN係長さんは「ここは町内会からも要望のあるところで都の方にも上げてあります。一年間に信号がつくのは東京全体でも100件くらいで、町田からは50件以上の要望をすでに出してあります。昨年は町田だけで9件つきました。ここも、歩行者用信号で対応するなど考えたい。」と大変前向きでした。
 なるほど・・・優先順位ということもあるだろうし、バランスということもあるかもしれないな、と思ったことでした。車を運転していると、こんなところに信号はいらないよ。と思うようなところに知らないうちに信号がついていたりします。
 一つ一つの信号設置にはそれなりの意義があるのだということがわかりました。と同時に信号は、あくまでも歩行者を守るためのものなのだということを再確認しました。
[PR]

by yoko_sato_jcp | 2007-01-10 23:55